3.75インチを楽しめ! -G.I.ジョーのススメ編-
375maniax

今日はちょっとして特集雑記。
最近やっぱし圧倒的に日本国内人気がないG.I.ジョーなので、活性化のためそして新規ファンを増やすためにも特集記事を作ってみました。
今回は3.75インチフィギュアG.I.ジョー編。今後何回かにわけてこういう記事をまた書こうかと思います。

G.I.ジョーなんて知らん!自慰愛情?慈愛錠??なんて人向けです。
これ見てジョーにハマってもらえれば嬉しいっス

・G.I.ジョーとは

G.I.ジョーとは、米国ハズブロ社が販売しているフィギュアシリーズのことを指します。
原作等はなく、トランスフォーマーのようにトイからコミックやアニメ、実写映画とメディアを広げていった作品です。
日本では近年の実写映画2作や、初代トランスフォーマーと同じかちょっと前の頃に放映されていたTVアニメ「地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー」が有名所ではないでしょうか。


G.I.ジョーという玩具は、主に大きく2つに分類されます





・12インチスケールのG.I.ジョー
元祖G.I.ジョー。G.I.ジョー発売初期から未だに販売されている12インチサイズのフィギュア。色々種類はあるものの、主に兵士などのミリタリー色が強いフィギュアです。
うちの親父もでしたが、おっさん世代にはG.I.ジョーというとこっちの12インチ版のことだと思う人が多いかも。
ちなみにアクションフィギュアという言葉を作ったのもこの12インチ版G.I.ジョーが始まり。








・3.75インチスケールのARAH G.I.ジョー
上記した12インチのジョー人気が低迷し、新たに作られたG.I.ジョーシリーズ。スターウォーズなどのシリーズにあわせてサイズは3.75インチに縮小化。小さいフィギュアでありつつも、バリエーションの豊富さと細かいキャラクター設定が人気の秘訣。
タイトルもG.I.JOE:A REAL AMERICAN HERO(通称ARAH)とされており、12インチ版ジョーとは完全に別物としての扱い。
12インチとは違い、ミリタリー色はややあるものの、どちらかといえばヒーローもの路線になっている。
実写映画やアニメ作品のG.I.ジョーはこのARAHシリーズが元。
(ARAH版にはOリング版と現行のリメイクシリーズの2種がありますが、詳細は後述)




一般的なG.I.ジョーというとARAH版の方が知名度は上かもしれませんね。

今回は3.75インチ版の特集なので12インチ版についてはスルー。興味がある人はぜひ調べてみてくださいな。




375maniax

・ストーリー


さて、ARAH版G.I.ジョーのストーリーは、アメリカ軍の精鋭であり正義のG.I.ジョーチームと、世界征服を企む悪の組織コブラとの戦いというのが大筋。



(OPが傑作のアニメのG.I.ジョー劇場版。なお映画本編の内容はお察し

フィギュアの方も、正義のG.I.ジョーと悪のコブラの2つの軍団で分けられています。
必ずしも一致するわけじゃないんですが、どちらかといえばG.I.ジョー側はミリタリー色の強いキャラクター(軍人なのでそりゃそうか)で、コブラ側はいかにも悪そうなのとかキワモノみたいなやつらばっかりです。








375maniax

・3.75版G.I.ジョーと他のアクションフィギュアとの違い

3.75インチフィギュアなので、いわば同じハズブロのMARVEL UNIVERSE(以下MU)系なんかとスケールは同じだし、同じアクションフィギュアですが、色々違いがあります。

大きく違うのは画像のコレ(すごい見辛いけど・・・)、股関節ジョイントをアップにした写真ですが、左がMUで右がG.I.ジョー。
普通のボールジョイントであるMU系フィギュアに対し、G.I.ジョーは股関節に特殊な金具ジョイントが使われています。
また、腿の裏もビスでパーツが固定してあります。
これは昔のARAH版G.I.ジョー(Oリング)からの名残なんですが、詳しくは後述。

ちなみにこの他にも腕の可動箇所の位置が違っていたり、足のロール軸の有無だったりと細かい違いは結構あります。
違いがあるからMUとG.I.ジョーで大きく可動率や可動域が全然違うかというと、まったくもってそんなことはなく、普通のアクションフィギュア同様ガシガシ遊べます。
しかしフィギュアやキャラクター個別によって「よく動く」・「動かない」の差はあります。









375maniax

・Oリング版とリメイク版

先ほどちらっと書いた、昔のARAH版G.I.ジョーというのがコレ
左側が昔のARAH版G.I.ジョー(通称Oリング版)、右側が近年売られているシリーズのARAH版G.I.ジョー

(Oリングというのは、フィギュア内部に入っているO型のゴムパーツから命名された名前。古いG.I.ジョーは股関節パーツを胴体内部でゴムのOリングパーツでつないでおり、このゴムの伸び縮みによって股関節のスムーズな可動を実現していた。構造的にはドールに用いられる関節に近い仕組み。)

3.75インチとしてG.I.ジョーが販売され始めた頃、ARAHシリーズのG.I.ジョーといえばこのOリング版のフォーマットでした。
写真右のような近年売られているG.I.ジョーは、このOリング時代のフィギュアをリメイクして、MUやスター・ウォーズのベーシックフィギュアなどにあわせてリアルな頭身にしたものです。
3.75発売の頃と同じく、やっぱしスターウォーズ等の後追いになってしまったわけです。なんでや!メーカー同じなのに・・・w

股関節のメタルなパーツや足のビスなどは、当時の名残であり3.75インチ版G.I.ジョーの象徴でもあるわけですね。

ちなみに、Oリング版G.I.ジョーはわりと近年まで発売されており、それこそ数年前まで普通に限定品枠などで新規フィギュアが販売されていました。

今回の特集では、主にOリング版ではなくリメイク版シリーズを基準に話をしていきます。









375maniax

・G.I.ジョーの魅力:アクション

変なポーズで

Oリング版は当時は画期的なアクションフィギュアだったんですが、やっぱ現在のフィギュアには負けますね。

G.I.ジョーの魅力の1つがアクション、つまり可動です。
近年のシリーズではMUやスター・ウォーズベーシックフィギュアに負けず劣らずフルアクションフィギュアです。
中には股関節が昔のスターウォーズフィギュア風な2方向可動のドライバー系フィギュアや、造形を重視しすぎて片手だけ可動を仕込んでないメジャーブラッドなど、一部あんまりアクションしないアクションフィギュアも混じってますが、基本的にG.I.ジョーはよく動くアクションフィギュアの部類に入ります。

近年ではMUやスター・ウォーズのフィギュアにG.I.ジョー素体が流用されているなんてこともあったり。やっぱしよく動くアクションフィギュアとしては他シリーズに流用されるくらい重宝されてるのかしら。









375maniax

・G.I.ジョーの魅力:付属品

G.I.ジョーの魅力でありMUやスター・ウォーズと決定的に違うのは、やっぱ付属品の多さだと思います。

ジョー側のフットルースの装備はこんな感じ。
兵装であるヘルメットやバックパック、アサルトライフルはもちろんのこと、ハンドガン、マグライト、ナイフ、バズーカにその弾まで揃ってます。しかもマグライトはバックパックに収納できるし、バズーカの弾はちゃんとバズーカに装填可能(弾は取り出しも効く優れもの)

ただ付属品が多いだけでなく、ちゃんと収納できたり装備できたりするのが面白いところです。
でもフットルースの付属品なんてまだ少ない方ですよ。









375maniax

シャドウトラッカーなんかこの付属品の量!

多すぎます。ここまでくるとさすがに持て余します。
シャドウトラッカーは付属品が多い部類ですが、だいたい1体のジョー系フィギュアには少なくとも1つ~4つくらいの武装はついてます。








375maniax

・G.I.ジョーの魅力:キャラクターバリエーション

なんといってもそのキャラクターバリエーションの豊富さです。
スターウォーズ系もバリエーションが多く、映画やアニメに出たキャラや微妙な服装違い等を尽く立体化していますが、G.I.ジョーの方も負けていません。
スターウォーズと決定的に違うことは。キワモノが多い上にダサいことです。

写真左から、普通の兵士、プレデター半裸の歯医者半裸のマッチョ

もう意味がわかりません。しかもこいつら全部悪の軍団です。尚更よくわからないです。
ダサいとは言っても、個人的にはプレデターなシャドウトラッカーや半裸マッチョのビッグボアなんか超カッコイイと思っているので、多分これがいわゆるダサカッコイイってやつなんでしょう。
なんだよ!G.I.ジョーってだっせぇデザイン多いな!って思ってる人も、見慣れると2~3日でかっこよく見えてきます。慣れって怖いですね









375maniax

ダサい!といっても、かっこいいキャラクターも居ますよ

犯罪王、ニンジャ、ゾンビ兵、アメリカのお菓子みたいな色のエリート兵士・・・


うんゴメン、ダサいわ・・・w


この圧倒的カッコ悪さこそが、G.I.ジョーの最大の魅力だと思ってます。
大衆受け狙いの自立できなさそうな細すぎポッキーみたいなデザインのロボットやハンコ絵美少女キャラなんか、世の中には死ぬほど溢れかえってます。
しかしG.I.ジョーのようなダサカッコイイキャラクターはなかなかいません。というか狙って作れるようなキャラじゃないです!この強烈すぎる個性がジョーをつい買ってしまう魅力ですね。









375maniax

・G.I.ジョーの魅力:ビークル

G.I.ジョーの魅力!最後はビークルです。

スターウォーズなんかもビークルやメカは多いですがG.I.ジョーも乗り物系は結構多め。
ミリタリーな車や戦闘機、大型基地に超でかい空母UFOもどきトンデモメカ
乗り込む兵士もキワモノですがビークルもなかなかにキワモノです。

写真はHISSタンクというG.I.ジョーのコブラ側を代表するメカ。
ギミックはほぼ何もないんですが、それでも需要はあるのか供給が勝手にやってるのか、未だにバリエーションが出続けてる乗り物です。

魅力として書いたのに魅力がないじゃん!と言われそうですが、おっしゃるとおりです
G.I.ジョーのビークルの魅力ってのは、どいつもこいつも無駄にデカいってことでしょうかね。








375maniax
375maniax

・パッケージ

最後にちょっとだけ少し路線を外して話を。

G.I.ジョーを代表するのはこのパッケージ!
実写シリーズや他シリーズではデザインが違うものもあるものの、G.I.ジョーというと黒地にデカいイラストのパッケージが昔ながらのデザインです。
こういう黒い台紙の隅っこにブリスターってのは、オールドケナーのスターウォーズフィギュアを意識してのデザインだったんでしょうかね。またしてもスターウォーズの後追いですか

パッケージ裏にはラインナップ表とキャラクターの設定や解説が記述されたキャラクターカードが。

キャラクターカードもG.I.ジョーの強烈な個性を引き立てる重要な存在です。
この数センチのカード1枚にキャラクターの魅力がギッシリ詰まってます。
グレたインテリや悪の道に落ちて半裸になった歯医者。なんでも撃っちゃう危なっかしい歩兵など、書いてる内容がまたおかしいのなんの
G.I.ジョーを買った時は、翻訳して読むことをオススメしますよ。









・具体的に何を買えばいいか

G.I.ジョーを買いたいけど、何を買っていいかわからん!!そんなアナタ!

一番良いのは、今まで販売されたジョーのフィギュアを全て掲載しているYOJOE.comや他のレビューサイトのレビューを見たり、映画やアニメ作品を見て「このキャラかっこいい!欲しい!」と思うものを買うことです。

と、大まじめに書いたはいいものの、国内じゃG.I.ジョーの取り扱いは本当に少ないので、基本なんとしてもほしいものを買うならebayあたりを漁ってください
もしくはアメトイ専門店だとノンストップがG.I.ジョーの取り扱いが多いです
(ラバーダックもジョーをかなり扱ってたんだけど、もう閉店しちゃうしなあ・・・)


何が欲しいかわからんがとりあえず買いたい!という人は、実写映画2作目であるリタリエーション版の購入をオススメします。レッドニンジャやスネークアイズ、コテコテ武装なデータバイパー(映画未登場)になぜかアニメDIC版から参戦のナイトバイパーなど魅力的なキャラが多いです。新作なので可動率も良いしね。








さて、以上ARAH版3.75G.I.ジョーの概要とその魅力を語っていきましたがどうでしたか?
この記事を通して私が伝えたい事、それは・・・G.I.ジョーとは奇妙奇天烈摩訶不思議奇想天外四捨五入(旧ドラえもんのED風に)なフィギュア、いや・・・おバカでよく動くぶっ飛びフィギュアシリーズであるということです。


日本人の感性から見ても「ファッキュー!狂ってやがるぜ!」と思えるキャラクターがいっぱいいっぱいなのがG.I.ジョーです。
そんな奇天烈メンバーを集めてコブラ小隊/G.I.ジョー小隊を作るもよし、混成チームや対決構図を作るもよし、バラバラにして組み替えてオリジナル兵士を作る(ジョーの装備は互換があるので組み換えや装備変えが簡単にできるんです)のも良いと思います。






なに!?トイが買いたくなったって!!?・・・・フフフ。そうだろうそうだろう。

今度8月くらいからジョーとコブラの2体セットが販売されるから要チェックだ!即予約必須激ヤバ即ゲットってやつよ!



おしまい
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
201407190049
<<MARVEL INFINITE SERIES WHIRLWIND -ワールウィンド- &デザインカスタム化 | スタンド製作所 | G.I.ジョー バック2リベンジ/リタリエーション RED NINJA -レッドニンジャ- 通常版(v4)&ニンジャ ショウダウン版(v5)>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ