G.I.JOE JOECON 2014 LAB-RATS -G.I.ジョー JOECON限定 ラボラット-
labrat

産業技術者 ラボラット(LAB-RATS)


ついにBOTCON2015が始まりますね~
今年の限定トイはメガトロンにバトルトラップ、ワルダーマローダーズ、カスタマイジングクラスのガルバコンボイを予約しましたが、ボックス買ったわけじゃないのに例年以上に高くつきましたわ・・・w
でも合計7体だからこんなもんか・・w

ところでワルダーマローダーズは個別名が無いとか言われてますが、スペックカードよく読むとドローン名とパイロット名ありますね。名前といっても"パラサイトドローンとリッパーパイロット"みたいな書かれ方しかしてませんが・・・
届き次第うちでもまたレビューしようかなーと思っているのでお楽しみに。

そんな前置きのBOTCONに対抗して今回のレビューはJOECONだ!w
ってわけで今日のレビューはまたもJOECON限定品だ!しかも去年の!

"コブラ 産業技術者"
コードネーム:ラボラット

ファイル名:様々
出身地:様々
主要専門分野:研究技師
二次専門分野:化学分析

モットー:「我々は計画のために仕事に励むのだ」

ラボラットと名前は付いているが、実験されるのは彼らではない。
彼らは化学または科学に特化した偉大な才能により地位を得たコブラの兵士だ。
熟練した技術で実験装置を扱い、化学物質や軍需品を作り出すホストとなるのである。
開発だけが彼らの専門分野ではなく、新たな分野の化学兵器のテストを行い、兵器をコブラコマンダーに献上するのも彼らの主な仕事だ。

コブラのラボラットには、全ての囚人および仲間の兵士を実験に使用することが許可されている。
これは彼らにとって幸運だ。なにしろ、どのトキソバイパー達もコンパウンドZの被験者になることを志願しないのだから。
ほとんどの場合は偶発的に実験対象を感染させるが、他の方法はより凶悪だ。
感染した実験対象の投与量とフェイズレベルは、実験対象の制御を維持するために記録しなければならない。
しかし、ゾンビ化した兵士が自分の仲間に対してどのような心理的効果を受けるのかはまだ知られていない。

(付属カードより意訳)



ってわけで今回のレビューはラボラット!
正式には"LAB-RATS(ラボラッツ)"ですが、複数形の呼び名だとなんとなくグッと来ないのでうちではラボラットと表記します。
まあこういうのは英語を訳してる日本人なんですから自分の好きな呼び名で良いと思いますよ。クリムゾンホースメンかホースマンか、トキソバイパーズかトキソバイパーかとか。
日本語公式が無いとファン同士で自由に呼び方を変えたりできるのがアメトイコンテンツの面白さでもありますね~


話をラボラットに戻しまして・・・
このラボラットは前にレビューしたトキソバイパーと同じく、2014年のJOECON限定ボックスのうちの1体です。
兵種はコブラでは珍しい研究員。武装した半裸ドクターとかがいる世界観で真面目にただの研究員としてのフィギュアは貴重かもしれない・・・
そんなおかげかラボラットはebayでも絶賛値段高騰&数少なくなってます。毎回言ってるけどホントにG.I.ジョーの限定品は時期逃すと中古市場にすら出てこなくなるんだよね~

フィギュアとしてはv1。今までに同名フィギュアは存在せず、JOECON2014"ゾンビイニシアチブ"が初出のキャラです。







labrat
labrat

白衣を着たコブラトルーパーという感じ?









labrat
labrat

白衣はROCのドクターから流用で、胸にはコブラ・・・ではなく、COBRAからもじった"ARBCO"の偽社名が入ってます。
ARBCOはコブラが使用するダミー企業の社名だそうで。
ヘッドはダスティの差し替えヘッドを流用したものですが、砂漠用マスクだったものがいい具合に研究員用マスクっぽくなってます。









labrat
labrat

顔はこんなかんじ。
目元はマスクのバイザーに覆われてよく見えませんが、一応中にはちゃんと目が造形&塗装されてます。
また、ヘッドのフード部分は頭部と一体成型です。









labrat

可動はまずまず。

この手のフィギュアではもうお決まりですが、案の定白衣が干渉するので下半身はあまり動かせないです・・・
逆に上半身は可動域があまり広くないものの他のジョー系フィギュアに負けず劣らずグリグリ可動します。

とはいえ研究員のフィギュアなわけですし、そこまで大きく可動する必要もないかな~









labrat
labrat

それでは武装・・・というか装備の紹介。

まずは注入器。中身は多分コンパウンドZなんでしょうな。









labrat
labrat
labrat
labrat

続いてデータパッド。
あんまり造形が凝ってるわけではないので、ちりとりデカイ電卓にしか見えませんわ・・・w

このデータパッドは特にフィギュアに持たせられるように設計されていないようで基本的には持たせられません。
無理をすれば本体サイドの上部や本体下部を掴んで持たせることはできますが、あんまり安定はしないです。










labrat
labrat

そして怪しげなブリーフケースも付属。
その中には人間をゾンビ化させる化学兵器のコンパウンドZが入った容器が!









labrat

すべてハザードバイパー等からの流用ですが、色が違うくらいしか差はないかな~

・・・と、思っていたんですが!
ハザードバイパーに付属していた化学物質容器のうちの1つ、グリップ部分が分割成形されているバージョンが付属しておらず、代わりに他と同じ通常の容器が付属しているようで。

かといって特になにか変わるかというと別に特に変わらなかったり・・・というか本来ハザードバイパー版の方でなんで1つだけ成形が違う容器が付いてるのかが疑問だったしなあw








labrat

これも持たせられますが、手の開き具合がやや広めのためこんな持ち方しかできなかったり。
お湯で手の成形を調整してやれば持てなくもないですが・・・









labrat
labrat
labrat
labrat
labrat
labrat

色々とクセはありますが、ポージングさせたりトキソバイパーやハザードバイパーなど他の化学兵器系兵士と並べてみると結構絵になりますね。
戦うキャラではないですが、これはこれで複数体並べたくなる良いフィギュアですな。









labrat

一応他のやつらと比較。
特にサイズ差は無いっすね~









labrat

ってわけでラボラットのレビューでした。

研究員フィギュアとしては造形も可動も十分過ぎるくらいの出来かなーと。
可動は他に比べるとそこまで良くないのでアクション向きなフィギュアではないですが、研究員というキャラ自体アクション向きではないのでその辺は調度良かったり。
というか貴重なコブラの新キャラかつコブラの研究員のフィギュアというファンにはたまらん要素が多すぎてな・・・そりゃebayで値段上がるわけだ。

一見地味ですがなかなか面白いフィギュアなので見かけたらぜひ買ってみてくださいな。





-------------------------おまけ劇場------------------------


labrat

「防護服の点検は完了しているか?」

「問題ない」









labrat

「よし、保管庫のエリア3までの入室を許可する。くれぐれもコンパウンドZには近づき過ぎるなよ」

「了解」









labrat

「ドクター!どちらへ行かれるのです?」

「うん?決っているだろう。コンパウンドZの研究制御室だ」









labrat

「すみませんがドクター。コンパウンドZが皮膚や呼吸器に付着すると危険ですので・・・
制御室に入室するには防毒マスクと白衣を付けていただかないと」


「おっと、そうだったな。すまん、出直してくる・・・」









labrat

「おまたせ」

服を着ろよ!!





おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | JOECON限定 | コメント:2 | トラックバック:0
201506192115
<<G.I.JOE GIJCC FSS 3.0 COBRA SLICE -G.I.ジョー FSS 3.0 コブラ スライス- | スタンド製作所 | [玩具大研究]マニアックトイ紀行 #2 ブタ肉マン対バイキンマン バイキンマンシリーズ>>
この記事のコメント
 
201507262038
お久です〜。
忙し過ぎて最近開店休業中でしたー。ぼちぼちレビュー再開したいような、しかし夏終わるまではできないような泣

コレ知らなかったです!チクショー欲しい!
しかし付属品とかボディは流用だからがんばれば作れなくはないのが救いですかね。。

50th予約したから届くまではおもちゃ封印状態が続きそうです。。あーおもちゃ弄りて〜なぁー!
2015-07-26 Sun | URL | edison #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201507292155
>edisonさん

お久しぶりです!ブログの方更新が途絶えてたのでどうされたのかなーと心配しておりました・・・!

ほぼ流用ばっかりですが結構カッコイイですよねラボラット。
なんかいかにも怪しい研究員っぽい所が非常にいい感じ~
コブラトルーパー系に白衣をくっつけて一部装備を変えてやればそれっぽい研究員はできそうですよね~

50th系は海外だとそろそろ出回り始めてる(?)みたいなので、8月~9月あたりで出揃いそうですよね。
ぜひ50th系もレビューしていただきたいです・・!
2015-07-29 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ