vitruvian H.A.C.K.S. skeleton -ウィトルウィアン ハックス スケルトン-
skeletons

スケルトン(SKELETON)

猛暑と仕事で休みが削られるというダブルアタックでぶっ倒れそうですが、そんな時にハックスシリーズが届きました・・・!
トップ画像はなんか色々構図が面白いスケルトンのヘッダー。

と、いうわけで。本日は新作のこいつをレビューしましょう。
仕事疲労で頭が回らず記事内容が若干薄いですが、このフィギュアの良さは伝わる・・・はず・・!

skeletons

てなわけで本日のレビューはboss fight studio製のvitruvian H.A.C.K.S.シリーズよりスケルトンでござんす。

ハックスシリーズは前回レビューしたアンデッドウォーリアーとリングネックゴーゴンのセットで解説済みですので省略。

スケルトンは一応ハックスシリーズではあるものの、前回のアンデッドウォーリアー達のようにシリーズのストーリーにかかわるキャラクターではなく、あくまでハックスシリーズのフィギュア素体シリーズのうちの1体。
よって、特にキャラクター説明などは無く、パッケージもこんな感じのソフビのような袋入りパッケージになってます。









skeletons
skeletons

そんでもって肝心の中身。

言うまでもなく3.75インチのガイコツのアクションフィギュアなわけですよ。









skeletons
skeletons

顔はこんな感じ。

そのまんまの頭蓋骨ですな。
デフォルメしたデザインではなく、理科室の骨格模型のようなリアル寄りのデザインって感じですね~









skeletons

ちなみに顎が可動するので口の開閉ができます。









skeletons
skeletons
skeletons
skeletons

ちなみに全身の造形はこんな感じ。

かなりリアルに人間の骨格を再現してます。ガイコツ系アメトイでここまでリアルなものって過去に無かった気がしますね~
塗装は一切ありませんが、その分造形の造りこみ具合でリアルさが出てますね。









skeletons

さて、アクションフィギュアというからには可動しなきゃ意味が無いわけですが。
こいつの可動がまたすごいのよ・・・!









skeletons
skeletons
skeletons

ご覧のとおり。

スーパーヒーロー着地、正座、しゃがみポーズとなんでもできるんだこれが・・・w

というのもガイコツなので手足が細く、おまけに可動に干渉するものが一切ないので可動域が物凄い広いのです。
足首は横にも曲がるタイプなので接地も抜群ですし。

今でこそガイコツのアクションフィギュアといえばリーメントのポーズスケルトン、海洋堂のリボルテックの骸骨、同じく海洋堂のドクロマンなど色々ありますが、今回のハックスのスケルトンはそれらに負けず劣らずかなり可動しますよ。









skeletons

海洋堂のドクロマンと比較。

漫画チックなデザインのドクロマンと並べるとかなり対照的ですね~
個人的にはドクロマンの方はプラ素材かつパーツが細かく分かれすぎて可動しにくいので、やっぱりハックスのスケルトンの方が個人的に好きかなあ。









skeletons

ジョー系フィギュアと比較。

ジョー系フィギュアよりスケルトンの方が一回り小さいですが、実際に人間の骨格サイズとすればこのくらいのサイズ比が一番合ってるんじゃないでしょうかね?









skeletons

今回のスケルトンは基本的には本体のみで武器等は一切付属しません。
その代わりに自立用台座とちょっとしたパーツが付属するわけで・・・










skeletons

スケルトンに付属するこのパーツ。一体何のパーツかというと・・・









skeletons

こんな感じで足にはめて・・・









skeletons

台座に取り付け!

そう、台座に取り付けるための補助パーツなのです。

スケルトンは足裏の穴が無いので、この補助パーツを使わないと台座に取り付けて立たせることができないのです。
一応自立もできますが、やや不安定なので台座はあったほうがいいですね・・・









skeletons

しかしまあスケルトンだけあっても遊べないじゃん。なんか武器か何かないとね・・・・









skeletons
skeletons

と、付属品でお困りの方にはこちら!同じくハックスシリーズの武器セットでございます!

これは素体なしの装備や武器オンリーのアクセサリーセットなわけでして。スケルトンと同じく無塗装の製品です。
何種類かカラーがあり、カラーによってセット内容も色々かわるんですがその辺はboss fight studioの公式通販で確認してみてください。









skeletons

中身はこんな感じ。
今回はブラックカラーのアクセサリーセットにしたので、全て黒成型色の武器や装備ばかり。
どの装備も他のハックスシリーズのフィギュアと互換性があるので、スケルトン以外にもスパルタンやゴーゴン、その他素体シリーズにも武器や装備を取り付けることができます。

それでは早速この装備をスケルトンに取り付けてみましょう。









skeletons
skeletons

膝当てや篭手、ボディアーマーなどの装備は手足や胴につけていくだけですが、スケルトンは他のハックスシリーズのフィギュアよりも体が細いので、画像のように脛当と足の骨の間に大きく隙間があいてしまいます。
一応固定はできていますが、触っていると脛当が左右にズレてしまいがちです・・・









skeletons

そんな場合に使用するのがスケルトンに付属していたこのパーツ!

これはいわば装備の補助用取り付け具なわけでして。足にこのように装着して脛当などを装備させると安定して固定させることができるというわけ。









skeletons

ちなみに腕には腕用の取り付け具もあります。
これを付けてれば篭手パーツもズレないというわけ。









skeletons
skeletons

てなわけで色々装備させてみました。

普通の素体ならどの装備もピッタリと取り付けられるんでしょうけど、スケルトンは全体的に細身なのでやはり装備の取り付けがやや不安定ですね・・・ある程度は固定できますが装備パーツによってはずり落ちたりすることもしばしば。









skeletons

しかし良い具合に骸骨戦士っぽくなるので、やはり装備はあるに越したことはないですね。









skeletons

ボディアーマーの方も装備してみましたが、こっちはちょっとブカブカすぎる・・・
外れやすかったりすることはないので安定はしてるんですが、若干似合ってない気が・・・w









skeletons

ちなみに今回スケルトンはパープル色のものも買ってましたが、こっちは幽霊風でなかなか面白い感じ。
武装はシルバー色のアクセサリーセットを買ってそこから取り付けてみました。









skeletons

ボディアーマー等を装備していると重くなるので台座無しではほぼ自立できません。
まあこれは仕方ないよね・・・









skeletons

ちゅーことでスケルトンのレビューでした。

骸骨のアクションフィギュアとしては造形面も可動面も非常に優れており、ホントに申し分ない出来です。
塗装が一切なく成型色そのまんまですが、それでも造形の完成度の高さと可動率の高さで十分カバーできてると思います。

武装類は別売ですが、人型のハックスシリーズと同じ装備を取り付けることができ、骸骨戦士のようなモンスターキャラとして仕立てあげることもできるというのは面白いところですよね~
ただの骸骨のアクションフィギュアで終わらないところがハックスらしく、そしてプレイバリューも高くて素晴らしいです。


そういえばboss fight studioの通販以外でも国内だとノンストップでハックスシリーズの取り扱いが始まったみたいですね。
気になった人はぜひぜひ買ってみてください~



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | vitruvian H.A.C.K.S. | コメント:2 | トラックバック:0
201607062125
<<TRANSFORMERS TFSS 4.0 WINDSWEEPER -トランスフォーマー TFSS 4.0 ウィンドスイーパー- | スタンド製作所 | [ミニレビュー]STAR WARS LEGACY COLLECTION BUILD A DROID DARK TROOPER PHASEⅢ -スターウォーズ レガシーコレクション ダークトルーパー フェイズⅢ->>
この記事のコメント
 
レビューお疲れ様でした。
201607081104
私はドクロマンだけ所有してます。やや関節弱めで遊びにくいのが難点でしょうか(といってもガチャですしね)。

おっしゃる通り最近は骸骨多いですねー。
ですが、今回レビューされたモノが抜群にデキがよいみたいです。
ちょっと手を出してみたい誘惑にかられちゃいます。
2016-07-08 Fri | URL | ちろすけ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201607122026
>ちろすけさん

ドクロマンは可動域は広いもののあくまでプラのボールジョイントなので保持力がイマイチですよね・・・
肩ジョイントは肩甲骨から可動するようになってますし、そのあたりも含め若干扱いづらい感じがしますね。

骸骨系フィギュアはドクロマンやポーズスケルトン等色々触ってきましたが、今回のスケルトンはなかなかに安定して良い出来ですよ~
可動や造形はもちろん良いですが、ハックスシリーズと装備を共有してオリジナルの骸骨戦士のようなものも作れるってのが個人的に面白いところですね~
2016-07-12 Tue | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ