[ジャダトイズ]ロボコップ ロボコップ1.0
robocop
ロボコップ1.0(ROBOCOP 1.0)

昔の映画って本当に面白いよね~
当時としては革新的な映画として見れて、今見ると若干お粗末な点が真面目なギャグに見えて面白かったりw
そんな中でも有名な人気映画「ロボコップ」をリブートした作品が公開されましたが、ぶっちゃけまだ見てない。昔のロボコップは見たけどね

そんなわけで今日はリブート版をまだ見てないけど、リブート版の新しいロボコップからロボコップ1.0をご紹介。

2028年、デトロイト市には犯罪が溢れていた。
真面目で良き警官であったアレックス・マーフィーは、犯罪者との戦いで重症を負ってしまう。
負傷したマーフィーはオムニ社によって最先端のロボットテクノロジーを身体に組み込まれることで生き延びるが、半人間、半ロボットの警官「ロボコップ」になってしまう。
オムニ社はマーフィーそしてロボコップを我が物にしたと思っている。しかし彼らは一つのことを忘れていた、ロボコップの中にまだ一人に「人間」がいるということを・・・

(パッケージ裏解説文より意訳)


というわけでロボコップのレビューなわけですが、主なストーリーは意訳した文章の通り。
リブート版もストーリー的には同じだとおもうんですけどどうなんだろ?

今回のフィギュアの名称はロボコップ1.0。色合いは旧ロボコップを意識したであろうシルバーと黒のカラーになってます。
この色が1.0で黒ロボコップが3.0ってことは、劇中では最初は銀カラーで、アップグレードして黒カラーになるのかな?









robocop
robocop


フィギュアを出してるメーカーはジャダトイズという会社。
調べてみるとどうも、このジャダトイズという会社は車のフィギュアを主に出しているのですが、ジャダから出てる車以外のアクションフィギュアはこのロボコップシリーズのみのようです。なんという便乗して発売した感・・・



ちなみに車のフィギュアのノウハウをそのまま使っているのか、このフィギュアはブリスターパッケージの台紙が異様に硬いです。










robocop
robocop

顔はこんな感じ。
うーむ・・・造形はそんなに良いってわけでもないっすね~3.75インチサイズだから仕方ないっちゃ仕方ないけど。

一応口の造形もあるんだけど、あまりにもモールドが薄い上に色もなにも無いので一見口が無いように見えます。
しかしMUのノヴァみたいに唇ぷっくりしてるプチ整形みたいな造形よりはこれくらい薄くてもいい気もするような。











robocop
robocop
robocop

うっすらな唇と比べて身体の造形は結構良さげ。
特に腹部の造形なんか結構細かいっすね~











robocop
robocop

そして問題な可動面・・・

実はこのロボコップ、可動率がとんでもなく低いという何とも悲しい代物。
肩は上の写真のとおり、ほとんどひらきません。向かって左側が肩を最も閉じた状態、右が最大まで開いた状態。
前後にはスムーズに可動するんですけどねー、ってまあそりゃそうか。

下の写真は肘を最大まで可動させた状態。およそ45度程度までしか可動しません。











robocop
robocop

足の可動はこんな感じ。
股関節は画像くらいまでしかひらけません、一応股関節の可動は結構動く方なんですが、ジョイントが独特なので構造的には癒着するとジョイントがモゲそうな感じ。保持力もあまりありません。
膝も肘とおなじく45度程度までしか可動しません。

ちなみにこの他に可動するのは首(左右可動のみ)くらい。足首、手首、腹部や腰部は無可動なので、ポーズはかなりつけにくいです。。。












robocop
robocop

ってわけであんましポージングはできないわけです。
せめて足首さえ可動すればもうちょい良くなるんだろうけどなあ。スクイレラノイドの時みたいに関節を組み込んでやるといいかもしれませんね。

しかしジャダトイズはハスブロやマテルみたいに可動フィギュア出し慣れてるメーカーじゃないのでなかなか可動がうまく仕込めないんでしょうかね~











robocop
robocop
robocop
robocop
robocop


武器として銃が2つ付属。
それぞれの武器は形状の都合で左手用と右手用が決まっており、左手と右手の両方の手に持たせることは不可能。
特に左手に装備してる銃はストック部分が腕に密着する形状になっているので右手に持たせることは完全に不可能。
とはいえ、ストック部分で固定しているのと差し込み式で手に持っているのが重なって、トリガーに指をかけた状態で保持している右手の銃よりしっかり持たせられることが出来ます。












robocop

可動率が悪いとはいえ、銃2つ付くのはなかなか楽しいかも。












robocop

一応3.75規格のサイズなのでハスブロの3.75インチ系フィギュアと同じサイズ。
メーカー違ってもサイズで世界観統一できるのは嬉しいですよねーファンにとっては。












robocop
robocop
robocop

我が家ではネタ要員として重宝しそうですマーフィー。
相棒のAIBOと共に頑張れマーフィー!!










robocop
robocop

というわけでロボコップ1.0でした。

可動率は悪いものの、3.75規格で出てるロボコップはこのフィギュアくらいなんですよね~
というかそもそもジャダ以外新ロボコップ出してないような気が・・・

完成度はイマイチなものの、価格は輸入品も国内品も1300円程度で手に入る上に、劇場の物販ブースなんかでも販売されてるのでアメトイ入門にオススメ。
特に1.0の方は人気が高いのか結構すぐ売り切れちゃうようなので、早めに買っときましょ。






----------------オマケ劇場------------------



robocop

「よーし、カメラ回ってるか?
では今から新兵器ロボコップの採用試験の様子をカメラに収める」













robocop

「ロボコップ起動!!」












robocop

「ハジメマシテ、私はマー・・・ロボコップ、ロボコップです」

なんで言い直したん!?













robocop

「まあそれはともかく。ロボコップの特徴はこの戦闘能力だ」












robocop

「ロボコップは一瞬にして武装している敵を判断することができる!
今回はこの2つを敵としてみよう!」











robocop

「動くな、両手を上げろ」












robocop

「・・・まあ相手を間違えることもたまにある!サイボーグだし!












robocop

「ロボコップの特徴は戦闘能力だけじゃない!走ればAIBOより早く!」












robocop

「パワーはAIBOよりもつよ・・・まあこんなこともある。」












robocop

「そしてもし巨大な相手に捕まっても大丈夫!ロボコップの危機回避機能はすさまじいのだ!」












robocop

「いくら欲しいですか、政府がお金を出します、だから離してください」











robocop

「お金を出すので、離してください。オネガイ












robocop

「だがロボコップの本質はその勇気!ロボゆえにどんな巨大兵器にも恐れない!」











robocop

「すみません、休憩入ってもいいですか?」

「・・・・。」












robocop

「・・・・というわけでこっちのAIBOの方を正式作用しようと思います。」












robocop

「マーフィー、かなしい・・・」








ノシ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アメトイその他 | コメント:0 | トラックバック:0
201403292150
<<レゴ HERO FACTORY ヒーローファクトリー メルトダウン | スタンド製作所 | [プレイメイツ・トイズ]Teenage Mutant Ninja Turtles 2012 スクイレラノイド (&可動化カスタム記事)>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ