G.I.joe 50th HEATED BATTLE BLOWTORCH vs H.E.A.T. viper -G.I.ジョー ブロウトーチvsヒートバイパー-
heatedbattle

ブロウトーチVSヒートバイパー
(BLOWTORCH vs H.E.A.T. VIPER)


前回のハイヤトイズのエイリアンに引き続き、今回も新作フィギュアをご紹介。
おそらくエイリアン以上に誰も買って無さそうなコイツらだ!

というわけで史上最も暑苦しいVSセット「ヒーテッドバトル」の2体をレビューでござんすよ。
(今回は個人的に色々気になったのでジョー側も一緒にレビューだよ!)
heatedbattle

リタリエーション以降ようやく一般販売ラインでの商品展開が再開された今回のG.I.ジョー50th記念シリーズ。だいたい1年ぶりくらいかな。
G.I.ジョー発売から50年を記念したシリーズですが、50年だからといって特別なフィギュアを出すわけでもなく、30周年アニバーサリーの時のように相変わらずマニアックなキャラを売り出すG.I.ジョー精神を突っ走ったフィギュアシリーズとなってます。

ちなみに50th版は今のところバトルセット2パックや3パック、ビークルセット等での販売がデフォのようで単品売りは無いみたい。今後追加されていくのかもしれませんけどね。

今回のヒーテッドバトルセットは、ジョー側のブロウトーチとヒートバイパーの2パックバトルセット。
2パック売り自体かなり久々かもしれないなあ・・・










heatedbattle
heatedbattle

ヒートバイパー(H.E.A.T. VIPER)


"コブラ 対戦車スペシャリスト"
コードネーム:ヒートバイパー

ファイル名:様々
主要専門分野:対装甲戦
二次専門分野:歩兵
出身地:様々

コブラの対戦車スペシャリストは多動、高速性、ワイヤーガイド、徹甲などの最新技術を完備している。
ハーネスでサポートされている発射管にはアクティブな熱通気口、危険を検出する赤外線遮断装置がある。
照準システムはオペレーターのヘルメットと光学ファイバで繋がっており、コンピュータ処理によって軌道、距離計測、映像増強などの効果を備えている。
これらのシステムは不利な視界状況でのヒートバイパーの戦闘をサポートする役目があるのだ。

(パッケージ裏カードより意訳)


ってわけでまずはヒートバイパーから。

フィギュアとしてはOリング時代から数えてv4にあたります。
今回のフィギュアはv1デザインのリメイク。v2やv3のヒートバイパーはデザインがまた全然違うんですよね~

キャラクターとしては、コブラの対戦車兵といったところ。
v1の頃の役職はコブラ バズーカマン。バズーカマンの名は無くなってますが今回のヒートバイパーも役職としてはv1と同じです。









heatedbattle
heatedbattle

特徴的なのがこのマスク!!

もうどこが正面かわかりません!ものすっごい前衛的なデザインしてます。
一応補足すると、マスクの分割線部分が正面です。
v1の頃もこの顔だったんですが、それでいてさらに頭の横からケーブルが出てたのでますます意味がわからないデザインでした・・・

ヒートバイパーにはヘルメットの取り外し等のギミックは無し。マスクと頭が一体成型です。









heatedbattle

可動は見た目に反して良好。防護服っぽい姿なのであんまり動かないかなーと思いきや可動率はかなり高め。
ただし足首の可動はリタリエーションのニンジャ系と違い昔のまま。









heatedbattle

続いて装備いってみましょー

まず背中のバックパック。なんじゃようわからんですが、メカらしいものが色々と。
特にギミックは無し。

ちなみになぜか背中のジョイント軸が異様に太くて削らないと背中にさせなかったです。個体差?軟質パーツなのでジョイントがきつい人はデザインナイフで少し削ることをオススメします。









heatedbattle

そしてさっきからおそらくみなさんが気になっているであろう脚のコレ!

えぇ、見ての通りバズーカの弾です。
バズーカの弾を足首につけるというこの大胆さ!そして弾頭が下向き!このヒートバイパーは弾の携行性とかそういうの以前に自爆するつもりなのか・・・!?

一見前衛的バズーカ歩兵に見えますが、とんだ自爆野郎でした。

ちなみにこのパーツ、しっかり足首に固定できているのでスッぽ抜けたりは皆無。ただ脚にうまく挟まってるだけなので、指が当たったりすると外れちゃいます。外れるといってもリング状のパーツなので、足から落ちることはありません。









heatedbattle
heatedbattle

そしてお待ちかね、ヒートバイパーの主武装にして唯一の武器!バズーカです。

ヒーテッドバトルセットだし、名前がヒートバイパーだし火炎放射器なのかなと思ってましたが、やけにメカニカルなバズーカでした。

結構大きめだけどギミックは特になし。こういう武装こそミサイルギミックを入れるべきなんじゃ・・・?w









heatedbattle
heatedbattle

特徴的なのがこのホース。
「ハーネスでサポートされている発射管」とあるから、これはホースというかハーネス?なのか?
片側はしっかりバズーカに接続されてますが、反対側はネジのモールドのついたパーツなので、やっぱりホースというよりはハーネスが正しいのかもしれない。

んでこのハーネスだかホースだかが問題。
背中のバックパックにホースの反対側を差し込む部分が見当たらないんですよね~・・・・
差込用の凸部分とかジョイントらしきものがバックパック側にないんですよ。画像ではバックパック下部の出っ張った部分(バックパック右上と同じようなモールド)に差し込んでますが、おそらくこれが正しいのではないかと。
この怪しい出っ張りがバックパック右下と上に3ヶ所あるので、そこに繋げろということなんじゃないでしょうかね。









heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle

しかし意外や意外。一見バズーカが重くて倒れたり腕が下がったりしそうですが、ホースの弾力性が結構あるので、バックパックに接続しておけば腕が下がったり倒れたりってのが無いのです。
ホースがただの装飾ってわけではなく、ちゃんと支えのパーツになっているのがいいですね~偶然だろうけどw

上の画像2枚目のようにバズーカを下向きにして持たせるには、ホースのバックパック側接続部分を上に差し替えるとうまい具合になります。
長さ的にバックパック右上か右下しか接続できませんが、差す場所を変えればポーズもいろいろとれるってわけです。

あとバズーカ持ってる割にスタンド無しでも自立できちゃいます。不思議!!









heatedbattle

サイズはいつもどおりな感じ。









heatedbattle

ヒートバイパーはこんな感じ。
一見動かないしバランス悪そうですが、自立できるしホースが支えになってうまくバズーカ構えられるしでものすごく絶妙なバランスで仕上がってるフィギュアでした。ハズブロはおそらく狙ってやったんじゃなくて偶然だと思いますw
武装も少ないしあっさりめですが、遊ぶにはもってこいなフィギュアです。今後の新作もこんなかんじで遊びやすいフィギュアだといいんだけどなあ~・・・









-----------------------




heatedbattle
heatedbattle

ブロウトーチ(BLOWTORCH)



"火炎放射兵"
コードネーム:ブロウトーチ

ファイルネーム:ハンラハン・ティモシー・P
SN:527-34-TP12
主要専門分野:特殊武装歩兵
二次専門分野:携帯兵器係
出身地:タンパ、フロリダ
階級:E-4(伍長)

ブロウトーチはすべての軍事焼夷デバイスおよび火炎放射技術を熟知している。
戦闘では炎を扱うが、これは狩猟者が弓と矢を使うように彼にとっては科学に基づいた武器の選択である。
彼の装備は、M-7火炎放射器、M-16アサルトライフル、M-1911A1オートマチックピストルだ。
また、彼は目についたすべての煙探知機をチェックする迷惑な癖がある。

(パッケージ裏カードより意訳)



続いてジョー側のブロウトーチ。
いつもどおり悪役だけレビューして終わろうかと思ってたんですが、このブロウトーチなかなかおもしろかったので、今回一緒にレビューしちゃいます。

G.I.ジョーの火炎野郎といえばバーベキューに並んでこいつも有名。
どうしてジョー側は燃やす系キャラ多いんだろうか・・・コブラより絶対危ないって!

バージョンはv5。型としてはv3の頃からの流用で、付属品等を考えるとおそらくPoCのv4ブロウトーチをそのまま使ってるみたい。
50周年記念wave1の初っ端から流用って・・・









heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle

パイロットのような特徴的なマスクを外すと不敵な笑みのおっさんが!!
光のあたり具合だと思いますがますますヤバイやつみたいな顔になっちまったよ・・・w

マスクはヘルメットと別パーツになっており、ヘルメットの側面と額部分で接続されてます。
メットを脱ぐにはマスクを外してからじゃないと脱げないという若干手間がかかる仕様です。









heatedbattle

なんか面白いので素顔のままで

PoCの頃のものですが、G.I.ジョーのリメイクシリーズって基本可動率は古いものも現在のものもほとんど変わらないので、相変わらず可動率はまずまず。
ただヒートバイパーよりは動かないかなあ。足首もやや埋もれてるし。









heatedbattle
heatedbattle

それでは武装の話に移って

バックパックはこんな感じ。本体から出ているホースは付属の火炎放射器に取り付け可能。さらに火炎放射器本体はバックパックにマウントできます。

ちなみにバックパックの左側のパネルが外れるギミックもあるんだけど、外れたからといって特に何もないのでスルー。









heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle

ブロウトーチいわく最も戦闘に適しているらしい火炎放射器。
燃やす気マンマンじゃないですか!コワイ!

ホースの長さが足りないのでこんな感じになっちまいましたが、バックパックの裏にもホース用の穴があるのでそこからホースを伸ばせば長さの問題は解消できそう。
ホース外れるらしいんだけど、バックパックにしっかりささりすぎててうちのは外れないんですよ。。。









heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle

武器その2
なんやかんや言って結局銃も持ってるという。
アーマーのおかげで両手持ちはできません。









heatedbattle
heatedbattle

そして手斧も付属。

火事の現場などで扉を壊したりして進むための斧なんでしょうけど、おそらくブロウトーチの場合はそういう使い方ではないんでしょうね・・・だって燃やす側だし

予想ですがこれはおそらく燃やした後のトドメ用でしょうな。ジョーは相変わらず恐ろしいわあ・・・









heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle

素顔で斧持たせると似合いすぎ!完全にシリアルキラーです。やべえ!









heatedbattle
heatedbattle

一応消火器も付属。
こいつは一体燃やしたいのか火を消したいのかわからん!

自分で火炎放射器で敵を一掃した後、「ふぅ・・・」とか言いながらチョチョロと消火器で火を消すんでしょうかね。だんだんとブロウトーチが本格的な炎キチガイに見えてきました・・・w









heatedbattle
heatedbattle

ちなみにこの消火器、ジョイントが後ろにあるのでバックパックの代わりに背中に取り付けることが可能。
ホース部分は全塗装だし取り付けれそうな場所もないんだけど、こういうものなのかな?

腰にある消火スプレーは取り外し不可。完全に装飾です。









heatedbattle

そして最後の付属品。
マイン。爆弾です。

燃やしてついでに爆破するつもりじゃないっすか・・・!オーバキルだよ!!

このマインは同じくPoCのファイアーフライ等のバックパックに付けれるもので、単体でフィギュアに持たせたりどこかに取り付けたりはブロウトーチの場合はできません。完全に余剰パーツです









heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle
heatedbattle

結構コテコテしてるしバランスも悪いので、あんまり動かしやすくはないかなあ。
ヒートバイパーに圧倒的に完成度としては負けてます。付属品の多さは勝ってるんだけどね~

にしても、消火器と斧持ってても「消防隊員だ!」とは思えないこの身なり。ブロウトーチやっぱヤバイぜ!









heatedbattle

サイズは他よりやや大きめ。









heatedbattle

ちゅうわけでG.I.ジョーの放火魔ことブロウトーチでした。

流用なのでPoC版持ってる人はいらないよなーという感じ。
武装の多さや組み合わせ、そしてネタ性は良いんだけど、コテコテしすぎて可動率もそんなに高くないし、スタンド使っててもバランス悪いのであんまり遊びやすくはないです。
個人的にはヒートバイパーが今回の肝だったので、ブロウトーチは相手役として置いとくだけなら別にいいかな~って感じ。ブロウトーチ目当てで買うならPoC版で十分かと思います。









heatedbattle

ヒート要素が8割ブロウトーチなヒーテッドバトルセットでした。

ファイヤーキチガイ対バズーカバカ!なんとも色んな意味で恐ろしいセットです。
流用のブロウトーチはともかく、新作のヒートバイパーは遊びがいがあってバランスもいいしオススメですよ。
ブロウトーチはネタ性が高いのでもっていて損はないかもしれません。魂エフェクトの炎系と一緒に飾るといいかもしれないw






--------------おまけ劇場-----------------



heatedbattle

「おい知ってるか?ここってさ、"出る"んだってよ」








heatedbattle

「はぁ?出るって何が?」

「バーカ!出るっていったらアレに決まってんだろ!」










heatedbattle

G.I.ジョーだよ!」

「幽霊じゃねえのかよ!」










heatedbattle

「こんなところに出るわけねーだろー。警備も厳重なのに」

「まったくだ。まだ幽霊が出たほうがマシだな」









heatedbattle

「Yo!!Joe!!!」

「フォッ!!?」









heatedbattle

「ウォォォォォォォ!!???」

「エアトルーパー!!」









heatedbattle

「い・・今この中にアイツ、引きずり込まれたよな・・・」

「おう・・・しかもジョーだったよな出てきたの・・・」

「・・・生きてんのか?」









heatedbattle

「お前開けてみろよ」

「い、いや・・・中で一体どうなってるか想像もしたくねえよ。お前開けろよ」

「え~・・・」


スッ・・・









heatedbattle

「Yo!!Joe!!!」

「アアアアァァァアァァァァ!!!!」


「エアバイパー!!!?」









heatedbattle

「クソゥ!一体どうなってやがるんだ!ジョーの野郎、俺達を一人ずつ殺すつもりか!」









heatedbattle

「G.I.ジョー!!!」

「うぉぉぉ!!出やがったな!!おのれ!!」









heatedbattle

「おまたせ!!ヒートバイパー只今参上!
ジョーが出たと聞いて駆けつけてやったぜ!!」










heatedbattle

ガンッ!

「あっ」









heatedbattle

ドォォォォォォン!!!










おわり
スポンサーサイト
別窓 | G.I.JOE 50th | コメント:0 | トラックバック:0
201408070445
<<トランスフォーマー4 ロストエイジ考察[ネタバレ注意!!] | スタンド製作所 | HIYATOYS Aliens Colonial Marines  Xenomorph Soldier -エイリアン:コロニアルマリーンズ ソルジャー/ラーカー->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ