TF プラチナムエディション BREAKOUT BATTLE ヴィーコン
vehicon1

ヴィーコン(VEHICON)

トランスフォーマーのロストエイジシリーズはダイノボットとオトボがラインナップの8割9割を占めてるおかげで全然買ってないのです。
デ軍のラインナップが極端に少ないしね。新規勢はカゴ背負いガルバトロンことカゴバトロンと離れ目ロックダウンっちゅうなんともそそられないラインナップだし・・・マウンテンデュー野郎ことディスペンサーは買いましたけどね。

と、そんな中久々にロストエイジシリーズでそそられるディセプティコンが出たので買ってみました。
ちゅうわけでヴィーコン?ビーコン?なこいつをレビューなのよ。
ということで今回のレビューはトランスフォーマー:ロストエイジシリーズよりヴィーコン!

単体で市販はされておらず、特別セット版の「プラチナムエディション BREAKOUT BATTLE」にラスティオプティマス、ロールバーと共にセット売りされているトイです。

このブレイクアウトバトルセットは、ロストエイジ劇中でケイドの家に墓場の風が突入し、隠れていたオプティマスがケイド達を助けるために納屋から出てきたあのシーンを元にしたセットです。
サビサビなラスティオプティマス、アイリッシュパブの車から変形するロールバー(劇中ではそもそも変形しないしTFじゃない)、墓場の風の車から変形するヴィーコン(こっちも劇中では変形しない)でそのシーンを再現したよというなかなかおもしろいセット。




vehicon
vehicon
vehicon

トイの方は見ての通り、DOTM(ダークサイド・ムーン)シリーズのクランクケースのリカラー。
(リカラーといっても色々変わった所があるんですが、その辺は後述)

上記したようにそもそもヴィーコンはロストエイジには登場せず、墓場の風の車がヴィーコンに・・・というのは玩具オリジナルな設定。
説明書やパッケージには一切ロールバーとヴィーコンに関する説明やスペック表記が無いので、どういう扱いなのかも全く不明。
ロストエイジ劇中で語られていた「逃走中の数体のディセプティコン」にこのヴィーコンが含まれているのかも不明です。
ちなみに今回のレビュートップ画像では、ヴィーコン逃走中設定を元に画像をでっちあげてたりします。

キャラとしてはカラーリングなどからしておそらくプライムシリーズの同名キャラ「ビーコン」が元ネタでしょう。
これもビーコンで表記してもよかったんだけど、プライムビーコンとの差別化も兼ねて今回は全部「ヴィーコン」で名前表記してます。








vehicon
vehicon
vehicon

ビークルモードはクランクケース同様シボレー サバーバン。
でも劇中の墓場の風の車はサバーバンじゃなかったような・・・

クランクケースの時とは違って、墓場の風仕様になり各所にマーキングが追加されています。車体後部にはデ軍エンブレムも・・・ってこれじゃバレるじゃないの!









vehicon

恒例のハサミ飛び出しモードもできます。
しかし説明書等ではこの状態に関する記載は一切ありません。









vehicon

そして今回付属するメックテック武器・・・車体上部に取付可能です。









vehicon

ビークルモードではマーキング以外にそこまで大きく変わったところはありませんが、実は車のルーフにあったサイレンが塗装で黒塗りにされ、ルーフキャリアのようになっています。ここはクランクケースの時からの大きな変更点ね。でもうまい具合に処理したなあ・・・










そんじゃいつものいきまっか

トランスフォーーーーム!!!

ギゴガゴゴ・・・










vehicon
vehicon

クランクケースの時よりずいぶん色が変わりました。
というか、クランクケースより色合いは好みかも。配色が落ち着いてるし色分けが綺麗なのでかなり良さげ。









vehicon
vehicon

顔もクランクケースまんま。
目は黄色に、ドレッドヘアや細かいディティール等はメタリックブルーというかパープル?な色合いに。









vehicon
vehicon
vehicon

クランクケース型は元々ランニングチャージをやるためか異様に可動が優れているため、ヴィーコンでもわりとスムーズに色々ポーズをとれます。

そうそう、忘れてたけど
クランクケースは仕様違いが3種類あり、普通の手、中指が突出した手、中指がカットされた手があるんですが、今回のヴィーコンは普通の手バージョンでした。
あと手のパーツはクランクケース同様軟質パーツなんだけど、クランクケースの時よりもパーツの軟質具合が固くなってるような気が・・・おかげで可動はさせやすくなってますけどね~









vehicon
vehicon

そしてビークルモードで少し書きましたがDOTM以来久々のメックテックウェポン。まだ使うんかコレ・・・w
ウェポンも色が変わっただけでギミック的にはクランクケースと同じく、レバーを引くとクローが展開するギミック。










vehicon
vehicon
vehicon
vehicon

しかしなんやかんや言っても、やっぱりこの色合のおかげでカッコよさが増してます。
これ国内で単品売りしないのかねえ・・・









vehicon

というわけでヴィーコンのレビューでした。

リカラー元のクランクケースがよく動くので、ヴィーコンも可動は十分なくらい動かせます。
色合いも非常に綺麗で、クランクケースとの差別化がうまい具合にできてます。
ロボットモードでは言うことなしな出来!・・・なんだけども・・・

クランクケース同様にビークルモードの収まりが非常に悪いので、各パーツの接続ピンやドレッドヘアパーツには変形させる度にかなり負荷がかかってるように見えます・・・
何度も変形するのはちょっとキツイかなあ・・・って感じ。
既に1度変形させただけでピンに薄っすら白化がきてるので、私はロボットモードのまま置いとこうかなあって思ってます。。


ということで、ロボットモードで飾ったり遊んだりする分にはかっこ良くてよく動くヴィーコン!セット売りという買いにくい形ですが値段相応に良い出来ですよ。





---------------------おまけ劇場----------------------


vehicon

「動くなディセプティコン!!」

「わかった!!わかった!俺の負けだ!」









vehicon

「こちらフットルース、逃走中のディセプティコンを1体確保した」

「クソッ・・・オートボットに俺を突き出すんだろ?好きにしやがれ!」









vehicon

「いや、この場で処刑するよ」

「ハッ!!??」









vehicon

「まずこの斧でバラバラにし、次に私の火炎放射器でドロドロに溶かす!」

「なんてゲスい真似を・・・」









vehicon

「溶かしたトランスフォーマーはトランスフォーミウムの材料として高く売れるからな!ゲヘヘ・・・

あんたホントに正義のG.I.ジョーなのかよ・・・!
顔めっちゃ悪そうだし」










vehicon


「おいそこの迷彩服のおっさん!アンタこのゲス野郎になんか言ってやってくれ!
正義側なのにやることが残忍すぎるぜ!」










vehicon

「このクズ鉄野郎をバラバラにしたら頭だけ譲ってくれよ、ブロートーチ」

(こっちの方がヤバイ奴だったわ・・・!!)









vehicon

「よーしそんじゃバラバラにしてやるか!」

「ひぃぃぃ!!!」









vehicon

「!?スネークアイズ!なぜ止めるんだ!!
まさかお前、この鉄屑野郎をかばうつもりなんじゃ・・・」










vehicon

「あぁ、自分に処刑させろってことね。よし!じゃあお前に任せるぜ!」


「こいつら本当に正義のG.I.ジョーなのか・・・?」






おわり
スポンサーサイト
別窓 | ロストエイジ/AGE OF EXTINCTION | コメント:0 | トラックバック:0
201409302134
<<[ミニレビュー]サンガッツ本舗 怪獣シリーズ ホルーン | スタンド製作所 | FUNKO super7 SDCC2014 ALIEN deep space mystery egg>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ