INDIANA JONES CRYSTAL SKELETON with THRONE -インディ・ジョーンズ クリスタルスケルトン-
crystalskull

クリスタルスケルトン & 玉座

(CRYSTAL SKELETON with THRONE)


最近マカチーなるアメリカナイズな食い物を知ったんで作りたい!と思ったんですが、チーズソースが売ってねえ・・・
ネットショップにはあるんですが、チーズソースって普通のスーパーとかには無いっぽいっすねえ。
ちなみに補足しておくと、マカチーとはマカロニにチーズソースをたっぷりかけた食べ物だそうで、主に子供が好んで食うそうな。
カロリーすごそうだな・・・w


さて、今日は以前から予告していたものとは全然違った方向ですがインディ・ジョーンズ系のフィギュアをレビューですよっと。
※インディ・ジョーンズ:クリスタル・スカルの王国のネタバレがあるので一応見てない人は注意ね!

ってわけで今回のレビューはクリスタルスケルトン&スローン(玉座)。

このフィギュアは「インディ・ジョーンズ:クリスタル・スカルの王国」の3.75インチフィギュアシリーズのうちの1つで、海外ではメールオーダーにて販売、日本ではインディ・ジョーンズシリーズ輸入版フィギュアのプレゼントキャンペーンにて抽選で配布されました。

え?私?もちろん輸入で買いました・・・映画同様に人気無いみたいで結構安いしね。

さて、それでは作品およびキャラクターの解説を・・・
インディ・ジョーンズシリーズの4作目として近年製作&公開されたのがこのクリスタル・スカルの王国という作品。
絶妙に面白く無いストーリー、老けたジョーンズ、核爆発に耐える鉛製の冷蔵庫など、過去3作を改めて見直したくなるくらいあまりおもしろくない要素満載の映画なのよねん・・・
(ちなみにクソ映画と名高いターミネーター4よりは断然おもしろいぞ!)
グーグルの検索予測変換ですら「インディ・ジョーンズ:クリスタル・スカルの王国 駄作」と出てくるくらい酷評されているようです。個人的にはそこまで「つまらん!クソ映画!!」と言うほどではないけど、2回目見ようという気にはならないかなあ・・・


そんな悪名高いクリスタル・スカルの王国のストーリーに関わる重要な存在であり、映画的にも台無しにしてくれてるのがこの水晶ドクロをモチーフにしたっぽいクリスタルスケルトンなのです。
映画の話の中ではこの謎のクリスタルスカル(クリスタルスケルトン)をめぐって冒険や戦いがあり、「うーんいかにも不思議な宝!一体その正体はなんなんだろう!」と気になるんですが・・・
実はそのクリスタルスケルトンの正体は宇宙人であり、頭部であるクリスタルスカルを元に戻すことでクリスタルスケルトンが完成し、玉座の間に並んだ13体のクリスタルスケルトンが揃うことで宇宙人本来の姿に戻るというもの!

インディ・ジョーンズ的にはすごくコレジャナイ感が出てるまさかのSF展開ですが、おまけにラストは遺跡が崩壊して中からUFOが現れ飛び去っていくというオチ・・・





おいおい、これもしかしてインディ・ジョーンズじゃなくてハン・ソロなんじゃないのか!?
ちなみにSF繋がり(ではないですが)実写TF3作でお馴染みのシャイア・ラブーフもクリスタルスカルの王国に登場しています。

ここまでクリスタルスケルトンをボロクソに書きましたが、個人的にはクリスタルスケルトンは大好きですw
ただ、映画はやっぱりあんまりおもしろくない!w







crystalskull
crystalskull
crystalskull
crystalskull

映画については色々書きたいですが、それはさておきフィギュアの話に戻りましょう!

フィギュア自体はタイトルどおりクリスタルスケルトンと玉座のセットです。
玉座に座らせて映画のシーンを再現しよう!というわけ。

基本クリスタルスケルトンの状態では玉座に座ったままで何のアクションもしないので、わざわざ可動フィギュアで出す意味がさっぱり・・・な気もしますが、これはこれで面白いからいいか!









crystalskull

ちなみに一応3.75インチ基準のシリーズですが、クリスタルスケルトンだけは映画同様にかなり大きく、4インチ以上の背丈です。5インチくらいあるかも?









crystalskull

それではまずは特にギミックも何もない玉座の方から軽く紹介致しましょう。

可動部等も一切なく、完全にイス

アメトイではありがちですが、この玉座は中がスカスカだったりするわけではないようで、重量はやや重め。










crystalskull
crystalskull
crystalskull

そんな面白みのない玉座ですが、細かい装飾部分の造形がかなり良く出来てます!
玉座の細かいヒビや傷もあり、いかにも古代遺跡のアーティファクトって感じ。









crystalskull
crystalskull
crystalskull

「3.75インチ基準だし、この玉座は小道具として使えそう・・・3.75インチ系フィギュアを乗せてみたい!」

と、多くの皆さんが考えていると思いますが、この玉座は完全にクリスタルスケルトンに合わせて作られているため、座面部分がかなり広いつくりになっており、3.75インチ系フィギュアは一応座れますがなかなかうまい具合にいきません。

画像を見ればわかりますが・・・
背もたれ部分に背中をくっつければ膝と座面のフチの位置があわず、膝を曲げるために座面のフチに膝の位置をあわせると座面から大きく隙間が空いちゃうんですよね~・・・
どうも自然に座らせることは難しいようです。








crystalskull
crystalskull

しかしながら全く座れない!というわけではないので、一応こんなかんじで3.75インチ系フィギュアも座らせることができます。

正面から写せば綺麗に座れてるように見えますが、実際は上記したように背もたれと背中の間に隙間空きまくりなのです。









crystalskull
crystalskull

イスの話を長くやってもしょうがないので、続いてクリスタルスケルトンの方へ・・・

全身がブルーがかったスモーククリアーのような成形になっているので造形がわかりづらいですが、なかなか映画のクリスタルスケルトンを再現できてる気がしますね~
全身PVC製のようで、手足が細いのと元々やや軟質であるため結構ふにゃふにゃしてます。元々の重量が軽いのと、一部関節部でABSを使用していることで自分の重さに負けてヘタれたり倒れたりというのはほとんど無いです。
また、足裏にいつもの台座用の穴が無いですが、スタンド無しでも自立が可能。ポーズとらせると厳しいけどね・・・









crystalskull
crystalskull

クリスタルスカルでもある頭部部分。
透けすぎずいい具合のクリアー具合で綺麗ですな~









crystalskull

もちろん頭部を外せば劇中同様クリスタルスカルとして小道具にもなります!

頭部はその他の3.75インチ系統でおなじみのボールジョイントなので抜くのは容易ですが、最初のほうで書いたようにクリスタルスケルトンは全身PVCでやわらかめなので、ボールジョイントをはめ直す際がかなりキツい!
どう押し込んでも本体側が軟質過ぎてボールジョイントが押し込めないのです。押し込もうと力を入れると首がふにゃっと曲がっちゃうんですよね~・・・;

対策としては、ボールジョイントを元のジョイント穴に合わせて、ボールジョイントの根本を掴んで回しながら少しずつ押しこむのがいいかもしれません。
もしくはお湯か何かであっためてしまえばあっさり入るかも?いやどっちにしろ軟質だし逆に入りにくいかもなあ・・・・









crystalskull

個人的にはこの胸部の骨の造形がなかなかイケてるなーと思ったり。
クリアーなので見えづらいのが難点ですねやっぱり。









crystalskull
crystalskull
crystalskull
crystalskull

そして気になる可動ですが、これがまたものすごく動くのなんの・・・w

可動点としては首、肩、肘、腰、股関節、膝のみで、手首足首は無可動です。
手首足首が無可動なので真面目なポーズは非常につけづらいですが、それ以外は何の干渉もなくよく動くので非常に遊びやすいです。









crystalskull
crystalskull
crystalskull
crystalskull

劇中同様に座らせてもよし、未知のガイコツ宇宙人として並べてもよし、ふざけたポーズさせてもよし、こんなフィギュアですが意外と遊びの幅が広いのが今回のフィギュアの良いところです。
手首足首も可動ありだったら良かったんですが、そもそも3.75インチ系統にフル可動のガイコツというのがほぼ無かったのでこいつがフル可動で存在するだけでもありがたことです。









crystalskull

「お前んちの玉座、なんか低くね?」









crystalskull

そうそう、完全に余談ですが・・・
3.75インチ系フィギュアにはガチャの折りたたみイスなんかが結構いい感じのサイズなのでオススメです。









crystalskull

てなわけでクリスタルスケルトンと玉座のレビューでした!

肝心のクリスタルスケルトンはかなり可動する上にクリスタルスカル部分を外して使えるギミックもありますし、遊びの幅はかなり広いです。
ただし手首足首が可動しないので、真面目にポーズをつけさせるにはあまり向いていないかも。
あくまで3.75インチ用小道具に可動が付加されている程度という感じかもしれませんね。

玉座はまあ・・・・おまけですなw


しかしその他のインディ・ジョーンズシリーズのフィギュアに負けず劣らず良い出来のフィギュアなので個人的にはオススメです。
ただし2体も3体もいらんかな・・・w








-------------------------おまけ------------------------


crystalskull

「おぉ!ついに見つけたぞ!これが伝説に出てきたクリスタルスケルトン・・・!」









crystalskull

「あ、あの閣下!あまり近づくと危険なのでは・・・?」

「ただのガイコツだ、問題ない!」









crystalskull

「ついに手に入れたぞ・・・ずっと探し求めていたのだこれを・・・!」









crystalskull

この玉座を!!

「そっちかい!」



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | INDIANA JONES/インディージョーンズ | コメント:0 | トラックバック:0
201508182115
<<TRANSFORMERS COLLECTORS CLUB FSS 3.0  SURPENT O.R. -TCC限定 サーペンター- | スタンド製作所 | G.I.JOE JOECON 2015 IRON ANVIL -G.I.ジョー JOECON限定 アイアンアンヴィル->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ