[ミニレビュー]Happy meal RUNAWAY ROBOT -ハッピーミール ラナウェイロボット-
runaway robot

なにやらスターウォーズ:ローグワンの関連トイであるAT-ACTがスゴいらしいですね。
メガビークルAT-ATよりは小さいものの、カーゴ着脱・ジップラインギミックに加えて、スマホで操作できる電動歩行&首振り・サウンド・ミサイル発射ギミックとものすごいギミック詰め合わせだそうで・・・
AT-ACT自体がRCタイプのトイになるのは知ってましたが、正直ここまでクオリティ高いとは思いませんでしたわ・・・
しかしその分価格が超高いので買うのは様子見ですね・・・

ということでローグワン公開も近いのでスターウォーズ関連アメトイ・・・・ではない!
今回もまた変なものをレビューですよ
ということで今回ご紹介するのはコチラッ!(通販番組風に

米マクドナルドのハッピーミールのおまけトイ"Runaway Robot(ラナウェイロボット)"!

ハッピーミールとは日本で言うマクドナルドのハッピーセットのことで、そのおまけのことを一般的にミールトイと呼びます。
また、ハッピーミールに限らずその他のファーストフード店舗での子供向けセットのおまけなどを総称してミールトイと海外では呼ばれています。
(シリアルのおまけなんかもミールトイと呼ばれたりしますが、あっちは若干カテゴリ的に違ってたりするのよね・・・)


海外では様々な店舗から展開されていたミールトイが非常に多く、バリエーションも非常に豊かです。
例えばトランスフォーマーのミールトイといった既存作品と店のコラボシリーズや、既存玩具のプロモバージョン、各ファーストフード店オリジナルデザインのミールトイなどなど・・・とにかくかなりの種類があるわけですよ。

そんなミールトイは歴史が古い上に多くはファーストフード店オリジナルのトイかつ短期間で交代でリリースされていたため、現代ではそもそも過去にどういったミールトイがリリースされていたのか不明な点も多いです。
現存する資料もほぼありませんし、現物も残っているものは限られてきます。
所詮ミールトイですし当時手に入れた子供の大半は今や捨てちゃってるってパターンが多いんでしょうね~


そんなわけでアメトイ考古学的に考えると非常に沼が深いミールトイの世界なんですが、この恐ろしい沼に最近ハマってしまいましてね・・・w
各国の変なミールトイをネットで探す毎日ですよ;










runaway robot

さて、それでは話をラナウェイロボットに戻して。

このラナウェイロボットは1987年に米マクドナルドにてミールトイとして配布されたものでして。
"Runaway"というタイトルが示すようにチョロQ等のようなプルバック走行ギミックを有したロボットトイなわけです。
ラインナップは画像に写ってる全6種のみ。

ラナウェイロボットはマクドナルドのハッピーミールオリジナルのトイシリーズなので、マック以外の一般向け展開は何もなかったようです。
ハッピーミールのミールトイは日本のマクドナルドでも輸入されて配布される場合がありますが、このラナウェイロボットは日本での配布も無かったみたい?

あくまでミールトイ用のマクドナルドオリジナルシリーズなのでラナウェイロボットには特にストーリーや設定は作られておらず、bio的なものは存在しないのかなーと思っていたんですが、どうも名前だけは個別に設定があったようです。
左から黄色の"JAB(ジャブ)"、青色の"BEAK(ビーク)"、黒色の"SKULL(スカル)"、赤色の"FLAME(フレイム)"、緑色の"COIL(コイル)"、紫色の"BOLT(ボルト)"だそうで。









runaway robot

それじゃギミック部分を見てみましょ。
本体裏にはプルバック系トイでおなじみのプルバックユニットが組み込まれてます。
まあそれだけですね・・・それ以上は特記しておくべきことも無いです・・・w

ラナウェイロボットは見ての通り上半身が個別のロボット姿で下半身はキャタピラという、ガンタンクのようななんとも風変わりな姿をしています。
詳しくは後述の写真でお見せしますが、すべてのキャラがキャタピラで統一してるように見えるもののよく見ると各キャラクターによってキャタピラの形状が全く違うんですよね~。
やろうと思えばキャタピラだけ統一してコストカットできるのにあえてそういうことをしない、こういうアメトイの断固として統一性を持たせない点は面白いですな・・w










runaway robot

3.75インチフィギュアと比べるとこんなサイズ。
だいたい平均5センチ(約2インチ)ってところですね。










runaway robot
runaway robot

ジャブ(JAB)

各キャラがわりとボロいのは見なかったことにして下さい・・・;
中古で買ったらめちゃくちゃ状態悪かったんです!w

それじゃあ個別にキャラを見ていきましょう。
まずはジャブ。その名の通り右手を突き出してまさにジャブを打ち込むポーズをとってるロボット。
一体お前は誰と戦ってるんだ・・・

よく見ると左手は体の横で構えた姿勢になっているので、ジャブというよりは正拳突きの構えに見えますねえ・・・w










runaway robot

そしてこの顔である・・・
ラナウェイロボット達は目や口にあたる部分が空洞になっており、空洞の奥に内部のパーツ(ほとんどは特にモールドや塗装は無し)が見えるような構造になっているんですが、このジャブだけは空洞が異様に大きく深いため埴輪のような顔に・・・










runaway robot
runaway robot

ビーク(BEAK)


続いてビーク。
一体どこが顔なのかイマイチ掴めない変なキャラ。
黄色い部分がバイザーなのか?それともクチバシ・・・?
空洞部分はバイザーらしき部分の下にありますが、これは位置的に口になるのかな?










runaway robot
runaway robot

スカル(SKULL)


見た目からしてなんとも悪そうなキャラであるスカル。
その割に特にポーズもとってないし姿勢良いし意外と悪いやつじゃないのかもしれない・・・!?w










runaway robot

わかりづらいので光を当てて撮影。
スカルもジャブと同じく目の部分が空洞になっている構造をしています。










runaway robot
runaway robot

フレイム(FLAME)


ドラゴンっぽい見た目のフレイム。
写真にはほとんど写っていませんが腹にあたる部分が空洞になっており、奥の内部パーツにはなぜか真ん中のみ青く塗ってあります。これが一体何を指しているのか不明・・・










runaway robot
runaway robot

コイル(COIL)


ヘビ型のロボット。というか形状的にはコブラ?
腹部の部分が空洞になっており、中には赤い内部パーツが・・・
おそらくヘビらしく体の模様を表現してるんでしょうけど、地味よなあ・・・w

他のロボットと違いアニメ調な顔をしてるのがポイント。










runaway robot
runaway robot

ボルト(BOLT)


私にはどう見ても剣道の面の格子部分が無い状態にしか見えないんですよねー・・・一体何モチーフなのか・・・w










runaway robot

ということでラナウェイロボットをご紹介致しました。


チープトイに近いような簡素なミールトイなんですが、とりあえず一通り見て思ったのは・・・各キャラの体に空洞を作る意味とは一体なんなのか・・・w
なぜこんな微妙に手間を掛けた外装と内装パーツの2段構えなのか、なぜこんなにもデザインがバラバラなのか、そしてなぜジャブはジャブと言いつつ正拳突きをしているのか!

なんとも謎が謎を呼ぶロボット達ですが、何かものすごく欲しくなる魅力があるわけではなく、カッコいいわけでもない・・・
見てるとなんとも気力が無くなる変なミールトイですな。


ラナウェイロボットはebayでも未だにお安く買えるので、気になったらぜひ買って頂きたいですね~










------------------------おまけ------------------------


runaway robot

29年ぶりにラナウェイロボット復活じゃぁ!!!」

一同「おー!」










runaway robot

「聞いた所による日本のマク○ナルドは経営に苦戦しているそうではないか。
おいジャブ!カサ○バ社長に伝えろ・・・"ラナウェイロボットが帰ってきた、非力なお前たちに力を貸してやる"とな!」

「了解!」










runaway robot

「ククク・・・これで我々がハッピーセットのおまけとして29年ぶりに発売されれば、日本の子供達が奪い合うように我々を取り合い、マニアな大人は集まり、さらに女子高生の間でラナウェイロボットがSNSで話題になること間違いなしだ!
これで赤字続きのマク○ナルドは黒字になる!」

「さすがはスカル、そこまで計算した上で社長に連絡させるとはな・・・」










runaway robot

「スカル!社長から返事が!」

「何と言っている」

「ラナウェイロボットは我が社に必要ないと・・・」

「なんだと!?」










runaway robot

「そうか・・・わかった。じゃあこう伝えろ・・・
"異物混入事件を蒸し返されたいのか?"とな!」

それはマジでアカン!!!





おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | ミールトイ/meal toy | コメント:0 | トラックバック:0
201612062127
<<galoob micro machines Z-BOTS -マイクロマシーンズ Z-ボッツ- | スタンド製作所 | onell design GLYOS SYSTEM SERIES >>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ