TF DOTM CYBER METAL ARMOUR SHOCKWAVE -サイバーメタルアーマー ショックウェーブ-
cma-shockwave

サイバーメタルアーマー ショックウェーブ
(SHOCKWAVE with CYBER METAL ARMOUR)



さあてもう2014年も終盤ですよ。早いもんですなあ。
今年一年色々ありましたが出来事全体の7割くらい何があったか忘れました(すっとぼけ

そんなボケはともかく、今日はおそらく日本じゃ今後見ることが無いであろう超レアなトランスフォーマーをご紹介!
というか存在自体おそらく忘れてる人が大多数なんじゃないかこれ・・・!?w

というわけで今回のレビューはサイバーメタルアーマーショックウェーブ!!

トランスフォーマー実写3作目に登場したショックウェーブのトイのリカラー品です。

ってこんな色のやつあったっけ・・・と思ってる方も結構多いかと思いますが、このサイバーメタルアーマーショックウェーブ。海外限定品で日本じゃ発売されておりません。
当時の事はあんまり覚えてませんが、おそらくこのセット自体も輸入トイショップなどでほとんど売られてなかったんじゃないでしょうかね?

それもそのはず、こいつはカナダのコストコ限定で発売されたオプティマスプライムプライムとの2パックセット「Optimus Prime vs. Shockwave」限定のカラー。
ヴォイジャー級DOTMショックウェーブは通常版、ストリードサイドボットブロウルセット版、このサイバーメタルアーマー版の3種しか発売されていませんが、おそらく3種中でも最も貴重なのがこのサイバーメタルアーマー版。

最近欲しくなって「そういやこんなショックウェーブあったなあ」と思ってebayにサイバーメタルアーマーが出てないか張り込みを続けてたんですが、まぁ信じられないくらい一切出品が無い!
海外ですら中古で回ってこないようなものなんてもうどうやって買えばいいのよって思いましたが、奇跡的に某ルートから入手出来ました。運が味方してくれましたね。ありがとう神様。そしてさようなら万札・・・





cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave


オプティマスプライムとショックウェーブは今まで幾度と無く戦ってきた。そして、戦いはいつも互いにひどく負傷して終わる。
だがショックウェーブは知っている。オプティマスプライムの火力ではショックウェーブに到底及ばない事を。

(パッケージ側面解説文より意訳)


んなことはともかく、まずはパッケージから。
こーんなかんじのヴォイジャー級2パックのボックスになっております。
DOTM系の普通の箱ではなく、前ブリスター部分の無い紙パッケージを全体的に透明ブリスター箱で包んだ構造になっています。

パッケ側面の説明文はマルチランゲージでのDOTM恒例メックテックウェポンの解説と、今回のセットの背景説明。
特に大したことは書いてませんなあ。

裏側はいつもの変形解説。ちなみによく裏側の宣材写真は元のカラーのものが流用されてたりしますが、今回のは一応サイバーメタルアーマー版に準じたカラーの宣材写真になってます。

あ、ちなみに一緒にセットになっているオプティマスは、TFwikiによると通常のヴォイジャー版DOTMオプティマスプライムと仕様は変わらないそうな。








cma-shockwave

「SHOCKWAVE with CYBER METAL ARMOR」のシール!
マルチランゲージなのですげえしつこく書かれてますなあ。

記事読んでる人の9割が「サイバーメタルアーマーってなんなん?」って思ってるかと思いますが。
サイバーメタルアーマーに関しての説明はパッケージのどこにも無いんです
実際サイバーメタルアーマーの記述があるのはこのシール部分のみ。
サイバーメタルアーマーの正体を教えてくれよコストコ・・・!







cma-shockwave
cma-shockwave


それでは話を戻して本題のショックウェーブへ。

まずはグラウンドアサルトモード。
通常版を持っていないので並べて比較はできないんですが、パッと見で通常版とはかなり色味が違うことがわかるかと思います。
全体的に青っぽい色合いが強くなり、シルバーでしっかり塗られている部分なども多くなりました。
そして印象的なのがキャノン砲とそれをつなぐホースのカラー。なんとクリアーカラーになってます。おっしゃれ!!

ツイッター上でも話に上がっていたんですが、このカラーリング。G1ショックウェーブのトイを意識した感じのカラーなのかもですね。









cma-shockwave
cma-shockwave

グラウンドアサルトモードといってもいわばタンクモードなわけです。
パッと見はいつものエイリアンほにゃららモード的な感じですが、よーくみると各部が装甲っぽくなっており戦車らしさが意外とあったりします。









cma-shockwave

前の部分がかなり印象的。
特にショックウェーブの頭がちょっと覗いてるのがなんかおもしろおかしいようなw









cma-shockwave

余談ですがホース部分はサイドに繋いでおいたほうが負荷が少ないかも。
軟質パーツとはいえ、後々経年劣化してきますからねえ・・・;









cma-shockwave

グラウンドアサルトモードはまあこんなかんじ。

プラ板のジョイントでパーツをつなげる部分がかなり多いので、油断すると変形ジョイントがポッキリいきそうなヒヤヒヤ感が凄まじいっす・・・
できればあんまり変形させたくない感じ・・・w










それでは恒例の

トランスフォーーーム!!!

ギゴガゴゴ・・・










cma-shockwave
cma-shockwave

うーむかっこいい・・・
ロボモードでもパッと見で色が大きく変わってるのがよくわかりますなあ









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

カラーは一部通常版とそんなに変わらない部分もありますが、全体的な色合い以外にも、胸やキャタピラがシルバーになったり、足先がメタリック塗装になったり、シルバーの汚し塗装が入ったりと、リカラー品にしてはかなり気合の入った塗装です。









cma-shockwave
cma-shockwave

頭はこんなかんじ。
なぜか頭だけは全然塗装がなく成型色まんまだったりする・・・ストリードサイドボットブロウルや通常版から頭パーツをツギハギすれば良い色合いになりそうなんだけどなあ。

一応集光ギミックもありますが、全然集光してくれません、もはや恒例ね・・・









cma-shockwave

ちなみに腕キャノンとブレードは取り外しがききます。
何も付けてない状態だとこんなかんじ。









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

買う前は「どうせ大して可動しないんだろうなあ」と思ってたんですが、これが予想外によく動く!
腰可動がなかったり、手が内向き固定だったりと気になる部分は多少なりともあるものの、手足は意外とよく動きます。

腕はキャノンのホースが干渉したり、90度くらいまでしか肘が可動しなかったりするので限界はあるものの、足はかなり動く!
しかも足首がやや斜めで固定されているので、いつもの棒立ち&ポーズさせると足が浮く現象も無し。
足先が可動するので、やろうと思えば立膝も可能ですよ。









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

さて、そんでもってショックウェーブの肝である腕キャノンことメックテックバトルキャノン
最初に書いたようにクリアーパーツとクリアーホースのおかげで非常に綺麗であり、G1っぽくもありなんとも素晴らしいっすなあ。

メックテックギミックは、キャノン後部パーツをスライドさせると両サイドのパーティクルウェーブブラスターが展開するというギミック。
ガッシャン!と映画さながらにブラスターが展開するのがかっこいいです!
同じメックテックのクランクケースのクロー武器なんかに比べると断然面白いギミックかと。

メックテックウェポンはスプリングで展開しているので手を離すと元の状態に戻ってしまいますが、ショックウェーブのバトルキャノンはパーツをダボに固定させることでメックテック状態を維持したままにしておくことが可能です。









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

ホース部分はキャノン側と本体後部でつなげる仕様になっています。
ホース自体はかなり軟質なので、ホースの反発力にヒジ関節が負けてポーズがとれなかったり等はほぼ起きないんですが、そもそもホースがかなり短い!

上画像のように背中の穴からホースをつなげると、腕が可動できなくなるくらいホースが短いのです。
しかしホースは本体に差す側は取り外しがきく(キャノン側はホースの向きは変えれますが取り外せません)ので、背中以外に本体のあちこちにある同じサイズの穴に差し込んで固定したり、割りきって背中にホースを繋がずにおくなどの対策が必要かと。

でもこれ、長期間つなげたままにしとくとホース千切れそう・・・
リベンジ版デモリッシャーみたく、ものっそい千切れそうなパーツでもうまく負荷をかけずにおけば何年経っても無事な軟質パーツも多いですが、うちのリベンジ版ブラジオンみたく軟質パーツが重力に負けて千切れたりもあるので、油断はできませんな・・・








cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

前述したようにキャノンは取り外せるので、腕から外して手のジョイントに持たせることも可能。
この場合、ホースを腕に繋ぐようにしておけばいい感じになります。
見た目も腕銃っぽくなりますし、これはアリかも。









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

手は変形の都合でたたむことができるので、たたんでおけば劇中のような武器腕っぽくすることも可能。









cma-shockwave

そしてイマイチ必要性を感じない左手のブレード。
こっちは何のギミックもないのでもう飾りですな・・・

ブレードも取り外しが可能。
キャノンとブレードを左右入れ替えできなくもないんですが、左右で微妙にジョイント穴のサイズが違うので入れ替えはちょっと難しかったりします。









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

かっこいいんだけど、やっぱ手が内向きなのがなあ・・・

実はパッケージ裏をよく見ると、ショックウェーブの手首がボールジョイントになってます。
最初からその構想あるなら製品版にも採用しといてくれよ・・・!w









cma-shockwave

「あいつはショックウェーブ・・・!?」









cma-shockwave

せっかくなので同じくセットのオプティマスプライムも撮っときます。

うむ、やっぱwikiにあるようにオプの方は通常版と変わってないみたいね。
もう完全にショックウェーブのおまけ扱いですな・・・w









cma-shockwave
cma-shockwave
cma-shockwave

てなわけでサイバーメタルアーマーショックウェーブなのでした。

本体自体は結構気になる部分も多いですが、可動も造形も非常に出来がいいです。
なるほどなあ。こりゃ今プレ値で1万円近くしてるわけだわ・・・w

今回のサイバーメタルアーマーのカラーリングはさらにこのショックウェーブのポテンシャルを引き出している見事なカラーリングで、もう言うことなしです。すごい良い色合い!
劇中カラーとは全然違いますが、G1風DOTMショックウェーブとしても良いかもしれないですね。

付属のオプティマスプライムは完全におまけ扱いですが、私のようにデ軍しか集めてない人にとっては相手役にちょうどいいトイなので、アリっちゃアリです。


DOTMシリーズはメガトロン、HAシリーズ、DXのレッドフットなどなど、恐ろしく高額化しているものが多々あるシリーズですが、このサイバーメタルアーマーショックウェーブはおそらく値段的にはそこまで高いわけではないものの、現状でほとんどモノが無いというかなり希少価値のあるものなので、今後おそらく手に入る機会はほぼ無いかと思います。
カナダのコストコ限定品ですしね・・・全然ebayにもヤフオクにもないんだもん!w


一応記事を書いてる今現在は唯一米尼にて在庫が確認されておりますが、ここ1周間くらいで着実に在庫が減っていってるので、もし欲しい方は迷わず早めにお買い求めください。
マストバイだよ奥さん!多分これ未開封でおいとけば数年後に莫大な価値になると思う!きっと!

ちなみに送料込みだいたい1万3千円。新品のDOTMショックウェーブが1万円くらいしてる現状を考えれば高い値段では無い気もしますが、やっぱ高いわ・・・


ステマでもなんでもないのでリンクから買っても私には一銭もメリットは無いのですw
1ヶ月くらい探して唯一米尼で見つけたので記録として書いてるだけですので・・・





-----------------おまけ劇場----------------


cma-shockwave

「オプティマス・・・!」

「ショックウェーブ!?ありえない、貴様死んだはずでは・・・」









cma-shockwave

カナダのコストコの力で蘇ったのだ。
そしてこのサイバーメタルアーマーを纏った俺をお前は倒せん!」










cma-shockwave

「サイバーメタルアーマーだと・・!?」









cma-shockwave

で、どこがサイバーメタルアーマーなんだ

「えっ!?」

「見た目はいつもと変わらないぞ・・・」









cma-shockwave

「そ、それは・・・サイバーメタルアーマーってのはなあ・・・」









cma-shockwave

「サイバーメタルアーマー・・・ってのは馬鹿には見えないアーマーなんだよ・・・!」

「なんだと!?」









cma-shockwave

「ちなみにアーマーの着心地はどうなんだ?」


「はっ!?着心地!?」

「そうだ、どんな感じなんだ?」









cma-shockwave

「着心地は・・・そ、そうだなあ・・・
裏起毛であったかくて、保温効果がバツグンだ!!」










cma-shockwave

「裏起毛だと・・・!?」









cma-shockwave

「この時期にちょうどいいな!羨ましいぞショックウェーブ!!」

(やっぱこいつバカだ・・・)





おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ダークサイドムーン/Dark Of The Moon | コメント:5 | トラックバック:0
201412152225
<<メリークリスマス!クリスマスは雑記!雑記よ!!2014 | スタンド製作所 | [コミックレビュー]IDW TRANSFORMERS vs. G.I.JOE #1>>
この記事のコメント
 
201412222307
いつも楽しく拝見させていただいております。
カメオさんの記事はどれも愛とユーモアにあふれているのが良いですね^^

ところで自分は「変形させていて楽しい」TFを探しているのですが、なにか良い物をご存知でしょうか。
変形が単純で退屈でなく、それでいてストレスは無く、変形させ終わった後はカッチリと気持ちよくまとまるといった感じの物を探しているのですが…
2014-12-22 Mon | URL | 名無し #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201412230105
>名無しさん

こんにちはー!どうもありがとうございますです!

なるほど、"変形させていて楽しいTF"ですか。
変わった変形のTFは色々ありますが、風変わりで面白い変形が多いのは実写トランスフォーマー系シリーズかなーと思います。

真っ直ぐなキャタピラが劇中さながらに丸くなってタイヤになるリベンジのデモリッシャー、
戦闘機状態で左右を引っ張って展開すると延長キャノピーと中央のファンが展開する実写1作目のドレッドウィング、
パラパラとパーツが展開して実写らしいゴチャゴチャ具合のロボになる実写1作目のドロップキックなどが個人的にはオススメです。
どれもただ作業的に変形させるのではなく、変形途中に意味があるものなので変形させていて楽しいTFじゃないかなあと。
2014-12-23 Tue | URL | カメオ #-[ 内容変更]

 
201412232059
丁寧な返答ありがとうございます!
ムービーのドロップキックは完全にノーマークでした…
動画で見るとどれもパーツの移動が大きく、変形させごたえがありそうなやつばかりですね!
デモリッシャーのタイヤの変形のアイデアには脱帽するばかりなのですが、軟質パーツの経年劣化が怖いですね…
2014-12-23 Tue | URL | 名無し #-[ 内容変更]

 
201412261314
ショックウェーブかっこいい!
キャノンがホースで体と
繋がってるのがいいです。
オプティマスもかっこいいい!

おまけ劇場笑いましたw
コストコの力ww謎のサイバーメタルアーマーww

2014-12-26 Fri | URL | オムレツ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201412310046
>オムレツさん

軟質パーツとはいえ若干劣化が心配ですが、こういうホースでパーツが繋がってるロボはいいですよね~
今回のものはホースがクリアーになってさらに良くなってる気がしますね

サイバーメタルアーマー、結局一体どういうものなのか誰にもわからない・・・きっと知ってるのはコストコだけですw
2014-12-31 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ