G.I.JOE JOECON 2012 DARKLON -G.I.ジョー JOECON限定 ダークロン-
darklon

アイアングレナディア ドライバー

ダークロン(DARKLON)


ここ1周間なぜかハードな肉体労働が多く体がイタイ・・w
疲れなのか体のあっちこっちにガタがきて家にいる間はほとんど寝てばっかですわ;
2016年入って既に20日経つけど、既にしんどい!なんかもう・・・どこか落ち着いて過ごせる場所で静かにフィギュアいじって暮らしたいw

そんな私のモチベを回復してくれるのがやっぱりトイなわけだ。
つーことで今回は、超貴重なこいつをレビューですよ!

"アイアングレナディア ドライバー"
コードネーム:ダークロン

ファイル名:機密
主要軍事専門分野:傭兵
二次軍事専門分野:アサルトビークルドライバー
出身地:ダークロニア

ダークロンはデストロ一族の遠縁のいとこであり、私掠船員、傭兵そして投資家でもある。
アルプス山脈にある彼の鉄の城から、私兵部隊を高額入札者のために戦地へ派遣するのだ。
彼はイデオロギーや倫理によって左右されることはなく、純粋に貪欲である。時々雇い主となるアイアングレナディアとは相性が合うらしい。

デストロはダークロンの皮肉な姿勢に対してしばしば衝突することがあるが、彼の珍妙なユニフォームにはなぜか親近感を覚えるようだ。
ダークロンは不快な態度ではあるが、プロトタイプビークルのテストドライブや比類の無いドライビングスキルを必要とする特殊な任務など彼にしか出来ない任務の場合は雇われている。
ロシアの領土を脱出し、デストロへの獲物を持ち帰る為に必要なのはこの専門的なドライビング技術なのだ。


"邪魔してフロントガラスに叩きつけられたブヨみたいに潰してやる!"

(付属カードより意訳)



てなわけで今回のレビューはJOECON2012限定品のダークロン!!
JOECON2012"IRON GRENADIER GROUND ASSAULT"にて会場限定販売のスーベニアパックとして"サージェントメジャー ダンカン"とセットで販売されたものです。

フィギュアとしてはv2にあたります。
v1はOリング期のものなので、現行フォーマットのフィギュアとしては初立体化。


キャラクターについてはカードの内容の通り、デストロのいとこでダークロニア出身の傭兵。
ドライバーという設定はOリンク期のv1ダークロンが専用ビークルとセットだった際の役職なので、今回のものはその名残ですな。

一応2012年のJOECON限定トイに前にレビューしたインディ・ジョーンズのカーゴトラックの仕様変更品であるソビエト コンボイトラックがあるので、それに乗せて遊びましょうって感じなのかもしれませんね。



ちなみにこのダークロン、ebay相場ではとんでもないことになっており・・・ダークロン単品で開封未開封問わず日本円で4万円オーバーという恐ろしいプレ値の品だったりします。
私が知ってる限りの現行フォーマットのG.I.ジョーフィギュアの中では最高値のフィギュアです;
ちなみに次点でスティールコブラ(2万円)


無論いくらなんでも4万円は出せないけど欲しいなあ・・・と思っていた矢先、たまたま1万ちょいでダークロンを発見したので購入したのが今回のもの。
もちろん安いのには理由があるわけで、今回入手したものは付属のアサルトライフルとスナイパーライフルが欠品してるってわけです。残念!だけど相場より遥かに安い値段で手に入ったしまあいいか・・・

ということで以下のレビューでは付属の銃2丁が欠品状態でのレビューとなりますのでご注意

そうそう、ダークロンにはカスタムヘッドと既存パーツを使って組み替えた偽物も出回っているため、購入を考えてる人はご注意ください。









darklon
darklon

ってことでまずは全体像から。

パット見でわかるこの奇妙な姿!いかにもジョーらしい変な配色&装備ですな。
というかもうマッドマックスのキャラって言い張ってもおかしくねえな・・・w









darklon
darklon

顔アップー

フェイスガードに覆われた顔が特徴。
うーん、やっぱりマッドマックス的だよなあ・・・

フェイスガードはヘッドパーツと一体成形なので取り外したりはできません。









darklon
darklon
darklon

ボディまわりはこんな感じ。

全体的に塗り分けも造形も細かいし完成度は高めですね。
ジョー系フィギュアといえば素体に何かしらのボディーアーマー等が着せてあるパターンが多いんですが、ダークロンは肩プロテクターとつながったボディベルトのみしか着ておらず、あとは素体そのまんま。
おかげで可動に干渉するものが皆無です。

その代わり、このボディベルトがクセモノ・・・ボディベルトは肩プロテクターと繋がっており、腰部ベルト→後ろから見て左側肩プロテクター→右側肩プロテクターという風なつながり方をしています。

要は腰部ベルトと右側肩プロテクターが直接的に繋がっていないため、若干左側にプロテクターが引っ張られるというのが難点。
おまけにプロテクター自体は肩に引っかかってるだけなので、動かし具合によっては簡単に位置がズレてしまうんですよねー
ベルトも結構長さがキツいのでなんとも調整がしづらいのが辛いところです。









darklon
darklon

可動はこんな感じ。

干渉するものがないので非常に動かしやすいですが、可動域自体は普通のジョー系フィギュアと変わらないのでまずまずってところ。
旧素体なので足首も前後とスイング可動しかないしね~
ちなみに手首は左右スイング可動しかありません。









darklon
darklon
darklon
darklon
darklon

続いて武器の紹介。

まずアイアングレナディアらしく黄金色のハンドガン。
胸のホルスターに収納が可能です。

ハンドガン自体は収納の都合で厚みが比較的薄いですが、トリガー部分もしっかり穴があいており造形は良好。
ただダークロンの手は本来人差し指が浮いた造形にはなっていないため、トリガーに指をかけることができません。
今回は人差し指部分のみ加工してトリガーに指をかけれるようにしてありますが、本来はこんな感じで持てないので注意。









darklon
darklon

そんでもって・・・記事の冒頭で書いたように今回入手したダークロンは残念ながら付属武器2種が欠品のため、代わりに他所から銃を借りて持たせてみたり。

YOJOE.comのダークロンのページを見るとわかるんですが、本来はバカでかいスコープ付きのライフルと変なアタッチメントが付いたFN F2000風の銃の2つが専用武器として付属しています。
G.I.ジョーの銃などの装備品は大抵の場合既存フィギュアからの流用かリデコで済ませているため、ダークロンの銃も誰かのを流用してないかなーと調べてみたんですが、どうもこれは流用ではなくリデコっぽい?
もし銃がそのまんま流用されたもので流用元がわかる方は教えてもらえると幸いです。









darklon
darklon
darklon
darklon
darklon

うーむかっこいい、さすがは4万円のフィギュアだ・・・w

旧素体なので可動がまずまずな事以外はなかなかいい感じです。
付属品も多いわけではないので遊びの幅としては狭めですが、立たせてるだけでもなかなか映えますな。









darklon

最後にいとこ同士で比較









darklon

ということでダークロンでした。

肩プロテクターが固定されていないので動きやすいという点以外は動かしていて不満に思うような点はありません。
触ってみるとかなりカッチリとした出来で、可動域は広くはないもののポージングさせていて楽しいフィギュアだなーと。

ちなみにドライバーらしくインディ・ジョーンズのカーゴトラックに乗せようと思ったんですが、どうもうまい具合に乗れなかったので写真は写しませんでした。
股関節の可動域のせいかな?


正直なところこれ単体で数万出すほどの価値があるかどうかは微妙なところですが、キャラクターとしての魅力は十分だと思います。
さすがにマストバイだ!とは言い切れませんが、手に入れれば満足できること間違いなしよね。

にしてもコブラ側のドライバーはどいつもこいつも変な奴ばっかりだな・・・w





------------------おまけ------------------



darklon

「これはこれは・・・いとこのデストロじゃねえか久しぶりだな」

「フン、相変わらずだなダークロン」

「お前こそ、相変わらず上から目線な鉄頭野郎だな」









darklon

「えぇい!うるさい!今はビジネスの話をしに来たのだ!
茶化すようなら他の者に代わらせるぞ!」


「おちつけよデストロ、話を聞こうじゃねえか」









darklon

「今回の仕事はお前にカーゴトラックを運転してもらい、積み荷をロシア領内から私の元へ輸送するという内容だ」

「楽勝だな。てめーでもできる仕事なんじゃねえか?」

「言っておくがあちらにはオクトーバーガードがいる。いくら我々アイアングレナディアであっても容易にはいかん任務だぞ」

「ほう?」









darklon

「仕事を受けるならもちろん報酬は払おう。前払いでな。
ここに36万ドルある・・・」










darklon

「その36万ドルの半分の18万ドルがお前の報酬だ」

「は!?なんで半額になってんだよ!見せるくらいなら全額よこせよ!」









darklon

「いとこなんだから半額でいいだろ?いとこ割だよ」

「意味わかんねーよ!勝手に割り引くな!!」









darklon

「だからね、この18万ドルを・・・」

「おい!なにさらっと500ドルの札束くすねてるんだよ!それ返せよ!!」









darklon

「え!?"返せ"ってことはこの500ドルの札束1つの計5万ドルで仕事受けてくれるってこと!?」

「てめぇ・・・カーゴトラックで轢いてやろうか・・・!」






おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | JOECON限定 | コメント:2 | トラックバック:0
201601202106
<<[玩具大研究]マニアックトイ紀行 #7 フエラムネのおまけ | スタンド製作所 | 3DプリントでTF武器パーツを作ってみる 後編>>
この記事のコメント
 
201601252125
スコープが付いてるスナイパーライフルみたいな奴はPOCのロックバイパー、FN2000ぽいのはROCのシップレック付属
2016-01-25 Mon | URL | 名無し #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201601272024
>名無しさん

調べてみたらホントだ!うぉぉぉ助かります!情報ありがとうございました!!
2016-01-27 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ