TRANSFORMERS ASIA APS02 DECEPTICON BRAWL -TF アジア限定 ディセプティコン ブロウル-
asia-brawl

ディセプティコン ブロウル(DECEPTICON BRAWL)


さあクリスマスだぞモニターの前のそんなに良い子じゃない君たち!
お兄さんはクリスマスでむしゃくしゃしたのでバカ高いものを現金で買ってやったぞ!もちろんトイです。

ところでみんなはサンタからプレゼントが届いたかな?
私にもサンタからプレゼントが届きましたよ!先月働いた分の給料がね!w

と、そんな悲しい話はさておき。今日はクリスマスだからプレミアムなこいつをレビュー。
まあみなさん、チキンでも食いながらゆっくり御覧ください。


ディセプティコン ブロウルは自らの巨体を、破壊行為を行うマシーンとして誇りに思っている。
彼は撹乱工作をする破壊工作部隊の一員であり、オートボットと人間にとっての脅威である。
そして彼の装甲は融合カノン砲や爆風の直撃すら耐えるほど分厚く、頑丈な敵を倒すには十分なほどの武装が身体に内蔵されている。
彼の生きがいは、オートボット戦士の集団をレーザーカッターで切り刻んで甲高い金切り声をあげさせることだ。
ブロウルの身体は全身が武器の塊であり、スタンバイサイクル中の彼は非常に退屈そうで不機嫌だが、戦いが始まるとすぐに彼は幸せを感じるようになる。

(パッケージ解説文より)




ちゅーわけで今回のレビューはアジア限定プレミアムシリーズのブロウル!!

元のトイは実写1作目の頃に発売されたリーダークラスのエレクトロニックブロウルで、今回のものはそれのリカラー品。
実写1作目公開の頃からもう何年越しのリカラーでしょうか。
しかも実写1作目公開後、ちょっと出してたプレミアムシリーズの流れを継いでのアジア限定プレミアム版という。7年くらいの時空を越えて今更発売されたわけです。

うーん。でもブロウルは後のDOTMにもモブで居たりするし、出さないよりは全然いいよね。


今回のアジア限定プレミアムシリーズは、文字通りアジア(日本除く)限定で発売された特別シリーズ。
流れ的には上記したようにムービー系の塗装強化のプレミアムシリーズと同じ扱いみたいです。よって今回のブロウルも、元のエレクトロニックブロウルから大幅にカラーが変更され、映画劇中での仕様に似せた色合いになってます。







asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl

タンクモードはこんな感じ。
デザートカラーのように明るい迷彩色だったエレクトロニックブロウルに比べ、今回のものは劇中通り暗い色の迷彩カラーになってます。
色だけでなく迷彩のパターンもエレクトロニック版と異なっており、もう塗装の仕様は全然別物です。

実写1作目の頃はDX版ブロウルの方が劇中に近い色合いだと思ったんですが、今回のアジア限定版と比べると迷彩色が落ち着いているアジア限定版の方がやっぱり劇中の色に近い気がするなあ。









asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl

全体的な色合いだけでなく、細かい部分の塗装もエレクトロニック版とはかなり違います。
エレクトロニック版ではLED発光ギミックをしっかり見せるために主砲の先端と機銃タレット後部の両サイドについているランチャーポッドがクリアーパーツになっており、いかにもおもちゃ感があったのですが、今回のブロウルはクリア色だった部分にも塗装がしてありより戦車らしくなりました。

また、無塗装だったスモークディスチャージャーや起動輪、転輪、誘導輪部分も塗装が追加されているという豪華な仕様。うーむ・・・一気にリアル戦車模型みたいになったなあ・・・









asia-brawl

ちなみにギミックは、砲塔タレット、機銃タレットの可動および転がし走行。
そして主砲を押し込むと砲撃音&ライト、機銃タレットを回すと左回し右回しで別々の機銃音が鳴りライトが光るというもの。
ギミック自体はエレクトロニックブロウルと変わりません。

エレクトロニックブロウルの記事でも書いたんだけど、このサウンドギミックの音がまたリアルなのよねえ・・・
戦車トイでよくある「ドガーン!」みたいな音でなく、「ブァゴドォォン!!」みたいな主砲音だったり。機銃音も「ガンガンガンガンガン!!ジュァァァァァ・・・」と銃身が冷える音まで再現してあるというこだわり具合。

このブロウル、一見いつものリーダークラスっぽくはあるんですが、こういう細かい部分のこだわり具合が本当に凝ってるんですよ。
だがしかし変形時のギゴガゴ音は入ってないんだよなあ・・・









asia-brawl

戦車状態では比較的コンパクトですが、それでも結構な巨体。
DOTMヴォイジャーオプティマスと比べてもこの差。









asia-brawl

戦車フィギュアとしても結構いい出来なんじゃないでしょうかねこれは。









そんじゃいつもの

トランスフォーーーーム!!!

ギゴガゴゴ・・・










asia-brawl
asia-brawl

ロボモードはこんな感じ。こっちも非常に落ち着いた色合いになってるので、より実写TFらしくなった感じですね。









asia-brawl
asia-brawl

顔アップ
顔は相変わらずシルバー色ですが、細かい塗り分けや眼の塗装などが追加されました。一応これでも集光ギミックはあり、目が若干光って見えます。若干ね!
ブロウルの特徴である"へ"の字部分が今回は塗られてないので顔のかっこよさも増し増しです。
あの"へ"の字の部分はおそらく鼻か上顎に近い部分なんだろうけど、どうにも塗ってあると口に見えて非常にかっこわるかったので、今回塗らなかったのは正解ですな。








asia-brawl
asia-brawl

こう見えて可動率は意外と高かったりします。ロール軸があったり手首や指まで可動しますしね。
ただ下半身の方はガワパーツが干渉したり足首があまり可動しない影響でそこまでよく動くって感じではなかったり。









asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl

ロボモードでのギミックは、右手のアームキャノンの展開と、左手のアームブレードの展開。そしてパッケージには載っていませんがエレクトロニックブロウル同様足のブレードが展開します。

この他に胸のレバーや頭の押し込みで全サウンドギミックが鳴るギミックもあったり。
頭と胸のレバーの連動は一応当時からのオートモーフギミックなのよねん。









asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl

いやーにしてもカッコイイのう。
この武装たんまりな感じが非常に強そうで良いですね。









asia-brawl
asia-brawl

そうそう、危うく忘れるところでした。
ロボモードでもエレクトロニックブロウルとは違って細かい塗装が追加されてます。
ちなみに黒い部分はエレクトロニックブロウルではそのまんま黒い成型色のプラだったんですが、今回のアジア限定ブロウルでは黒というより暗い色のガンメタのような成型色になってます。









asia-brawl
asia-brawl
asia-brawl

おもちゃ感がなくなったおかげでポーズとらせると非常に映えるようなりましたね。
いやーこれぞブロウルだわ。









asia-brawl

ヴォイジャーオプとのサイズ差はこれくらい。
デカい・・・もうボリュームも重さも半端ないです。









asia-brawl

というわけでアジア限定ブロウルなのでした。

基本的にはエレクトロニックブロウルと仕様は同じですが、劇中に近い色合いになり、追加塗装も増え全身のつや消しによるマット塗装で非常にかっこよく仕上がってます。
うん万円するのも納得の仕上がりですわ。

エレクトロニックブロウルを一時期持ってたのでアジア限定はスルーでいいかなーと思ってたんですが、結局こうやって今更アジア限定を買ってみたら仕上がりの良さに驚愕しましたわ・・・
エレクトロニックブロウルを持ってる人でも欲しくなる一品ですね。
ムービー系アイテムで劇中デザインに近いものが欲しい人にとっては最高の出来なんじゃないでしょうか。

元々アジア限定なのでそこまで数が出ておらず、需要も多いので未だに高額なTFですが、それだけの価値はあるかなあって思ったり。
もうこれはお家のG1トイを質に入れてでも買っちゃうレベル!お金に余裕があったらぜひ買ってみてください。







--------------------おまけ---------------------

asia-brawl

「くそっ!離せ!!」









asia-brawl

「プライムもついに捕まったようだな」

「ショックウェーブ!」

「オールスパークキューブをまだ貴様が隠し持っているはずだ。どこにある」

「たとえ私が知っていようとも、貴様に喋る必要はない!」









asia-brawl

「ブロウル、プライムを尋問してありかを聞き出せ」

「あぁ、任せておけ」









asia-brawl

「尋問とは腕がなるぜ。まあ貴様は、何をされようとも大事なことは喋らねえだろうがなあ」

「決して貴様に屈したりはしないぞ!」

「ほう、果たしてどれほど俺の尋問に耐えれるかな?」









asia-brawl

「バッゴォォオオン!!!」

「アーーーー!!うるさい!!」









asia-brawl

「やめろ!!耳元で大きな音を出すな!!」

「へっへっへ・・・!」









asia-brawl

「ガンガンガンガンガン!!ジュアァァァ・・・」

「アーーーー!!うるさい!!!」









asia-brawl

「どうだ?耳元で大音量で流されるサウンドギミックは!苦痛だろう!?騒がしさと自慢で貴様のプライドもズタズタだろう!!?」

「くそっ・・・早く電池切れになればいいのに・・・!!」






おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アジア限定/ASIA exclusive | コメント:4 | トラックバック:0
201412250349
<<NECA ULTRA DELUXE ALIENS ALIEN QUEEN -ネカ エイリアンクイーン- | スタンド製作所 | メリークリスマス!クリスマスは雑記!雑記よ!!2014>>
この記事のコメント
 
201412261346
劇中のブロウルにかなり似ていますね!
かっこいい!
戦車状態の納まり方がすごいですね

2014-12-26 Fri | URL | オムレツ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201412310047
>オムレツさん

今回のものは劇中デザインの再現度かなり高めですのでオススメです!
ムービー1時代のものとはいえ、未だに見劣りしない完成度なのがなかなか素晴らしいところですね~
2014-12-31 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

 
201501011622
新年明けましておめでとうございます。

おお、これは2013年に出たアジア限定版のリーダークラスブロウルではないですか! 自分もこの情報を聞いたとき即輸入店で予約して購入しました。

塗装箇所が増えていてよりカッコよさとゴツさが増しているんですよね。自分はブロウルお気に入りですから07年にリーダークラスはもちろん(映画公開後にトイザらス限定だったので即アクセスして購入しました。人気があったのか残り僅かと表記されていたので運が良かった・・)デラックスの元の緑と09年の砂漠迷彩版にベーシックことファーストアクションバトラーも二種類持っています(リーダークラスに至っては3体所持になった、07年版と翌年のオールスパークパワーシリーズの砂漠迷彩色に今回のアジア限定版)。

やっぱり戦車変形TFはカッコええわ・・・。
2015-01-01 Thu | URL | 無所属廃人 #Qdr4Z5ec[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201501071956
>無所属廃人さん

あけましておめでとうございます~今年もよろしくお願いします!

リーダークラスブロウルは実写1作目トイの中でもかなり気合の入った一品ですよね~
未だに何年も前のものだと思えないほどの高クオリティを保ってるのが恐ろしい所・・・w
今回のアジ限カラーは非常に凝ってて、値段も納得な品質でした。にしても実写1作目から数年経ってようやく実写基準カラーのトイが出るとは・・・w

リーダーブロウルは結局国内だと3種全て限定品でしたが、どれもなかなかカッコイイカラーなので良いですよね~
2015-01-07 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ