G.I.JOE JOECON 2016 COBRA NIGHT VULTURE -G.I.ジョー JOECON限定 ナイトヴァルチャー-
nightvulture

コブラ A.D.D.E.R.S.トルーパー


ナイトヴァルチャー(NIGHT VULTURE)

ついに・・・ついにPS4を買いました・・・!
「いい加減そろそろ欲しいな・・・」と思いつつ、値段も高いですし買うのをずっと渋ってたんですが、No man's skyなるソフトが出ると聞いて居ても立ってもいられなくなり本体を購入したわけです。
お値段なんと36000円(中古美品・1TB)!botcon箱より断然安いにもかかわらずなぜかすごく高い買い物をした気分に・・・いやいや、十分高い買い物には違いありませんが;
ちなみにNo man's skyは8月25日本日発売なのでまだソフトは未入手、とりあえずソフトを手に入れるまで先週からPS4はただのDVD再生機としてしか動いてません・・・w

そんな余談はともかく、お待たせしました。今日は今年のJOECON限定品のレビューですよっと。
うん?よく見たらトップ絵の文字の最後のEが抜けてる・・・ミスった;

"コブラ A.D.D.E.R.S. トルーパー"
コードネーム:コブラ ナイトヴァルチャー

ファイル名:様々
主要軍事専門分野:空中偵察兵
二次軍事専門分野:空挺歩兵
出身地:様々

コブラ ナイトヴァルチャーはA.D.D.E.R.S.(Aerial Deployment Daredevil Elite Recon Squadron:無鉄砲空中戦エリート隊)に所属する隠密空挺作戦と偵察のスペシャリストだ。
彼らに公式のグライダートレーニングは与えられない。この隊の志願者達は地上から5マイルの高さからサメのいる海へグライダーを付けて落とされるのだ。
この試験に合格したものは公式のユニフォームを与えられ、ドロップアウト時の私物の所持が可能になる。

コブラ ナイトヴァルチャー達はグライダーの扱いに長けており、最低でも5マイルの高さからグライダーで降下し偵察するのが最も効率が良いと知っている。
彼らはグライダーで静かにそして広範囲に展開可能であり、簡単には捉えられないほどずる賢い。
彼らは生き残るための粘り強さを証明したが、結局は彼らが盗むことの出来る物と同じくらい貴重であると思われるだけであった。
彼らの高い忠誠心はブラックヴァルチャーの報復への恐怖から湧くのである。

「俺たちはお前の骨を拾いあげるのが待ちきれないぜ!」

(付属カードより意訳)



さて、そんなわけで今回のレビューは今年のJOECON限定品よりナイトヴァルチャー。

今年のJOECON限定フィギュアのテーマは"SKY PATROL(スカイパトロール)"ということで、1990年代発売のOリング版G.I.ジョーの同名シリーズを元に現行フォーマットへリメイクされたフィギュアが発売となりました。

ジョー側のラインナップはもちろん当時のスカイパトロールチームのキャラクター達が主なんですが、対してコブラ側のキャラクター達は1991年発売のエアコマンドやインターナショナル版G.I.ジョーを元にしたキャラクター達がラインナップされました。


そして今回レビューするナイトヴァルチャーは、元ネタは1991年発売のグライダー付きフィギュアシリーズ"AIR COMMANDOS(エアコマンド)"にて発売された同名キャラ。
エアコマンドシリーズは紙飛行機のように実際に飛ばして遊ぶことの出来るグライダーにフィギュアを取り付けて飛ばして遊ぶことの出来るシリーズだそうで。




さすがにリメイクされた今回のフィギュアでは当時のようなグライダーは付属しませんが、代わりにグライダーユニットとして装備の一部に反映されました。

ナイトヴァルチャーはフィギュアとしてはv2にあたります。
現行フィギュアフォーマットとしては初の立体化ですな。









nightvulture
nightvulture

今回のナイトヴァルチャーはv1版のデザインをかなりうまく再現できてますね~
どことなくニンジャっぽい?









nightvulture
nightvulture

顔はリタリエーションのコブラトルーパー、ステルスパラトルーパーらと同じタイプの顔。









nightvulture
nightvulture
nightvulture

体の塗り分け部分は意外と少なめ。ほとんど成型色の違いだけですね。

腕にはグレネードがとりつけてありますが、固定されているので外したりはできません、完全に飾りです。









nightvulture
nightvulture

でもって気になる可動ですが、まあ可動は良くもなく悪くもなく普通って感じ?
可動に干渉するパーツはほぼ無いんですが、かといって可動域が広いわけではないのでものすごく可動するといった感じでもなく。
それなりにポージングはできます。









nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture

続いて武器の紹介。

まずはナイフ。
2本で1セットになっており、片方のナイフには取付用ジョイントが。
ジョイントが無い方のナイフの穴に重ねてクロス状に取り付けることで胸にナイフを装備することが出来ます。

一応一本だけでも胸に装備可能ですし、ベストの右胸にある隙間にジョイントが無い方のナイフを差し込んで収納することも可能です。









nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture

つづいてボウガン。

物自体は良いんですが、残念なことにナイトヴァルチャーには手首の上下左右可動が無いので、微妙な角度でしか持つことが出来ません・・・手首の回転可動はあるんだけどね。
なんか構えるようなポーズもしにくいし、かといって両手持ちもできないし、非常に扱いが困る武器かも・・・w









nightvulture
nightvulture
nightvulture

そして最後にグライダーユニット。

リタリエーションのダークニンジャでも使われていたグライダーユニットですな。
折りたたみが可能で、折りたたんだ状態から背中のボタンを押すとグライダーを展開します。

グライダーにはコブラエアフォースのマークが入ってますね~









nightvulture
nightvulture

グライダーは背中だけでなく手と足首に取り付けて装備させます。
手はグライダーのグリップを持たせて、足首はグライダー下部の輪っかを取り付けるという仕組み。









nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture

手足を固定するわけなので、グライダーは手足にとりつけた状態にすると可動はほぼできません。まあそりゃそうよね。

ダークニンジャでのグライダー装備はなんだかイロモノ感がすごかったんですが、ナイトヴァルチャーが装備すると普通に軍用装備っぽくてカッコいいですね~
ちなみに頭部はかなり上を向けるので、滑空状態を綺麗に再現できますね。









nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture
nightvulture

はたして実際の所グライダーを装備したまま片手で武器を持てるかは知りませんが、グライダーを付けたまま武器をもたせるとそれなりに形になりますね。
これはなかなかカッコイイかも?









nightvulture

そんなわけでナイトヴァルチャーのレビューでした。

可動に関しては普通、装備も少ないし手首が回転可動しかないので武器を構えにくいなど本体自体はやや他に劣るかもしれませんが、グライダーを装備させるとなかなかカッコよくなるのが面白いところですね~
あまりにイロモノ装備過ぎて今まで全く興味の湧かなかったグライダー装備でしたが、こうやって色もキャラも綺麗にまとまるとカッコよくなるのは正直意外でした・・・w

グライダーは背中のジョイント穴に差し込んで取り付けるんですが、個体差なのか元からなのか取り付けジョイントが甘く、グライダーが外れやすいのが唯一の残念な箇所です。
それ以外には問題なく遊べるのでそこまで気になるほどではないかと。










nightvulture

次回更新になるかどうかはわかりませんが、次のジョー系アイテムのレビューでは残りのA.D.D.E.R.S.のメンバーをレビューしましょうかね。
特にフライングスコーピオン。こいつはなかなか面白い背景を持っているんだよなあ・・・






おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | JOECON限定 | コメント:2 | トラックバック:0
201608252113
<<マローダータスクフォースの日本発売が決定しました! | スタンド製作所 | TRANSFORMERS TFSS 4.0 BLUDGEON -トランスフォーマー TFSS 4.0 ブラジオン->>
この記事のコメント
 
こんにちは。
201608271518
レビューお疲れ様です。

このボディは確かにニンジャっぽい人によく使われてますね。
廉価版のスネークアイズとか。私にとっても見慣れたボディです。

おっしゃるとおり「可もなく不可もなく 」なボディなので、いじりやすいと思います。そのせいか、私もけっこう遊んでる気が…。
ややキツいマローダーのハーネスもこのボディに装着可能です。ブカブカですけど許容範囲かと。ベルトの位置が下がるのでヒョロっとした足もカバーできてるのかな。

それにしてもこのカラーリングはGiジョーならではですよねえ…。
2016-08-27 Sat | URL | ちろすけ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201608280116
>ちろすけさん

ニンジャ風ボディですがナイトヴァルチャーには意外と合いますよね。色味と装備が加わってより一層v1ナイトヴァルチャーっぽくなるのも面白いところですね~

これといって可動や造形が秀でてるわけではないですが、付属品も少なめですし通常のジョー程度の可動率ですし、こういうのが一番扱いやすくて取り回しが良いかもしれませんね~
それに見た目かっこいいので、なんとなく弄ってても様になりますよね。
確かにマローダーのハーネスも似合いそう・・・

現行フォーマットのジョーでは少なくなりましたが、水色とか黄緑とかのキャラもありますからねえ;
変な色のキャラを見続けてるとまだナイトヴァルチャーの方がまともなカラーに見えてきます・・w
2016-08-28 Sun | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ