MARAUDER TASK FORCEでオリジナル3.75インチフィギュアを作ってみる
marauders

前回予告したとおり、今回はちょっと変わったものをご紹介ですよん!
3.75インチフィギュアやG.I.ジョー系フィギュアが好きな方は読んでおいて損はないかも!


というわけで今回は「MARAUDER TASK FORCEでオリジナル3.75インチフィギュアを作ってみる」と題したわけですが・・・


「オリジナル3.75インチキャラが作りたい!でも改造して作るには素体にカネがかかるしそもそも結構めんどくさい!」と最近思い、何かいい策はないものかと調べていると・・・"MARAUDER gun-runners"というサイトを発見したのがそもそもの始まりでして・・・

いや発見というか、存在自体はdieselpowerさんやキックスターターサイト、海外トイレビューニュースサイトなんかでチラッと見てたので知ってはいたんですがね。










marauder
(画像:MARAUDER Task Force のkickstarterページより)

MARAUDER gun-runners(マローダー ガンランナーズ)はそもそも3.75インチ(いわゆる4インチフィギュア)互換スケールの銃火器およびその他ミリタリー系アイテム小物を取り扱うショップサイトでして。
そんなMARAUDERショップが一昨年くらいからか売り出し始めたのが、MARAUDERオリジナルの3.75インチスケールフィギュア"MARAUDER TASK FORCE"。
G.I.ジョーを意識したであろうミリタリー系3.75インチフィギュアなのですが、デザイン等は全てMARAUDERオリジナルの製品です。元々はキックスターターにて出資者を募集してそこからスタートした企画のようです。
現在ではTASK FORCEの新製品をキックスターターで出資を募りつつ、公式ショップでもTASK FORCEのベーシックな初期バージョンを通販にて取り扱うようになってます。

ちなみに最近海外で話題になっているH.A.C.K.S.シリーズを手がけているBOSS FIGHT STUDIOがTASK FORCEのデザインに関わっているそうな。
どおりで完成度高いわけだ・・・


そんなTASK FORCEを見つけて、「へぇ~、面白そうじゃん」と思い調べてみると、これがまた沼が深かった!









marauder
(画像:MARAUDER Task Force のkickstarterページより)

MARAUDER TASK FORCEはパーツ互換によって装備を組み替えてオリジナル兵士フィギュアを作れるようになっているんですが、そのパーツバリエーションがすんごいの・・・!
素体だけは共通(カラバリあり)ですが、ヘッドパーツ、ヘルメット、ボディギア、ポケット、ホルスター、アーマープレートなどなど・・・ショップで現在扱われている初期タイプのものだけでそれぞれの装備にかなりバリエーションが有るのです。

上の写真はキックスターター募集時のベーシックなTASK FORCEシリーズのパーツの一部。
現在ではこれ以上に種類が増しており、おまけにカラバリもあり、銃火器アイテムに関しては元々ショップで売っていたのでそっちのバリエーションも多々あり・・・・

おまけにボディギアやハーネス、ボディ素体にはアンモポーチやアーマープレート、ホルスター、ナイフ、グレネードループなどをペグで取り付けできるのですが、取り付け穴とペグは全て共通なので、自分の好きな場所にパーツ取り付けが可能。


もうほとんどゲームでキャラクター装備をカスタムするような感覚で自由に装備を選び、組み換えして遊ぶことができるってわけですよ。
G.I.ジョー系フィギュアでも同じような組み換えは可能ですが、そもそも単価が高いのでパーツを集めて組み換えするのが大変だし、素体や装備は体型等の制約で合う合わないがありますしね。





と、まあ色々調べた結果購入意欲が高まり、これは欲しい!!と思ってきたので、実際にオリジナルカスタムでパーツを選んで1セット購入することに決めました。

単純に組み換え遊びで試してみたいという方はブリスターパック入りのセットが54ドルであるのでそっちを購入してもいいかもしれませんが、今回私はカラーや武装など全て1から組み合わせを選んで追求した1体を作りたい!と思ったので、各パーツをバラで購入することに。









marauder

バラで購入といっても、ヘッド無し素体が12ドル、ヘッドが2ドル、アクセサリーセットが5ドルなど、パーツ単品でも比較的リーズナブルなお値段なのでそこまで高くつくというわけではない感じ。

ということでほぼ余剰パーツ無しで17点選んで買ってみました。
合計$35.91現在レートでざっと3900円くらい。それに送料$12.95をあわせて総合計$48.86。
つまり日本円で送料込み総合計額5300円。あり?結構安くないかこれは?

仮にこれにさらに銃や装備パーツを追加したとしても、高くて数百円くらいしか変わらないので、1万円くらいかければ2セットは作れそうね。


そして注文して12時間くらいで発送されました。早い!どんだけ手際が良いんだ・・・









marauders

それからおよそ2週間くらいして、USPSで注文したフィギュアが届きました。









marauders
marauders
marauders
marauders
marauders

というわけで早速開封。

マローダーはブリスターパック入りのセット以外のバラ売りにはパッケージがないので、このように小分けの袋にパーツが入ってました。
画像は上から順に、素体、グレネードループとライト、ヘッドパーツ一式、ボディギアセット、銃。
ちなみに袋に※印が付いているのはマローダーズショップからの購入特典のボーナスパーツ。今回はヘッドパーツにとりつけるキャップとゴーグルが付属していました。









marauders

とりあえずヘッドと素体、ボディギアであるハーネスだけを組み、その他今回使用する予定のパーツだけを取り出してみるとこんな感じ。
実際はもっと余剰パーツや余分に買った銃があるんですが、とりあえず使う分はこんだけ。








marauders
marauders
marauders

そんじゃまず素体から見ていきましょう。

素体自体はARAHのG.I.ジョー現行3.75インチフォーマットをリスペクトしたアクションフィギュアとなっています。
基本的な可動率や可動ポイントはジョー系フィギュアとほぼおなじと考えてもらって構いません。
ジョー系フィギュアより多少可動域が広めなくらいで、あとはほぼ一緒。

今回はグリーンのカモフラージュカラーの素体を購入しましたが、カモフラージュパターンの塗装がすごい気合入ってる完成度ですな・・・
ジッパーも塗り分けられてますし、ボディの造形もかなり良いですし、フィギュアとしての造形レベルはかなり高めです。









marauders

さて、それでは実際に装備品を装着してみましょう!!

色々吟味してやった結果、私の考えたコーディネートはこういう装備になりました。









marauders
marauders
marauders

おおお・・・なかなかカッコいい!
自分の思った通りの装備を思った通りの位置に組めるのってすごく面白いですね。ブロックトイのように組み換えが簡単にはいかないですが、これはこれで楽しいです。









marauders
marauders

それでは、マローダーフィギュアのシステム面そして今回選んだ装備について解説していきましょう。

まず、マローダーフィギュアは記事の冒頭で書いたように、ボディやボディギアにあるジョイント穴にペグを差し込むことで装備を取り付けていきます。
このジョイント穴はあちこちにあり、かなり自由に装備の取り付けが可能になっています。
例えば、グレネードを足側面にとりつけたり、ナイフを肩のあたりに取り付けたり、ホルスターを胸にとりつけたり・・・なんてことも自由に可能。
上の写真では左胸にグレネードを取り付けています。

もちろん取り付ける場所によってはパーツ干渉を起こしやすかったりするので、動かして遊ぶ前提ならある程度装備を取り付ける箇所を選んだほうが良いかもしれません。

取り付け部分は5ミリ程度のPVC製パーツのジョイントなので、どうしてもパーツがポロりしやすかったり、取り付けにくかったりする部分もありますが、この辺は個体差ですね~・・・









marauders
marauders

marauders
marauders

それでは装備の解説に・・・

まずはヘッドパーツ。

今回はタクティカルヘルメットにマスク顔ヘッドという組み合わせにしてみました。
ヘッドもヘルメットも造形レベル高いなあ。これで素体とあわせても2千円いくかいかないかくらいの値段なんです。すげえ安い!

タクティカルヘルメットは額のプラグ部分が取り外し可能になっており、後に発売されるであろう暗視ゴーグル等のデバイスを取り付ける事が可能。
また、ヘルメットサイドにも取り付け穴があるので、後に色々ヘルメットに取り付けられるパーツが出てくるかと思います。
現状ではショップで販売されているパーツの中でヘルメットに装備できるものは特に無いようです。

また、マスク顔ヘッドはヘルメットに干渉せずうまい具合にかぶることができます。
ジョー等だとこういう特殊な形状のヘッドはパーツ干渉でヘルメットをかぶれなかったりすることが多いのですが、マローダーではその辺はちゃんと考慮して設計されているようで。









marauders
marauders

続いてボディギアとボディギアに取り付けることが可能な装備品について解説。

ボディギアはボディーアーマーやタクティカルベストなどがありますが、今回はハーネスを装備させてみました。
買ってから気づいたんですが、このハーネス・・・固定用のジョイントが小さい上にパーツがやや柔らかくて扱いづらいので装備させるのがすごい大変なんですよねー・・・個人的にはハーネス装備はあんまりオススメできないかも。

そんなハーネスのパーツ取り付け部分には、今回はグレネードを装備させてみました。
フラッシュバングレネード(閃光手榴弾)とスモークグレネードの2種類を胸と腰につけたわけで。









marauders
marauders

手榴弾系アイテムはこのように別売のグレネードループにグリップ部分を引っ掛けることで取り付けています。
一つのグレネードループにつき2つのグレネードを取り付けることが出来ます。
グレネードループの穴がやや小さめでキツく取り外しがめんどくさいのが難点。

グレネード系アイテムは手に持たせることもできるので、手に持たせて遊ぶ場合は持たせる用を、グレネードループに取り付けて装備させる場合は取り付ける用をと用途にあわせて複数買ったほうがいいかもしれませんね~

ちなみにマローダーショップで販売されているグレネード系アイテムにはグレネードループに取り付けられないものもあるようなので注意。









marauders
marauders
marauders

そしてこちらはホルスター、ナイフ、アンモポケットなど。

どれもフィギュア本体のジョイント部分に限らずボディギア等どこにでも取り付けることが可能です。

ホルスターはハンドガンのみ収納することが可能で、小さめのハンドガンを収納できる通常サイズのホルスターと、大型の銃を収納できる大きいホルスターの2種類があります。
アンモポケットは画像で背中に背負ってる2つ連結型のタイプや腰に付けてる小さめのタイプ、カゴ状になっており別売りのマガジンを入れておくことのできるタイプなど複数の種類があります。

ナイフは大サイズと小サイズがありますが、正直どっちもそこまで大きさは変わりません。。









marauders

ナイフは装備させるとこんな感じに。ちょっと地味ですが刃の部分も塗られてますし、結構しっかりした作りですね~












marauders
marauders

続いて、今回装備させてみた銃について解説。

今回は主装備として画像のアサルトライフル"COMMANDO-GMD"を装備させてみました。









marauders
marauders
marauders

このGMDがなかなかおもしろい仕様になってまして・・・

画像のようにGMD本体にスコープやグリップといったアタッチメントを取り付けることが可能なのです。
今回はGMD本体にスコープ、グリップ、レーザーサイトを取り付けています。

各アタッチメントは銃本体に開けられた1ミリ程度のジョイント穴に取り付ける仕様になっていますが、アタッチメントによっては外れやすかったりもします・・・
動かして遊ぶならパーツがポロリしないようにある程度取り付け具合を調節したほうがいいかもしれませんね。









marauders

ちなみにこのGMD、ストック部分の折りたたみも可能。

軽く言ってますがこれ3.75インチ対応の数センチサイズの銃ですからね・・・こんな小さいサイズにストックの折りたたみやらアタッチメントやら色んな要素を組み込んであるのはすごいことですよホント・・・









marauders

ちなみにアタッチメントはこの他にも色々あるので、スコープやフラッシュライトなど、自分の好きなようにアタッチメントパーツを取り付けることが出来ます。
ただし銃によっては取り付けれないものもあるようなので注意。あと、あくまでアタッチメントを取り付けられるのはアサルトライフル系アイテムのみです。










marauders
marauders

marauders
marauders
marauders

続いてハンドガン。

今回は大型のハンドガンであるストライカーオートマチックピストル(画像上)と、タクティカルオートマチックピストル(画像下)を装備。
どっちもなかなか良い具合ですね~ なお、特にギミックは無し。

タクティカルオートマチックピストルの方はガンメタルで塗装してあるので結構見栄えがいいですが、ストライカーの方は成型色まんまなのでちょっと見た目が安っぽいかも?つや消しでも吹けばもうちょい銃らしく見えるかな?

と、銃の紹介は以上のような感じで。









marauders

今更ですが、G.I.ジョーやマーベル系3.75インチフィギュアとマローダーフィギュアを並べてみるとこんな感じのサイズ差に。
ジョー系フィギュアの方がほんの少し小さめ?かもしれませんが、ジョーはキャラクターによって結構背丈が変わるしなあ・・・
なんにせよ、ジョーやマーベル系フィギュアともスケールとしては同じなので一緒に並べて遊ぶことができますね~



ということで、マローダーフィギュアは以上のように装備組み換えで遊べるフィギュアなわけでして。
ある程度装備のバリエーションは決まっているものの、オリジナル3.75インチフィギュアが作れると考えると結構面白いもんですよ~

3.75インチ系G.I.ジョーフィギュアが好きな方や、小さいサイズでジョーよりリアルなミリタリー路線のフィギュアが欲しい!って方にはうってつけかもしれませんね~









marauders

そんなマローダーフィギュアですが、買って遊んでみたらなかなか良かったのでさらに追加で色々買ってみました。










marauders
marauders

その結果マローダーフィギュアがさらにもう1体増えました

というのも、つい最近マローダーショップで「35ドル以上の買い物で特定のマローダーフィギュア(本体+ヘッド+ヘルメット+ボディギア)1セットを無料でプレゼント」という太っ腹なキャンペーンをやってたのでそれの特典フィギュアなわけです。









marauders

特典フィギュアの話はおいといて、マローダーショップではタスクフォース系フィギュアや3.75インチフィギュア対応の銃パーツの他にも様々な3.75インチフィギュア対応アイテムを扱っておりまして・・・

上の画像のような小型ビークルまで売ってたりします。









marauders
marauders
marauders


こいつは"ATVクアッド 4輪全地形対応車"だそうで。
3.75インチフィギュアが乗って転がし走行して遊べる小型ビークルなわけです。荷台もあるので貨物等を載せたりすることもできそうですね~

ちなみにこいつ1つで4.99ドル。日本円で言えば今の相場だと550円くらい。すげー安い!

安い分作りはチープなのかなあと思ったんですが、実際はそんなことはなく、塗装部分等は少ないもののかなりしっかりした作りになっています。









marauders
marauders
marauders
marauders

そしてこんなのも。

デュアルライフルターゲット。いわゆる射撃演習の的ですな。
左右独立してターゲットを倒したり起こしたりして遊べます。しかもこれ結構大きめなのよねー。

今回はライフルレンジセットを買ったので、1セットでターゲット、ガンラック、アンチマテリアルライフル等ライフル4丁、スタンド2つがセットになってました。
これで6.99ドル。およそ770円。









marauders

ちなみにライフルレンジセット付属のスタンドですが、こんな感じでパズルのピースのような形状になっており、前後左右に連結させて飾ることが出来ます。

また、ベースのジョイントは2つあり、片方はマローダーや3.75インチ系フィギュア等で共通のジョイント、もう片方の大きめのジョイントはOリングのG.I.ジョーに使用できるジョイントなんだとか。

一見安っぽく見えますがわりとずっしりした重さがあり、スタンドとして十分使えます。









marauders
marauders

全地形対応車や射撃演習セットの他にもこんな感じのパイプ椅子なんかも売ってたり。
この他にもマローダーズショップではミリタリー系3.75インチ対応小物が色々売ってます。ジオラマとか作るにはいいかもしれないっすね~









marauders

あと武器系アイテムも色々買いましたが、この辺は数が多のでちょっと省略。
クレイモアや棒形の手榴弾、グレネードランチャー、その他重火器なんかもあったりします。









marauders
marauders

こんなものも買ってみました。

M4のデラックスパックなんですが、上の画像のような感じで1セットにかなり色々なアクセサリーが付属しており、高倍率スコープやらアンダーバレルのグレネードランチャーやらサプレッサーやらストックやら色んな物を組換して遊べるというもの。
これ結構安定してて組み換えが面白いんですよね~

GMDのセットと違ってこれ1セットで複数のバリエーションに組み換えができるのが特徴ですね。









marauders
marauders

最後はオートマチックショットガンを装備した特典フィギュアでシメ。


ということで今回はマローダーフィギュアをご紹介しました。

ブロックトイのような組み換えというよりは、ゲームでキャラクターエディットをするように装備を自由に組み替えられるフィギュアなので、ミリタリー系ゲームをやってて「自由に装備や色を組み替えられるフィギュアが欲しい」って人にとっては嬉しいフィギュアかもしれませんね。
純粋に3.75インチフィギュアとして買ってもかなり遊べる完成度ですし、別売の銃やジオラマ系アイテムもかなり完成度が高いので、特にシリーズにこだわりが無いけど3.75インチ系の拡張アイテムが欲しい方にとっても重宝するかと思います。

フィギュアとしての完成度も素晴らしいですが、それ以上になんといっても全体的に値段が安いってのが嬉しい所ですよね~
フィギュアと銃等セットで一通り揃えても送料込みで5千円ですし、銃パーツだけなら5千円分買おうと思ったらかなりの量買えますよホント・・・w


そんなわけで、全体的にステマみたいな感じの記事になりましたがマローダーショップのフィギュアも小物もホントに色々遊べるので、気になったら買ってみてはいかがでしょうか?



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | カスタム&リペア | コメント:2 | トラックバック:0
201605202051
<<TRANSFORMERS TFSS 4.0 GRABUGE -トランスフォーマー TFSS 4.0 グラブージ- | スタンド製作所 | BOTCON 2016 TARANTULAS & RAVAGE -botcon2016限定 タランチュラス ラヴェッジ->>
この記事のコメント
 
初めまして。
201606042310
GIジョーの記事をよく拝見しておりますちろすけです。
今回のマローダー、とてもそそられたので初めての海外通販にチャレンジしてしまいました。
色々と大変でしたが、なんとか注文。
届くのが楽しみです。
カメオさん、ありがとうございます!
2016-06-04 Sat | URL | ちろすけ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201606100052
>ちろすけさん

こんにちは~
マローダーフィギュアのレビューが役に立ったようで何よりです。
マローダーシリーズはG.I.ジョー系フィギュアとの親和性がかなり高いので、きっと気に入ると思いますよ~
新作が出たらまたうちでもレビューしますね~
2016-06-10 Fri | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ