IDEAL Rocks & BUGS & THINGS Bugs -ロックス&バグス&シングス バグ側5種-
rbt

何か夏らしいトイが無いかなーと思ってずっと考えていたんですが、フと思いつきました。

夏といえば怪談!そして害虫!

なんとその2つを網羅する素晴らしいアメトイがあるのです!!
ということで今回は、長い間紹介するタイミングをうかがっていたコイツらをレビューです!

それでは、今回ご紹介するのはコチラ!

IDEAL社より1985年に発売されたアメトイ"Rocks & BUGS & THINGS"!!
(※以下、海外サイトに準じてRocks & Bugs & ThingsをR.B.T.と略して記載します)

これがまたトンデモなく風変わりなトイなんですよ・・・w


細かい説明は置いといて、とりあえずコマーシャル動画を見てもらいましょう












どうよ!
当時のアメトイCMでおなじみの子供もビビって逃げ出すこの恐ろしいトイ!!

そして「ロボットも兵士もヒーローも止められない!」というセリフでIDEALの他社対抗意識が垣間見えますな・・・!w


コマーシャルを見ればまあなんとなくどういうトイか伝わるかと思いますが、簡潔に言えば岩に擬態した怪物や巨大昆虫に擬態したバケモノが二本足の小さなモンスターである"mordles(モードルズ)"をパクっと捕食してしまうトラップ要素たっぷりのホラー系モンスタートイってわけ。
パッケージに書かれてる宣伝文句"Hungry Hunters with Hidden Horrors"という言葉そのまんまですね。


にしても、なんて絶望感しかないトイシリーズなんだ・・・一体なんなんだこれは!(褒め言葉




rbt
rbt


気をつけろ人間よ!

君たちはこのような恐ろしい戦いを目にしたことはないだろう。
ROCKS & BUGS & THINGS、この究極の戦士達は長い間暗い闇の中に潜んでいた。
だが今では、彼らそれぞれが隠している武器が陽の光の元で狙いを定めている。彼らを制御できるのはキミだけだ。

彼らに不意に出会ったどのようなものでも、彼らの敵になる。

餌である気味悪く小さなモードルズをめぐって彼らは絶え間なく争うのだ。

彼らは今も戦い続ける。誰も彼らを止められない!

(パッケージ裏解説文より意訳)


パッケージはこんな感じ。

さて、そんなR.B.T.販売元のIDEAL社といえばうちのブログを読んでる方はおそらく聞き覚えがあるかと思います。
IDEAL社はロボフォースやゼロイドを元々売り出してたメーカーなのです。
現在ではロボフォースやゼロイドの権利をToyfinityが譲り受けて、新たなロボフォースやゼロイドシリーズを出しているというのは過去に記事に書いたので皆さんご存知かと思います。

今回紹介するR.B.T.はトイフィニティからリメイクされたトイなどは出されていませんが、このR.B.T.付属のミニキャラ"モードルズ"はトイフィニティが名称そのままにしてミニフィギュアを復刻販売してますね。
(うちでも以前トイフィニティストアからの貰い物のモードルズの写真をアップしてましたね~)
トイフィニティのブログでは何度かR.B.T.について話が上がっているので、そのうちR.B.T.もglyosコンパチ系または何らかの形でリメイクされるかもしれませんねー










rbt

では再びR.B.T.に話を戻して。

R.B.T.は大きくわけて2種類があります。
岩に擬態してmordlesを待ち構える怪物の"Rock"
巨大昆虫に擬態した怪物の"BUG"
この2種族です。

コマーシャルを見る限りこの2種族はお互いに敵対してるようですね。
まああくまで主食のモードルズが同じなので敵対というよりは餌の取り合いみたいなもんなんでしょう・・・w










rbt
rbt


Rock側の怪物達はどれも擬態している岩状態から本来の怪物姿に変化するギミックを有しており、開閉式の口や穴の開いた口にモードルズを放り込んで捕食して遊ぼうというスタンスのトイです。

対してBug側は巨大昆虫の頭がパカっと割れて本来の顔が出現し、キバやハサミでモードルズを挟んで捕食するというギミックを有しています。

お互いに似たような性質ではありますが、岩に"擬態"しているRocksと本来の顔を"隠している"Bugsでテイストが全く違うというのがなんだか魅力的ですよね。











rbt

ロック側はメンツがブサイクで買ってないので・・・w
今回はそんなR.B.T.シリーズからBUG側を紹介しまショウ!

まずはこのブラッダーフライから。










rbt
rbt
rbt

ブラッダーフライ(BLOODERFLY)


キミはブラッダーフライだ。恐ろしくて汚らしいモードルズを狙う、危険なハサミを頭の下に隠した空飛ぶハンターだ。
犠牲者を静かに待ち構え、飛びかかって命を奪うんだ!

(説明書紹介文より意訳)


まずはハエ型モンスターのブラッダーフライをご紹介。

モチーフはハエですが、色合いや見た目はわりとハエっぽくない感じですね。シルエットはそれっぽくはあるんですが・・・










rbt
rbt

顔はこんな感じ。
顔もなんだかハエっぽくないですね。まああくまで昆虫の姿に擬態して顔を隠した怪物なので、アリっちゃアリかもしれませんが・・・










rbt

ちなみに可動ポイント等は一切無し。










rbt
rbt

そんじゃメインのギミックの説明へ・・・

腹部が軟質パーツになっているので、ここを思いっきり押すと・・・










rbt

パカっと昆虫顔が左右に展開し、中から本来の顔が!!

ギミックの仕組みはわりと単純で、お腹の部分がポンプになっており、空気圧でパーツを押し上げて顔を展開させているというだけ。










ROCKS and BUGS and THINGS BLOODERFLY gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




動画で見るとこんな具合。かなり軽快にギミックが動作します。










rbt

正面から見るとこんな顔。
目と口があり顔の左右からはハサミが突き出ているという化物顔ですが、そこまでモンスター感は無いような印象。










rbt
rbt

ちなみにこのハサミ、顔の開閉にあわせてハサミも開閉するので、このように付属のモードルズを挟んで捕食することができます。
このギミックがなかなか楽しいんですよ・・・!










rbt
rbt

ではブラッダーフライを一旦置いといて、付属のモードルズをご紹介。
モードルズは各R.B.T.シリーズのトイに1体ずつ付属しています。モードルズは形状と色にいくつかパターンがありますが、今回私が買ったブラッダーフライに付属していたのはこのモードルズでした。
各モードルズのバリエーションがランダムで付属するのかそれともアソート固定なのかは不明。

モードルズも特に可動ポイント等無く、完全に置物です。










rbt

トイフィニティの復刻モードルズや当時物モードルズと一緒に並べるとこんな具合。
バリエーション豊富ですねえ。これでカラーも色々あるんだからモードルズ単体でも結構凝ってますよね。










rbt
rbt

にしてもモードルズは完全に捕食される側にしかならないというのが悲しい存在というか・・・w










rbt

そういえばブラッダーフライ含めBUG側には全て体の裏にこのようなフック状のパーツが造形されています。
何に使うんだろう・・・?当時のアメトイの流れからしておそらくベルト等にひっかけて持ち歩くためのものじゃないかなーと推測していますが、うーむ・・・??










rbt

というわけでブラッダーフライは以上。

ギミックも造形もなかなかおもしろいですし、取り回しやすさはBUG側でダントツかもしれないですね~






















rbt
rbt
rbt
rbt

スケアピオン(SCAREPION)


続いてスケアピオン。
見ての通りサソリに擬態したモンスターですが、こちらもブラッダーフライと同じくサソリっぽさはシルエットだけ。










rbt

もちろん可動ポイントは特に無し。










rbt
rbt

頭はこんな感じ。
サソリはこんな昆虫のような複眼じゃないんですが、あえてリアルなサソリっぽくしないのはやはり"モンスターが虫に化けている"という設定を重視するためなのだろうか・・・?










rbt
rbt

で、スケアピオンのギミックですが、腹部から尻尾にかけて軟質パーツになっているので、ここを押し込むことで顔が展開し本来の顔が飛び出すという仕組み。
基本構造はブラッダーフライと同じですが、顔が開いた後に本来の顔が前へ飛び出すというのが唯一の違いかな?










ROCKS and BUGS and THINGS SCAREPION gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




ブラッダーフライとはまた違って動作が面白いですね~











rbt
rbt

んでこれが本来の顔ですよ。
ブラッダーフライとは違い、丸い目と顔の真ん中から飛び出したトゲがポイント。

トゲには特にギミックはないので、ブラッダーフライのように捕食するような動作ができないのがちょっと残念。










rbt
rbt

その代わり顔の開閉にあわせて両手が開閉するので一応モードルズを捕まえることも可能。
ブラッダーフライよりもギミックの動作がハッキリわかるので、動かしてて楽しいですね~










rbt

3.75インチ系フィギュアと比べるとサイズはこれくらい。
高さはかなり低いですが、全長はわりとあるので結構大きめな印象です。










rbt

ブラッダーフライと一緒に並べて餌の取り合い!
うむ、他のキャラと一緒に並べるとなかなか楽しいかもしれないですね~










rbt

スケアピオンは以上。






















rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings

ウィケッドクリケット(WICKED CRICKET)

続いてウィケッドクリケット。見ての通りバッタがモチーフの怪物。
というかなんか卑猥なものにも見えるような・・・いや気のせいか・・・w










rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings

注目してほしいのがこの造形美。リアルなバッタらしさはあまり無いんですが、体のシワとかすっげえ細かく作られてるんですよ。
リアルさと気色悪さを出すためなんでしょうけど、80年代当時のブツでここまでのリアルさを出すのってすごいですね~










rocksbugsthings

さて、そんでもってギミックなんですが、ウィケッドクリケットは下半身の腹の部分を押すことによりギミックが発動します。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

顔がパカっと上に上がり、中から本来の顔が!ってもう3回目ですしわざわざ言う必要もないか・・・w










ROCKS and BUGS and THINGS WICKED CRICKET gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




こいつもブラッダーフライ同様に軽快にギミックが動作します。











rocksbugsthings
rocksbugsthings

ブラッダーフライと同様にウィケッドクリケットにもハサミがあるので、モードルズを挟んで捕食することが可能。










rocksbugsthings

顔はこんなかんじ。大きな目が2つ並んでるのが特徴ですね。
そしてスケアピオンやブラッダーフライは口のモールドがあったんですが、ウィケッドクリケットには口が無く、口にあたる部分にハサミがあるというデザイン。
おまけに顔の両サイドから真っ直ぐツノが出てるという意味わからんデザイン・・・・でもこういうの結構好き!w










rocksbugsthings

モードルズを捕食だー!
しかしながらウィケッドクリケットのハサミはブラッダーフライのハサミより保持力がないので、モードルズを挟むというか引っ掛けるのが精一杯。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

買う前はあんまり期待してなかったんですが、遊びやすさといいデザインやギミックといい、どれもかなり秀でた出来なんじゃないかなーと。
結構オススメです!






















rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings

イビルビートル(EVIL BEETLE)

続いてイビルビートル。
名前の通り甲虫がモチーフっぽいですが、コガネムシ?クワガタムシ?なんなんでしょう・・・w










rocksbugsthings
rocksbugsthings

こいつに至ってはもう本来の顔が丸出しだし、昆虫目も変な位置にあるし、見た目も全然ビートル(甲虫)じゃねえし、昆虫に擬態しようとする意思を微塵も感じられないっす・・・w










rocksbugsthings
rocksbugsthings

んでこいつも腹部(本体後部)がポンプになっているので、押し込むと顔が展開するというわけです。展開というか既に顔が丸出しなので前に飛び出すだけなんですが・・・
ちなみに連動して顎の位置にある小さなハサミも開閉します。










ROCKS and BUGS and THINGS EVIL BEETLE gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




うちのは腹部のポンプ部分が固くなってしまってるのでギミックが動作させにくいです。ちょっと見辛いかも。










rocksbugsthings

顔アップー

うーむ、なかなかキモい顔をしておられますなあ。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

顎の下のハサミは小さいながらも保持力はまずまず。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

キモさでいえばイビルビートルがダントツかもしれないですね。
でも昆虫らしさを削りすぎて普通にモンスターになってしまってるので、なんだか本来のコンセプトからズレてるような・・・って気もします。






















rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings
rocksbugsthings

テラーアンチュラ(TERORANTULA)

最後はコイツだ!テラーアンチュラ!
R.B.T.シリーズの中でもかなり人気なキャラなので、入手に非常に苦労しました・・・
ただでさえ現存数の少ないR.B.T.シリーズの中でも最も手に入りにくい部類のトイです。

テラーアンチュラのモチーフは文字通りクモ、というかタランチュラ。
ですがテラーアンチュラも他と同様に、現実のクモとはかなり違った見た目ですね。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

というかなんでクモなのにこんな顔なんだよ・・・!擬態してないどころじゃねーよw










rocksbugsthings
rocksbugsthings

体型もなんか寸胴でクモとは程遠い感じ。
でもウィケッドクリケットみたいにこいつも細かいディティールはすごく凝ってるんですよねー。毛のような質感がなんともリアル。










rocksbugsthings

では、テラーアンチュラが人気な理由の1つでもあるギミックについてお話しましょう。
他のバグと同様にお腹を握ると・・・










rocksbugsthings
rocksbugsthings

口がパカっと開いて舌が飛び出す!!うーんキモイ!そしてステキ!!!











ROCKS and BUGS and THINGS TERORANTULA gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




シュッ!!っと綺麗に舌が出るのがすげー面白いんですよこれ~
ただし本体をやや下向きにしないとうまく口が閉じなかったり文字通り舌を噛んだりするので注意。











rocksbugsthings
rocksbugsthings

舌の部分はこんな感じ。
設定的にはここでモードルズを吸着して食べるようですが、トイの方には粘着のようなギミックは無いのであくまで形だけ。
でもパッケージ画像ではこの舌の表面に何か付いてるっぽいので、もしかすると本来は粘着シールみたいなものが付属してたのかもしれないですね。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

顔はこんな具合。
伸びる舌の部分が口になってるというわけなのかな。










rocksbugsthings
rocksbugsthings

可愛い顔してますがこのエグいギミックが本当にかっこいいですわ。
こいつで遊んでてマジ楽しい・・・!











rocksbugsthings

というわけで以上、R.B.T.シリーズのレビューでした。

どうです!?キモい!怖い!意味不明!と3つ揃ってるトイなんてR.B.T.以外なかなかいないでしょ~
しかもただのキモいホラートイというだけでなく、"モードルズの捕食"というしっかり意味のある動作をギミックとして可能にしたのがすごい点ですよね。
構造的には同じなので少し似通ってはいますが、各キャラクターごとに捕食&顔展開ギミックは異なってますし、モチーフも違うのでしっかり差別化できているというのも良いところ。
擬態して本来の顔を隠しているとはいえリアル昆虫とはかなり遠い姿形をしていますが、この辺の好みは人によりけりかもですね。個人的にはあえてリアル昆虫にそっくりな姿にしてないところがいかにも「怪物が昆虫に見よう見真似で擬態している」感があって好きです。

カテゴリ的にはあくまでトイなので可動ポイントは一切無いですが、捕食程度の動作ならできるので、アクション面を重視する方でも楽しめるんじゃないかなーと。

しかし問題なのは、ギミック故の壊れやすさでしょうか?
どうも中古で出回ってるものは大抵ギミックの一部が壊れてるか、ポンプになっている腹部の軟質パーツが経年劣化してたりすることが多々あるようです。
これはヴィンテージトイなのでしょうがないですよねーなにしろ20年以上前の物なんですし・・・










rocksbugsthings

最後は仲良くお食事で終わり。

今や箱付きすら入手困難な代物ですが、もしどこかで見かけたらぜひ買ってみて下さい~
R.B.T.がきっと、この夏を乗り切るにふさわしいほどの恐怖と気色悪さを与えてくれるでしょう・・・!


んで、このバグ達・・・一体正体は何者なんでしょうかねえ・・・・?



おわり
スポンサーサイト
別窓 | Rock and Bugs and Things | コメント:0 | トラックバック:0
201707222104
<<ワンフェス2017夏 マローダータスクフォース販売情報のお知らせ | スタンド製作所 | Toyquest ANDROIDZ POWER DRILL ZONE -アンドロイズ パワードリルゾーン->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ