galoob micro machines Z-BOTS MILITALY COMBOTS -Z-ボッツ ミリタリー コンボッツ-
combots

タイタンズリターンのトリプティコンを買ったんですが、いやー思ってた以上にデカかったですね。うちの大型フィギュア類よりもさらにデカいとは・・・メガビークルAT-ATだけはトリプティコンに勝ってますが・・w
海外で散々言われてましたが、本当にトリプティコンの股関節ジョイントが尋常じゃないくらい固いですね。固すぎてジョイントが壊れる、というよりは固すぎて一切動かせないくらいのレベルでした。
原因は股関節ジョイントのクリック式関節に使われているスプリングで、ジョイントに対してスプリングが強力&大きすぎるのが原因だったようで。
うちでは大きめのニッパー(小型ニッパー程度じゃスプリングが固すぎて切れないので)で2センチにスプリングを切ることでなんとか動かして遊べるレベルになりました。少なくともスプリングを2~3センチに収めるのが可動&耐重量性でベストのようです。
もし同じ現象で困ってる人がいれば参考にどうぞ。

そんな前置きと今回も関係ないですが、今日はZ-botsネタだよ!


というわけでうちのコンテンツではもはや恒例のZ-botsシリーズを今回もご紹介ですよん~

今回は本筋のZ-botsラインから少し外れた外伝的なシリーズを紹介しましょう。
その名も"Z-bots ミリタリー コンボッツ"!!










combots

Z-bots本筋ラインのシリーズ1そしてシリーズ2が発売し終わった1993年に展開が開始されたこのZ-BOTS ミリタリー コンボッツ(COMBOTS)
タイトルに"ミリタリー"と付いてることからもわかるように、Z-botsにミリタリー要素を追加した外伝シリーズなわけでして。
あくまで外伝的な立ち位置だからなのか、コンボッツのラインナップには新規造形されたフィギュアやビークルは一切なく、全てシリーズ1と2のリカラーで構成されています。

売り方は本筋ラインと同じで1ブリスターにコンボッツ3体パック、またはビークルとコンボッツ1体のセットが発売されていました。
ラインナップはコンボッツ全15種類+ビークル&コンボッツのセットが3種の計18種

前述の通りコンボッツはリカラーで構成されているんですが、面白いことに本家Z-botsと違うのはミリタリーカラーになっていることだけではなく所属が無くなっていること。
Z-botsは正義のZボッツ対悪のヴォイドという2大組織があり、そこからさらに細かいチーム分けまでありましたが、コンボッツではそれらの所属や勢力の区切りが全く無いのです。
つまりシリーズまるまる"コンボッツ"という大きなチームになるわけですね。

というかこいつら・・・一体何と戦ってるんだろうか・・・w
Z-botsは元々人間によって作られた設定ですし、Zボッツとヴォイドの2大勢力に別れる前の姿の一種なのかもしれないですね~
っていうか一体なぜシリーズ2終了後のタイミングでミリタリー仕様なんか出してたんだろうか?何かに対抗したのかそれとも血迷ったのかw










combots

さて、前述の通りコンボッツはZ-botsシリーズ1と2のキャラクターをミリタリーカラーにリカラーしたものなんですが、実際にリカラー元と比較してみるとこんな感じ。
元の色合いからかなり変化しているので大きく印象が違いますね~でもデザインの奇抜さは相変わらず・・・w

Z-botsシリーズは主に塗装とPVCの成型色で全体的に艶ありなテカテカした見た目なんですが、コンボッツシリーズはどれもつや消しのマット調塗装で仕上げられています。
そもそもの素材が本筋のZ-botsとちょっと違うんだろうか・・・?
おかげで本筋のZ-botsシリーズよりはPVCの癒着は比較的軽め。癒着が酷いZ-botsシリーズの中ではかなり扱いやすい部類かもしれないですね。


さぁ!それではコンボッツのメンバーをそれぞれ見ていきましょう~











combots

ブリッツ(BLITZ)

リカラー元:シリーズ2 スターナー

胸の3つの星が目立つコンボッツ。階級高いんだろうか?










combots

ミグズ(MIGZ)

※デザートスネーク ビークルセットのみに付属
リカラー元:シリーズ1 ピンナー

スポーツ狂チーム"ロボチャンプス"からピンナーのリカラー。
スポーツチームでも何モチーフかわからなかったんですが、ミリタリーになってますますわけわからん事に・・・w










combots

ブーマー(BOOMER)

リカラー元:シリーズ2 クリーネン

銃を持ってるのでコンボッツの中ではダントツでミリタリーらしい姿になってます。
シリーズ2での変な色合いよりこっちの方が引き締まっててカッコいいね~










combots

スカイボーグ(SKYBORG)

リカラー元:シリーズ2 エアボーグ

元が戦闘ヘリ型Z-botsだったのでミリタリーカラーが非常にマッチしてますな~
プロペラも口の機銃も可動するので動かしてて楽しいです。










combots

コンバッツ(KOMBATZ)

リカラー元:シリーズ2 コンボット

ミリタリーチームなので戦闘向けキャラが多めなコンボッツの中で唯一サポート要員っぽいコンバッツ。
非戦闘要員もしっかり居るのがコンボッツの面白い所ですね。










combots

ブラダックス(BRADAXX)

リカラー元:シリーズ1 クロバー

おっさん顔Z-bots再び・・・!w
警官モチーフのコップボッツから兵士に変わりましたが、こっちでも見た目に違和感無いですね。










combots

サージャント(SARJANT)

リカラー元:シリーズ1 マルファクター

リカラー元は2丁拳銃持ちのヴォイド側Z-botsでしたが、今度は2丁拳銃の兵士に。これもアリ?かな










combots

トルーポー(TROOPOR)

リカラー元:シリーズ1 スキャマー

リカラー元から色が減り、おまけにトルーポーという間の抜けた名前になり、見た目も名前も弱そうになってしまったヤツ・・・
でもきっと戦場では活躍してくれることでしょう・・・多分!










combots

トマホーク(TOMAHAWK)

リカラー元:シリーズ2 スカイレックス

リカラー元の時点でかなり戦闘向きな姿でしたが、ミリタリー仕様になってより一層凶悪さが増してる気がしますw
両腕のミサイルでぶん殴りつつ爆破するんだろうか・・・


















combots

コンバットトラッカー(KOMBAT TRACKER)


続いてビークルセットをご紹介しましょう。

コンボッツ本体と同じく、コンボッツシリーズのビークルもZ-bots本筋ラインの製品のリカラーになってます。
このコンバットトラッカーはリーコンローバーのリカラー。










combots
combots
combots

見た目はこんな感じ。
全体的に迷彩色にはなっているんですが、なんか成型色の割合が多いのでちょっと大味な感じ。










combots

流用元のリーコンローバーと比較。
リーコンローバーはかなりイカれたカラーリングですが、コンバットトラッカーの方は綺麗に色がまとまってるって印象ですね。










combots

モンガー(MONGORR)

リカラー元:シリーズ2 クルーザー

コンバットトラッカーにはコンボッツのモンガーが付属。
ちなみにコンボッツ3体入りの通常パックでもモンガーがラインナップされているので、ビークルセットを買わなくてもモンガー単体で購入可能。
Z-botsではビークルに付属するのはビークルセット限定キャラであるというのが王道パターンでしたが、コンボッツはこの流れには当てはまらないようです。










combots
combots
combots

そんでもってギミックですが、運転席にZ-bots取り付け用の凸があるので、足裏の穴に差し込んでモンガーを立たせる事が可能。
あとは転がし走行ギミックと車体上部のミサイルポッドを左右に手動で回転させることが可能なくらいです。

ちなみにパッケージでは運転席に座っているので、乗り方としては座らせるのが正しいのかもしれないですな。










combots

Z-botsにあわせたサイズなので当たり前なんですが、ビークルトイとしてはかなり小さいんですコレ。
デラックスクラスのTFのビークルモードとほぼ同じかそれより小さいくらいのサイズなので取り回しやすさは抜群です。










combots

コンバットトラッカーは以上。
単体で遊べるかというとそこまででもないですが、ビークルトイとしての完成度はまずまずなので悪くはないかなーと。
でも魅力はイマイチかなあ・・・






















combots

テラトレッズ(TERRA TREDZ)


続いて同じくビークルのテラトレッズ。
リカラー元はバリスティックボンバー。










combots
combots
combots

テラトレッズは見ての通りタンク系ビークル。
迷彩パターンは前述のコンバットトラッカーと大差ないですが、細かい塗り分けはコンバットトラッカーより多い気がしますね。










combots

ストーミン(STORMINN)

リカラー元:シリーズ2 アイコン


テラトレッズ付属のフィギュアはストーミン。
こいつもコンバットトラッカーのモンガーと同じく通常パックにもラインナップされている非限定キャラ。










combots
combots

ギミックは車体底部のタイヤによる転がし走行と手動による主砲の上下可動。
そしてこいつも運転席にストーミンを搭乗させることが可能。










combots
combots

テラトレッズは以上。
ビークルの楽しさはイマイチですが、カッコよさはコンバットトラッカーより上かなと。





















combots

というわけでコンボッツのレビューでした。

基本的にZ-botsがミリタリーカラーになったというだけの製品ですが、肝心のカラーリングはなかなか良いのではないかと。
流用元がシリーズ1と2なので遊びの幅はシリーズ3以降のZ-botsに比べると遥かに低いですが、Z-botsのあのおバカなカラーリングが嫌い!って方やリアルカラーが好みな方には合うシリーズではないかなーと。

本家Z-botsに比べればまだ集めやすいシリーズなので、気になる方はぜひ集めてみて下さい~



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Z-BOTS | コメント:0 | トラックバック:0
201708132129
<<REMCO ROBOT Renegades WARGOR -レムコ ロボットレネゲイズ ワーガー- | スタンド製作所 | Toyquest ANDROIDZ MAGNUM CARRIER -アンドロイズ マグナムキャリアー->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ