Toyfinity ROBO FORCE NEO ZEROID PROTECTOR EDITION & DARKNESS SOLDIER LEGION EDITION -ロボフォース ネオゼロイド プロテクター & ダークネスソルジャー レギオン-
zeroidptotector

今年に限らずですが、ここ最近月に1~2シリーズくらいの頻度で自分の知らない心にグッと来るアメトイを発見するんですよね~・・・
見つけるたびに「ほあぁっ!!!・・・これは買わなきゃ!」と買い集めてるんですが、もうキリがないですわ・・・w

でもまあ、金は減るけど見つけて買うほどブログのネタにはなるんですよね~・・・w
ということで今後も色々と私の独断と偏見で心にグッと来たアメトイをご紹介する予定なのでお楽しみに。

そんな今日ですが、またも新作トイのご紹介なのです。


ってことで今日もまた新作のご紹介を。

ついこの間トイフィニティより久しぶりに新たな商品がいくつか発売されました。
発売されたのは、ロボフォースのセンチネルのIDEAL版をモチーフにしたカラーであるクラシックエディション、ロボフォースの白素体、ネオゼロイド プロテクターエディション、ダークネスソルジャー レギオンエディション、ナザリアンの計5種類。

ナザリアンについては以前ネオゼロイドハンターエディションを買った際に頂いたものをチラッと紹介しましたが、あれ発売前の商品だったんですね・・・何気に先行入手だったとはw

今回はそんな新作からネオゼロイドのプロテクターエディションとダークネスソルジャーのレギオンエディションをご紹介しましょう!









zeroidprotector
zeroidprotector

ネオゼロイド プロテクターエディション

(NEO ZEROID PROTECTOR EDITION)



まずはプロテクターの方から。

ネオゼロイドアサシン、前回のネオゼロイドハンターに引き続いてトイフィニティとしては3体目のゼロイドのリリースになります。

前回のネオゼロイドハンターはジーモがモチーフっぽいという話でしたが、今回のプロテクターエディションはどうも確定的なモチーフキャラが見つからず・・・
そもそもゼロイド自体に白いキャラってのが無いんですよね~。色のモチーフは特に無いのかもしれません。
顔や姿のモチーフはおそらく初期ゼロイド3体のうちの1体"ZERAK(ジラク)"だと思います。









zeroidprotector
zeroidprotector

基本的な構造はネオゼロイドハンターやアサシンと一緒ですが、うまい具合にパーツが配置してあるおかげでジラクっぽく見えますね~









zeroidprotector

ネオゼロイドハンターと比較。

そう、察しの良い方ならもうおわかりかと思いますが・・・ネオゼロイドハンターもプロテクターもどちらも同じパーツセットで作られてます
組み換えだけで別キャラを作ってるわけで、違うのは色だけなんです・・・!
実はただのリカラーなのに、組み換えだけで新規造形のように見せかけてるのはなかなか面白いですよね。これ買うまで気づきませんでした;









zeroidprotector

よって、組み換えをすればこんな感じでアサシンやハンターと同型の白いネオゼロイドが作れてしまうというわけ。
ちなみに購入時はプロテクターとしては組まれておらず、パッケージにこの状態で組まれて入ってました。









zeroidprotector

にしてもなんかカワイイ。ゼロイドはロボフォースほど攻撃的なデザインでは無いので、ロボフォース系キャラと見比べると雰囲気違いますね~
元々ゼロイドは労働ロボみたいな扱いでしたし、こういうデザインなのが正解ではあるんですけどね。









zeroidprotector
zeroidprotector

パーツの結合部分は一通り全て可動します。ポージングはできますが、そもそも長方形なボディで足等は無いので、これといって面白いポーズはできないですね・・・









zeroidprotector

ってわけでネオゼロイドプロテクターはこんな感じで。

それじゃ次いってみましょ!









-----------------------------------




darknesssoldier
darknesssoldier

ダークネスソルジャー レギオンエディション

(DARKNESS SOLDIER LEGION EDITION)



続いてダークネスソルジャー レギオンエディションをご紹介。

パっと見だとロボフォースやゼロイドとは全く別カテゴリに見えますが・・・
それもそのはず。

今回のダークネスソルジャーはトイフィニティ版ロボフォースやゼロイドで使われている組み換えシステムglyosジョイントを生み出したOnell designの本家glyosシリーズとコラボしたフィギュアなのです。
よって、ダークネスソルジャーの一部パーツや構造はトイフィニティオリジナルのロボフォースやゼロイドとは違い、glyosシリーズのパーツを流用して作られています。

glyosシリーズについては後々詳しく特集を組もうと思ってるので、詳細はそっちで記載しますね~


で、そんなダークネスソルジャーのレギオンエディションというわけなんですが・・・
実はトイフィニティではレギオンエディション以前に赤いカラーのダークネスソルジャーを出しており、今回のレギオンエディションはダークネスソルジャーのカラバリとしては2種目になります。









darknesssoldier
darknesssoldier

顔はこんな感じ。
本家glyosシリーズには無い特徴的な顔をしていますが、実はこれにはモチーフがありまして・・・

この顔、ゼロイドの後継シリーズ"STAR TEAM"の悪役である"KNIGHT of DARKNESS"をモチーフにした顔なのです。
見比べるとわかるんですが、もうナイトオブダークネスの顔そのまんまなのよダークネスソルジャー・・・

ダークネスソルジャーレギオンはキャラ設定としては「"Knight of Darkness(ナイトオブダークネス)"配下のエリート兵士で、ロボフォースにトラップを仕掛けるにあたりナイトオブダークネスの命令で"NAZGAR(ナズガー)"に協力している」のだそうな。
ストーリーからも読み取れる通り、ナイトオブダークネス配下だから顔もナイトオブダークネスそのまんまなのね。









darknesssoldier
darknesssoldier
darknesssoldier

構造的にはロボフォースやゼロイドと同じく、各パーツの接続部分を回転軸ジョイントとして可動させて遊ぶフィギュアなわけですが・・・・
パーツの回し方によっては高い可動域を誇るロボフォース等に比べglyos系フィギュアはそういう可動域の拡張性が乏しいので、いくら接続部分が可動するとはいえ結局はオールドケナー程度の可動しかできなかったりします。

これはダークネスソルジャーだけでなくglyos系フィギュアの大半に言えることですね。









darknesssoldier
darknesssoldier
darknesssoldier

ダークネスソルジャーに限らず一部のglyos系フィギュアもそうですが、実は膝の接続面が斜めになっていまして・・・これを左右足を入れ替えて組み換えすることによって、微妙に膝を曲げたポーズにすることも可能です。









darknesssoldier

ちなみに今回のダークネスソルジャーレギオンには本体と銃以外にもこんな感じの予備パーツが入ってまして、組み換えに使用することができます。

と言いましても、差し替え頭部パーツ以外は両方が凸ジョイントのパーツばかりのなので使い所がほぼ無いんですけどね・・・w









darknesssoldier
darknesssoldier

差し替え頭部パーツと一部装備を外して組み換えするとこんな感じ。
ガラッと雰囲気を変えることが可能なので、「フィギュアは面白そうだけどダークネスソルジャーの顔がキライ!」って方でも安心して遊べる仕様かと思います。
もちろん本家glyosシリーズやロボフォースとも互換性があるので、そっちとも組み換えすることが可能。

トイフィニティ系フィギュアの差し替えといえば、ロボフォースの際に散々言ってますが「PVCの塊なので温めない限りパーツの差し替えがすごいキツい!」ってのが定番でしたが、ダークネスソルジャーは元々サイズ自体が比較的小さめだからなのかロボフォースシリーズほど常温でのパーツの抜き差しが厳しい感じは無いですね~









darknesssoldier

ちなみに本家glyosシリーズと比べるとこんな感じのサイズ差。

本家glyosシリーズ自体がそもそも小さめなので、ダークネスソルジャーが飛び抜けてデカいってわけでもないんです。
ダークネスソルジャーは通常サイズのロボフォース系やゼロイドとは頭半分くらいの差くらいしか無いですからね~









darknesssoldier

そんなダークネスソルジャーレギオンですが、なんだか気に入ったので思わず3体買いました。
エリート兵士だし多数買いしても良いよね・・・!?w









darknesssoldier

そんなこんなでダークネスソルジャーレギオンのレビューでした。

全体的にglyosシリーズのフィギュアまんまな感じで可動は他のトイフィニティ製品に比べると劣りますが、完成度や品質は相変わらず高めなのでそこまでチープな感じは無かったり。
可動では負けますが、ロボフォースシリーズに比べて組み換えがしやすいというのが嬉しい点ですね。とはいえそれでもジョイントがやや硬めではありますが・・・w

ともかく、14ドルのフィギュアですし値段相応な出来かなーと思います。
たくさん集めてロボフォースやゼロイドと対峙させるには良いフィギュアかと思いますので、気になったらぜひともトイフィニティのショップでお買い求め下さい。




おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ROBO FORCE/ロボフォース | コメント:2 | トラックバック:0
201610182059
<<G.I.JOE JOECON 2016 FLYING SCORPION -G.I.ジョー JOECON限定 フライングスコーピオン- | スタンド製作所 | JURASSIC WORLD DINO HYBRID HYBRID RAMPAGE INDOMINUS REX -ハイブリッドランページ インドミナスレックス->>
この記事のコメント
 
201610190858
ダークネスソルジャーは本家glyosより頭ひとつ分くらい大きいんですね。
大きさも合わせてくる思っていたのですが、残念。
glyosシリーズは日本人でも買っている人が多くない上に、
こういう所でのレビューが殆ど無いため、ぜひ特集を組んで欲しいです。
2016-10-19 Wed | URL | ですとろ #kxFoPyco[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201610252148
>ですとろさん

glyos系の中でも等身の高いタイプを素体にしているので、他のglyos系より少し大きめですね~
パーツ数の多いglyos系キャラと背丈的には同じくらいだと思います。

シリーズは結構出てるものの、あんまりレビューとか見ないですよねglyosシリーズ・・・
個人的にグッとくるような面白いキャラも多いので、近いうちに特集記事を投下しますのでお楽しみに~!
2016-10-25 Tue | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ