G.I.JOE JOECON 2013 FRAG-VIPER -G.I.ジョー JOECON限定 フラグバイパー-
fragviper

コブラ投擲兵 フラグバイパー(FRAG VIPER)

いつまでもエイプリルフール記事を放っておくとややこしいことになるのでさらっと更新!
久しぶりにまともな更新です、いやーお待たせしましたァン!

最近創作意欲が湧かなくてスランプっててレビュー記事もろくに書けなかったんですが、"スターウォーズ 反乱者たち"ことレベルズを見だしてモチベが回復しました。面白いねアレ!クローン・ウォーズで培った要素を活かしてるね~
映画にせよアニメにせよ適度になにかしら見とかないと腐っちゃうなあやっぱし

と、いうわけで前振りのスターウォーズとは何の関係もないG.I.ジョーをレビューでありんすえ

"コブラ投擲兵"
コードネーム:フラグバイパー

ファイル名:様々
出身地:様々
主要専門分野:投擲武器戦闘
二次専門分野:爆発物

モットー:「俺達の楽しみは木っ端微塵にふっとばすことだけだ!」

コブラ破壊工作チームに不可欠なのがフラグバイパーだ。銃撃の無い所であれば、彼らはM-79またはM-203グレネードランチャーの射程範囲内に高威力の徹甲手榴弾を投擲することができる。
この能力の秘訣はハーリングのマニュアル、そしてハイアライのセスタに基づいている

フラグバイパー達のセスタには自動給弾システムと、ヘルメットのオートマチックレンジファインダーへとコンピュータリンクされた可変爆発時信管装置が備わっている。
また、彼らの昆虫のようなゴーグルには赤外線ビジョンとナイトビジョンを備えた電子光学式画像処理機能があり、隠れた敵も見つけだす。

フラグバイパーは自動送り給弾機能により50ラウンドの弾倉を携行でき、毎分15ラウンドを送り出せる。
彼らはコブラリタールの戦術指示に従う。高度なステルス性をもつ彼らの襲撃に敵は直前まで気づかないだろう!


補足:
ハーリング:スティックとボールを使う屋外スポーツ
ハイアライ:セスタを使ってボールを壁に投げつけるスポーツ。
セスタ:ハイアライで使用する捕球の道具。


(付属カードより意訳)


ってわけでJOECON限定品もだいぶレビューしましたが、今回は前にレビューしたコブラリタールに引き続いて、同型のフラグバイパーをご紹介。

このフラグバイパーもコブラリタールに引き続きJOECON2013「Night Force - Nocturnal Fire」のボックスセットのうちの1体です。
2013年ボックスのコブラ側一般兵ってポジションかな。

これでノクターナルファイアセットもコブラモータル、コブラリタール、そして今回のフラグバイパーと3種もレビューしたことに・・・
ノクターナルファイアには他にも面白おかしいコブラのメンツがいるんですが、今のところはこいつらまでしか所持してないので・・・


話を戻してフラグバイパーに。
今回のフラグバイパーはバージョンでいうとv3。現行シリーズ素体になって初の立体化になります。
ちなみにこっちはリタールやモータルさんと違って普通にARAHのキャラとして存在してます。DICアニメにも出てたのかな?なんか名前だけは聞くんだけどDICの方で見た記憶無いんだよな・・・







fragviper
fragviper

ちょいと前のレビューを見た人ならわかりますが、一部を除いてフラグバイパーは同ボックスのコブラリタールのリカラー。
うーん、にしてもリタールといいフラグバイパーといい、このなんとも言えないおかしなカラーリングが非常にG.I.ジョーらしいぜ・・・w









fragviper
fragviper

コブラリタールのカードでは特に触れられてなかったこのヘルメット。
記事の冒頭のカード意訳で書いたように今回はちゃんと色々機能が備わった昆虫風ヘルメットだと解説されてましたね~
にしても何度見ても宇宙人ヅラだな・・・









fragviper
fragviper
fragviper

カラー以外の素体および可動、ハンドガン、ナイフの装備はコブラリタールと同じなので解説は省きます。
詳しくはコブラリタールの方のレビューをどうぞ。









fragviper
fragviper

続いてコブラリタールとは違う武装部分を紹介していきまっしょう
まずはアサルトライフル。
特にどこかに装備したりできるわけではないので普通の持たせ用武器。
ってか、なんか少し小さめなのでアサルトライフルというよりサブマシンガンっぽく見える・・・?









fragviper
fragviper

つづいて投擲兵らしくグレネード。2個付属しますが、持てないしどこかに取り付けたりもできない!後述のグレネード投擲用装備にも特に絡めて使えるわけじゃないのでイマイチ使いドコロに悩みますな・・・

ただ小さいけど造形は結構細かったりする。









fragviper
fragviper

そしてフラグバイパーの専門装備!グレネード投擲装備一式!
グレネードをセットしたバックパックにそれを給弾するチューブ、そしてグレネードを投げるクロー状のセスタ!
なんとも重装備具合がかっこいいじゃないっすか!









fragviper

背中のバックパックはこんなかんじ。
グレネードが装填されている造形がなかなか細かくていい感じ。
バックパック右側には給弾チューブが取付できます。バックパック上部にもチューブが取り付けできそうな出っ張りはありますが、別にチューブ取り付け用ではないっぽい?









fragviper

セスタは投擲するクロー状の部分の他に、上部には火炎放射器の先端のようなものが?
投擲、近接戦闘などなど武装として使えるみたいね。


と、ここまでは特殊兵装として非常にイケててかっこいいわけです。
ここまでは!!









fragviper
fragviper


フラグバイパーのこの装備は実はかなりクセがあって非常に扱いづらいのです!


まずセスタの取り付け。セスタはフラグバイパーの手部分に取り付けて装備させるわけですが、ご覧のようにセスタ内側には特にグリップや取り付け軸は無し!説明書も無し!
これ見て最初にさっぱりセスタの装備の仕方がわからなくて、「手の甲をはめ込んで装備させて~なのか・・・?」とかいろいろ研究してましたが、どうも正攻法はどれもうまく固定できず。

最終的に一番安定してセスタ取り付けられたのは、上の画像1枚目のように手のひらが内側向きの状態から手を180度反転させた状態でセスタをはめ込むという技。
(※つまり手のひらがセスタの裏にあたるという向き)
こうするとセスタ内部のでっぱりが多少手にひっかかって、セスタを手に固定できるようになります。


ただ、この状態は人間のポーズとしては物理的に破綻してるので間違い!
正しくは上の画像の2枚目のように、手を少し下に傾けた状態で手首部分にセスタ裏の突き出た2本の棒状パーツを挟ませるようにするっぽいです。

ですが!この正しい取り付け方法をするとほぼ100%セスタ最後部の細い軸が割れます
というか、新品を取り付けた時点でほぼ割れます
特に割れたから何か問題があるわけじゃないですけどね・・・でもヤダよねw


ちゅーわけで何が言いたいかというと。
・セスタの取り付けが非常にややこしい!初見じゃまずわかりません・・・
・正攻法で取り付けるとセスタ最後部の細い軸が割れてしまう。この軸は多分何しても割れると思いますけどね・・・;
上記した手のひらをセスタ内側に向ける間違った持ち方の方が正攻法よりチューブの反発力に耐えて安定してセスタを装備できる

というわけ。









fragviper

さっき上でもちらっと書きましたが、セスタ以上にクセモノなのがこのチューブ。

画像では腕に沿ってチューブが曲がってるように見えますが・・・このチューブ、新品の状態だと完全にまっすぐなのです。
しかも素材的にはかなり硬いので、もし素手で取り付けて曲げようものなら白化待ったなし!

てなわけで新品の状態だとまず正しく装備できないので、画像のように曲がったチューブを装備させるには"熱湯で数十秒温めたチューブパーツを曲げて成形→水で冷やす"というアメトイ恒例の修復術をすることで正しく装備させることができます。

一度熱してしっかり曲げたチューブはかなり日数が経っても元のまっすぐの状態には戻らないので再度成形する必要は無いです。
ただ、元々がかなり硬いものなのでフラグバイパー本体と投擲兵装にセットして可動させても、チューブが反発して装備がポロッと外れたり、反発力でほぼ右腕が可動できなかったりすることもしばしば・・・


うーむ・・・チューブといいセスタといいクセがありすぎるぜ・・・・









fragviper
fragviper

物としてはかなりクセモノなフラグバイパーですが、やっぱり投擲兵装をさせるとかっこよさは際立ちますね~
上記した点のおかげで右腕が動かしにくいですが、チューブを別の軟質パーツに置き換えたりするといいかもですねー








fragviper
fragviper

やっぱしリタールと一緒に並べてナンボって感じっすね。
動かして遊びたいならリタール!並べて飾るならフラグバイパー!という感じでしょうか










fragviper

というわけでフラグバイパーのレビューなのでした

本体はリタール同様にいうこと無い完成度なのですが、投擲兵装があまりにもクセが強すぎる!w
ハスブロはこういうユーザーに挑戦的な所多いよね・・・w

とはいえ、決してまともに可動させたりできないわけでも、ストレス貯まるほどポロポロとパーツが外れたりするわけでもないので、そこまで大騒ぎする欠点というわけでもないのかも。

全体的に見れば完成度は高めなので、妙ちきりんな姿のコブラ兵士が欲しい方にはぜひぜひ買ってもらいたいです!







-------------------------おまけ劇場----------------------------


fragviper

「ようこそコブラ新入隊員の諸君!!よくぞ我がフラグバイパー部隊に志願してくれた!!」









fragviper

「イェッサー!」









fragviper

「今年は志願者1人か・・・・じゃあもう解散しようか・・・」

「いやいやいや!!まだ何も教わってないです上官殿!」









fragviper

「そうだったな!スマン!
今日は新入隊員の貴様に基礎としてコブラ兵士としての戦い方を覚えてもらう!」


「はい!」

「コブラ兵士の基礎訓練の先生をお呼びしてあるから早速始めようか」









fragviper

「ストームシャドウ先生!おねがいします!」

「うむ!!」









fragviper

「よし!!ではまずは忍術の勉強から始めよう!!!」









fragviper

「に・・忍術!!?」









fragviper

「そうだ!YES!NINJUTSUだ!
兵士にとって忍術は戦い方の基礎!古来より兵士の原点はニンジャとされているくらいだからな!!」
(※ストームシャドウ調べ)


「そ、そうですかねえ・・・」

「じゃあまずは口から火を吐く火遁の術からやってみようか!」

いきなりハードルが高い!!









fragviper

「でも自分、爆発物専門で大量のグレネードを携行するので火遁の術なんかしたら引火して大爆発しちゃいますよ?」

「な~にぃ~!?」









fragviper

「じゃあお前の火遁の術は自爆な!」


「なんでだよ!死ぬじゃないですか!!」

「いいんだよ、どうせニンジャはみんな爆発して死ぬんだし

「よくねぇよ!というか俺ニンジャじゃねーよ!!」






おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | JOECON限定 | コメント:2 | トラックバック:0
201504042129
<<[マニアックTF紀行]レアだけどレアじゃないTF ストーカースコルポノック編 | スタンド製作所 | MARVEL UNIVERSE FIGURE METALOGICA -3.75インチ メタロジカ->>
この記事のコメント
 
201504061723
うわぁ。。
コレX-fileとかに出てきそうなナリしてますね。
信じられないマスクしてるなぁ。

付属品、たまになんじゃこりゃってのありますよね。最近だとヒートバイパーのバズーカがよく分からない感じでした。

それでも買っちゃうんですけどね。
えぇ、病気ですから(黙れ

2015-04-06 Mon | URL | edison #mQop/nM.[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201504080158
>edisonさん

こんなデザインですが当時のOリング時代に既にあったんですよねー・・・やっぱジョーのデザイナーはどうかしてるぜ!(いい意味で

ヒートバイパーのバズーカも説明書きとか一切なかったですもんね。
最近のジョーはこういうユーザーに挑戦的な部分多いような気もして、細かいパーツの取り付けとかは海外のレビュアーの写真頼みみたいな感じです・・・;

ヨーダ的に言えば「"買う"か"後で買うか"じゃ、"買わない"というのは無い」ってヤツですね・・・!w
2015-04-08 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ