BOTCON 2016 TARANTULAS & RAVAGE -botcon2016限定 タランチュラス ラヴェッジ-
ravage

タランチュラス & ラヴェッジ

もう最近仕事の疲労で映画を見に行く元気すらなく・・・結局シビルウォーも未だに見れてないんですよね~
素直にDVDまで待つべきなのかしら・・・??

それはさておき今日はこいつらをレビューですよ。これでbotcon分はレビューし終えましたな。

というわけで、プレダカストライプレダカス評議会の3人に引き続き残りのボックスセットのトイのご紹介なわけで。
もうbotconからかなり日数経っちゃったので今更感ありますが・・・まあいいよね!?









ravage
ravage
ravage
ravage

まずはラヴェッジから。

トイとしてはコンバイナーウォーズのブレークダウンのリデコになります。
ビークルモードはスーパーカー。TFwikiいわくビークルモチーフはランボルギーニ・ディアブロらしいですが、そうかなあ?あんまり似てる感じもしないけど・・・逆に似せすぎてもダメか。









ravage
ravage
ravage
ravage

ブレークダウンの時とは違い、黒一色でかなり引き締まったデザインになりましたね。
なんとなくナイトライダーを思い出す・・・

ビークル時の塗装部分はホントに一部だけなのでやや手抜き感を感じますが、その代わり車体サイドにはディセプティコンそしてプレダコンのエンブレムが・・・!









ravage
ravage

ビークルモードでのギミックは転がし走行と車体上部に武器や合体パーツをつけれるくらい。
うーん・・・なんかブレークダウンの時以上に似合ってない気が・・・









ravage

ビークルモードは以上のような感じ。






それでは

トランスフォーーーム!!

ギゴガゴゴ・・・










ravage
ravage

トライプレダカスエージェント

  ラヴェッジ(RAVAGE)





ラヴェッジ

「十分色々なものを見てきたが、まだ自分自身は見ることができてないにゃ」

ラヴェッジがトライプレダカス評議会のテーブルに何か一つ持ってくる必要があるとしたら、それはディセプティコン集団の中で活動した数千年間の仕事結果だろう。
彼が見聞きしてきたものは、評議会の計画を進めるための貴重な情報源そして知識であり、大きな強みとなる。
今の姿へ彼がリフォーマットしたのは、ディセプティコンの一員であった頃に制限していた機能を開放し自由になったためであると噂されている。

現在では何年もトレーニングを続けたことで以前よりも更に優れた隠密性と潜入技術のレパートリーを得ることが出来た。
光学隠密術、完璧な射撃、そして鋭い心は彼の特徴である。
ラヴェッジは当時流行だったG-メタルが使われたブレードを携行している。現行規格とはズレており少々時代遅れな武器だが、ラヴェッジは新たなボディでの幅広いトレーニングを思い出すために好んでこの武器を使うのだ。
もしもある日今の武器より優れたレーザーガイド付きの武器を手にすることがあれば、今の武器は捨てるかもしれないが・・・



体力:6
知力:8
速度:7
耐久力:5
地位:8
勇気:8
火力:7
技能:10

(付属カードより意訳)



そしてロボットモードはこんな感じ。
顔は有機的な獣顔で体はまんまロボというTFとしてはなかなか風変わりな姿。









ravage

ちなみにコミックではトライプレダカスの命令により、反乱を起こすメガトロンを狙撃するという活躍を見せてくれましたが、出番はこれだけ・・・・







ravage
ravage
ravage

んで顔はこんな感じ。
有機的な顔してますが、成型色が黒い上にモールドが浅く、おまけに一部塗ってあるのでなんだか顔の造形がはっきりわかりにくい感じ・・・
違和感があるのはおそらくあんまりロボっぽい顔じゃないからでしょうな。
バイナルテックのラヴェッジみたく角ばった顔のほうが良かった気もしますね。

あと既に知ってる人は多いでしょうけど、変形時の収納スペースの都合で頭を横から見るとこんなにも薄っぺらくなってしまってまして・・・
さらにブレークダウンよりも首のボールジョイントが丸出しになってしまっているので、尚更見た目が悪いという・・・









ravage

頭のリデコにコストを使いすぎたのか、ロボモードでも塗装はわりと簡素な感じ。









ravage
ravage

最近のトイであるコンバイナーウォーズ製品がリデコ元なので可動は十分できるんですが、リデコ元のブレークダウンの時点で膝から下のパーツがデカくて可動させにくかったり、股関節の軸があまり開かなくて可動域をあまり確保できなかったりと結構気になるところがあったので、ラヴェッジもその性質をそのまま受け継いでしまっています。

決して「全然可動して遊べない!」ってわけじゃないですが、同じスタンティコンメンバーや他のコンバイナーウォーズ系と比べるとやや遊びにくいかなという感じ。









ravage
ravage
ravage
ravage
ravage
ravage

そして付属の武器はこんな感じ。
カードのbioに書いてあった「Gメタルが使われたブレード」ってこれの事でしょうね。
持ち手が2箇所あり、持たせる場所によって銃としてもブレードとしても装備できるのが面白いところ。









ravage

ちなみにロボモードでは合体パーツをこのように背中に背負うことが出来ます。これ余剰がでなくてすごいいいのよね~









ravage
ravage
ravage
ravage

体に対して顔ちっさいのかなあ?なんか見た目にやっぱ違和感あるよね。









ravage

というわけでラヴェッジのレビューでした。

可動面に関してあまり出来がよくなかったブレークダウンの性質をそのまま受け継いでおり、なおかつ新規造形のヘッドの出来がイマイチなので全体的にすごくクオリティが低く見えてしまいますね・・・
造形やデザイン面でいえばボックスセットの中でもダントツでオススメできません・・・

ただ変形や可動は問題なく遊べるので、トイとして出来が酷いというわけではないんですけどねー




-------------------------------------------------------





botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

続いてタランチュラス。

トイとしてはコンバイナーウォーズのルークのリデコになります。
ビークルモードは装甲車。リデコ元のルークではSWATのロゴが入ってSWAT仕様の装甲車になっていましたが、タランチュラスの方は特にそういったロゴは入っていません。プレダコンのエンブレムが入ってるくらいかな。









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

意外にも全体的に細かく塗り分けがしてありますね~
おかげで装甲車なのになんかカラフル・・・w









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

ビークルモードでは付属の武器を取り付けることが可能。
武器といっても機銃とかじゃないのでなんかリアル装甲車とは程遠い見た目になってしまいますが・・・









botcon-tarantulas

と、まあこんな感じかしら。



そんじゃ再び

トランスフォーーーム!!!

ギゴガゴゴ・・・









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

プレダコン秘密警察
 タランチュラス(TARANTULAS)





プレダコン タランチュラス

「オートボット?ディセプティコン?ヘヘハハハハ!!アタチはどっちもうんざりっス!」

基地の道の暗闇から這い出てくる秘密警察のメンバーであるプレダコン タランチュラスは、トライプレダカス評議会の隠されたエージェントの1人だ。
彼はグレートウォーを記憶しているほど古くから働いている。
素晴らしく捻くれた性格のプレダコン タランチュラスは評議会メンバーの巨大な計画を進める鍵であり、彼らが必要とするコンバイナー技術の作成に役立つのだ。
そして、不平不満を言うプレダコンの悪党の集団の存在もトライプレダカスの長老たちの需要を満たす存在でもある。

プレダコン タランチュラスはセイバートロニアン達のスパークに即座に麻痺を引き起こすセイバートキシンを含んだ奇妙な武器を用いる。
その二重に尖った先端は彼自身がデザインしたものであり、プレダコンの中のエリート科学者としての評判を維持するため、そして評議会のメンバーより一枚上手に出る事を意識して作ったこだわりである。

体力:6
知力:10
速度:7
耐久力:9
地位:8
勇気:5
火力:6
技能:10

(付属カードより意訳)



ロボットモードはこんな感じ。

ビーストウォーズのタランチュラスといえば細身のイメージでしたが、今回は結構ゴツい感じに。
これには理由がありまして、botconトイのデザイナーいわく「秘密警察だから反乱分子を鎮圧するためにライオットスーツを着ているイメージ」だからだそうな。
なるほどなー

ちなみにデザインとしてはビーストウォーズではなくメタルスの方のタランチュラスをモチーフにしてるようです。









botcon-tarantulas

コミック中ではメガトロン率いるディセプティコン残党にスパイとして潜入しており、トライプレダカスの3人の指示を受けて色々暗躍してました。でも出番は少ない・・・w
コミックの最後ではこんな感じで任務の成功を祝ってラヴェッジと祝杯を上げてるので、二人は案外仲がいいのかも?









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

顔はこんな感じ。

タランチュラスらしい顔に仕上がってますな~
塗り分けも細かくて非常に良い感じ!









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

ロボモードでも体の塗り分けは非常に多く、タランチュラスらしいカラーリングに仕上がってます。
腕なんかは一見成型色そのまんまのように見えて、表面には色が塗ってあるという細かさ。同色系なのでやや見分けづらいですけどね・・・









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

一見可動率が悪そうなタランチュラスですが、意外にもかなり可動できます。
おまけに足首は横に可動できるので接地性も抜群。









botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

武器はこのように拳の先端に取り付けて装備させることが出来ます。
拳のモールドはあるんだけど、そのまま手に武器を持たせることは出来ません。あくまで拳の先に取り付けることだけが可能なわけです。

botcon-tarantulas
botcon-tarantulas
botcon-tarantulas

同じくコンバイナーウォーズのボムシェルも拳の先が銃口みたいになってたけど、このデザイン流行ってんのか・・・?
ただ武器を手に持たせるよりは非現実的でロボットらしいので似合ってるといえば似合ってるんですが・・・









botcon-tarantulas

リデコ元のルークでも同じでしたが、このように合体用パーツを拳の先に取り付けることで巨大腕にすることも可能。
タランチュラスでやっても特に意味は無さそうですが・・・まあタランチュラスの発明の一部と考えればアリ?









botcon-tarantulas

ラヴェッジよりは格段に完成度が高いタランチュラス。というか、タランチュラは今回のボックスセットの中でダントツの完成度な気もするなあ・・・w









botcon-tarantulas

ということでタランチュラスでした。

可動も変形もなかなか凝っており、武器を拳の先に取り付ける特殊なデザインなおかげでトイとしてキャラも立ってますし、総合的に見てかなり完成度の高いトイに仕上がってます。
あくまでコンバイナーウォーズシリーズのリデコなので基本的な可動率は他とほぼおなじくらいですが、やはり足首の可動の有無で全然印象が変わってきますね~
やはり動くに越したことはないですな。

リデコで新造されたヘッドはすごくタランチュラスの顔の再現度高いですし、塗装部分も多くカラー面も非常に優秀です。
わりと真面目に非の打ち所がない・・・w

ボックスセットのキャラを単体買いする予定の人がいるのなら、このタランチュラスを真っ先にオススメしますw



というわけでながーくなりましたが、botcon2016ボックスのレビューは以上。
次回はTFじゃないものをレビューしましょうかね?

おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Botcon限定/other exclusive | コメント:2 | トラックバック:0
201605172101
<<MARAUDER TASK FORCEでオリジナル3.75インチフィギュアを作ってみる | スタンド製作所 | TRANSFORMERS TFSS 4.0 NEEDLENOSE -トランスフォーマー TFSS 4.0 ニードルノーズ->>
この記事のコメント
 
201605190201
当時品のメタルスジャガーの頭部造形が余り劇中と似てなかったので発表当初は嬉しかったのですが
実物は結構ガッカリなようで…「平面ジャガーのラヴィッジ」「ガムを噛んで吐き捨てたような造形」と手に取った人の評価も散々でしたし
しかし単体では微妙でもこのジャガー無くしてプレダカスは完成しないのもまた事実、言わばCW版ブラストオフのような存在でしょうか

ラヴィッジの手足パーツはリデコ元のCWブレークダウンに入っていた物と同型(ボックスアートではラムホーンに付いてた物)のを使えば
ロボットモードでもビークルモードでも5mmジョイントを使わずしてフィットさせる事が出来ます
しかしUWメナゾールではCWブレークダウンの手足パーツが入っていないので出来なくなってたんですよね…



タランスはTCCでプレビースト玩具が出たばかりなので異常に早い再登場ですね
プレビーストなのにビーストをスキャンした後になった筈のメタルスカラーってのも時系列的によくわからないですし
しかしタランスが評議会やユニクロンと繋がっている事が明らかになったのがメタルスでの出来事なのでメタルスカラーの方がしっくりくると言えばしっくりくる

今でもメタルスタランスのビークルはバイク、故にベースはUWグルーブがよかったと思っているのですが
玩具としてはCWルーク型って完成度高いんですよね。日本で通常販売されてないのが勿体無さ過ぎるくらいに
両手の5mm穴にTCCタランチュラスのマイクロンを付けても面白いかも。メタルスタランスの腕はクロー状じゃなかったけども
2016-05-19 Thu | URL | さすりゅ~ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201605202112
>さすりゅ~さん

宣材写真ではわりとマシに見えたんですが、実際はなんだか微妙な感じでした・・・
同型のブレークダウンに比べて頭自体が小さいのに加え、中途半端に有機的な顔にしたおかげなんでしょうけどね~個人的にはそれに加えて首のジョイントがむき出しなのが尚更カッコ悪さを際立たせてる気がしますね。

ラヴェッジも合体パーツそのまま取り付けできるんですね~初めて知った・・w
隠しギミックってわけではないですが、5ミリジョイントとは別に合体パーツを取り付けできるギミック(オフロードもそうでしたが)ってなんか地味なのであってもなくてもあんまり・・・って感じもしますね。
コンパクトにまとめるにはちょうどいいギミックですけどね~

メタルスタランチュラスをベースにしたのはおそらくTFSS版とのカブりを避けるためなんでしょうけど、確かに時系列的にはなんだかぐだぐだですね。メタルス化して本来姿であるbotcon版デザインに近づいた・・・と考えられなくもないですが、後付け設定ですからやっぱ矛盾は色々出てきますよね~・・・;
確かにグルーブ型でも似合いそうですね。そう考えると結構色々なタイプのボディにタランチュラスって似合うのかもしれませんね。
2016-05-20 Fri | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ