バイオハザード3 リアルショックアクションフィギュア カルロスVSネメシス Type1

   カルロスVSネメシス Type1

PS3でバイオハザード3をやってたらネメシスのカッコよさに魅力を感じたので急遽買ったよ。
ということで、久々にバイオハザードシリーズのフィギュアをレビューなのです。


ということで今回ご紹介するのは、モビーディック社製の"バイオハザード3 リアルショックアクションフィギュア"から、カルロスVSネメシス(第1形態)セットです。

結構前の製品なので探すの大変でしたが、いやぁなんとか手に入りましたよ。。。

このシリーズはバイオハザード3と名前が付いているものの、レオンとかクレアとかタイラントとか色々ラインナップされてました。
とはいえ、肝はバイオ3なのでジルやカルロスはもちろん、ネメシスに至っては3形態全て立体化という凝りようです。

しかし、このシリーズ若干曲者でして・・・
各フィギュアにボーナスパーツが付属し、全て集めるとネメシス最終形態が完成するのですが・・・全て集めるには10体以上のフィギュアを買わなければいけないというオチ・・・・
ボーナスパーツは手・足・頭・・・という分割どころか、触手1・触手2・ツノ1・ツノ2・ツノ3・・・・・というパーツ単位で集めなきゃいけないのでかなりお財布にやさしくないです。まぁ最終形態自体が人型じゃ無いからわからんでもないけど・・・・
(この商法が苦情を受けたのか知りませんが、後々ネメシス最終形態単体で販売がされました。)

とはいえ、海外の別メーカーが当時出してた製品よりもクオリティが高く、ゲーム中のデザインに近いのでかなり凝った造形になってます。




では、カルロスはどうでもいいので先にネメシスから見てみましょう。(個人的主観










  ネメシス 第1形態(NEMESIS Type1)

第1形態ということで、ゲーム序盤~中盤にかけて出てきた拘束具を身にまとったバージョンです。
本編で散々追いかけられて怖い思いをしたみんなのトラウマであろうキャラですな。。。

ゲームやったことない人に説明すれば、いわばボスキャラなわけなのですが、
倒しても倒しても復活するし、グレネードで吹っ飛ばされても復活するし、処理場に落とされても生きてるし、挙句の果てにレールガン喰らっても生きてるという凄まじいしぶとさはまさに恐怖の対象・・・

しかしキャラ性が魅力的だったおかげで後々マブカプ3に出るとは誰が予想した事か・・・
そんな彼は「スタァァァァァズ!!」が口癖。











顔アップ

頭は通常ヘッドと口開閉ヘッドの2種類が付属。
口開閉ヘッドの方は可動出来るので、もちろん閉じる事も可能。

顔の造形は結構ゲームのデザインに近いですね。
しかし、こんなのに現実で睨まれたら即失禁だわ・・・















可動率はかなり低め。
手首、肘、肩などは動くものの、元々の可動率が低いのと拘束具が干渉するのでほとんどポーズはつけられないです。
ちなみにこの拘束具、軟質パーツを使ってるので下手すると一気に破けそうな感じがして怖い・・・肩とかモロに覆ってるしね。














足の可動率も同程度と考えてもらえれば・・・・
こっちもモロに拘束具が干渉するので全然動かせられないです。















そして忘れちゃいけないのがスティンガーミサイル。

ゲーム本編でどこからともなく持って来た挙句、救助のヘリを撃ち落とすという暴挙を成し遂げたネメシス専用武装です。
フィギュアでもちゃっかり立体化してくれてます。これは地味に嬉しい。スティンガー用に両手の武器持ち手が付属します。

しかし第1印象はおまえ武器使えるのかよという感じだったね・・・(白目
しかもヘリ撃墜後に室内で戦闘になった際もスティンガー使ってくるとかもうね・・・・



と、ネメシスに関してはこんな感じ。
全体的に可動率が低いのが残念ですが、拘束具つけてるんだから動かなくて当然だわなとも思う・・・w
見た目はかなり出来良いので、造形的にはかなり満足できる仕様になってます。

あと未開封中古だったからかしらないけど、なんか臭いんだよなこのネメシス・・・コーティング剤とかなんかその辺の臭いかしら?
まさか臭いまで忠実に再現なんてことはないから、個体差なんでしょうけど。















   カルロス・オリヴェイラ(Carlos Oliveira)

個人的にはこっちは特にどうでもいいんだけど、一応レビューしなきゃね・・・
だって野郎のフィギュアつけるならジルでも付けてくれた方が・・・実際ネメシスと一番戦ってるのはジルなんだし;

カルロスはアンブレラ社の部隊U.B.C.S.の傭兵としてゲーム中で出あう仲間なのですが、なんだかんだで最後まで生き残ります。
一応途中でプレイヤーキャラとして操作もできますが、なんかすっごく使いにくかった記憶しかないんだよなぁ・・・;













顔はなんだかドヤ顔なんだけど、正直ゲーム中のデザインに似てるのか似てないのかよくわかりません;

頭、肩は可動するんだけど、カルロスは完全に見た目重視なのでほとんど無可動みたいな感じです。















アサルトライフルが付属します。

スコープとマガジンは着脱可能で、付属品としてマガジンがさらに2つ付くくテレフォンショッピング並みにお得なセットですが、色々難点が・・・

マガジンをアサルトライフルに取り付けられないんだよね・・・一応はまるんだけど緩くて固定できないのです。。
スコープも同じく緩い状態に・・・・どうしても取り付けたい人は接着剤で取り付け口を太くしてやるか、思い切って接着しちゃうことをお勧めします。














お馴染みバイオ4以降の背後視点で















最後にサイズ比較
左から、SWベーシックフィギュア、フィギュアーツ。一番右はTFのDX相当。

ここにきて今更ですが、ネメシス本体はかなり大きいです。
ネカのハンクとかより大きいよこれは・・・















「あっ・・・・・」


ということでネメシス&カルロスでしたが
アクションフィギュアと名の付いているものの、あんまし可動できないのでちょっと残念な感じ・・・
全体的に完成度は高いので、バイオハザードシリーズのフィギュアとしては出来の良い部類に入ると思います。
カルロスもネメシスも、立体化があんまりされてないので(ネメシスはスタチューとかパリセイズ版とかあるけど)結構珍しいものではないかと。
ネメシスは特に人気なので、近くで見つけたらぜひ買っておくべきですね・・・


さて、あとタイプ2とタイプ3(最終形態)を手に入れなければならないんだけども・・・・w






--------------夜食のお供に"おまけ劇場"----------------






平穏なスタンド製作所に訪れた脅威!!一体何が起きているのかッ!!?(政宗















「野郎ども!緊急招集だ!!」















「見ての通り、どデカイ怪物が暴れまわってやがる。
このままじゃ銀河共和国もあの怪物のおかげで粉みじんになっちまう!!
今すぐにあいつを倒す手段を考えるんだ!」
















「銃で撃てば倒せるんじゃないかな?」

「バカな。あいつに通常兵器は効かないんだぞ。」

「大型兵器が必要だな。AT-TEあたりを持ってくる必要がある。」

「誰がそんなもの運んでくるんだよネイオ!ここにはAT-TEなんかねぇぜ!」














「じゃあ指をくわえて待ってろっていうのか!AT-TEくらい他の隊から借りてくればいいじゃねぇか!」

「上への申請とか連絡とかいるんだよ!時間かかるだろ!」



「ガンシップで攻撃するのはどうだろうか?」

「ガンシップがあればの話だろ?こっちにはそこまでの装備はないんだぜ?」














「じゃあもうお前単身で突っ込んでいけばいいじゃん!」

「なんでだよ!AT-TE持って来いって話してんのになんで特攻しなきゃならねぇんだ!」

「おいおい!やめろよ二人とも。」


「オレちょっと便所行ってくる。」

「また便所かよ・・・さっきからもう3回目だぜ。」














「あんなのがコマンダーとは・・・先が思いやられるな。」

「やっぱりケノービ将軍かスカイウォーカー将軍いないとまとまらないんだな・・・」










とりあえずノシ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | バイオハザード | コメント:0 | トラックバック:0
201110082336
<<TF G1 シックスショット | スタンド製作所 | スターウォーズ VINTAGE BOUNTY HUNTERS ザッカス&4-LOM>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ