MEZCO HELLBOY -ヘルボーイ- オフィサークロエネン

オフィサークロエネン(OFFICER KROENEN)

もはや更新停滞は日常茶飯事!(反省の色なし
とはいえ、今年も既に残り1カ月をきってしまい、「このまま年明けを迎えるのもアレだし・・・」ということで、いい加減久しぶりにに更新しようと思います;

と、いうことで。今回は一人さびしく迎えていたハロウィーンにグッドタイミングで届いていたクロエネンをレビューなのです。


※ちょっとグロテスクな表現のあるフィギュアなので苦手な人注意※


そんなわけで今日のレビューは映画「ヘルボーイ」からクロエネン(オフィサー版)。

アメコミ原作映画だけど一般的知名度が割と低いヘルボーイですが、日本語版コミックとかグッズとかわりと出てるのでもっと注目されても良いと思うんだ・・・・

まず「ヘルボーイ」とは!
なんやかんやあって人間に育てられた悪魔の子ヘルボーイとその仲間達が、超常現象を引き起こす原因となる悪魔その他諸々を倒すというお話(ざっくり
ゴツいおっさん姿のヘルボーイが実は猫好きツンデレというギャップを楽しむ作品だと個人的には思ってます。








(画像オンカーソルでアングル変更)

そしてクロエネンがコイツ。
ヘルボーイ達の敵として映画には登場、コミックの方にも出てるみたいですね。

トゥーレ協会の会長兼ナチスの殺し屋で、ほぼ不死身で超人的な身体能力を持つわりと恐ろしい敵であるクロエネン。
ガスマスクを常時被ってるのが特徴ですねー。映画ではたまに脱いでるけど。
こんな姿でもクラシックを聞いたりするのが趣味というわりと繊細で優雅な人。映画では無口ですが、コミックだと喋るみたいですね。













正面から

同シリーズの6インチのクロエネンのフィギュアは、通常使用とこのオフィサー版の2種が販売されてます。
オフィサー版では映画序盤に出てきたナチスの軍服仕様の姿になってます。こっちの見た目の方が人気が高いのか、国内だとこれ1つで9000円とかいったりする恐ろしい人気度・・・
ちなみに海外で買うと捨て値で買えるので、どうしても安くあげたい場合は海外から輸入した方がいいかも。


















顔アップ

上から、帽子付き前からと斜め前から、帽子なし、素顔と3種類。
帽子とガスマスクはそれぞれ着脱可能になってます。ガスマスクは顔にひっかけてあるので自分で引っぺがさない限りは落ちませんが、帽子はほぼ頭に乗せているだけなのでわりとポロポロ落ちます。(一応うまく乗せると帽子が頭に引っ掛かって落ちにくくはなりますが・・・)

素顔は映画でもこんな感じですが、本来なら正面を向いているはずの目のアイプリントがずれてるので余計恐い顔に・・・;














個人的に注目すべきはこのコートですよえぇ・・・
合皮製なのでいい感じに質感がコートっぽくなっててリアルです。
可動の妨げにもなりにくいですしね。








ちなみに下の制服はこんな感じ。
さすがに制服部分は合皮じゃないですが、質感といいシワといい非常に細かく再現されてます。塗り分けもなかなか綺麗です。










コートを脱がせるとちょっと貧相な感じに・・・
でも元々細身のキャラなのでこの体型で間違っては無いです。

んでさりげなく装備させたブレード・・














このトンファー型ブレードは映画でもバリバリ使ってましたねー
フィギュアではブレード付きの手首ごと取り換えることでブレードが出た状態を再現できます。














シャキッ!!っとブレードを装備させて映画序盤の戦闘状態もこんな感じで。















たまたま近くにいた鎌腕な怪獣と戦わせてみたりとか














ブレード自体が硬質パーツで根元だけ手首にくっついてるという仕様なので、間違ってバキッっと折ってしまわないように注意が必要ですね・・・














んで次の武器。
ホルスターの中に収まってるものは・・・















愛銃のルガーP08
微妙に形が違うとかそういう細かい事は(アメトイじゃありがちだから)いいんだよっ!














後半は基本ブレードばっかりクロエネンは使ってたので、実質銃を使ってたのはほとんど序盤くらいでしょうか。
銃の方がオフィサーには似合いますねやっぱ














この格好の方が銃は似合うかな?

邪魔ならホルスターに収納できるので余剰にもなりませんし、わりと凝った仕様です。














ちなみに、手首はブレード用の手が左右と銃を持つ用の右手、握りこぶしの左手の計4種類しかないです。
開き手とか一切ないのが残念ですが、その分完成度の高さが補ってますよね。














ちゅーわけで、オフィサークロエネンのレビューなのでした。

可動は少しクセがあり、可動率自体はそこまで大きく高いものではないのですが、小物類および全体のの完成度と再現度がそれらを補ってくれてます。
この完成度の高さだからそりゃ人気になって高騰するわな・・・w
映画を見ると間違いなく欲しくなると思うので、安いのをみかけたら即ゲットがおススメ。




--------------------------------





「新しい隊長来るらしいな。」

「おう、もうすぐ来られるらしいぞ。」














「二人とも揃っているか?」

「あっ隊長殿!」














「状況報告。」

「はっ、警備に問題はありません!」

「基地周辺警戒も同じく問題ありません!」

「うむ。」














「よし、ではこれを渡しておこう。」

「?」














「なんですコレ?」

「なんだ、最近のやつらはこれも知らんのか。」














「どこからどう見ても"ちんちくりんステッキ"に決まっているだろう!」

「いや知らないですし・・・」

「ち、ちんちくりん・・・」















さぁ、それで私のお尻を思いっきり叩くんだ!!

「はっ!!?」

「ためらうことはないぞ!!」














スッ・・・・














バサッ!














「さぁ準備完了だ!こい!!!」

「(この人本気だ・・・)」














「なにをしている!早くするんだ!!」

「い、いやしかし上官殿の尻をそんな・・・」

「遠慮は必要ないと言っているだろう!!上官命令だ!早く叩きたまえ!!」














「い・・・いきます!」

「オイ!本当にやるのかよ・・・」














「ていっ!」

パシィン!!















「ハウッ!!?」














「いやいや、今のはなかなかうまかったぞ・・・キミには素質がある。誇りに思いたまえ。」


「はぁ・・・どうも・・・(褒められても全くありがたくない!!)」














「次はキミの番だ。」

「え!?それ俺もやるんですか!!?」

「当たり前だ、さぁ早くこの"ちんちくりんステッキ"で私の尻を叩くんだ!!」

「ひぃぃぃ・・・」



クロエネンの暴走は止まらない!頑張れヘルガスト兵!




ノシ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
201212021939
<<春になったので | スタンド製作所 | DC UNIVERSE ビルドフィギュア ケモ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ