TRANSFORMERS TFSS5.0 FRACTYL SCORPONOK -トランスフォーマー サブスクリプション5.0 フラクティル スコルポノック-
fractyl

ついにTFSS5.0の第1弾が届きましたよ~早速レビューです!

さーて、そんなわけで今日は超久しぶりにTFレビューですよん。

今回はTFSS5.0の"フラクティル&スコルポノック"をご紹介しましょう。


TCCとハズブロの契約が切れるので今回で最後のサブスクリプションサービスとなったTFSS5.0なわけですが、今回も製作が追いついてないようで3月にようやく第1弾が発送開始になりました。
しかも本来6ヶ月かけて6体+αのフィギュアを送る予定が、1ヶ月に2体ずつ送るという大急ぎの仕様に変わるという・・・;


前回であるTFSS4.0ではブラジオンを筆頭としたメイヒムアタックスクアッドチーム(合体戦士サンダーメイヒム)がメインのアイテムでしたが、今回のTFSS5.0では4.0の最後に配布されたインパクターがリーダーとなってサンダーメイヒムに対抗する新たなレッカーズメンバーを集めるというお話になっており、新レッカーズの構成メンバーが主なメインアイテムとなっています。

そんなTFSS5.0の第1弾がこのフラクティル&スコルポノック。前述の仕様変更で2体目のフィギュアであるライフライン&クイックスリンガーも同じセットに同梱されているのですが、うちでは相変わらずデ軍のみレビューするのでライフライン達については省略します。



そんじゃま、早速ブツを見てみましょうか。










fractyl
fractyl

フラクティル(FRACTYL)



フラクティル

「勝利は、狂戦士の怒りよりも鋭い知性によってより迅速に達成されるのだ」

科学者としてフラクティルはプレダコンの中でも異例の存在だった。
敵対勢力を征服するやり方として暴力が支持されていたプレダコンにとって、慎重に練られた戦略や非常に技術的な兵器はほとんど役に立たないように見られていたからだ。
セイバートロンが破壊された後、フラクティルは彼の科学的な鋭い洞察力が評価される新しい家を探して惑星探検へ出発する。
未知の惑星の大気圏に入ると同時にフラクティルはクラッシュしてしまうが、生態系進化の初期段階にあたる原始的なメカノイドによって発見されることとなる。
そしてフラクティルの生物学的実験は、この土地に住む原始的メカノイドに進化をもたらした。彼の悔しさがバネとなったおかげで、自身をこのメカノイド種族を司る神として確立させたのである。
インパクターとレッカーズが彼の漂着した船の残骸を発見し、惑星を越えた人員募集を受けた時、フラクティルは自らの役割に不快感を感じながらも、同時に幸せを感じていた。

フラクティルは彼の一時的な家の空気に合うように改修を加えた後、セイバートロンジェットモードの姿に戻った。
フラクティルに合っているのは武器よりも防衛的な性質だ。
武装としてダブルバレルレーザーライフルをロボットモードで装備し、限られた火力で対空戦を怯えながら戦うのだ。


体力:4
知力:9
速度:8
耐久力:4
地位:4
勇気:5
火力:5
技能:6

(付属カードより意訳)



まずはフラクティルから。

元ネタはビーストウォーズ期である1997年のBOTCONにて販売された同名限定トイ。物としてはテラザウラーのリカラー品でした。
97年以後もフラクティルの名を持つTFやKre-Oのフラクティルはいましたが、純粋なBOTCON版フラクティルのリメイクにあたるトイは今回が初めてのリリースになりますね~

トイとしては今回のフラクティルは去年のBOTCONのフリービー(配布品)であるテラザウラーのリカラーになります。
初代フラクティルと同じく再びテラザウラーからのリカラーでキャラが作られるってのがなんか面白いですね。同型なので当たり前っちゃ当たり前ですが・・・w


フラクティルについてのストーリーは付属カードに記載の通りですが、実はこれ以前TCCからpdf形式で配布されたフラクティルについてのストーリーを要約したものでして。もうちょっとストーリーを追加して解説すると・・・

プレダコンの科学者だったフラクティルは、サンダーメイヒムによる大破壊によって難民としてステイシスポッドに乗ってセイバートロンを後にしたものの、ポッドは惑星チクシュラニア(Chixulania)に不時着。
窮地に陥るも、惑星に住んでいたラプトリコンズのスラッシュクローに助けられる・・・

といったあらすじ。
付属カードの文書に出てくる原始的メカノイドってのはラプトリコンズのことですな。
結局はこの後インパクターや他の仲間と共に新生レッカーズの一員になるようで。











fractyl
fractyl


オルトモードは戦闘機。テラザウラーと同じなのでモチーフはF-14トムキャットなんでしょうね~
ってことはフラクティルもテラザウラーと同じくこの姿プレビースト姿で、この後botcon版フラクティルの姿へ・・・って感じなんでしょうかね?










fractyl
fractyl

にしてもこのまだら模様がなんかキモーイw
元々そういうデザインとはいえ、戦闘機でここまでガッツリマーキングが入るとキワモノ感を少し感じるような・・w









fractyl
fractyl

付属の武器と合体パーツを装備させるとこんな感じ。











そんじゃあいつものいきますか・・・

トランスフォ・・・・じゃないな、ビーストウォーズですし。


テラライズ!!!










fractyl
fractyl

にしてもすごい色合いですな。
色は流用元のテラザウラーとは大幅に違いますが、見た目はテラザウラーそのまんまなのでなんかあんまり別物感がないような気がします。










fractyl
fractyl

顔はこんな感じ。
テラザウラーよりも塗り分けは細かくなってますね。それに加えて口と目の周りが黒く塗られているので、少し引き締まった印象があります。
本来テラザウラーの口って歯が見えるように造形されていたんですが、フラクティルでは黒く塗りつぶされてしまったおかげで口が半開きのような見た目に・・・
あえて塗ったんでしょうけど、うーん・・・別に塗らなくてもよかったような気も・・・しかも光の当たり加減でお歯黒みたいに見えちゃうのよねーこれ。










fractyl
fractyl

可動やその他はテラザウラーそのまんまなので、詳しくはテラザウラーの方のレビューを見て頂ければと。










fractyl
fractyl
fractyl
fractyl

付属の銃もテラザウラーと同じ。
目新しい箇所は特にないですねえ・・・










fractyl
fractyl
fractyl

そして先程チラッと書きましたが、フラクティルには合体用のパーツが付属するわけで・・・
ということはもちろん合体するってことですよ。
今回のTFSS5.0では新生レッカーズのメンバーが合体して"レッケージ"へと変化するようになっており、フラクティルもその構成メンバーの一人ってわけなのです。










fractyl

リカラー元のテラザウラーと比べるとこんな感じ。
そのまんまだなあ・・・w










fractyl

つうことでフラクティルでした。

良くも悪くもテラザウラーそのまんまなので、botcon版テラザウラーを持ってる人にとってはあまりそそらないトイですね~・・・
かといって別に出来が悪いわけではないですよ。カラーリングは大幅に変わってbotconフラクティルをうまく再現してますし、塗り分けも綺麗なので完成度は高いんですけどね。
とにかく、一度テラザウラーを触ってたらあんまり感動が無いかなーという印象です。

ただしフラクティルが好きな人か、テラザウラー型を触ったことが無い人にとっては良いかもしれませんよん。














fractyl
fractyl

スコルポノック(SCORPONOK)



スコルポノック

「メガトロン様がオレに方法を見せてくれた時はまさに光学アイから目盛りが落ちたぜ」

無名時代のスコルポノックは、プレダコンという大きな社会の1つの目立たぬ歯車として、日々苦労して働くことに年月を費やしていた。
小柄な彼に割り当てられた仕事をこなすために必要以上に大きな知性と結合された結果、彼は追放者となった。
だが、"メガトロン"という名を名乗るにふさわしいほど幻想的なロボットの支配下となった時、全ては大きく変わった。
彼の指導の下、スコルポノックは犯罪結社ダークサイダーの設立を通じて、セイバートロンでの自身の立場を軽蔑し正す方法を探すよう成長していった。
現在、スコルポノックはメガトロンの強力な右腕であるテラザウラーと競い合っている。
メガトロンに対する彼の忠誠心は限りがない。忠誠心こそが彼の素晴らしくて強硬な指導者に対して報いる方法だと確信しているからだ。

スコルポノックは小さくて弱いが、コンピュータープログラミングと数学については素晴らしい才能をもっている。
彼はダークサイダーズの全ての資金を走らせており、詐欺、デジタル偽造やその他の金融犯罪を行うことで様々な形でクレジットロンダリングをしている。
戦闘員としては似合わないが、有事の際は最初の仕事で報酬として貰った強力なブラッキングキャノンを用いて戦う。
ブラッキングキャノンは照準上にいる誰かの視覚を短絡させるか、または従来よりも集束されたプラズマビームを撃つことが出来る。
また、彼は6輪クーペとして平均以上の機動性をもっており、一気に時速220マイルの速度まで加速することが出来る。ただし、頻繁な再充電無しでいけるのは短い距離だけだ。


体力:4
知力:8
速度:7
耐久力:5
地位:6
勇気:5
火力:9
技能:7
(付属カードより意訳)


続いてはスコルポノック。

元ネタは見ての通りビーストウォーズのスコルポノック(スコルポス)。
トイとしてはジェネレーションズのメトロフレックスに付属していたスキャンパーのリカラーになります。
なんかスキャンパーより色分けが増えててこっちの方がお得感ありますね。

付属カードのストーリーはビーストウォーズ前の話(というかBOTCON2016コミック後の話)のようで、ということは今回の姿はスコルポノック(スコルポス)のセイバートロンモードってことになりますな。










fractyl
fractyl

ビークルモードはセイバートロン6輪スポーツカー?なんか両サイドがゴツいですね・・・w
パッと見だとスコルポス(スコルポノック)らしさはあんまり無いような気もしますね。
しかし色分けはスキャンパーよりも細かいのでトイとしてはいい感じ~










fractyl
fractyl
fractyl

ビークルモードの上部には付属武器のブラッキングキャノンを装備することが可能。
というかこれは常時付けておいたほうが見栄えが良いような・・・










fractyl

正面のプレダコンマークがなんかチープ感出てますが、これはこれで個人的には好き!w











そんじゃスコルポノックも・・・

テラライズ!!!











fractyl
fractyl

スコルポノックってこんな色合いだったっけ?と現物見て思ったんですが、一応アニメデザインに近い配色にはなってるんですよねー全体的に。










fractyl

にしても横から見ると薄いのなんの・・・w










fractyl
fractyl

顔はこんな感じ。
元がスキャンパーなのでスコルポノックらしい顔ではないですが、スコルポノックと言って通用しないようなデザインではないのでうまく処理できてるかなーと。










fractyl
fractyl

小さいながらも可動は良く、わりとガシガシ動かして遊べます。TF特有の小さいものほどよく動くジンクスですな。

可動させてて思ったんですが、このスキャンパー型は腕がやや長めなので、配色だけでなく体型からもなんとなくBWスコルポノックっぽく見えますね。










fractyl
fractyl
fractyl
fractyl

ロボモードでブラッキングキャノンを装備させるとこんな感じ。
なかなか似合ってますね~










fractyl

レジェンドクラスのナイトレーサーと比べるとこれくらいの身長差。
リカラー元のスキャンパーがメトロフレックスのおまけ(メトロマスタークラス)だったのでレジェンドクラスほどのサイズが無いんですよねー。










fractyl

フラクティルと並べるとこれくらいの身長差に。
スコルポノック自体もともと小さいキャラなのでこの身長差でも間違いではないんですが、やっぱりもうちょっと大きくても良かったかなあ。










fractyl

個人的にはフラクティルよりテラザウラーと一緒に並べてこそ意味があるかと。










fractyl

というわけでスコルポノックのレビューでした。

流用元のスキャンパーの出来が良いので非常に遊びやすい仕上がりになってます。
可動率高いし接地が良いのでバランスもとりやすいし。変形もお手軽簡単です。
カラーはスコルポノックらしい色かと言われると賛否両論ありそうですが、イラストやBWでのイメージと見比べるとわりとスコルポノックの配色をうまく再現してるので全然アリだと思います。

個人的に気になるのが頭の可動。背中部分にビークルパーツの一部を背負っており、さらに頭パーツ自体が小さいので指を入れて頭を可動させるのが非常に厳しいんですよ・・・
というかスコルポノックの頭が左右に回せない・・・前後には可動させられるんですが左右には動かない仕様なんだろうか・・・?


と、色々気になる箇所はありますが個人的にはフラクティルよりスコルポノックの方が気に入りました。
フラクティルもスコルポノックも完成度高いのでオススメですよん~


というわけでTFSS5.0第1弾のレビューでした。

おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | TCC/FSS限定 | コメント:2 | トラックバック:0
201704012111
<<galoob Z-BOTS LINKBOTS -Zボッツ リンクボッツ- | スタンド製作所 | [ミニレビュー]52Toys TOPOP BEAST BOX BB-02 GHOSTDOG -ビーストボックス ゴーストドッグ->>
この記事のコメント
 
201704040936
頭部含めて同型且つ付属品完備なフラクティルを見るとやはりCW/UW手足ロボでBotConテラザウラーにだけ手足パーツが付属しなかったのは残念ですね。他から幾らでも流用が利くとは言え…


スコルポスはパワーアップにも復刻にもリメイクにも恵まれなかったキャラなのでプレビーストモードでも最後の最後とは言え遂に立体化された事が嬉しいですね
プレビースト玩具では唯一のメトロマスタークラスなので一番チビですが劇中設定でもそんな大きいキャラじゃないんでしたっけか。当時の玩具は大きかったけども
しかし個人的には最初にプレビーストキャラの玩具が作られた辺りに製作されたCGアニメ『Theft of the Golden Disk』に登場した姿(Cybertronショートラウンド型)の方が両腕がハサミ状のデザインな分よりスコルポスっぽかったと思いますね
もう少し早くに玩具化出来ていればこっちのデザインで出せたろうにホント何故ここまで後回しにされたのか…

元よりTGメトロプレックス付属という形でしか手に入らなかった型なので初期のメトロマスタークラスではスキャンパーだけ触った事がないんですよね
これもフラクティルとセットとは言え初めてメトロプレックスと別に生産された事は快挙だと思います
元より高額商品なのに今はライバルキャラであるダイナザウラーのリメイクによる特需で更に高騰しているメトロの入手は今や厳しいので
スキャンパーが単体で生産出来るようになってるのならいつかスキャンパーのリカラー別キャラを通常販売枠で出して欲しいものです
2017-04-04 Tue | URL | さすりゅ~ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201704052224
>さすりゅ~さん

botconテラザウラーはあくまでプレダカスとは別みたいな扱いでしたもんね~
付属コミックではメガトロン配下側だったので、あえてプレダカスとは合体させない意図だったのかもしれませんね。

他のビースト系キャラはなにかとリメイクに恵まれてましたが、スコルポノック(スコルポス)だけは長い間リメイクが無かったのでリカラーとはいえ出ただけでもホントによかったです。今の通常TFラインからじゃ出そうに無いですし・・・
確かに手がハサミじゃないのが唯一スコルポノックらしくない箇所ではありますが、現行TFでハサミ手になりそうなキャラがいませんしねえ・・・そこはやや仕方ないかもしれないですね。

スキャンパーだけはメトロプレックスとは別の金型だったんでしょうけど、今回のような感じでリカラーとして使ってくるのは意外でしたね~
スキャンパー自体もわりと良い出来なので今後も色々流用が効きそうですが、TCCが無くなって蓮主導になってからも使ってくれるかどうかが微妙なとこですね。。
2017-04-05 Wed | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ