galoob Z-BOTS REVBOTS AX-L & SPYKEBYKE -Z-BOTS レブボッツ アクセル&スパイクバイク-
revbots

新年のおみくじがわりに、去年から毎日続けてるデレステの年始くじ引きをしたんですが、まあ見事に全部外れまして
2017年始まって10日目にして心が折れそうです・・・!w
そして去年11月あたりから既に日本で出回ってるタイタンズリターン新弾なんですが、海外ショップで安く注文していたものの未だに届かず。(というか発送すらまだの状態)
みんな盛り上がってる中で一人だけお預けを喰らってしまっててなんとも悲しいですわ;

そんな悲しさをぶっ飛ばすかのごとく面白いトイが出てきましたので、今日はこいつをご紹介しましょう。

ということで今回のレビューは、再びZ-BOTSより派生シリーズの"REVBOTS(レブボッツ)"をご紹介。

レブボッツは1994年のZ-BOTSシリーズ4展開時に、リンクボッツのシリーズ2と共にリリースされた派生シリーズのZ-BOTSでして。


レブボッツの内容は普通のZ-BOTSのフィギュア1体とバイクや戦車といったビークル型ロボットフィギュア1体のセットなわけで。
まあ内容的にはそこまで特殊ではないんですが、これがまた面白いギミックをもってるんですよ~










revbots
revbots

今回はそんなレブボッツの中からスパイクバイク&アクセルのセットをレビュー。
パッケージはこんな感じ。

それでは実際に現物を見てみましょ。










revbots

こいつらがレブボッツのスパイクバイクとアクセル。
おそらく厳密には"レブボッツ"であるのはバイク型ロボのスパイクバイクの方で、セットになってるアクセルはあんまり関係ない気もしますね・・・w
もしかして相棒設定なのかもしれませんが。










revbots
revbots

アクセル(AX-L)

所属:ヴォイド


ではまずアクセルの方から。
見ての通り斧を装備し腕の下にはエルビス・プレスリーの衣装のようなヒラヒラが・・・!?
まあなんというか・・・全体的にいろいろな意味で世紀末感あるデザインですな・・・w











revbots
revbots

顔はこんな感じ。
変なデザインの顔が多いZ-BOTSの中ではかなりカッコいい方なのでは?










revbots
revbots

可動は首・肩・股関節のみ可動。
他のZ-BOTSとサイズも可動ポイントもほぼ変わらないですね~











revbots
revbots

スパイクバイク(SPYKE BYKE)

所属:ヴォイド

続いてスパイクバイク。
名前の通りバイク型のZ-BOTSなわけで。











revbots
revbots

横から見るとわかるんですが、ロボットとバイクがうまく融合したようなデザインになってます。
これはこれでカッコいいですね~










revbots
revbots

顔・・・はこんな感じ。
一体なんなんだこの顔文字のような目は・・・w
ゴツい体型に反して目だけ弱そう、そして眠っているようにも見えるw

パッケージデザイン画ではチェックマークのようなシュッとした目になってたので、単にトイの方の塗装のクオリティが低いのが原因みたいですね・・・w










revbots
revbots

スパイクバイクには可動ポイントがほぼ無く、両腕の肩部分が可動するのみ。
それ以外は完全無可動です。










revbots

そしてここからがレブボッツのギミック!

"REVOBOTS"の名の通り"REV-UP"(速度を上げるという意味)ギミックが内蔵されており、後輪タイヤを回転させることで内蔵ギアを高速回転させ、その勢いでレブボッツを走らせることができるというわけ。










z-bots REVBOTS SPIKEBIKE

カメオさん(@tao_cameo)が投稿した動画 -




実際に撮影してみるとこんな感じ。
前述の通り後輪を地面に擦って回転させ、その勢いで走ってるわけです。

これがまた結構なスピードが出るのよ・・・プルバックカーよりも速度は早いんじゃないでしょうかね?
ただ速度が上がりすぎるのとバイク型なのが相乗してややバランスをとらせづらいのがネック。










revbots

そんなブッ飛びバイクなスパイクバイクとアクセルのコンビ。

実は何の連携ギミックも無いのです。


上の写真では無理やりスパイクバイクに搭乗させてますが、本来はスパイクバイクにZ-BOTSを乗せるようなスペースやギミックは一切無く、その他にZ-BOTSと組み合わせられるギミックも無し。

そう、レブボッツは2体セットのわりにお互いが完全に独立してるというちょっと悲しいセットなのです・・・w
パッケージにタイトルがある以上あくまで主体はレブボッツなので、普通のZ-BOTSであるアクセルが完全におまけ扱いですね;










revbots
revbots


でもお互いに世紀末っぽいし仲は良いんだろうきっと・・・
というかZ-BOTSにはキャラごとの解説がないので、この何の連携ギミックも無い2体が一体どういう関係なのか疑問ですわ;










revbots

ということでレブボッツよりスパイクバイク&アクセルでした。

レブアップギミックもアクセルの完成度も非常に良いので満足できるセットなんですが、やはり若干アクセルがおまけ扱い気味に感じるのが悲しいですね・・・w

しかしレブアップギミックだけで結構満足できるくらい遊べるので、レブボッツ+Z-BOTSと考えると連携ギミックは無くてもわりとお得に感じますね。
スパイクバイクとアクセルのどちらも造形や塗装も良い出来ですし、ミニフィギュアとしては十分遊べて満足できるものになっているかと。

レブボッツはこの他に3種のコンビがあるので、手に入ればまたいずれ紹介したいと思います。



にしても、「ただの走るバイクとZ-BOTSのセットなんてわりかししょーもなさそうじゃんな!」なんて思いながらレブボッツを開封したんですが、その5分後にはスパイクバイクをひたすら走らせて遊んでたくらいにレブボッツは中毒性高いです・・・w
単純なトイほどハマるってパターンですね・・・こいつはぜひとも一度手にとって遊んでいただければと思います。




おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Z-BOTS | コメント:0 | トラックバック:0
201701102106
<<galoob micro machines Z-BOTS BITEBOTS -マイクロマシーンズ Z-ボッツ バイトボッツ- | スタンド製作所 | KINDER SURPRISE EXTRA ROBOTS -キンダーサプライズ エクストラロボッツ->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ