ToyQuest ANDROIDZ STRIKEBOT AIRBASE -アンドロイズ ストライクボットエアベース-
airbase

ストライクボットエアベース

(STRIKEBOT AIRBASE)


最近PS4のalvedo(アルベド)をやってみましたが、雰囲気は最高なのに謎解きが微妙にムズい・・・
難度的な難しさではなく、単純に指示不足というか・・・要はそもそも何のためにこのギミックを解いてるのかみたいな現象がちらほら;
そしてさらにバグがひどい。エリア移動してもなぜか元の場所に戻ってきたり、動かしてたラジカセを置いたら天井に張り付いたり、落とした道具が転がって床と壁の隙間に入っていったり、敵のエイリアンが天井に張り付いたり(2回目)・・・
そんなわけで色々不自由な部分はありますが、雰囲気はレトロホラーSF的で大好きなので気に入ってます。だって目ン玉のエイリアンとロボのエイリアンが出るのよ?そんなの絶対面白いに決まってる(偏見

そんな話はさておき、今日はアンドロイズの基地セットをご紹介~

airbase
airbase

ということで今回のレビューはアンドロイズの悪側"ストライクボッツ"所属のミリタリーチーム"ストラテジックディフェンス"の基地プレイセットをご紹介しましょう!
パッケージは上のような形状。
ボックスパッケージの一部が球体形ブリスターになっており、そこに基地セット付属のアンドロイズが入っているというなんとも斬新なデザインのパッケージしてます。

アンドロイズはこういう新たな設定やデザインの開拓はうまいのに、全くうまく運用できてないのが残念すぎるよなあ・・・w










airbase
airbase
airbase
airbase

それじゃ早速基地全体を見ていただきましょう。

ストライクボットエアベースは、ストラテジックディフェンスがミリタリーモチーフなのからわかるように軍事基地をモチーフにした基地プレイセットになっています。
規模はだいたい横30センチ、縦20センチくらい?あくまでアンドロイズにあわせた基地なのでめちゃくちゃデカいというわけではありませんが、結構ボリュームはあります。
ちなみに各部分に貼られているシールは出荷時から貼付されているもので、自分で貼り付けることはできません。あとこのシールは粘着力が弱いみたいで、新品で買っても大抵少し剥がれかかってます・・・w

それでは基地の各所を見ていきましょう。










airbase
airbase
airbase

まずは基地の3階部分から。
最上階である3階部分には管制塔にあたるような施設があります。内部には一箇所だけですがコンソールもしっかり造形されています。
この管制塔部分は台座ごと回転することが可能で、手動で左右に回転が可能。また、内部にはアンドロイズを1体乗せることが可能です。

こんな小さな管制塔ですがしっかり屋根までついてるのが結構凝ってますよね。










airbase

続いて2階部分へ。
2階の正面へ突き出した部分には望遠鏡が接地されてます。これでディフェンドボッツの動きを監視!ってわけですね。
ただし特にギミックは無し。










airbase
airbase

2階の正面から向かって左側には2連装の砲台が。
見ての通り基部のスイッチで2つのミサイルを発射することが可能です。
あとは上下および左右に自由に砲台を動かすことも可能。










airbase

今度は基地2階右側を見てみましょ。
こっちはなにやらいろんなものが・・・










airbase

信号機・・・?
走行ギミックがあるアンドロイズなので信号機は必須!なのかな?
この信号機特にギミックは無いんですが、なぜかアンドロイズ4種族のどの基地にも必ず設置してあります。わからないわ・・・










airbase

奥にはストラテジックディフェンスの旗が立ってたり。
向かって右側はストラテジックディフェンスのエンブレムですが、左側はおそらくストライクボッツのエンブレムなんじゃないでしょうかね。










airbase

そして皆さん気になっているであろうヘリポート。
残念ながらなーんにもギミックはありません・・・w

ストラテジックディフェンス唯一の飛行要員であるスカイボットや後述の戦闘機を乗せるためのものなんですが、ただそれだけという。










airbase
airbase

そしてこのストライクボットエアベースのメインギミックがこのエレベーターギミック。
3階にあるサーチライトを回すと・・・










airbase

このように昇降させることが可能。










airbase

と言っても2階と3階の行き来しかできないので少し微妙な気もしますね・・・

ところでこのエレベーター。ど真ん中に穴が空いててアンドロイズが乗れないんじゃないかと思っていません?
いやいや、これ"乗る"んじゃないんですよ~・・・










airbase

こうやって"ぶら下がる"仕様になってるんです・・・
エレベーターの穴の内側両サイドにボタンで開閉する突起が仕込まれており、そこに付属のアンドロイズの肩をひっかけることでこのようにぶら下がることが可能ってわけです。

え?そもそもなんでぶら下がってんの・・・?と思いますでしょ!?これにはちゃんと意味があるんです。










airbase
airbase

アンドロイズをぶら下げたままエレベーターを2階まで降ろして、2階の床の側面にあるダイヤルでエレベーターの方向を調節。

そしてそのままエレベーターの両サイドにある小さな黒いボタンを押してアンドロイズを落下させると・・・?










airbase

なんと!基地の1階にある格納庫の戦闘機のコックピットにスポっとアンドロイズが乗り込むというわけ。

そう、この一連のエレベーターギミックは昇降ギミックではなく戦闘機での出撃ギミックだったというわけなのです。


ちなみに写真ではいかにも綺麗に乗り込んでるように写してますが、実際のところは落下させてもうまく戦闘機に乗り込めません。大抵の場合コックピットの左右にはみ出てしまうか、乗り込む以前にエレベーター昇降中に衝撃でアンドロイズが落下してしまいます・・・w










airbase
airbase

先程の格納庫はこのように付属の戦闘機を収納できるようになっています。
エレベーターの写真では機種を表側に向けてましたが、実際の格納方向は↑の写真のような形。
格納庫の床に戦闘機のランディングギアが固定できる溝があるので、安定して収納できます。
戦闘機に関しては後述します。










airbase
airbase
airbase

そしてこっちもメインとなるギミック。
アンドロイズを走らせるための押し出し走行ギミック、通称"ロボットランチャー"です。
このロボットランチャーはアンドロイズのどのプレイセットにも必ず1つ付属しています。










ANDROIDZ ROBOT LAUNCHER gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




ストライクボットエアベースのロボットランチャーを取り外すのが面倒なので、別チームのロボットランチャーでギミックを撮影してみるとこんな具合。

仕組みは単純。上の黄色いボタンを押すとランチャーのバーがアンドロイズを押し出して走らせてくれるというだけ。
ただ勘違いしないでほしいのが、ロボットランチャーはミサイルギミックのようにスプリングの威力で押し出す、というわけではなく、あくまでボタンを押した時の強さでアンドロイズを押し出しているという事。

つまり・・・ボタンを強く叩けば強い勢いでアンドロイズを発車できるし、軽くボタンを押す程度じゃアンドロイズの進む勢いは弱いというわけ。










airbase
airbase

レッドアイ(RED EYE)

役職:航空防衛ジェットパイロット(ジェットパイロットエアリアルディフェンス)


ではそれではここで一旦付属アンドロイズのご紹介に参りましょう。
ストライクボットエアベースに付属するのはこのレッドアイ。
過去のアンドロイズレビューを見てる人ならわかるかと思いますが、実は2パック版のアルティチュードのリカラーです。










airbase

ちなみにパッケージ裏の写真やウェブの宣材写真では付属のフィギュアがレッドアイではなくアルティチュードになってます。
相変わらずのガバガバ具合ですな・・・
色合いから考えるともしかしてレッドアイの方がアルティチュードとして発売される予定だったのかもしれないですね。まあどちらにしても"レッドアイ"なのに目は赤くないという・・・・;










airbase

付属のカードはこんな感じ。
うーん・・・もう形だけみたいなもんっすね。相変わらずどこがどの値かわかりにくい・・・w










airbase

アルティチュードとは違いグリーン一色なカラーが目立ちます。せっかくのプレイセット限定キャラなのに、なんか一般兵みたいな色ですね。










airbase

顔周りの塗装もアルティチュードとそこまで変化なく・・・










airbase
airbase

可動も特に変わらず。










airbase
airbase
airbase

そんなレッドアイが乗るのが付属の"ジェットファイター"。他のアンドロイズ系ビークルより一回り小さいミニビークルになります。
プレイセットなのにビークルが付属するってなんかお得感ありますね~










airbase

戦闘機ですが、なんだろうなこの若干弱々しい感じ;











airbase

機体の裏にはランディングギアこと転がし走行用のタイヤが!










airbase
ジェットファイターの中には空間があるので、もちろんレッドアイを座らせることが可能。
よく見るとシート部分などかなり細かくディティールが作り込んでありますし、実際のパイロット椅子のような形状になっています。
ただしレッドアイが乗り込むのにこの細かいディティールや椅子の形状は全然関係無いんですよねー。これだけ作り込んでるのは単に見映えを良くするためなのか、別の意図なのか・・・










airbase
airbase

う・・・!ミニビークルだからわかってはいたんだけど、これ遊園地の乗り物にしか見えねぇぞ・・・w

あーちなみにジェットファイターにはレッドアイ以外も一応乗せられるんですが、基本的にはレッドアイに合わせたサイズになっているのでレッドアイまたはアルティチュード以外で乗れるキャラはかなり限られます。










airbase

あと出来ることは格納のために翼が折りたためるくらいでしょうか。
ミニビークルではありますが、あくまでプレイセットでの演出のためのアイテムという側面が強いので見映えはあんまりよろしくないですね。










airbase
airbase
airbase
airbase

なんのかんの言いつつ、プレイセットとして遊ぶと普通に楽しいんだよなあ・・・基地に乗せられるフィギュア数はかなり少なめですが、望遠鏡覗かしたり管制塔に立たせたりするとやはり面白いんですよね。これといってギミックが無くても、こういうシチュエーションアイテムがあるだけで遊びや想像の幅が広がりますね。










airbase

最後にM-9ロボトラックも引っ張り出してきて撮影。
ロボトラック用の駐車スペースもあるとよかったけどなあ。ジェットファイターの格納庫にはロボトラックは入らないんですよ・・・










airbase

ちゅーわけで以上ストライクボットエアベースでした。

元々20ドルもしないプレイセットですが、作りは悪くないですし、アンドロイズでなくてもミニフィギュア用に十分遊べるくらい楽しいものに仕上がってます。
居るかいらないかは別にしてロボットランチャーも付属しますし、ジェットファイターも付属しますし、これボリューム的にはかなり多い方なんじゃないでしょうか?
あくまでミニフィギュア用のプレイセットなのでそこまでガッツリ場所とりませんし、比較的コンパクトにまとまってて取り回しもしやすいんじゃないかなと。
主ギミックはちょっと地味ですが、なんとなく弄ってみたくなる微妙な中毒性があります。

気になる所を挙げるなら耐久性でしょうか?
全体的に華奢な作りではないのでそれなりに強度はあるんですが、エレベーターのようなギミック状負荷のかかりやすい部分も他と同じABS系パーツで作られているので、若干強度が低いんですよねー
弾性があるので割れたりすることはないかと思いますが、エレベーターの軸などは強く押さえるとひん曲がったりしてしまうので少し注意が必要です。
エレベーターと昇降柱を繋ぐパーツもやや重さで曲がりやすいので、このへんは自分で補強したほうがいいかもしれないですねー・・・

と、まあそんなわけでストライクボットエアベースをご紹介しました。
次は最強ロボット土方集団エンジニアリングディヴィジョンチームをご紹介しましょうかね。


おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | アンドロイズ/ANDROIDZ | コメント:0 | トラックバック:0
201706292141
<<MORPHONAUTS CRABINAUT & PYRONAUT -モーフォノーツ クラビノート & パイロノート- | スタンド製作所 | ToyQuest ANDROIDZ M-9 ROBOTRAK -アンドロイズ M-9ロボトラック->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ