onell design GLYOS SYSTEM SERIES
glyos

ちょくちょく海外から中古トイを輸入してるんですが、なぜ海外から届く中古トイは十中八九汚いのか・・・
ちょっとほこりかぶってる程度ならまだしも、ガッツリ汚れてたり傷だらけだったりするんですよねー。これで「グッドコンディション、パーツもすべて揃ってる」なんて書いてるんだからなんとも・・・;
売るものだし発送前にざっとキレイにしたりしないのか?ってのは日本人特有の考え方なのでしょうか。あっちの人にとっては「売り物をキレイにするほどの金も指示ももらってないヨ」ってことなのかなあ。それとも単にめんどくさいのか・・・w
まあ買ってるのは年代物のヴィンテージなアメトイなので、汚れてたり傷があってもしゃーないかなーと思いつつ妥協してます。
直したりキレイにしたりするのもアメトイの醍醐味・・・・かも?w

さあそんな今日は前々からチラッと話題に上げてたこいつらをレビューです!
ってわけで今回は"GLYOS SYSTEM SERIES"をご紹介。
glyosといえば以前トイフィニティのロボフォースをレビューした際にチラッと書いたかと思いますが、改めて説明。

GLYOS SYSTEM SERIESとは共通軸ジョイントを使ったPVC製のフィギュアで、パーツ単位での組み換えが可能なフィギュアシリーズ。
大きなメーカーではなく有限会社のOnell designが製作しており、アクションフィギュアというよりはデザイナーズトイに属する製品になります。


glyosシリーズは基本的にはOnell designが出しているシリーズが主流となるわけですが、glyosの変わったところはOnell design以外の個人やメーカーが出しているフィギュアもglyosシリーズに含めてしまうという所。

例えば、上記したToyfinity製のロボフォースシリーズ。
一応ロボフォースとしてはToyfinityがIDEAL社から権利を譲ってもらって独自に製品を売り出していますが、トイフィニティ製ロボフォースフィギュアはOnell designのglyosシリーズと同じくPVC製フィギュアかつglyosと同じ共通軸ジョイントが使用されています。
よって、ロボフォースとglyosシリーズで相互にパーツの共有および組み換えが可能。
これを踏まえて、トイフィニティ製のロボフォースも"Glyos"という大きな括りに含まれるというわけ。


また、同じくPVC製フィギュアでGlyosと共通軸をもつ"The GodBeast"シリーズや、同様の性質のSpy Monkey Creations製のウェポニアーズ・オブ・モンカー(クルーエルのレビューで一緒に紹介しましたね)、glyosジョイントは持たないもののキン消し風フィギュアのOMFG!などもGlyosの括りに入ってます。

このようなGlyosシリーズの大きな括りに含まれるメーカーおよび製品はまとめて"Glyos Compatible"と呼ばれています。


うん?よくわからない?
結局のところ、本家glyos以外にも複数のメーカーが参加して、「各メーカーのトイ&フィギュアを統一世界観設定&ストーリーの中で出していきましょう」と決めてリリースしているのが"GLYOS SYSTEM SERIES"なのです。




そんなトンデモなく巨大なファミリーであるglyosシリーズですが、今回はその中でもonell design製の本家Glyos System Seriesシリーズをご紹介したいと思います。


本家Glyosシリーズは様々な種族のキャラクターやロボが登場するSF世界観のフィギュアシリーズとなってます。
主要キャラクターやストーリーは一応あるようですが、Glyosシリーズが発売される各waveごとにストーリーが続いていく方式になっており、現在ではwave58。もうストーリーが追い切れません・・・w

どうしてもストーリーが知りたい方はOnell designのpasscodeのページに今までのストーリーを描いた動画やフラッシュゲームがありますので、そちらで話を追って下さい。









glyos

さて、それではとりあえず手元にあるglyosシリーズのフィギュアを紹介していきましょう~

glyosシリーズのフィギュアはPVC製の組み換え可能なフィギュアですが、基本的なパーツの組み合わせフォーマットはある程度決まっています。
その決まったフォーマットを元にカラーリングを変えたり一部パーツを変更したりしてバリエーションを増やしているのがこのglyosシリーズのパターンなわけでして。

上の写真のはglyosシリーズの中でも代表的なキャラクター"Pheyden(フェイデン)"タイプのキャラ達です。
左から、"Pheyden Marezioc Drone(フェイデン メアジオックドローン)"、"Source Pheyden(ソースフェイデン)"。

(右端のは調べても名前が出てこなかったので何かサッパリ。glyosシリーズにはCUSTOM CORPS(カスタムコア)という市販版とは違うカスタム仕様のシリーズもあるので、そっちに属するフェイデン型なのかもしれません。
とりあえず素体はフェイデンですが胸につけてるアーマーがSkeleden(スケレデン)というキャラのものなのでスケレデンの方になるのかな?)

フェイデンはglyosストーリーのメインキャラにあたるエイリアン種族でスペーストラベラーなのだとか。









glyos
glyos

フェイデン メアジオックドローン

(Pheyden Marezioc Drone)



それでは、フェイデンタイプの代表例としてwave56のフェイデン メアジオックドローンを見てみましょう。
ちなみに今回のレビューではキャラクター同士のパーツの組み換えについては省略して、本体だけざっとレビューしていきますのでご了承下さいな。









glyos
glyos

フェイデン系キャラクターはこのドクロのような顔がトレードマーク。
ちなみに先程チラッと話に出たスケレデンや傷が入った顔のスカーフェイデンなど、フェイデン系の顔だけでも色々パターンがあるわけで。









glyos
glyos

記事の冒頭で書いたように基本的にはトイフィニティのロボフォースやゼロイド系と同じような共通軸部分を使った可動しかできないので、ポージングはかなり限られます。
フェイデン型ならまともにポージングできる関節部分は首・肩・股関節くらい?一応手首・膝・足首も可動しますが、左右回転しかできないのであまりポージングには役立ちませんね。

あとフェイデンを筆頭としたglyosの基本素体はなぜか左手が平手、右手が武器持ち手という変な構造をしているので、なおさらポージングし辛いという・・・w
glyosにおいて平手の必要性とは一体・・・?









glyos

3.75インチ系フィギュアと比べるとサイズはこんな具合。
およそ7センチくらいです。インチに直せば2.75インチ。蓮製品などの3.75~4インチフィギュアより小さいので並べるとかなり小さく見えますが、実際に手にとって見ればそこまで小さくもないかなーという感じ。

この7センチ程度のサイズがglyosシリーズの平均的な基準ですが、Onell design以外のメーカーが出すglyosキャラクターにはこれより遥かにデカいものもありますし、逆に更に小さいものもあったりするというのがミソ。









glyos
glyos

glyosシリーズはどちらかといえば見た目重視のデザイナーズトイ寄りなのでガシガシ動かしてポージングして遊ぶ!って感じのフィギュアではないですが、品質は良いので塗装剥げや破損の心配をせずぐりぐり可動させられます。
サイズも手頃なので手元にあるとちょっと遊んでみたくなる変な魅力があるんですよねー
厳つい感じに見えるフェイデンも、見慣れるとちょっと可愛く見える・・・ような気もする?w









-------------------------------------



glyos

続いて同じくフェイデン型の素体を使用している"SARVOS(サーヴォス)"をご紹介。
こちらもカスタムコア仕様のようで個別名が不明ですが、とりあえずサーヴォス型には間違いないです。









glyos
glyos

とりあえずこの赤い頭のサーヴォスを代表例として見てみましょ。

サーヴォス系は基本的には頭と胸以外はフェイデン系とほとんど変わりません。
あくまでコンパチでキャラと仕様が増えていくglyosシリーズなので、サーヴォスの名前を持っていてもフェイデン系と大きくかけ離れた姿のものもありますが・・・・まあだいたいのサーヴォス系はフェイデン系素体のリデコに近いと思って頂ければ。









glyos
glyos

サーヴォスの特徴はこのヘルメットのような頭。
有機的な顔のフェイデンとは違ってバトルマスクのようにも見えますね~









glyos

ちなみにこの赤いサーヴォスにはスカーフェイデンの顔を模したマークが入ってました。
glyosシリーズは基本的には成型色と塗装のみで仕上げてありますが、このように所属を表すマーキングが印刷されているキャラもいるのがポイント。









glyos

可動等に関してはフェイデンと変わらずです。









glyos
glyos
glyos
glyos

緑のサーヴォスの方には差し替え用のスカーフェイデンのヘッドが付属していたので、ちょっと見てみましょう。

スカーフェイデンはその名の通り頭に大きな傷が入ったフェイデンなわけで。既存のフェイデン型ヘッドのリデコ品のようですね~
がっつり傷が入ってるのでフェイデンとは結構違って見えるのが面白いところですね。









----------------------------------------





glyos
glyos

続いてこれまたフェイデンやサーヴォスとも違ったキャラ。
"DEEP SPACE GLYAN(ディープスペースグライアン)"という宇宙服型のキャラのカスタムコア仕様の品です。
ディープスペースグライアンはフェイデンやサーヴォスとは違う"glyan(グライアン)"という種族のキャラだそうで。

今回紹介するものは通常のディープスペースグライアンと違ってオールクリアカラーになってるというちょっと風変わりな代物。
個人的にはこういう色合いのほうがサイケでいいと思いますけどね。宇宙っぽくて。

見ての通りフェイデンやサーヴォスとは全く別の素体およびパーツで構成されており、デザインもフェイデン達とは完全に別物。
装備がなく本体のみの仕様であることが多いフェイデン達とは違い、ディープスペースグライアンはデフォで銃とジェットパックを装備しているので、コレ単体でカッコがつくのが良いですね~









glyos
glyos
glyos
glyos

ディープスペースグライアンはトイフィニティのロボフォース系と同じく、ヘッドの裏と表で2種類の顔を表現できるギミックがあります。
表向きにすれば宇宙服のヘルメットっぽく、裏向きにすれば昆虫のようなちょっと変わった頭になるというわけで。









glyos

ちなみにこいつには2種類の差し替え用ヘッドが付属していたんですが、差し替えヘッドのジョイントが凸型でディープスペースグライアンの首ジョイントも凸型なので物理的に差し替えできないんですよねー・・・w

写真撮影した後に気づいたんですが、どうも背中のジェットパックパーツをバラして胸パーツとして流用することでこの差し替えヘッドを取り付けられるんだとか。









glyos
glyos
glyos

膝と肘が曲がった状態のポーズが基本となるフェイデン達と違い、ディープスペースグライアンは手足をまっすぐ伸ばしたままでポーズはほぼ変えられません。ジョイント部分はどれも可動できますが、ポージングに関わる可動部分は首・肩・股関節くらいかなあ・・・
その代わり使用しているパーツの違いにより二の腕にロール軸ができているので、やろうと思えばそれなりにポージングが可能です。









glyos

サイズはフェイデンとそこまで変わらず。









----------------------------------



glyos

まだまだ続きますよん。
続いては"ARGEN(アーゲン)"をご紹介。

ストーリー設定では「ロボット種族"GENDRONE(ジェンドローン)"に属するキャラである"BUILDMAN(ビルドマン)"がフェイデンとの接触により覚醒した姿」なんだとか。

ディープスペースグライアンに続きこいつもボディに使われているパーツは他と全く違う感じでして。

ちなみに個別名称は左から"Redlaw Argen Mk.XIV(レッドローアーゲン マーク14)"、"Argen Mk. XX Villser Core(アーゲン マーク20 ヴィルザーコア)"、"Neo Phase Argen Mk. XII(ネオフェイズアーゲン マーク12)"。
本来はバックパックが付属しているらしいんですが、うちで手にれたものには欠品していたので、とりあえずこのままご紹介します。
ぶっちゃけバックパックが無くてもそんなに見た目変わらないしなあ・・・w









glyos
glyos

アーゲン マーク20 ヴィルザーコア

(Argen Mk. XX Villser Core)



ではアーゲン型代表としてマーク20を見てみましょう。









glyos
glyos

アーゲン型も頭部の前と後ろに顔があるので、反転することで2タイプの顔が表現可能です。









glyos
glyos

そしてアーゲン型の特徴はこの可動率!

肩と膝が半球型のジョイントパーツで構成されているので、ジョイント部分のロール可動だけでフェイデン系以上に色々ポージングできちゃうというわけです。
この辺のジョイントの仕組みはトイフィニティのロボフォースではおなじみですね。









glyos

ちなみにフェイデンとサイズ比較するとこんな感じ。フェイデンよりやや大きめですが、そもそもフェイデン自体が小さいのでアーゲンくらいでちょうど良いサイズな気がしますね~









glyos

と、こんな感じで。
ロボ系種族ですし見た目もカッコいいので個人的に結構気に入ってます。
アーゲンだけはバージョンが変わるごとにマーク○○という具合に名称がアップグレードされてるのもおもしろいところですよねー








--------------------------------------------



glyos

それじゃ最後はちょっとしたデカブツを・・・

これは"GENDRONE FORCE DEFENDER(ジェンドローンフォース ディフェンダー)"と呼ばれるキャラ達。
見て分かる通り、トイフィニティのロボフォース系のパーツを流用して作られたキャラです。一応glyos側とトイフィニティとのコラボアイテムなんだとか。

左から、"GENDRONE INPERIUM(ジェンドローン インペリウム)"、"ESEDETH MOBILE PILOT ELITE(エセイデス モバイルパイロットエリート)"。
基本的にはロボフォースシリーズとほぼ変わらず、パーツの組み方と色、マーキングの有無くらいしかトイフィニティ版との違いはないんですが、一応glyosシリーズの製品なのでこいつもざっと紹介しておきましょう!









glyos
glyos

エセイデス モバイルパイロットエリート

(ESEDETH MOBILE PILOT ELITE)



それじゃまずエセイデスモバイルパイロットエリートの方を。

ざっと設定を読んだ感じだと、エセイデスモバイルパイロットエリートはglyosシリーズにおける惑星"ESEDETH(エセイデス)"にてジェンドローンの技術を解析して作られたドローンのようで。
ちなみにGLYOS wikiによればこのモバイルパイロットエリートを2体組み合わせることで大型砲台を作れるのだとか。









glyos
glyos

頭部はロボフォースでおなじみのハンドレッドやクルーエルのヘッドの裏側を使用してますね~









glyos
glyos

可動はまあ見ての通りという感じでしょうか。

モバイルパイロットエリートは背中に背負ってる装備が重たいので、やや前傾姿勢にするか膝を逆関節にしないと自立しにくいです・・・
でもまあこれはこれで見た目的には全然アリなので動かしてて不自由には感じないかなーと。









glyos

フェイデン系と比べるとこんなかんじ。
かなり体格差があるので兵器らしくていいんじゃないでしょうかね?









glyos
glyos

ジェンドローン インペリウム

(GENDRONE INPERIUM)



ついでにジェンドローンインペリウムの方もざっとレビューしちゃいましょう。

ジェンドローン側の技術を流用して作られたモバイルパイロットエリートとは違い、こっちは純粋にジェンドローン所属のようで。
アーゲンやビルドマンのようなロボ種族の一種なのか、それともこいつもロボ兵器なのか・・・?









glyos

使われているヘッドパーツはモバイルパイロットエリートと同じです。










glyos
glyos
glyos

こっちも可動はまずまず。

見立て変形ですが足を折りたたんで後部にフェイデンを乗っけてやればビークルっぽくもできますね~

と、インペリウムは以上のようなかんじで。










glyos


ということでglyosシリーズから何体かご紹介しました。

glyosシリーズはどれも可動重視ではないですがオールドケナー系可動よりは断然可動しますし、組み換え、パーツ差し替えでのバリエーション再現や変形、自分でオリジナルキャラを作るといった遊びの幅も広いですし、glyosという大きな括りで見ると非常に楽しめるシリーズになってますね~

glyosシリーズはOnell designやその他メーカーでの直販かイベント販売くらいしか入手経路が無くなかなか手に入れづらい品ですが、その分完成度も申し分ない良いトイなのでオススメですよん。

今回ご紹介したキャラクターや種族はglyosシリーズのなかでもまだごく一部にすぎないので、今後も他のglyos系キャラをちょくちょく紹介できたらなあと考えてます。

ってわけでざっくりでしたがglyos systemシリーズのレビューでした~


おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | GLYOS SERIES | コメント:0 | トラックバック:0
201611292102
<<[ミニレビュー]Happy meal RUNAWAY ROBOT -ハッピーミール ラナウェイロボット- | スタンド製作所 | STAR WARS BLACK SERIES 3.75inch ROGUE ONE DEATH TROOPER -スターウォーズ ローグワン ブラック3.75インチ デストルーパー->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ