キックスターターに手を出してみよう
最近プラモ作ったりゲームしたりしてダラダラしててレビュー書いてないので、今日は書き貯めしてたタメになりそうな記事を投下しましょう。

題して「キックスターターに手を出してみよう

今話題のキックスターターで新作アメトイを手に入れる方法をダラダラ書いてますので、手を出してみたい方はぜひ参考になさってください。
ということで今回はキックスターターに手を出してみよう!ってわけで。

前回の"アメトイに手を出そう -実践編-"では海外ショップでの通販方法をご紹介しましたが、今回はそれとはまた違った方向性のお話。
(※今回の記事では記事執筆時点でのキックスターターwebページを用いて解説していますが、今後アップデートなどによって現在のキックスターターwebページとは仕様が変わるかもしれませんのでご注意ください。)



kick

まず「キックスターターとはなんぞや?」という方へ軽く解説。

うちのブログでは何度か"キックスターター"についてのお話をしてるかと思いますが改めて説明すると、キックスターターとは事業や商品などを企画して出資者を募るというクラウドファンディングサービスなわけでして。

例えば「こんなフィギュアを考えつきました!製品化したいです!」という人がキックスターターでプロジェクトを立ち上げ、それに賛同する人達が出資を行い、プロジェクト出資合計額が目標金額までいけば企画者は出資されたお金を受け取り、それを元手にプロジェクトを進めるという、そんな感じの流れなわけです。


最近ではvitruvian H.A.C.K.S.やマローダータスクフォースといったキックスターター出身のフィギュアシリーズが増えてきており、キックスターターが新たなアメトイが育つ土壌となりつつあります。
そんなキックスターターを見ていると、欲しくなるようなフィギュアの企画が一杯あるわけですよ・・・!


キックスターターはあくまで出資金を集めるプロジェクトなわけであって、フィギュアを売るストアでは無いんですが、フィギュア系のキックスタータープロジェクトではほとんどの場合「○ドル以上の出資でこのフィギュアが貰えます」といった感じで、出資者には報酬代わりに新作フィギュアが送られる事が多々あります。

ってことはつまり、キックスターターで出資しておけば最新フィギュアをいち早く手に入れる機会があるというワケ!







kick

そんな私が気になるキックスターターのフィギュア製作企画の一つがこのイーグルフォースリターンズ。
(※現在ではイーグルフォースリターンズのキックスターター募集期間は終了しています)
昔発売されていたアクションフィギュア「イーグルフォース」を現代のアクションフィギュアとしてリメイクしようという企画なわけでして、海外トイ系ニュースサイトでも時々取り上げられるほど注目度の高いシリーズなわけです。

これはぜひ商品化したら欲しい!と、思ったので、報酬のフィギュア目当てで実際にキックスターターで出資してみましょう。




さて、ここからが本題。

これから実際にキックスターターのプロジェクトへ出資するわけですが、出資前にちゃんと覚えておいておきたいことがいくつかあります。

・あくまで出資であって、ショップでの買い物ではないということ
出資すれば報酬として製品が貰えたりしますが、これはあくまでプロジェクトへの出資です。企画が目標金額まで集まらなければプロジェクトはコケて中止になりますし、仮に目標金額が集まってプロジェクトが成功しても途中でプロジェクトが中止になる場合もあります。つまりは、出資金がパーになる場合もあるということ。
(※出資したプロジェクトが目標金額に達しなかった場合は出資金の引き落としはありません)
出資する場合はあまり大金をかけず、戻ってこなくても平気というくらいの額で抑えておくのが無難かもしれません。まあそんなに頻繁にプロジェクト中止になるようなことはないかと思いますが・・・
出資する場合は事前にプロジェクトの概要や企画者の過去の企画の成功度合い、キックスターター企画立ち上げの時点でプロジェクトの製品がどこまで完成しているのかなどを目安にして出資すると良いかもですね。
フィギュア系企画で言えば出資者募集期間中にサンプルまで完成してれば「企画者はやる気があるんだなー」ってのがわかりますし、逆にCGイメージ程度のままストップしてるような場合は「怪しいなあ・・・」という具合にプロジェクト企画者の動向を見ることも出資の目安にすると良いかと思います。


・目標金額達成後も自分で手続する事が色々ある
出資金を出しておけば終わりというわけではなく、プロジェクトが目標金額を達成した後には報酬の届け先やアドオン(※)の有無など自分でいくつか手続きをしなければならない部分があります。
また、アドオンを追加すれば別途代金が発生します。
折角プロジェクトが成功してもこの辺の手続きをしてないと単に出資しただけで終わってしまうので注意。
また、手続きは全て英語なのでその辺はある程度覚悟しておく必要があります。とはいえそこまでややこしくはないので英語があまり読めなくてもわからなくもないかと。

アドオンとは、キックスターター企画における追加報酬です。具体的に言えばプロジェクト成功後の出資額と報酬とは別に、追加で代金を払えば個別に報酬の商品が買えるというもの。
欲しい報酬が複数ある場合はどれか1つを報酬に選択し、残りはアドオンとして個別に買うという事も可能です。


・気長に待つ
プロジェクトによって様々ですが、だいたい企画が成功して報酬を受け取るまで1年かそれ以上の時間を要する場合が多いです。
2016年の春頃に出資したフィギュア企画では報酬が届くのが2017年の春でしたし、他の企画では報酬が届くのが2年先だったりとか。
これ以上時間がかかる場合が多々あるそうなので、出資後は気長に待ちましょう。









kick

それでは早速出資してみましょう。
各プロジェクトのキックスターターページを見ると、出資にはいくつかのプランが設定されています。
上の画像でいえば画面右側がプランの一覧ですね。
プランは「1ドルの出資者はこのシール」「20ドルの出資者にはこのフィギュア」「200ドルの出資者にはフィギュア○体」というように、出資する額によって受け取れる報酬も違います。そこだけ注意しましょう。

今回はイーグルフォースに出資するわけですが、イーグルフォースの企画では出資者への報酬として主にフィギュアがリストアップされています。
企画が成功すれば後にこれらのフィギュアは市販されるようになると思いますが、それを考慮した上で出資金額と報酬を選ぶと良いかと。


今回私はこのR.I.O.T.コマンドー4体セットの報酬が欲しいので、このプランに出資しようと思います。









kick

プロジェクトのページ右側の出資プラン一覧からR.I.O.T.コマンドー4体セットのプランを探しましょう。
赤丸で示したのがそれですね。

ここで注意してほしいのは、プランによっては「プラン報酬をアメリカ国内への発送」と「その他の国への発送」というようにわけられているものもある場合があるということです。
上の画面で言えば"SHIPS TO Anywhere in the world"と書いてあるのでアメリカ国外からの出資者向けのプランであることがわかります。
私はもちろん日本住みなので、こっちのプランを選択します。アメリカ在住とかじゃない限り、間違っても"SHIPS TO USA"とか選ばないように気をつけましょう。

では話を戻して・・・
赤丸の部分には"Pledge $70 or more"と書いてあります。
つまり、「70ドルかそれ以上出資した人」がこの報酬を受け取れるプランであるという事を示しています。

赤丸で囲んだプランをクリックすると・・・









kick

報酬の発送に必要な送料と出資金額を合計した合計金額が表示されました。

もちろん日本へ送ってもらうので、プルダウンメニューで配送先の国を"JAPAN"に選択しておきましょう。
今回は日本への発送は30ドルらしいので、出資金額70ドルとあわせて計100ドル。
これで問題なければ"Continue"を押して先へ行きます。

もし100ドル以上出資したい!という方がいれば金額の入力欄で合計金額を変更しましょう。









kick

するとキックスターターの登録画面になりました。

キックスターターのアカウントを持っていない方はここで必要事項を入力して登録しましょう。
アカウントを持っている人はページ下部の"Log in"をクリックしてログインページを開き、ログインします。









kick

ログイン後はこんなページになるはずです。

出資金の支払い方法の選択画面ですね。
出資金を支払うクレジットカード等の情報を入力しましょう。

入力欄は特に解説はいらないとは思いますが、カード名義人、カード番号、有効期限とセキュリティコード、郵便番号の順で上から入力欄があります。

入力し終えたらその下の"Pledge"を押すと出資完了です。


ちなみに出資金の引き落としはプロジェクトの出資者募集期間が終了した後、プロジェクトが目標金額に達して成功した場合のみ引き落とされます。
目標金額に達しない場合はプロジェクト失敗となり、出資金の引き落としはありません。









kick


これで出資完了。おめでとうございます。これで貴方も出資者(backer)の一人となりました!

あとはプロジェクトの出資募集期間終了まで待つだけです。



プロジェクトのbackerになると、キックスターターに登録したメールアドレス宛に出資したプロジェクトの進行状況のメールが配信されるようになります。
出資者として進行状況を見とくのは大切なので、時々目を通しておくと良いかもしれませんよん。









---------------------





kick


そしてここから先はプロジェクトが成功した場合のお話。

出資したプロジェクトが目標金額に到達しプロジェクトが成功後、数週間から数ヶ月するとリマインダー(REMINDER)というメールが来るようになります。

リマインダーメールは報酬の発送先やストレッチ(出資合計金額ごとに解放される追加要素)によって解禁されたアドオンの有無を問うためのメールです。この手続きをしておかないと報酬は受け取れないので注意しましょう

メール中に記載されている"survey deadline"と書いてあるのはリマインダーの締め切りです。このメールでは03/31/2017と書いてあるので2017年3月31日までに手続きをしろってことですね。
必ず締切日までに手続きをするようにしてください。

"click here to respond"をクリックして手続きしましょう。










kick

すると最初にこのようなページが開くはずです。

これは事前に出資した出資金額と出資プランの確認です。
まあここは特に問題ないと思うのでそのまま。


その下の配送先国名をプルダウンメニューから選択して下さい。
今回はもちろん日本なのでJAPANを選択。

そしたら"GET STARTED!"をクリックして先へ進みます。











kick

するとこんなページになりました。
これはBACKER KITという出資者向けの手続きページです。
締切日まではこのBACKER KITでの必要事項の入力および変更、確認ができるのでよく覚えておきましょう。

このページでやることは、まずアドオンの選択です。

改めて解説しますがアドオンとは追加報酬要素です。
自分の選ばなかったプランの報酬や、キックスターター開催期間中の出資合計金額によって解禁される追加要素であるストレッチの報酬を購入することができます。

アドオンはあくまで追加購入要素なので、欲しいものを追加すれば別途その代金を支払わなければなりません。
この時点で既に支払われている出資金額とは完全に別のものなのでその辺はご注意ください。


画面の見方としては、画面真ん中のADD-ONSと書かれている一覧が選択可能なアドオン一覧。
右側の"ITEM INCLUDE IN YOUR PLEDGE"と書かれている部分は、自分が選択したプランの報酬内容です。


このイーグルフォースではアドオンとして他のプランのフィギュアやグッズ、ストレッチで解放されたフィギュア、ストレッチでは目標額に届かなかったものの特別に解放されたフィギュアなどなど、色々魅力的なものがリストアップされてます。

今回はこのアドオンのうちのいくつかを買っておこうと思います。









kick

欲しいアドオンを見つけたらやり方は簡単。一覧の中から追加したいアドオンを"view"を押して選択すると個別のページが開くので、そこで"Add to cart"を押しカートに入れるだけ。
単純なので英語読まなくてもすぐ理解できるかと思います。

その後は画面外をクリックするか"Continue shopping"を押して再びアドオン選択画面に戻れます。










kick

追加要素を選択していくと右の会計欄に追加要素と送料の合計金額と選んだ追加要素が表示されます。
間違って選んだものがあればゴミ箱アイコンを押して削除することも可能。










kick

その下の"BALANCE"という欄には、自分の出資合計額、出資額と送料、アドオンの総額、アドオンの送料が表記されています。
出資額や出資合計額については既に支払い済みだと思いますのでスルーしてもらってかまいません。

注目すべきはアドオンの総額と送料ですね。
アドオンにも別途送料かかるんですねこれ・・・ん?にしても送料105ドル!?いやいやこれはおかしい・・・と思いつつ、何が問題だったかは後々判明するのでここはそのまま先へ解説を進めます・・・w










kick

次のページでは配送先の入力欄になります。
間違いの無いようにしっかり入力しておきましょう。


"Full name of recipient"の欄は自分のフルネームを英語で入力。
その下は住所の入力欄です。
ここの書き方がちょっとめんどくさいので軽く解説。

日本では住所といえば「〒○○○-○○○ ✕✕県△△市□□町 123-45番地」という形で住所を書きますが、海外だと書き順が逆になります
つまり、「123-45番地 □□町 △△市 ✕✕県 〒○○・・・」という形になるというわけ。

じゃあどの欄にどう入力すればいいかというと・・・
・Zip/postal codeの欄に郵便番号
・state/provinceの欄に都道府県名
・cityの欄に市区町村名
・address line 1にそれ以下の住所(町名や番地など)
・address line 2にはアパートやマンション名など(該当する人のみ)
・Phone numberには電話番号の先頭1桁である"0"を抜いて代わりに"+81"をつけた自分の電話番号を入力


を入力していきます。

入力し終えたらNEXTをクリック。










kick


するとページが切り替わらず、"We found this address"というメッセージが・・・・?

これはどうも住所を自動入力と照らし合わせて確認をしてくれているようで、住所に間違いが無いのを自動でチェックしているようです。

このメッセージが出た状態になると、入力した英語の住所表記が勝手に大文字に変えられてたりします。
まあ大文字小文字は特に問題無いんですが、自動チェックで自分の入力した住所情報が勝手に変更されてないかしっかり確認しておいて下さい。

問題がなければ"SUBMIT"をクリック。










kick

そしてこれが最後のページです。

入力した住所情報、アドオン、出資プランなどなど全ての情報が掲載されています。

このページでやるべきことは、クレジットカード情報の入力です。
太枠の中のクレジットカード情報入力フォームに必要事項を入力しましょう。

その後"Confirm"を押せばBacker kitを使った手続きは完了です。










kick

これで手続き完了。お疲れ様でした。

もし間違いがないか気になる場合は、再びリマインダーメール等からBacker kitのページに戻ると既に入力済みの情報を再び確認および変更することができます。
内容が気になる場合や急遽住所などに変更が必要になった場合は、締め切り期日までに各editボタンを押して入力内容を変更しましょう。

特に特別な指示も来てないし変更も無い場合は手続き後は放置していて大丈夫だと思います。




さて、手続きはこれで問題ないんですが、ここで私・・・やはりアドオンの送料が気になる・・・
相変わらず送料105ドルだったし一体どうなってんの?と思ったらようやく問題点がわかりました。

どうもBacker kitでは"1つの住所に対してこれだけの送料"という計算方法ではなく、"この商品1点で送料いくら"という計算方法がなされているようで。
今回はフィギュアを複数アドオンとして追加したものの、各フィギュアの送料が15ドルで設定されていたために15ドル×フィギュア数でとてつもなく高い送料になってしまっていたようです・・・


これはイカン!!なんとかせねば!と思いアドオンを設定し直すことに・・・

ちなみにアドオンの選択し直しも事前に記述したとおり締め切り期日までは既にBacker kitでの手続きを終えた後でも変更可能です。










kick

改めてアドオンページを見ると、好きなフィギュアを5体選んでセットで買えるアドオンがあるじゃないですか!
これならフィギュア5体でアドオン送料は40ドル。単品買いよりも圧倒的に送料を抑えられますね。


このようにおトクな送料のアドオンもあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。











kick

さっきの好きなフィギュア5体セットをアドオンとして追加すると、次ページでこのようなアンケートページが出てきました。
こういうページが出た場合は、各質問にプルダウンメニューから答えを選んで回答することができます。
上のアンケートページでは、「選んだフィギュア5体セットの中身のフィギュアをどれにするか」を問われているので、自分のほしいものをプルダウンメニューから選んで選択していきます。

ってわけでさっき単品買いする予定だったフィギュアをアンケートに答えて提出することにしました。










kick

するとこの通り、送料は70ドルにまで抑えられました。うーん・・・まあこれでも十分高いけどさっきよりはマシです。


このようにアドオンによってはちょっと仕組みが特殊なこともありますので、安易に手続きを進めず、一度一通り決めた後に送料等がおかしくなっていないか確認をするようにしましょう。


さて、これでbacker kitの手続きも終了です。

backer kitで注文したアドオンは、backer kitの締切日以降に登録したカードから代金が引き落とされます。
あとはプロジェクトの進行具合をメールでチェックしながらブツが届くのを待ちましょう。


どうです?わりと簡単でしょう??
キックスターターと聞くと敷居が高いように思えますが、そこまで難しいことはしていないので以外と簡単に手続きをすることができます。
これさえできれば最新フィギュアも先行ゲットできるってわけですよ。ヤッタネ!

でもまあ、キックスターターでフィギュアの企画が成功すれば一応将来的には一般市場にそのキックスターターから製品化されたフィギュアが並ぶわけですし・・・
「わざわざ高い金出して出資しなくても一般販売待つわ」という選択肢をとる人のほうが多いかもしれませんね。

キックスターターはあくまでプロジェクトに出資するというシステムなので、「このフィギュア素敵だから、ぜひとも作り手に協力してあげたい!」という人が本来は出資するためのものですしねえ・・・でも報酬につられて出資するのも別に良いかななーんて思います。

だってキックスターター限定フィギュアとかあるんですもん。プロジェクトによっては「高額出資者には出資者の好みのカラーリングのカスタムフィギュアを報酬にプレゼント!」なんてものもありますし。
こんなのちらつかせられたらそりゃ出資しちゃいますわ;



と、まあそんなこんなで、新たなアメトイが育つ場になりつつあるキックスターターに足を突っ込みたい方はぜひとも今回の記事を参考にしていただければと。

おっと、あくまでも出資やアドオン購入は自己責任でお願いしますね。キックスターターとはいえ出資金持ち逃げの詐欺事件なんかもあるらしいので、出資する際は自分で色々下調べをしてからにしましょう。



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0
201704282133
<<galoob Z-bots VORTEXX HQ -Zボッツ ボルテックスHQ- | スタンド製作所 | kenner BONE AGE TRITOPS -ケナー ボーンエイジ トライトップス->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ