ディスペンサーの首を直す!
disp-rp


トランスフォーマー実写4作目であるロストエイジのトイが発売されたわけで。

既に情報を得た人は知ってるかと思いますが、デ軍側のディスペンサーの首が上下に可動しない問題

タカラトミーに問い合わせてみたところ、「首のジョイントは製品の仕様であり、修理・回収などは行わない」そうな。
うーむ、そりゃタカトミ側も回収なんてしたくないだろうし、過去TFの組違いはたくさんあっても、修理回収してくれた事案なんてあんま無いのが現実だったりするし・・・

せっかく首にヒンジジョイントあるのにモッタイナイ!と思ったので、自力で直しました
今回は簡単に直せるような組違いじゃないので、備忘録として首修繕の方法を記事に起こしておきます

disp-rp

これですよコレ!!

色々あってディスペンサーが2体あるのはともかく
ディスペンサーの頭部に怪しげなヒンジジョイントがあるのがわかりますよね。
一見可動しそうですが動きません。タカトミ側としても仕様だしそこは動かねえよってわけです。

ネット上では各所でディスペンサーの頭のヒンジを抜いて取り外し、首のパーツを前後逆にまわして取り付けると頭が上下可動するようになるとの話が発売後から言われてました。


ということでバラして組み替えてみると・・・








disp-rp
disp-rp

こんなかんじに

左が首を直した後、右が直す前(つまり購入時の状態)

うん、マジで首が上下に可動するようになりました。
「無可動って言ったな、あれは嘘だ」ってやつですか。


てなわけで、ディスペンサーの首のパーツを前後逆にすると上下可動できるという話はマジでした。
こりゃ組み違いだね・・・

ところがどっこい、ヒンジという簡単に取り外しがきかないパーツだったので、今後ディスペンサーの頭部上下可動を作ってやろうという人向けに修繕方法を載せておきます。


用意するもの
・はんだごて(先の細いもの)
・ラジオペンチ
・2.5mmのドリル(プラモ用のものなどでOK。MR.HOBBYのピンバイスベーシックセットとかオススメ)


方法
1.はんだごてを十分温めておく

2.まわりのパーツに接触しないように注意しながら、はんだごての先をディスペンサーのヒンジにあてる。(ヒンジの面が細い側にあてておく)

3.はんだごてをあてたまま、少し力を入れてヒンジを押し出すようにする

4.はんだごての熱がヒンジに伝わって少しずつヒンジが押し出されていく。ラジオペンチで掴めるくらい反対側へヒンジが押し出されたら、そのままラジオペンチで引き抜く。



これでヒンジを抜くことができます。

金槌で叩いて押し出すという方法もありますが、2体ディスペンサーで試してどっちもうまくいきませんでした。それどころか首の根元のジョイントがグラつくようになるのであまりオススメできません・・・
時計のヒンジ的なパーツを外す道具とかだと簡単にとれるのかなあ?


反対にヒンジを取り付ける方法もついでに

1.ヒンジを抜いたら、頭部パーツをとりはずして首のジョイントパーツを前後逆向きにする。(シルバーで塗ってあるほうを前にする)

2.首のジョイントパーツのヒンジ穴を、2.5mmのドリルで削って広げる。

3.首ジョイントに頭パーツをかぶせて、再びヒンジを差し込む。(この時点で首が上下可動できるので、頭を上に向けたままヒンジ側を後ろにまわして作業をするほうがやりやすい)

4.ヒンジパーツをラジオペンチで掴み、左右にひねるようにして押し込む。そのまま押し込んでも良し。



これで修理完了です。途中で2.5mmのドリルで穴を削るのは、ヒンジパーツに掘られているヒンジ抜け防止部分が首ジョイントに入りにくい為です。2.5mmのドリルでジョイント穴を広げることでスムーズにヒンジパーツが入るようになります。

ヒンジが抜けちゃうんじゃないの?と思いますが、意外とそんなことはないです。もしヒンジが抜けるほど緩くなる場合は、接着剤を頭部パーツ側のジョイント穴まわりに塗って、穴を狭くしてやればマシになるかも。





disp-rp

はんだごてを使う方法といっても、ミスるとこんなかんじでプラ部分が溶けたり頭部のヒンジ受け部分が融解したりします。

ぶっちゃけプラ部分が溶けたのは完全なミスですが、はんだごてで押し出すとどうしてもヒンジ受けは溶けます

でも側面だしそんなに目立たないのでまあいいかなと。傷もアメトイだと購入時から日常茶飯事なのでそこまで個人的には気にならないです。







disp-rp


ヒンジのジョイントを直せばこれくらい動くようになって、首を持ち上げた状態で360度回る(ホントに)ようになります。


方法がわりと荒いので、この方法だと正直ヘタすればディスペンサーがオシャカになる可能性もありますし、はんだごての熱で上記したようにパーツが融解する事もあるかと思います。
もしこの方法で修理を実行するならば自己責任でどうぞ。





おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | トランスフォーマー 雑記 | コメント:4 | トラックバック:0
201405222037
<<NECA プロメテウス トリロバイトVSエンジニア(バトルダメージ) | スタンド製作所 | トランスフォーマー ジェネレーションズ スクラプネル&リフレクター SKRAPNEL & REFLECTOR>>
この記事のコメント
 
修理
201405291939
おお・・組間違いを直したのですか。しかもヒンジ式のところを修理したのですから凄いです。
TF4トイ解禁でありリデコでディセプティコン側ということもあったのですがこれは痛いです。けどそれ以外に極端な不良がなかったのは不幸中の幸いかもしれません(ただ過去に組間違いがあってもサポートセンター問い合わせをしたら交換してくれたこともありました)。

TF4の映画もあと4か月・・・でも予告編がhttp://www.youtube.com/watch?v=UQ5dyXzsceoこんなんだったらある意味すごいかもしれん(笑)
2014-05-29 Thu | URL | 無所属廃人 #Qdr4Z5ec[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201405301712
>無所属廃人さん

ヒンジってことで無理かなあと思ったんですが、色々と方法を調べて若干力づくですがはんだごてで直せるってのを検証できました。もしかするともっと楽な方法もあるかもしれませんけどね。。

今回の組違いはタカラトミー側としても首が上下可動しないのは仕様ってことにしてるので、送って修理してもらえないのがちょっと残念ですね~安全基準でわざと首の可動を消したのか、そもそも組み間違いだけど回収したくないからなのかはわかりませんが。


鷹の爪の映画でオキテマス・スマイルとかいうまんまオプティマスなキャラだしたので、いっそコラボしてもいいかもしれませんねw
2014-05-30 Fri | URL | カメオ #-[ 内容変更]

 
管理人のみ閲覧できます
201412102343
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-12-10 Wed | | #[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201412150526
>ぱんパンさん

どうもはじめましてです~
記事が役に立ったようでなによりです。

ディスペンサーのクビの構造は根本的にバラせないような感じなので、はんだごて使う以外の方法ではピンを抜くことはほぼ不可能っぽいんですよね~
自分も叩いたりドライヤーで熱したりと色々しましたが、バラしてみて「あぁ、こりゃ抜けねえわ」と納得しました・・・;

真ん中のピン止めさえなんとかできればもっと綺麗に修正できそうですけどね~
2014-12-15 Mon | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ