Toyfinity WEAPONEER OF MONKAA warrior edition -ウェポニア・オブ・モンカー ウォリアーエディション-
monkaa

WEAPONEER OF MONKAA(ウェポニア・オブ・モンカー)

最近レゴのミニフィグを再び集めだしてるんですが、いやぁ・・・レゴ自体がブランドだからか中古単体で集めても値段高いね!w
普段買ってるフィギュアに比べれば随分安い方ですが、ミニフィグ1個で千円近くしたりそれ以上だったりするんだもの。プレ値ってやつですなあ・・・ちなみに定価は300円くらいだけどね。

さて、それでは今日は前回の予告通りこいつをレビューですよ!

前回記事の最後でお知らせしたとおり、今回はToyfinityさんからご厚意で頂いた新製品"WEAPONEER OF MONKAA"のレビューでござい。
Toyfinityさんマジでありがとうございました・・・!レビューという形でお礼とさせていただきますッ!


さて、まずはこのWEAPONEER of MONKAA(ウェポニア オブ モンカー)についてですが。

どうも調べてみるとこいつはロボフォースのシリーズでは無いようで。
Toyfinityも参加している"Spy Monkey Creations"というクリエイター向けの合同サークル用のオリジナルトイシリーズのようです。

使ってるパーツ自体は前回のクルーエルのレビューにも登場したロボフォースの拡張パーツですが、その拡張パーツにさらにオリジナルパーツを追加したのが今回のWEAPONEER of MONKAAのようですね。
あくまでロボフォースと互換性のある拡張パーツであり、かつオリジナルシリーズなのでパーツを共有してるという点以外ではほぼロボフォースとの接点は無いものと考えていいのかもしれません。

ちなみにToyfinity公式ストアの文章によれば、同じ"Spy Monkey Creations"に加入している"Onell Design"の"GLYOS SYSTEM SERIES"ともパーツ互換性があるとか。
そしてWEAPONEER of MONKAAをクルーエルと組み合わせると完全武装したファイナルバトルクルーエルが作れるそうですが、こっちも公式レシピが無いのでどういうデザインなのかイマイチ・・・もしかしてToyarkに貼られてたコレなのか?








monkaa
monkaa
monkaa

さて、それではブツを見てみましょうか。

梱包時のデフォの組み方はこんな感じ。
元々のデザインが足がないのでキャタピラ足で組まれているロボフォースシリーズとは違い、新規パーツを使って完全に人型ロボとして組まれてます。









monkaa
monkaa

それではボディを構成している新規パーツを見ていきましょう。

まずはデフォのヘッド。
前回のレビューで書いたように拳にもなりヘッドにもなる特殊なパーツが使用されています。
ベーシックエディションのクルーエル付属のパーツとは違って部分塗装がしてあるため、前回より顔であることが強調されてますねー









monkaa
monkaa

続いて左右の腕。
これも先ほどのヘッドパーツと同じく、顔にもなるし武装等の別パーツとしても使えるという代物。
顔としてかなり強調されているというわけではないので、普通に腕パーツとして使ってあってもそこまで違和感無いですね。









monkaa
monkaa

そして新規パーツとしては一番目立つのが胴体。
デザインはほぼ人型ロボのボディ用といった感じなので、組み換えで使うには用途がかなり限られそうな感じがします。

ちなみに腕と脛を構成しているパーツは同じパーツ。上下と裏にジョイントがあるので使い方によっては組み換えで重宝しそうです。









monkaa
monkaa
monkaa

続いて可動についてですが・・・今回も接続面が斜めになっているパーツがいくつかあるため、スイング可動のみでこんな感じの可動ができます。
よく動くというほどではないですが、可動のジョイント無しでこの可動ならかなり良い方じゃない?









monkaa

そんなウェポニア・オブ・モンカーですが、もちろんセット内容は組立済みロボ1体だけというわけではなく・・・
ロボフォース系のセットと同じくらい大量のパーツが同梱されてます。しかもどれも新規パーツ!

デフォのロボをバラして残りのパーツと共に並べるとこんな感じ。
ざっと43パーツ(画像に写っているもの+ジョイントのみのパーツ2つ)もあります。
とはいえ大半が武器用パーツ。これ1セットだけでロボ作ってを組換えする用ってわけではないようですね。









monkaa
monkaa
monkaa
monkaa

注目すべきはやはり新規のヘッドパーツ達。

記事の最初のほうで書いたレーザーキャノンとハンマー風なヘッドだけではなく、さらに完全にヘッドパーツ専用として使えるヒロイックな顔のヘッドと悪役っぽい骸骨顔のヘッドの2種類が付属しています。









monkaa
monkaa

そんな新規のヘッドを実際に使ってみるとこんな感じ。
デフォのロボから頭と一部を組換してますがガラッと印象が変わる感じですねー









monkaa
monkaa

こっちのヒロイックなヘッドではこんな感じに。
頭のサイドのツノは別パーツなので色々形状を変えられますが、これ一つだけでも数パターンのヘッドのバリエーションができそうですね。









monkaa
monkaa
monkaa

あと色々試してみましたが、どうもこれ1セットで非人型を作るのは難しいようで・・・
いや、できなくはないんでしょうけどボディを構成するパーツが少ないのに対して武装パーツが多いのでどうしてもパーツ同士の繋がりに限りがでてしまうんですよねー・・・
各パーツのジョイント凸凹もパーツによっては限りがあるので必ずしも自分の思った形状につなげることができるわけではないですし。

非人型のロボットを組み立てたい場合はこっちよりロボフォースシリーズを買うほうがいいかもしれませんね。









monkaa
monkaa
monkaa
monkaa

Spy Monkey Creationsに貼ってあった公式画像っぽく組み替えるとこんな感じ。

やっぱりウェポニア・オブ・モンカーのセットは人型な部分はいじらずにヘッドと手足の武装だけを組換したほうがバランスよくなりますな。
適当に体の各所に武装を配置し過ぎるとどうもまとまりがなくなっちゃうしなー

しかしこうしてみるとどのヘッドもうまい具合に体とバランスとれてて良いですね。









monkaa
monkaa
monkaa

ロボフォース系のキャラに武器パーツを追加するとこんな感じ。
元々のロボだけでは何か足りないなって場合や、ハンドレッドのナイフのように元々付属のものより旧ロボフォースっぽい武器が欲しいって場合に装備させてみるってのも面白いかもですね~

ロボフォース記事を既に読んでる人ならお察しですが、オールPVC製なのでこの時期だと温めないとジョイント差し込みが容易にできないので組み換え写真はこのくらいで・・・w









monkaa

ちなみにサイズ自体はロボフォースシリーズのベーシックサイズ系よりやや大きめ程度。
大きすぎず小さすぎずでなかなか良いんじゃないでしょうかね?









monkaa

ガイコツヘッドが気に入ったので最後はこの組み換え状態で写真を。


というわけでウェポニア・オブ・モンカーでしたが、セット内容自体はロボフォースシリーズとほぼ同等数のパーツ数入ってますし、全て新規パーツなので十分遊べます。
拡張パーツセットとしても、単体のフィギュアとしても十分な出来かなーと。
相変わらず品質もいいですしね。ジョイントも本体も緩い箇所やキツすぎる箇所がないですし、そしてなにより頑丈。

ただ今回はセット内容が武器多めでボディに使用できるパーツが少なく、どう組み替えても人型から抜け出せないのが難点。
非人型ロボを組み換えしたい場合はロボフォースを、人型でアニメチックな体型のロボを組み換えしたい場合はウェポニア・オブ・モンカーを。と、用途に合わせて買うのが良いかもしれませんね。
オリジナル組み換えに自信がなくてもヘッドのみ交換だけで何種類ものバリエーションが作れますし、ロボフォースへの入門編としてもいいかもしれません。


というわけでウェポニア・オブ・モンカーのレビューなのでした。




おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ROBO FORCE/ロボフォース | コメント:2 | トラックバック:0
201603042056
<<BONDICを手に入れたので色々トイを修理してみる | スタンド製作所 | Toyfinity ROBO FORCE CRUEL -ロボフォース クルーエル->>
この記事のコメント
 
201603050524
レゴのミニフィグ、当時中途半端に摘んでて後で綺麗に集め直したいとも思ってるけど今からだと初期の弾はちょっと厳しいかなぁ…
やっぱね、元が数百円のガチャだったりブラインドバッグのモンにウン千円も払いたくないというか…
ちょっと話は逸れるけどオクで見た立体ポケモン図鑑(ガチャ)のプレミアの付きようは正直眩暈がした


ロボフォースは旧ロボフォースのリメイクである分デザインに元ネタ再現という制約がありましたが
こちらはオリジナルデザイン、でなくても少なくともロボフォースとは無関係なデザインなので
ロボフォース用拡張パーツとして見ると目新しいパーツばかりで組み換えが捗りそうなのがいいですね
ただ頭部は武器兼用のは兎も角ヒロイック及びドクロ顔はロボフォースキャラのパーツには使いにくいかもしれませんね
2016-03-05 Sat | URL | さすりゅ~ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201603092010
>さすりゅ~さん

古いものでも結構残ってそうですが、意外と昔のミニフィグって国内だと出てこないんですよねー・・・
立体ポケモン図鑑は自分も調べてて驚きましたわ・・・ギャラドスで2万円もしてますしねえ;

ロボフォース単体だと物足りなかった人や、人型ロボを組み換えで作りたい人等にはこのセットがうってつけかもしれませんね~
新規武器パーツを使ってまだ単独キャラとして発売されてないロボフォースのメンバーを作ってみるのもおもしろいかもしれないですね。

ヒロイックヘッドとドクロヘッドの2つは他と違って頭パーツにしかならないので、ヘッドとして使うか余るかの二択でしかないっすね。。ロボフォース寄りのデザインでは無いので混ぜると見た目が浮いてしまうかも。
2016-03-09 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ