botcon 2013 カスタマイジングクラス ブラストチャージ ストライカドローン
blastcharge
オートボット 全地形対応強襲ドローン
ブラストチャージ/ストライカドローン
(BLASTCHARGE STRIKA DRONE)


今日からbotconだっけ?いやあ今年もこの時期が来ましたね。
また今年も財布が大変なことになりそうなので非常に(金銭的な意味で)つらいですな。
噂によると今年はショカラクトとかフレイムウォーとか個人的に買わざるをえないような限定品が出るらしくてもう回避不可です。

と、みんながbotconで盛り上がってる中、botconつながりの品をレビューでござんす
ちなみに今回塗装済みだよ!カスタム記事としてもお楽しみくださいな

オートボット 全地形対応強襲ドローン ブラストチャージ(ストライカドローン)

「我々は仕えるために存在する」

ブラストチャージ ストライカドローンはオートボットジェネラル「ストライカ」のボディを複製したクローンである。
ブラストチャージ達はストライカの物理的仕様を全て有しているが、スパークがなく人工知能を装備している。
チップ・チェイスによって開発され、ホイルジャックとパーセプターの手によってさらに改良されたジェネトロニック・トランスリンク・システムを使用することで、ストライカはブラストチャージ達をコントロールすることが可能となる。
また、ブラストチャージのうちの1体は、ストライカがいない状態でも仲間のドローンを率いることができるようにスパークと自主的にドローンをコントロールする能力を与えられた。


ビークルモードの上部に位置したランチャーとウルトラロケットは恐ろしいほどの火力を誇り、メインキャノンは照準の中に映る全てのものを吹き飛ばすほどの破壊力をもつ。
さらにビークルモードでもロボットモードでも身体を覆っている厚い装甲板は、ほとんどの種類の砲弾を防ぐことができる。
全てのドローンはジェネトロニック・トランスリンク・システムを有しているため、ストライカによって遠隔コントロールされている。
遠隔コントロールができなくなった場合のために、バックアップドローンは「走れ」「チャージ」「破壊しろ!」といった基本的なコマンドで操作することもできる。ストライカはドローン達をコントロールするためにGTシステムリンクを維持しなければならない。
もし信号がブロックされてもドローン達は機能できるが、バックアップドローンにアップリンクできなければ、信号がブロックされたドローン達は最後に受けた命令を繰り返すだけとなる。
唯一スパークを持つ生きているブラストチャージは、残念なことに信じられないほどに知能が低いため、容易に操られてしまうという弱点がある。

体力:9
知力:2
スピード:5
耐久力:8

地位:4
勇気:8
火力:9
技能:8

(公式テックスペックから意訳)










blastcharge
blastcharge


てわけで今回のレビューはbotcon2013限定品カスタマイジングクラスのブラストチャージですよ。
カスタマイジングクラスってのは少し前のbotconから始まった、無塗装のTFを会場で自分で組み立てるイベントです。
2013のブラストチャージは駄々余りしたのか知りませんが、カスタマイジングクラス用と別に組み立て済み状態で販売もされました。

なのでそのままの状態では画像のようにのっぺりしてます。いかにTFにおいて塗装が大事かよくわかるね・・・!
トイとしてはジェネレーションズ版ワーパス型で、botcon2013でのボックスセットに入ってるストライカのりカラー品。

設定では上記したようにストライカのクローンなドローンだそうで。1体だけスパークをもたせてるってとこが後のビーストマシーンズ版ブラストチャージに繋がりそうな設定ですね~
テックスペックに書いてあるけどこれ一応オートボットなのよね・・・でもどうせ後々ビーコン側になるんだしということで普段デ軍贔屓だけど買いました。ボックスセットのストライカとオブシディアンもオートボットだしね。









blastcharge

そんでもってトランスフォーム!!

無塗装状態ではこんなもんです。









blastcharge

このままでもいいっちゃいいんですが、せっかくのカスタマイジングクラスなのでやっぱ色塗りたいですよね。というか色塗らないとすっげえしょぼく見えるんです・・・



というわけで塗りました










blastcharge
blastcharge
blastcharge

どうよ!一気に引き締まりました。

元ネタのビーストマシーンズ版ブラストチャージにあわせて塗ってみました。
公式作例でもあったように赤の迷彩パターンをスプレーとマスキングで追加し、あと細かい色はビーストマシーンズ版ブラストチャージを参考にしながら塗っていってます。
おもちゃ感出すために唯一上部のミサイルとランチャー部分は無塗装です。

今回は普通のプラモ用スプレーと水性ホビー塗料で塗ったんだけどさ・・・素材とあわなかったのか塗料が侵食したのか、一分のパーツが自己崩壊し出して足のジョイントがぶっ壊れ、変形できなくなりました完全にアクションマスターです
ということで今後ブラストチャージ塗ろうという人は注意しましょう。TFのプラはABSだったのかな?でも全体的に塗ってあるけど、自己崩壊した部分は全部塗装かかってないところばっかりなんだよなあ・・・








blastcharge
blastcharge

頭はこんな感じ。
元々ストライカのリカラーなので見た目がまんまストライカと同じですが、なんとか色分けだけでストライカと区別できるような見た目にできないかと頑張った結果がコレ。
元ネタブラストチャージにあわせてヘッドの色をシルバーにして、イエローを足してみました。小さいので見づらいですが眼の色も元ネタにあわせてグリーンに。あとモールド部分はスミ入れたりとか。









blastcharge
blastcharge
blastcharge
blastcharge

細かいところはこんな感じ。
赤の迷彩はマスキングしてやったものの、モールドから液漏れしたおかげで大変なことになり、一度全体的に漏れた部分を修正してます。
おかげでちょっと全体的に汚れた感じに・・・いや、でもこれは汚し塗装っぽいからいいぞ!?とポジティブに考えることにしました。汚れた部分コレ以上擦っても綺麗にはならないしね。









blastcharge

腹もあわせて塗ってます。
そしてなんか物足りなかったのでイホビのデ軍シールをペタリ。
できればビーコンエンブレムがよかったけど、そんなシール持ってないので仕方ないね。
自分で塗装したものなんで、そういう所も脳内設定で補完してしまえば別にいいかなって気もします。









blastcharge
blastcharge
blastcharge

ちなみに動かすとこんな感じ。

トイとしては胴・足首の可動がなかったり、頭が左右にしか回転できなかったりとちょっとポーズとらせにくい感じ。
デザインとしては素晴らしく完成されてて良いんだけどなあ。
可動域はだいたいどこも90度が限界。









blastcharge

砲塔は変形の都合でロボモードで引き出すことも可能。

なんで動かしててそこまで盛り上がらないんだろうと思ったけどわかった、手持ち武器ないからだ。
武装としては色々ついてるんですけどね~。ミサイルギミック付きのランチャーとか。ちょっとミサイルが見当たらないんで写真はまた後日追加しときます・・w









blastcharge

てわけでブラストチャージでした。
全体的に完成度は高くしっかりしてる作りですが、ちょっと遊びがいに欠けるのと、ポージングしにくいのが欠点かな。
今回のはカスタマイジングクラスのトイなので、プラモのように塗装して遊ぶものと割りきってしまえば全然楽しめます。
迷彩パターンまで作れ!とはさすがに大変なので言いませんが、無塗装でブラストチャージ保管してる人は頭とか細かい部分だけでも塗ってみると楽しいとおもいます。もしくはスミ入れだけでも結構良くなりますよ。









--------------------おまけ劇場---------------------





blastcharge

「見ろ!我がディセプティコンの新たな戦力としてドローンを作ったぞ!」

「ほう、量産すれば役に立ちそうだな」









blastcharge

「一応スパークは入ってるが、こいつの素の知能は恐ろしく低い!
だがその分をハイスペックな知能ソフトを追加することで補っているのだ」


「いわゆる人工知能を補助として使っているのか」

「そうだ」









blastcharge

「ちなみに内蔵OSは○indows98だ。」

「古っ!というかゲ○ツのOSで動くんかい!パソコンか!」

「マザーボードおよびグラフィク面に関しては初代プレ○ステーショ○がそのまま脳みそに入っている。」

「ごっちゃにしすぎじゃねえか!?」









blastcharge

「だが侮る無かれ!このブラストチャージはドローンだが遠隔操作することも可能だ!
ハイスペックな内蔵システムのおかげで、こちら側からコントローラーで簡単に遠隔操作できる!」










blastcharge

「しかも互換性抜群、プレ○テのコントローラーで操作できるのだ」

「完全にさっきの頭にプレ○テ仕込んだ副産物だよなそれ・・・!」









blastcharge

「オフロガ ワキマシタ」

「今のは給湯器のお湯沸き探知機能だ」

「いらねえよ!絶対いらねえよその機能!」









blastcharge

「なんてポンコツロボ作ってんだお前は、メガトロン様もさすがにキレるぞ・・・」

「ありあわせで作ったからな、仕方ない。本来はプレ○テ4とか仕込むべきなんだ」

「そこはゆずらないのかよ・・・」









blastcharge

「だぁ~っ!!なんだっぺよ!さっきからポンコツポンコツって!!」

「うぉ!!?喋った!!?」

「知能は無いがスパークが入ってるから一応感情はあるのか!」









blastcharge

「ポンコツつっても、俺ぇの頭のシステムは初代プレ○テじゃないっぺ!!
初代プレ○テ後期型だっぺよぉ!!」


「怒るところそこかよ!」




おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Botcon限定/other exclusive | コメント:0 | トラックバック:0
201406200638
<<botcon 2014限定 パイレーツ2パック ハンター & ブリムストーン | スタンド製作所 | [ミニレビュー]サンガッツ本舗 怪物マチコミ(クリアー版)>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ