水木しげる奇怪漫画ソフビ列伝 あの世の案内人 (アンコールカラーVer.)

あの世の案内人

別にネタ切れってわけじゃないけど、更新頻度少なくなってもうしわけねぇ。
かといってこまめに見てる人がいるかどうかというと・・・それはまた別の問題というべきか・・・w

さて、最近「墓場鬼太郎」にハマり始めまして。
近年では色々と妖怪がグッズ化されてるという事を知り、今回の案内人をきっかけに過去の鬼太郎コミックを読みあさったりソフビ買ったりしてます。

ソフビのレビューサイトは少ないという点に目をつけ、「マイナーで他人がレビューしてないものをレビューする」というこのブログのモットーにピッタリじゃないか!ということで、今回からソフビフィギュアもレビューしていきます。(主にインディーズメーカー系)




というわけで、今日のレビューは墓場鬼太郎よりあの世の案内人。

その名の通り、あの世で道に迷ったものを案内する役目をもつ案内人なわけで。
墓場鬼太郎では「怪奇一番勝負」にて登場した妖怪(厳密には違うかな?)です。

体から手足が複数生えており、顔などのパーツは一切ないという異型の姿ですが、このデザインがまた良いんですよねぇ・・・

アニメでは茶風林さんが声を当ててましたが、役目といいキャラといい完全にグレゴリーです。








(画像オンカーソルでアングル変更)

さて、というわけで話を戻して。
水木作品の妖怪を主に出してるサンガッツ本舗が作った商品だけあって造形面の完成度は高め。本編に出てきた案内人を良い具合にソフビ化して再現してあります。

案内人はこれで4回目くらいの販売になるんですかね?
1期版、畜光版、今回のアンコール版と・・。














この不気味さがたまらんですな。

1期版の青白い色も良かったですが、アンコールカラーのぼやけたようなピンクがかった色もなかなか良いですね。

ちなみにサイズは脚の長さを足してスタンダードサイズくらい。














ソフビの成型上仕方が無いですが、胴体から真っ二つに分割線が入っているのがちょっと目立ちますね。

気にならないと思えば気にならないですが、よくよく見ると気になって・・・(どっちだよ














そしてコレ。道しるべが付属します。

あの世の出口というか、あの世では案内人はこの道しるべまで案内してくれます。
この道しるべを境に道が別れており、生の方に出れば現実に、死の方に行けば死後の世界に行くという、よくよく考えると結構恐い道しるべです。














道しるべは畜光仕様になってるのでモールドが見辛いですが、「生」と「死」がしっかり彫られています。














という感じ。

しっかり案内人を再現できており、満足いく仕上がりです。
最初は「ピンクっぽいカラーか・・・どうかな。」と迷っていたものの、見慣れるとこの色が案内人の怪しげな姿にマッチする色のような気もしますね。

案内人が出てくる墓場鬼太郎も面白いのでぜひ。漫画もアニメもあるよ!

ちなみにソフビはまだOne up.で売ってますので欲しい方はどうぞ。



初のソフビレビューでしたが、TFとかに比べると内容はやっぱり少なくなるかな?
とはいえ、なかなかレビューしてるサイトはみかけないのでソフビレビューは続けていきます。





-----------ソフビでもかまわず登場させる狂気のおまけ劇場-----------




さて、今日のお話は!
霧の中で迷っているDr.マインドベンダーとエアバイパーから物語を始めよう!(政宗

「どこなんでしょうココ・・・?」

「薄気味悪い場所だな。」














「迷っておるのかね?」

「うぉ!?誰だ貴様!」

「なんて口のきき方だ!言葉に気をつけろ。」














「わたしは案内人だ。必要なら出口まで案内してやってもかまわんぞ。」














「出口に!?ぜひ案内をお願いします!」

「(バカ者!こんな怪しいやつについていけるか!)」

「(だってそれ以外に帰る方法ないじゃないですか!)」














「まぁいいだろう。ついてきなさい。」

「(助かった・・・)」

「(こんなバイオバイパーみたいなやつ信用できんな・・)」

「(いや、全然違うでしょ・・・)」














「まったく、こんな非現実的な事が起きてるなんて信じられん。きっとジョー共の罠だ。」

「ジョーにしては手が凝ってません?」

「いや、あいつらならやりかねん!」














「ドクター、見て下さいよあの後姿。」

「あぁ、まったく不気味な生き物だよ。」

「いえ、そうじゃなくて。」














「はんぺんに見えませんか?」














「どっちかというと赤天に見えるな私は。」

「えぇー?はんぺんでしょどう見ても。」














「くそっ・・・見てると腹が減ってくるな。」

桜豆腐にも見えますよね。」

「色的にはフルーチェだな。」

「いやいや、フルーチェはもっと色味が強いでしょ。」














「やっぱり絶対はんぺんですって!」

「いや桜餅とかもあんな感じじゃないか。あいつはきっと桜餅のオバケだ。」


「やめろ!わたしははんぺんでも桜餅でもない!!」


「じゃあ何の食い物のオバケなんだよ!」


「食い物のオバケじゃない!」





ノシ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ソフビ | コメント:2 | トラックバック:1
201206031210
<<アイアンマン2 3.75インチ ドローン | スタンド製作所 | BOTCON2011限定 ドラッグストライプ>>
この記事のコメント
 
水木しげる妖怪
201206060906
これは・・・また通なアイテムだ。見方によってはサイレントヒルシリーズに出てきそうなデザインだと思います(特にサイレントヒル2に出ていた“マネキン”に似ている。携帯ライトを取ろうとしたときそれがいきなり動き出してびっくりしたことがあった)。
あのよの道、というのがまた自分の家の周りの、それも夜の時を思わせます。舗装された道がありますが畑や田んぼが多く山道・竹林がありいかにもといった所なので。

しかしはんぺんに“赤天”か(笑) 赤天は確か浜田の方で作っていてほんのちょっとピリッとくる辛さがいいのであります。 今回のおまけ劇場のノリを見ていたら「むかしの吉田くん」が頭に浮かんでしまった。
♪カバディ~×2 かかってきなさい恋の罠~
 こちとらベテラン 十年選手だセパタクロ~
 Ah~ 男と女 Ah~ あやとり取られ~
 お~れは ま~るで 東京タワ~

失礼しましたw
2012-06-06 Wed | URL | 無所属廃人 #Qdr4Z5ec[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201206132316
>無所属廃人さん

後にも先にもあの世の案内人を立体化したものなんてこれくらいしかないですからね~w
いましたね!サイレントヒルのマネキン。サイレントヒルは敵デザインがどれも奇形染みてて恐ろしさ倍増でした;

赤天はうちの祖母がよく食ってますw
島根県民だったらわりとみんな家に常備してそうですね。
2012-06-13 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


 
201206071258
あの世の案内人別にネタ切れってわけじゃないけど、更新頻度少なくなってもうしわけねぇ。かといってこまめに見てる人がいるかどうかというと・・・それはまた別の問題というべきか・・・wさて、最近「墓場鬼太郎」にハマり始めまして。近年では色々と妖怪がグッズ化され... …
2012-06-07 Thu 12:58 まとめwoネタ速neo

TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ