MATTEL HOTWHEELS ATTACK PACK TARAN-CHEWA -ホットウィール アタックパック タランチェワ-
taranchewa

タランチェワ(TARAN-CHEWA)

先週レビューをサボってまで気合入れたデレステのイベントランキングですが、おかげさまで無事上位2000位以内に入れました。
最終順位は890位でしたね。イベント参加者が10万アカウント以上あるゲームですし890位でもかなり上位なのよ・・・

と、まあそんな話はさておき。
ハッピーミール版アタックパックバイトボッツと今年はやはり口パクパク系トイが個人的にキテるので今回もその系統で行きたいと思います。

taran-chewa
taran-chewa


ちゅーことで今回は、以前レビューしたホットウィールの派生シリーズ"ATTACK PACK(アタックパック)"の本筋ラインより、1992年に発売された元祖アタックパックであり、正義のカッキン大佐側のキャラ"TARAN-CHEWA(タランチェワ)"をご紹介です。










taran-chewa
taran-chewa
taran-chewa

キャラとしては以前のハッピーミール版のレビューにて紹介したタランチェワと同じなんですが、こっちは本家ホットウィール版なので細かいデザインや構造などはハッピーミール版とは大きく異なっています。










taran-chewa

全体的なデザインを見てみると後部エンジンのメッキや塗り分けなど見た目はかなり気合入ってますが・・・
触ってみると見た目に反してわりと重量が軽い上に、6輪のタイヤは内側がスカスカだし走らせるとわりとガタつくので、ミニチュアカーとしてはちょっとチープかもしれないですね・・・

出来は悪いわけではないんですが、他のホットウィール同様に転がし走行で走らせて遊ぶのには向かなさそうですね~










taran-chewa

EUハッピーミール版と比較。

「見た目の凝り具合が違うだけだし、本家版タランチェワ買うなら小さくて取り回しの良いハッピーミール版タランチェワを買えばいいんじゃない?」
と、思われるかもしれませんが・・・本家タランチェワの凄さはここからです。

ハッピーミール版のレビューで書いたように、本家ホットウィール版のタランチェワとハッピーミール版タランチェワでは口開きギミックの構造が違うのです。










taran-chewa

タランチェワ含む本家アタックパックではギミックの動作スイッチとなるのがこの後部のチェーンフック部分。










taran-chewa

このフックを指で摘んで下に引っ張ると・・・・










taran-chewa
taran-chewa

口が開く!そしてこのまま更にフックを引っ張ると・・・・










taran-chewa

な・・なんと!車体前部が持ち上がり昆虫のようなバケモノ姿に!!

そう。このタランチェワは他のアタックパックにはない口開き→モンスターへの変形というとんでもないギミックを有しているのです。

こんな変なギミック持ってるのタランチェワだけですよ、ある意味キワモノだらけのアタックパックの中でも最もレアで最もキワモノですよ・・・w










taran-chewa
taran-chewa
taran-chewa

顔や口まわりはこんな感じ。
モンスター顔や口内、歯だらけの下顎、そして車体本体には鉤爪のような歯、という具合にモンスター部分はものすごい凝って造形してあります。
もうホットウィールじゃなくて普通にモンスターフィギュア作ったらどうなんだって具合の力の入れようですよ。
ちなみに前輪が取り付けてある基部パーツはハサミのような形状をしており、モンスター姿に変形した際に腕っぽく見えるよう工夫されています。

一見大味に見えますが細かい配慮を欠かさないとは・・・やはりアタックパックは侮れんな・・・w










taran-chewa

ハッピーミール版と比較。
こうしてみると造形どころかギミックは全く違いますね。
バケモノ姿への変化を楽しみたいなら本家ホットウィール版、手軽に口パクパクギミックを楽しみたいならハッピーミール版がオススメってとこでしょうか。

どっちにしてもタランチェワはわりと人気なので、他のアタックパックに比べて入手がし難いのが難点ですね~・・・










taran-chewa

ちゅーわけでタランチェワのレビューでした。

ミニチュアカーとしての完成度は並かそれ以下だと思いますが、肝である口開き&変形ギミックがとてつもなく狂ってるので個人的にはかなりオススメです!

気になるのは本体が比較的軽くてやや安っぽい感じがするのと、案の定ギミックを動作させたまま固定させることができない事くらいでしょうかね~

普通のミニカーの刺激にはもう飽きたので変なものが見たいって方にはぜひとも買っていただきたいなーと思います。
というか海外ホットウィールコレクターから見てアタックパックってどういう扱いなんだろうね・・・・「ファッキン!あんなキモい車はホットウィールじゃねえ!」と思われているのか「こういうのこそホットウィールの味があって良いじゃない」と称賛されているのか・・・?w


需要は無さそうですが、アタックパックにはまだまだキワモノが多いので、これからも隙を見て変な奴らをレビューにブチ込んでいこうと思います。


おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アメトイその他 | コメント:0 | トラックバック:0
201701312105
<<playmates toys TERMINATOR SALVATION deluxe HARVESTER -プレイメイツ ターミネーター4 デラックス ハーヴェスター- | スタンド製作所 | [ミニレビュー]onell design GLYOS SYSTEM SERIES SUPER CRAYBOTH DISRUPTOR POD LEADER -スーパークレイボス ディスラプターポッドリーダー->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ