G.I.JOE and the TRANSFORMERS OLD SNAKE with ADVANCED STEALTH B.A.T. duo -オールドスネーク with アドバンスドステルスB.A.T.-
oldsnake

オールドスネーク with アドバンスドステルスB.A.T. duo

(OLD SNAKE with ADVANCED STEALTH B.A.T. duo)


風邪ひきました。
もう体調悪すぎて参っちゃうね・・・しかも休みの日にコレなんだもの;

さあて、そんな今日はこれをレビューだ!
というわけで今回のレビューは、待ちに待ったG.I.ジョーとトランスフォーマーの公式クロスオーバーセット商品、「OLD SNAKE with ADVANCED STEALTH B.A.T. duo」ですよ。

いや~歴史的トイだよこれは・・・
なんてったってG1トランスフォーマーそしてG.I.ジョーが同時に展開されていた最初期の頃から構想されていたにもかかわらず、現代に至るまで一度も実現されなかった「トランスフォーマートイとG.I.ジョーフィギュアのセット」がついに実現したんですもの。

G.I.ジョーに出てきたビークルのトランスフォーマー化、トランスフォーマーキャラのG.I.ジョーフィギュア化、キャラクターや世界観設定の共有と地味に公式クロスオーバーを続けていた2大トイシリーズですが、今年ついに完全なトイのクロスオーバーが実現しましたね・・・!
元々コミックやアニメで設定を共有しているとはいえ、アメトイ史上の2大トイシリーズが1つの商品で発売されるというのはとんでもなくすごい事だと思いますよ。メーカーは同じだけど・・・

と、私は個人的に盛り上がっていますがどうも世間的にはそこまで大盛り上がりしてないようで・・・
悲しいのう・・・









oldsnake


さて、それでは早速ブツを紹介していきましょう。

今回のセットはGIJCCおよびTCCの会員のみ購入できるという販売方法。日本では輸入トイストアなどでも購入できます。

トイ自体は新規造形のG.I.ジョーフィギュア「オールドスネーク」と、TFプライム版サウンドウェーブのリカラーであるアドバンスドステルスB.A.T.2体の計3体セットで構成されています。
また、パッケージも過去シリーズとは違うブリスターパックになっています。










oldsnake
oldsnake

オールドスネーク(OLD SNAKE)


セディシウスマスターマインド 
コードネーム:オールドスネーク

ファイル名:(機密)
主要軍事専門分野:諜報
二次軍事専門分野:軍需品(実験兵器及び技術)
出身地:(機密)

闇の中で休息無く静かに孤独に生きていく、とぐろを巻いたような人生から彼は一度身を引いた。
だがある時、惑星セイバートロンから来た地球外ロボットであるオートボットと出会った。
この出会いがオールドスネークの引退のビジョンを変えたのだ。
幻想や無目的を切り捨て、絶対的な力への野望が戻ったのである。

犯罪王ビクター・ドラスが逮捕されたことで空いた社会の力の空白が、オールドスネークに犯罪者や非難されるべき個々人達に接する機会を与え、コブラの新たな顔を作り出した。
新たな時代の真の力となるコブラだったが、彼は仇であるG.I.ジョーそしてオートボットに挑戦するためにまだ何かを必要としていた。
熟練した実験兵器の技術に焦点を当てて、オールドスネークは鋼板と回路基板を肉と血とする新たなコブラ軍団の構築に着手したのであった。

「オールドスネークは憎悪と恨みに心を奪われいる凶悪な男よ。彼を過小評価しないほうがいい、そして彼の悪辣さを見くびらない方がいい。彼は長年力を増している、生きている限り最も危険な男よ!」-メリッサ・フェアボーン, EDC-

(パッケージ裏カードより意訳)



まずはオールドスネークのレビューから。

見ての通り、トランスフォーマー2010の「人間トランスフォーマー」に登場したスネークの立体化です。
スネークといえどもその正体は見ての通りコブラコマンダー。
カードによれば今回の設定では、一時引退のような状態になっていたコブラコマンダーだったが、オートボットの存在を知ったことでオールドスネークとして再びコブラを復活させようと画策する。という話みたいね。
というとやっぱ時系列的にはアニメのG.I.ジョー→トランスフォーマーへと時代が続いていたわけだ。

オールドスネークとしての立体化は今回が初。フィギュアとしてはv1にあたりますね。









oldsnake

んでいざレビューしようとフィギュアを取り出して気づいたんですが・・・

左腕が欠品だったのよねえ・・・・

前のラボラットの時も両手が左手のエラー品だったんだよなあ・・・結局ラボラットは同種の手パーツを使用しているコブラコマンダーを買ってレストアできましたが。
よって今回は代替の左手として前回のラボラットで余った左手を使ってます

まさか不良品の副産物をこんなところで活かすことになろうとは・・・w









oldsnake
oldsnake

顔はこんな感じ。
コブラコマンダーらしくいつものマスク姿です。ちなみに帽子はヘッドパーツに接着されているので取り外し不可。









oldsnake
oldsnake

可動はまあ言うまでもないかなーという感じ・・・
上半身はかなりよく可動できますし、頭も意外と襟が邪魔をせずスムーズに可動できます。
その反面軟質パーツとはいえコート部分が干渉する股関節および膝はあまり動かせない感じ。
前のアイアングレナディア士官系と同じような感じですね。

自立できないという話を聞きますが今回のオールドスネークはスタンド無しでも余裕で自立できます。
G.I.ジョー系の中ではまだ立たせやすい方ですな。









oldsnake
oldsnake

さて、続いて付属品の紹介。

まずバックパック。
今回はいつものG.I.ジョーらしい背中にジョイントで取り付け式のバックパックではなく、ベルト部分を肩にかけて背中に背負わせるタイプ。
ベルト部分はかなり薄い軟質パーツ製なので破損が心配ですね~










oldsnake


とか言ってたら千切れました












oldsnake

「なぁぜだ!なぜこうも私ばかりろくな目にあわんのじゃ!コォ~ブラァ~」


そんなわけでオールドスネークの手、そしてバックパックの件があったおかげで完全に萎えてしまい、前回からレビュー記事を書くのがずいぶんと先になってしまったわけです。
限定品でこれは萎えるよなぁ・・・
まあバックパック自体は無事なので、今度なにかしらレストア手段を考えることにします。









oldsnake
oldsnake
oldsnake
oldsnake

気を取り直して付属品2つ目。ピストル。
意外としっかり持たせられます。また、ホルスターに収納することが可能。









oldsnake
oldsnake

そしてエネルゴンキューブが付属。
ピンクのプラ系パーツが箱状に組まれているだけなので比較的簡素な作り。
ちなみに面があるのは5面だけで、中身は空洞になってます。









oldsnake
oldsnake

TFとのサイズ相性もなかなかいい感じ。










oldsnake
oldsnake
oldsnake

設定上のスケールとは違いますが、TFトイと並べても違和感なく飾れるかなーと思います。
リーダークラス系トイと並べた方がスケールは近くなるかな?









oldsnake

ってわけでオールドスネークのレビューでした。

完成度としてはなかなか悪くない出来ではあるんですが、バックパックの仕様とか若干気になる部分がちらほら・・・
新規フィギュアですが、良くも悪くも普通な出来というべきか・・・

ともかく手の件とバックパックの件で完全に萎えてしまったので、なんかあまり良い印象がない・・・w
さすがに手は個体差ですが、バックパックは引っ張り過ぎると千切れるので気をつけましょう。



-------------------------------------------------






oldsnake
oldsnake
oldsnake

アドバンスドステルスB.A.T.(ADVANCED STEALTH B.A.T.)



ステルスバトルアンドロイドトルーパー
コードネーム:アドバンスド ステルス B.A.T.

主要機能:スパイ
二次機能:攻撃およびターゲット排除

オールドスネークは最初の試みとして、オートボットと同様の強度を持つ装甲を開発するためにオートボットの1人を捕獲した。その結果様々なことがわかった。
オールドスネークが作り出した不格好なロボットは強力なパワーだけでなく高い知能も持っていたが、クレトン"ホーク"アバナーシー前将軍とアースディフェンスコマンドによる妨害を受けいくつかの外観とサーペントO.R.の操作系統を失ってしまった。
再び同じ過ちを繰り返す訳にはいかない、オールドスネークは次の案として知能を付加することを諦めた。
コブラの量産機を模倣したのだ。しかしバトルアンドロイドトルーパーは時代遅れの旧式だ。
オールドスネークはコブラB.A.T.をアップグレードし、無人航空機(UAVs)への変形機構を追加した。

オートボットほど高身長ではないが、ステルスB.A.T.はセイバートロン産のロボットには想像もできないほどしなやかに素早く機動できる。
さらに諜報活動や強襲作戦にあわせて、各ステルスB.A.T.は取り外して展開可能なリモートユニット「ナイトシュリーク」を内蔵している。ナイトシュリークは小さな隙間に入り込み、妨害工作やデータの破壊などを引き起こすのだ。

---

ステルスB.A.T.は完璧な兵士となった、彼らの鉄靴の行進する音は恐怖とパニックをもたらす。
彼らの攻撃で、コブラは偉大さと栄光を取り戻すのだ!

(パッケージ裏カードより意訳)


続いてステルスB.A.T.のレビュー。

カードの通り、B.A.T.(v1)をモチーフにした新キャラです。
トイとしてはプライム版サウンドウェーブのリカラーになります。
一応トランスフォーマーを使用したトイではありますが、キャラクターとしてはTF寄りではなくG.I.ジョーの部類に入るようです。
変形姿はカードの通り無人航空機。

ちなみにカードの説明文ではサーペントO.R.との関連性も記述されており、前のサーペントO.R.のレビューでカードに断片的な情報しかなく不明だった部分が、今回のステルスB.A.T.のカードから明らかになってますね~









oldsnake

機首はB.A.T.の顔をモチーフにしたデザインに。
というか、個体差なのか型の使い過ぎか知りませんが機首全体の左右パーツが綺麗に合わないんだよなあ・・・









oldsnake

詳しくは後述しますが、付属のリモートユニット「ナイトシュリーク」はパッケージだとこんな感じで合体させるのがデフォのようで。









oldsnake

その他、ギミックとして小さいながらもランディングギアの展開も可能。









oldsnake

翼にはコブラ&ディセプティコンの同盟「Union of Decepticon and Cobra Forces(UDCF)」、いわゆるディセプティコブラのエンブレムが。
UDCFエンブレムが入っているとはいえ、カードでは特にディセプティコンとの関連性等は一切記述されてないですし、なんだかなあ・・・という感じ。









oldsnake

てなかんじかしら。

それではいつもの

トランスフォーーーーム!!











oldsnake
oldsnake

元々のプライム版サウンドウェーブがヒョロヒョロのガリガリで弱そうなので、B.A.T.としていい感じに量産機っぽくなってますな。
カラーリングも完全にB.A.T.









oldsnake
oldsnake
oldsnake

B.A.T.っぽいかと言われればそんなに・・・って感じの顔ですが、顔のクリアーレッド色パーツや全体のカラーリングでB.A.T.感を出してます。
ちなみに首は上下に位置を変えることができるので、猫背風にも直立風にもできます。









oldsnake
oldsnake
oldsnake

可動等はプライム版サウンドウェーブと特に変更は無し。

元々のプライム版サウンドウェーブは日本版のみ以前所持していましたが、ま~今回も相変わらず可動にクセがありすぎて動かしづらいです。
上半身はともかく、下半身が特になあ・・・
鳥足っぽくするのがデフォなのか、二重関節になっている膝は鳥足としても通常の膝としても可動域が狭いし、かかとは軟質パーツで固定ができないので少し押さえるとすぐ浮いてしまいバランスを崩しやすいし・・・
とはいえ、気のせいかもしれませんが日本版プライムサウンドウェーブよりはかかとのパーツが固くなっている気がする?









oldsnake

そうそう、ステルスB.A.T.duoとタイトルにあるとおり、1セットにB.A.T.は2体付属します。
ちなみにどちらも同じで特に差はないみたい。









oldsnake
oldsnake
oldsnake

そしてリモートユニット「ナイトシュリーク」が胸部から分離展開が可能。
これもサウンドウェーブの頃からのギミックそのままです。

ちなみにナイトシュリークという名はトランスフォーマーでは過去にグリズリー1(バーベリアン)の付属パートナーとして同名のコウモリ型トランスフォーマーがいましたが、今回のB.A.T.では単にコウモリ型のサポートユニットとしてナイトシュリークの名前をとってきただけなのかな?

ナイトシュリークは翼の可動ができますが、B.A.T.本体のジョイント穴に取り付ける以外に自立もできないしこれといって遊び具合も無いのでなんだかイマイチ。









oldsnake

と、ここで気づいたんですが、片方のB.A.T.の腕のヒンジが完全に浮いてる・・・

また不良品か!!w

なにこれ?今回のセットは呪われてるのか!?w
個人的に楽しみにしていたのに、まさかコマンダーの手、バックパックのベルト、ヒンジと不良トリプルパンチを食らうハメになるとは・・・









oldsnake

元ネタであるB.A.T.と比較。

ま~似てるのはやっぱりカラーリングくらいかなあ。
どうせなら胸をリデコにしてしまってB.A.T.特有の胸部が透明なところを再現したりしてもおもしろかったかもしれませんね。
コスト的な関係で難しかったんでしょうけれども。。









oldsnake

オールドスネークと並べてみたり。









oldsnake

B.A.T.新旧軍団で並べてみたりと。

昔のメールオーダー版B.A.T.みたくB.A.T.ビルドセットとしてステルスB.A.T.と普通のB.A.T.をセットで売りだしてもなかなかいいかもしれないけど、需要がねえだろうなあ・・・;









oldsnake

ってわけでアドバンスドステルスB.A.T.なのでした。

元々のプライム版サウンドウェーブより軟質パーツは硬くなっている気がしますが、それ以外に関しては相変わらずな感じ。
B.A.T.カラーになった所はすごく良いんですが、それ以上に秀でた所が無いというのがネック。

キャラクターとしてはTFではなくB.A.T.ですし元々の型もあまり良くないので、トランスフォーマーファンとしては「いらねえなあ」って人が多いかもしれませんねコレ・・・・B.A.T.としては非常に面白いんだB.A.T.としては
あくまで変わり種のG.I.ジョーフィギュアのうちの1つとして見れば納得かなーという気もしないでもなかったり。









oldsnake

以上オールドスネーク&ステルスB.A.T.でした。

スネークの手の件は完全に個体差ですが、なんか今回あまりにも品質が悪く無いかね・・・;
それともかなりのハズレを引いてしまっただけなのか・・・

今回は限定品の中でも特に値段が高かったので、なんだか値段相応の完成度ではないな~という気もします。
記事の中ではかなりボロクソに(特にB.A.T.を)書きましたが、可動して遊ばせるG.I.ジョー系フィギュアとしては十分な出来、トランスフォーマーとしてはイマイチな出来という2側面があるだけで、モノ自体が酷すぎるというわけではないのでご安心を。

レストア部分含め、なんだか物足りない感じがするんで、またそのうちステルスB.A.T.に少々手を加えて記事としてまとめるかもしれませんのでお楽しみに。




-------------------------おまけ----------------------



oldsnake

「我々コブラとディセプティコンが組めばG.I.ジョー共など目ではないでおじゃる!」

「そしてオートボット共も容易に倒すことができるというもの!」









oldsnake

「ところでスネークよ、ワシらは同盟の証として技術を提供した。
ところが貴様らはまだ何もワシらに提供しておらんではないか。」


「まぁまぁ少し待つでおじゃるよ、こちらにも準備というものがあって・・・」









oldsnake

「準備など待ってる暇は無いのだ、もし貴様らが何も提供しないというのなら同盟は破棄することになるぞ。」

「わーかった!今すぐ渡すでおじゃるよ!
我々コブラはディセプティコンに最高の技術を提供しようではないか。」










oldsnake

「ディセプティコンの素晴らしい技術のお礼として!
ずばりニンジャの技術を提供するでおじゃる!」


「ニンジャッ!」









oldsnake

「いらんわ!!」







おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | GIJCC FSS限定 | コメント:2 | トラックバック:0
201509152100
<<ステルスB.A.T.をカスタム&リペアする | スタンド製作所 | JURASSIC PARK DINO SHOWDOWN ALLOSAURUS ASSAULT -ジュラシックパーク ダイノショウダウン アロサウルス アサルト->>
この記事のコメント
 
201509191640
そう言えばスーパーリンクのキッカーが海外ではミクロマンでなくGIジョー互換のアクションフィギュアとして同スケールのホッパー(本来はマイクロン)とのセットで発売されたけど
あれはGIジョーとトランスフォーマーのセットとは言い難いか


限定商品で破損させたりエラー品引くと相当ショックですよね
自分は変に拘るタイプなのでこういうの引くと例え無理だとわかってても完品がもう1セット欲しくなります
少なくとも破損を防止するにはリュックだけは絶対背負わせてはいけないということがわかっただけカメオさんの犠牲は無駄ではないと思いたい

TF者としての本命はサウンドウェーブリカラーのB.A.T.ですね
集光ギミックは元々仕込まれていたもののサウンドウェーブとして発売された物は全部塗り潰されていたので新鮮です
ピン打ち箇所の組み立てミスは目も当てられませんが…
こういうのって自分で打ち直せないもんか…前に動画サイトで「TFのタイヤのピンをはんだごてで熱してから強力磁石でくっつけて引き抜く」っていうのを見た事があるけど
ピンによっては抜けないらしいし…
2015-09-19 Sat | URL | さすりゅ~ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201509210058
>さすりゅ~さん

あれはあくまでTFの部類に入るのでジョーとはまた別ですね~

過去にbotconスライスも新品なのにエラー品を引いてしまい、さらには少し前だとダークサイドオプティマスも塗装エラーを引きました・・・;
通常販売品だと輸入物だけでなく国内TFも数回エラーを引いてます・・・なんだか異様にエラー品の引きが多いようなw
海外のレビューだとリュックを背負わせてる人もいますが、どうも少しでも捻る力を加えてしまうと簡単に千切れてしまうようです。やっぱり背負わせないのが無難ですね・・・;

顔パーツはやっぱりクリアーの方がしっくりきますよね。
最近はどれも塗りつぶされているものが多いですが、こういうバイザー系というかマスク系の顔にはクリアーパーツが似合いますね~
ヒンジ系のピンは抜け防止のギザギザが食い込んでいるので押し込もうにも抜こうにもビクともしないんですよね~・・・
B.A.T.については近いうちに修繕記事を書こうかと思います。
ちなみに過去にディスペンサーの首のヒンジを直した時ははんだごてを使用しました。参考までに↓
http://standfactory555.blog41.fc2.com/blog-entry-450.html
2015-09-21 Mon | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ