G.I.JOE JOECON2012 IRON GRENADIERS -JOECON2012限定 アイアングレナディア-
irongrenadiers

アイアングレナディア(IRON GRENADIERS)

どうもお久しゅう。色々バタバタしてたらUSAから輸入してた荷物が色々届きまして。

そんなわけで今回もG.I.ジョーだよ!!


ってわけで今回のレビューはG.I.ジョーよりアイアングレナディア。

アイアングレナディアは前にコブラバイパーとのセットのアイアングレナディアv6をレビューしましたが、今回はそれとは別物。




irongrenadiers

じゃじゃん!

今回のアイアングレナディアは同じアイアングレナディアでも士官にあたる上級のアイアングレナディアなのです。

ちなみにこいつらはJOECON限定品。
JOECON2012の「オクトーバーガード:オペレーションベアトラップ(Oktober Guard - Operation: Bear Trap)」ボックスにてジョー側のオクトーバーガードと共に販売されました。

このオクトーバーガードのボックスは日本でもe-hobbyがBOTCON限定品と共に輸入して公式販売してました。


それではそれぞれ順にレビューしていきましょうかねーっと。




irongrenadiers
irongrenadiers

アイアングレナディア(v9)


"デストロエリートトルーパー"
コードネーム:アイアングレナディア

ファイル名:様々
出身地:様々
主要専門分野:歩兵
二次専門分野:セールス&買収

モットー:「オクトーバーガードの将軍を捕まえたら100万ドル!こんなにモチベーション上がること他にないぜ!」

アイアングレナディアはデストロのエリート地上部隊であり、彼の私兵である。
約束された富と権力に誘惑された世界最高軍事機関へ、デストロはこの両方を貪欲な者達に十分なほど提供できる。
激しい戦争と経済学の訓練を受けた彼らアイアングレナディアは、全員等しくM.A.R.S.(Military Armaments Research Systems:軍事軍備リサーチシステムズ)製の武器を口答えしない顧客に売り込む準備ができている。
また、その武器を使って征服することも準備できている。

アイアングレナディアトルーパーはどのような場所にも潜入することができ、発見されることがない。
それぞれの兵士は高度な訓練を受けており、爆発物、携帯兵器、白兵戦のエキスパートである。
世界中の傭兵部隊の中でも長い歴史がある部隊は彼らアイアングレナディア以外に他にはない。
ダンカン上級軍曹の厳格な訓練があるからこそ、彼らはアイアングレナディアとしての権威を保持することができるのである。

(付属カードより意訳)



まずはアイアングレナディアのエリートトルーパー。
地位としては一般兵のアイアングレナディアやアイアングレナディアトルーパーなんかの直接の上司にあたるんでしょうかね?
相変わらず話にお金が絡む面白いモットーがポイント。

フィギュアとしてはYOJOEの分類によるとアイアングレナディアv9にあたります。

ちなみに他のアイアングレナディア系フィギュア同様に、フィギュアスタンドのコードネームはアイアングレナディアと英語で書いてあるんですが、v6とは違って表記は「IRON GRENADIERS」となってます。これは同ボックスに含まれる他の2体のアイアングレナディア士官も同じ。









irongrenadiers
irongrenadiers

顔はこんな感じ。
いつものアイアングレナディアのマスクです。
カラーが違う以外そこまで変わった点はないっすね~

でもこのマスクがカッコイイからアイアングレナディアはつい買ってしまう・・・









irongrenadiers

服はバトルスーツのようだった一般兵のアイアングレナディアの服とは違い、軍服のような格好になってます。
これよ!この軍服にマスクという格好が素敵すぎたのが大きな購入要因です!









irongrenadiers
irongrenadiers

と、かっこよさは最高なんだけれども・・・!

肝心の軍服のスカート(というか裾か)が足に干渉するのでほとんど足を動かせられません。
いやまぁ、動くことは動くんだけど、いつものジョー系フィギュアのような大胆なアクションはできないですなあ。









irongrenadiers
irongrenadiers
irongrenadiers

さて、続いて武器紹介。

まずこのサーベル。
v6アイアングレナディアに続いて再び付属なサーベルですが、実はv6のサーベルとは全く別物です。
サーベルは腰に固定してある鞘に収納できますが、こっちの鞘もv6のものとは完全に別。
若干SF気味なデザインで奇天烈感すごかったv6のサーベルに比べると落ち着いたデザインで、非常にリアル寄りになってます。

実はサーベルが付属するのはボックスに含まれるアイアングレナディア士官3体の中でもこいつらのみ。
意外と下級兵士しか持たないものだったのね。








irongrenadiers
irongrenadiers

続いてピストル。
こっちはv6に付属していたものと同じ型ですが、色が金色になってます。
うーむ・・・デストロの頭と同じく偉くなったら金色になるのか。非常に単純だ・・・w









irongrenadiers
irongrenadiers

そしてこっちもv6と同じくオーバースケールなサブマシンガンが付属。
相変わらずサブマシンガンなのにデカい!そしてもたせにくい!
成型色はグレーに変わってますが、だからといって特になにも・・・w









irongrenadiers
irongrenadiers
irongrenadiers

パッと見非常に真面目でかっこいいフィギュアっぽい見た目ですが、武装等などツッコミどころが多いので相変わらずG.I.ジョーらしいフィギュアですわこいつもw









irongrenadiers

というわけでまずはアイアングレナディア:エリートトルーパーでした。

足の可動がほとんど意味なしになってる以外は安定した出来ですし、なにより見た目がかっこいいので素立ちで飾っていても十分イケてると思います。
2~3体揃えて置いときたいっすね~






---------------------





irongrenadiers
irongrenadiers

アイアングレナディア(v10)


"デストロ兵エリートスペシャリスト"
コードネーム:アイアングレナディア

ファイル名:様々
出身地:様々
主要専門分野:重火器
二次専門分野:セールス&買収

モットー:「我々は破壊の供給者!」

このアイアングレナディアスペシャリスト達はデストロのエリート部隊の中から選ばれた者達であり、体力、持久力、粘り強さ、重火器の火力に対する理解を兼ね備えている。
各アイアングレナディアスペシャリストは重機関銃だけでなく、RPG(ロケット推進グレネード)ランチャーも携行している。
彼らはどこにでも潜入可能であり、任務における必要性に応じて大規模な巻き添え被害を起こすことも可能である。

彼らの目標は、混乱と混沌を広げ、権力に侵食し反対意見を推奨させ、デストロの武器販売の需要を作り出すことである。
アイアングレナディアは銃を持った不快なセールスマンのようなものだが、実際は軍事的な委託販売である。
各アイアングレナディアは暴動を起こさせるためのインセンティブポイントを知っており、武装革命を奨励し戦争を起こさせる。
大口径弾の雨と高性能爆薬の雷を見た客は、デストロの寛大な購入計画を利用する事の危険性を素早く悟ることになる。

(付属カードより意訳)



続いてアイアングレナディアのスペシャリスト。
軍用コートに身を包んだいかにも頭を使うタイプの士官に見えますが、どうも正反対の重火器をぶっ放すタイプの兵士らしいです。
その格好でか・・・!?w

YOJOEによるとバージョンはv10だそうな。


irongrenadiers
irongrenadiers

ヘルメットの塗り分けがやや異なっている以外はマスク顔は他と同じ。








irongrenadiers
irongrenadiers

エリートトルーパーの方とは違い、軍用コートに身を包んだ姿がポイント。
軍服にはデストロの紋章が入ってたりと何気に塗りやマーキングは結構細かいです。









irongrenadiers

このアイアングレナディアは長い軍用コートを着てることが印象的ですが、実は一番印象的なのは他のアイアングレナディアより頭半分ほどデカいこと。










irongrenadiers
irongrenadiers

しかし可動は相変わらずイマイチ。
エリートトルーパーよりも完全に足がコートに包まれてしまってるので、足はもう無可動に等しいですw
一応動くことは動くんだけど、まあせいぜい1歩分くらいしか足動きませんw

おかげで可動は上半身中心になるんですが、上半身もいうほどよく動くわけじゃないのでなんとも・・・









irongrenadiers
irongrenadiers
irongrenadiers

続いて武装。

まずハンドガン。
エリートトルーパーの変なピストルのようなものではなく、普通のハンドガン。
しかも2丁付きです。腰の両サイドにあるホルスターに収納可能。









irongrenadiers
irongrenadiers
irongrenadiers

そしてロケットランチャー。
ロケットランチャー自体の造形は結構良いですが、ややもたせにくかったりする・・・
一応左手は多少角度がついてるので、ロケットランチャーを持たせやすくはあるんですが、画像のように中途半端な状態でしか持てません。しかも肩がそんなに可動しないので支えのグリップを持たせて両手持ちってこともできなかったりします。









irongrenadiers
irongrenadiers
irongrenadiers

そして最後は重機関銃。
弾帯ベルトを取り付けることが可能。
さらにバイポッドも可動式という優れものですが、アイアングレナディアスペシャリストには素立ちで片手持ちしかできないのでこれといって意味がなかったりw









irongrenadiers
irongrenadiers

素立ちでしかも両手持ちができないので、いくら重装兵とはいえ片手でロケットランチャーと重機関銃を扱うバケモノ染みた兵士になっちまいます・・・









irongrenadiers

てな感じでスペシャリストでした。

相変わらず可動はもうあるけど無い状態ですが、カッコよさはダントツかなあと。個人的に今回の3体の中でもこいつが一番お気に入りだったり。
こう見えて以外と接地がよく台座無しでも立たせやすいので、素立ちでも飾りやすいし遊びやすいです。






----------------------





irongrenadiers
irongrenadiers

アイアングレナディア(v11)


"デストロ親衛隊"
コードネーム:アイアングレナディア

ファイル名:様々
階級:O-1(中尉)
出身地:様々
主要専門分野:歩兵士官
二次専門分野:セールス&買収

モットー:「勝利を!名誉を!利益を!」

このアイアングレナディア士官達は、デストロによって個人的なボディーガードとして厳選された戦士である。
彼らは丸太投げの場外のような遠くにおらず、いついかなる時でも彼らのリーダーの側にいる。
戦闘では彼らの高い軍事洞察力と他のものを支配したいという欲望で、アイアングレナディアトルーパー達に指示を出す。
そして彼らはあらゆるタイプの潜在的可能性のある破壊攻撃をコーディネートし、デストロが客に恐怖を与えるのを手助けする。

アイアングレナディア士官達は新たな領土へ襲撃をする際に先頭に立って指揮をとる。
しかし時にはおとり捜査官、工作員、テロリストとしても活動する。
彼らの目標は混沌と混乱へ向かっていることに疑いを持たない国を作り、M.A.R.S.(Military Armaments Research Systems:軍事軍備リサーチシステムズ)の新兵器を売る新たな市場を開拓することだ。
これだけの信念の粘り強さを彼らが維持できるのは、実は総売上高の割合によって給料配分が決まるからである。

(付属カードより意訳)



最後はこのデストロ親衛隊で中尉なアイアングレナディア。
他の2体と違い唯一階級表示があるのがミソ。
スペシャリスト以下を束ねるアイアングレナディアの分隊長ってとこでしょうかね?
これ以上上の階級になるともうマスクのアイアングレナディアではなく、サージェントダンカン等の個人名のあるキャラクターになるんじゃなかろうかと。

YOJOEによるとバージョンはv11。









irongrenadiers
irongrenadiers

顔の造形は変わっていませんが、偉くなったのでマスクが金色になってます。さらにヘルメットも金のラインが追加されているという、ひと目で偉いやつとわかりますね!









irongrenadiers

服はこんなかんじ。
金色ラインが入って若干ゴージャスな印象。









irongrenadiers
irongrenadiers

3体目だしさすがに・・・と思われるか、相変わらずだろうなあ・・・と思われるかわかりませんが

案の定裾が邪魔で足が可動できませんw

しかも肘の可動域も狭いのなんの・・・アイアングレナディアは上級になるほど可動が意味を無くすのか!?









irongrenadiers

そんな中尉ですが、実はエリートトルーパーどころか一般兵のアイアングレナディアよりも背が低いのです。
偉いけどちっさい!ありがちだけど兵士でこういう個体差を入れてくれるのはおもろいですな。









irongrenadiers
irongrenadiers
irongrenadiers

付属武器は2種あり、まずこのピストル。
バレル部分が細いワルサーP38等のようなデザイン。

ボディのホルスターに収納可能。
銃は2丁付属しますが、ホルスターは1つだけなので必然的に片方余ります・・・









irongrenadiers
irongrenadiers

そしてこれまたバカでかいライフル。
うん!!似合わねえ!!w

しかもストック部分が邪魔をし、さらにグリップがデカいのでもたせにくいことこの上なし。
もうここまでになるんならいらないんじゃないだろうかw









irongrenadiers

というわけでデストロ親衛隊中尉でしたが、なんかもう半置物ですw
士官キャラだしそんなにアクションさせるようなものではないけど、もうここまでくるとデフォで飾るだけみたいな感じに・・・

しかしまあデザインは非常にかっこよく、親衛隊らしさも十分出てるのでフィギュアとしては良いかと思います。
アクションフィギュアとして考えるとどうかと思いますがねw








irongrenadiers

てなわけでJOECON限定アイアングレナディアなのでした。

いかにも軍人らしい服装にマスクという異様な出で立ちが悪役っぽくて非常にカッコイイです。
一般兵のアイアングレナディアとは全然違うデザインになってるので、ぜひぜひ一般兵アイアングレナディアと共に並べて小隊を作りたいですな。
可動は正直あって無いようなものですが、値段相応のカッコよさは十分にあります。

さあみんなもアイアングレナディアを集めよう!!w






--------------------おまけ劇場--------------------


irongrenadiers

「フフフフ・・・!」









irongrenadiers

「なーっ!!デストロ!なんでおじゃるかそのカッコイイ兵士は!!」









irongrenadiers

「ご紹介しましょう。彼らは忠実な我が私兵アイアングレナディア!」









irongrenadiers

「スカウトも配属もコスチュームのデザインも全て私がやって構築したマイ兵士達だ!
そこの脳なしコマンダーを倒して私がコブラのリーダーになるためにな!」

「ぐぬぬ!反逆でおじゃるかデストロ!裏切りは許されんぞ!」









irongrenadiers

「なんとでもほざくがいい!ゆけ!アイアングレナディアども!コマンダーを捕らえろ!」









irongrenadiers

「裏切りじゃ!裏切りでおじゃるよ!!バロネス!メジャーブラッド!!誰かー!!!」

「ぐっ!逃げ足の早い奴め!」









irongrenadiers

「なにしている貴様ら!さっさとコマンダーを追わんか!!」









irongrenadiers

のろのろ・・・









irongrenadiers

「すみません閣下!軍服が邪魔で走れません!!」


「しまった!デザイン優先でコスチュームを作ったのがアダになったか!!!」





おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | JOECON限定 | コメント:0 | トラックバック:0
201411282214
<<[コミックレビュー]IDW TRANSFORMERS vs. G.I.JOE #1 | スタンド製作所 | NECA DELUXE KNIFEHEAD CLEAN ver. -パシフィック・リム デラックス ナイフヘッド(クリーンver.)->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ