スターウォーズ ダージのフィギュアをクオリティアップ!
durge-new

どうもみなさんこんばんは、本日も趣味のDIYのお時間が参りました。

というのはジョーク(?)で。そろそろみなさん「またヒーローファクトリーか!」と思っておられるでしょう・・・そんなわけで今日は息抜きに改造ミニレビュー。

だいぶ前にレビューしたスターウォーズ クローン・ウォーズの3.75インチフィギュア「ダージ with スウープバイク」のダージをクオリティアップさせる小改造を行ったので、それについてご紹介を。




というわけでまずは、比較用にだいぶ前にレビューしたダージのレビューを御覧ください。

今回改造はしたものの、改造前の状態で写真撮るの忘れてたから・・・(盲点
過去のレビュー記事や他サイトのフィギュアレビューを比較にして見ていただくと改造点がよくわかるかとおもいます。


まず前説として。
スターウォーズのダージのフィギュアはクローンウォーズ版が2種、クローン大戦版が1種、コミック版が1種と現時点で4種類くらい発売されてるのですが、まあどれもこれも関節が動かないッ!

そんな中でもスウープバイク版のダージは他のダージフィギュアや同年代のスターウォーズフィギュアに比べると、恐ろしいほどの可動率を誇るのです。しかしそれでもなおそこはスターウォーズのフィギュア、やっぱし可動率とか見た目とかは悪いわけです。

そこで今回はそんな傑作フィギュアのダージをさらにクオリティアップさせるべく小改造を行ったというわけでござんす。

あ、ちなみにいつもどおり写真はクリック拡大できまっす。



durge-new
durge-new

というわけでまずは写真をどうぞ。

この時点でどこを改造してるかわかるかと思いますが、順をおって説明しましょう。











durge-new
durge-new

まず改造点その1

全体のモールドに対してスミ入れを行いました。
元のダージの状態では結構モールドが入ってるのですが、同シリーズの単体パック版ダージにくらべると塗装の質はかなり低く、そのままだとせっかくのモールドも目立たないので思い切って全身をスミ入れ。
やってみるとわかりますが、実はスミ入れするだけで結構全体の印象が変わってきます。
使ったのはガンダムマーカーの墨入れペン(ブラウン)。

おそらく普通に細かい箇所も塗装してやるとかなり見栄えが良くなるとはおもいますが、現時点ではまだスミ入れまで。












durge-new
durge-new

そして第2の改造点

ここが一番大きいです。腰から伸びる動力パイプをプラモ用のメッシュパイプに置き換えました

というのも、元々はこの動力パイプパーツはフィギュア本体と同じ材質で軟質パーツ等ではなかったため、かなり可動の妨げになってました。
これは実物を見てないとわかりづらいですが、動力パイプパーツの影響で実は今までダージは直立できなかったのです。また、バイクに座るときも同じく、可動の限界の位置まで足を上げることも出来ませんでした。

なのでバッサリ!パイプパーツを切断し、太もも側のパイプ受けに穴を開け(太もも側でパイプパーツが接着されているので)、メッシュパイプで動力パイプ部分を置き換えました。
メッシュパイプはかなりやわらかいので、可動を妨げることはない上に足を動かした際のパイプの動きも自然になります。

ちなみにこの時、パイプを接着するのは太もも側だけ。胴体のパイプ穴が空洞になっていることを利用して、メッシュパイプをやや長めにとりつけて余った部分を腰部分の内部へ収めています。
こうすることで、足を曲げた際に余剰なパイプは腰パーツ内に入るため、メッシュパイプが真ん中から折れ曲がることが無くなります。また、長めにパイプをとっているおかげで、腰部分は接着せずともパイプを固定できます。












durge-new
durge-new
durge-new

んで改造点その3

単体パック版ダージのジェットパックを取り付けできるように改造。

バイク版ダージのジェットパックは展開していない状態ですが、劇中ではジェットパック結構使ってるので、やっぱし展開状態ジェットパックも使いたい!
ということで、単体版ダージの背中からジェットパックをひっぺがしてきました。

とはいえそのままの状態では取り付けはできないため、まずジェットパック側の凸ジョイントを一部削り、背中に取り付けができるようにします。これだけで取り付けはできますが、そのままだとジェットパック上部と頭が干渉してしまうため、ジェットパック上部のパイプが伸びている部分をごっそり切り落とし、やや内側を削ってやることでジェットパックを取り付けた状態でも頭を可動させることが可能になります。

今回は改造を行った上でも、ジェットパック展開状態と収納状態のパーツを付け替えできるようにすることが目標であったので、接着はしてませんしジェットパック上部のパイプもスルーしました。個人的にはジェットパックのパイプはいらないとおもうんだよなあ。












durge-new
durge-new
durge-new

これでやっと、直立できてジェットパック展開状態で遊べるクオリティの上がったダージが完成したわけです。

元々出来のいいフィギュアですし、なにより今後10年でもダージのフル可動フィギュアなんて出そうにないので、思い切って改造したわけです。

あとは股関節と足首にジョイントパーツかなんか追加してやればよくなりそうですが、ここまでくるとなかなか敷居が高いですね。












durge-new

その辺にあったやつと比較。

これですよ。ダージは大型キャラなのに、直立できないおかげで他のフィギュアと並べると低身長に見えたのがずっと気になってたのですが、これでようやく安心して並べられます。













durge-new

そんなわけで軽くダージの改造記事でした。

今回の改造はどれもそんなに難しくないので、スウープバイク版ダージを持っててどうしても可動が気になる人は、やってみるといいかも?
なおジェットパック追加するには通常版ダージを生贄にしなければならないのでお忘れなく。



ではまた、次回のDIYでお会いしましょう
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 玩具ネタ画像 | コメント:0 | トラックバック:0
201403040427
<<レゴ HERO FACTORY ヒーローファクトリー  ファイアーロード | スタンド製作所 | レゴ HERO FACTORY ヒーローファクトリー エクスプロード>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ