galoob micro machines Z-BOTS FANG FIGHTER -ファングファイター-
fangfighter

ファングファイター(FANG FIGHTER)

最近わりと真面目に等身大ドールがほしいなぁと思ったり。言い訳にしか聞こえませんがやましいこと目当てというよりは純粋に美術品として家に置いときたいんですよねー。真面目に貯金して買おうかな・・・
しかしトリプティコンですら置き場所なくて持て余してるので、何買うにしてもまず必要なのはやはり金よりもスペースですね・・・w

さて、そんな話はさておき。本日もZ-BOTSレビューをいってみましょうか!

というわけで今回のレビューはZ-BOTSシリーズより、敵側ヴォイドの専用ビークル"FANG FIGHTER(ファングファイター)"をご紹介。

以前正義のZボッツ側の大型基地トイとしてボルテックスHQをご紹介しましたが、そんなZボッツの大型基地と対をなすのがこの1993年に発売されたファングファイター。

とりあえず、どんなものか早速見ていきましょうか。









fangfighter

まずはパッケージから。
このいかにもアメトイらしいパッケージイラスト、超良いですよね~










fangfighter
fangfighter
fangfighter
fangfighter

これがファングファイター。
名前の通り戦闘機なわけですが、ステルス機のように横に長い機体形状なのがポイント。










fangfighter

Zボッツや3.75インチフィギュアと比べると大きさはこれくらい。
高さはあまりありませんが、その分横に長いので実際に触ってみると結構ボリュームがある印象。










fangfighter

さすがにメガボットと比べると小さく感じますね・・・まあこれは、メガボットがデカすぎるだけだしなあ・・・w










fangfighter
fangfighter
fangfighter
fangfighter

各部のディティールはこのような具合。
"ファングファイター"の名の通り、機体前面には歯のようなディティールがあります。正面のレーザー砲のところには目のようなモールドがありますし、もしかするとメガボットと同じくこのファングファイター自体もZ-botsなのだろうか・・・?
その他、機体上部のファンやメカニカルモールドもかなり細かく作り込まれてますし、造形はかなり凝ってますね~










fangfighter

ではギミックの紹介にいきましょうか。

もうお察しな感じはありますが、真ん中にあるのはコックピット。Z-botsを乗せることが可能です。










fangfighter
fangfighter
fangfighter

このようにキャノピーを開けて中にZ-botsを乗せれるわけですが、実は後述のギミックの都合もありコックピット内部に座席や操縦桿といったディティールは一切ありません。
あくまでキャノピー下の床にある凸にZ-botsの足裏をあわせて立たせているだけなんですよねー・・・
しかも全体的に狭いので、コックピットに乗れるZ-botsはかなり限られます。一応パッケージでもコックピットに乗ってるウォーペックス(またはそれと同型)ならコックピットに乗れます。でもそれでも少しキャノピーが浮いちゃうくらいなんだよね・・・あまりにもサイズが合ってなさすぎる;










fangfighter

んで続いてのギミック。
この機体の左右上部にあるハッチなんですが・・・










fangfighter

パカっと開くことができます。
これをどうするかというと・・・










fangfighter
fangfighter

このようにZ-botsを乗せて顔を出すことが可能というわけ。
パッケージではZ-botsがハッチの穴から上半身を覗かせるような描写がされてますが、現物ではハッチ内部が少し深いため、ほとんど頭しか出ないような状態に・・・
上の写真ではなんとか腕を引っ掛けることでパッケージイラストっぽく仕上げてます。










fangfighter

そんでもってもう一つのギミック。
いつものミサイルギミックです。翼の先端に取り付けられたミサイルが飛ばせるというわけなんですが、このギミック、スプリングも押し出し式構造も一切使われていません


え?じゃあどうやってミサイルを飛ばすかだって!?












fangfighter

そりゃもう素手に決まってるでしょ。デコピンで弾いてスポーン!とミサイルを飛ばすんです!!


ということでおそらく(私の知る限り)唯一のデコピンミサイルギミックをファングファイターは搭載しているわけです。
すげえやgaloob・・・その発想は無かったわ。さすが未来に生きてんな・・・w

ちなみにこのミサイルですが、取り付けるとすこしだけ固定されるので動かしてて勝手にポロリしたるする心配はほぼ無し。










fangfighter

パッケージアートを再現してウォーペックス、タイゾン、トライエックスを乗せるとこのような感じ。
いや~カッコいい!悪そうだけどどことなく漂うダサさがアメトイSF感をうまく引き出してます!










fangfighter

ファングファイターの機体上にはハードポイントとしてZ-botsの足裏に差し込める凸が複数箇所あるので、このようにZ-botsを機体の上に乗せることも可能です。
こういうギミック結構楽しいんだよね~










fangfighter

さぁそれではこのファングファイター最大のギミックをご紹介しましょうか・・・・










fangfighter

機体をパカっと開くと・・・?












fangfighter

おおお・・・・!?











fangfighter
fangfighter
fangfighter
fangfighter

なんと基地に変形するのです!!

そう、ファングファイターとはただの戦闘機ではなく、ヴォイドの移動基地(アサルトベース)だったというわけ。
変形なしで固定状態の基地であるZボッツのボルテックスHQに対して、ヴォイドは移動基地というのがなんか戦力差あって良いですね~
ボルテックスHQのストーリーでは、正義のZボッツチームはヴォイドに圧されて地球から逃げて月の基地で体勢を整えているので、このファングファイターはそんなボルテックスHQを襲撃するためのものなのかもしれませんね。

あ、そうそう。アサルトベース形態に変形させるには、ファングファイターを戦闘機形態から手動で色々変形させなければいけないので注意。一発変形ではないですよん。










fangfighter

そんじゃアサルトベース形態の設備を一つ一つ見ていきましょうか。
まずは入り口。ギミックの都合で急斜面だったZボッツのボルテックスHQとは違い、ファングファイターではしっかりとした階段が備え付けられています。
階段の一部にはハードポイントがあるのでZ-botsを立たせることが可能。












fangfighter
fangfighter
fangfighter

階段を上がった先にはシール処理で再現されたモニターや機械など様々な物が並んでいる作戦室が。
その両サイドにはスロープと1段高くなっている段差が。
ここにもあちこちにハードポイントがあるので自由にZ-botsを配置させれますね。

うーむ。ギミック優先でほとんどZ-botsを並べるようなスペースが無かったボルテックスHQよりはるかに優れてるぞこれは・・・










fangfighter

そんな中央の部屋の真上には巨大なヴォイドマークが!いかにも悪の基地らしくて良いですね。










fangfighter
fangfighter
fangfighter

そのヴォイドマークのさらに上には砲台であるガンステーションが。
これが戦闘機形態の時のコックピット内部の部分にあたります。ここにもZ-botsを立たせておくことが可能。
さらにガンステーション自体を左右に旋回させることもできます。










fangfighter
fangfighter

続いて後ろ側も見てみましょう。

前面しか基地らしくないと思ったら大間違い。ファングファイターはちゃんと後ろ側もしっかり基地として機能してるんですよ!










fangfighter
fangfighter

基地後部にあるこれ。戦闘機形態の時のハッチなんですが、アサルトベース形態でももちろん開閉可能。
ただし、アサルトベース形態では扱いが変わり、ハッチではなくトラップドアになっています。










fangfighter

んで、さっきから目立つこの枠みたいなやつ。一体何なのか謎だったんですが、パッケージいわく"ロボリジェネレーションステーション(ロボット再生装置)"らしいです。
おそらく負傷したヴォイドをここで修理するのでしょう。どうやって使うんだろう?くぐるのかな?でもくぐった先がトラップドアなんだよね・・・w










fangfighter

リジェネレーションステーションにもハードポイントがあり、パッケージ写真ではこのように装置の上にZ-botsを乗せてました。え?再生装置ってそうやって使うのか・・・!?










fangfighter

まあそんなわけで、前も後ろもたくさんZ-botsを並べて遊べるというわけなのです。










fangfighter
fangfighter
fangfighter

そこまで広い基地では無いですが、こうやってたくさんヴォイドを並べるとなかなか面白いですね~










fangfighter

特に連動ギミックは無いですが、うまく組み合わせてやればメガボット搭乗口を作ってやることも可能です。
他のヴォイド系ビークルとも色々絡めて遊ぶと楽しそうですね~










fangfighter

つーわけでファングファイターのレビューでした。

ビークルから基地になるというプレイバリューの高さに加え、ビークルとしても基地としても決してどちらかが割りを食ってるような中途半端な出来ではなく、綺麗に両方の形態をしっかり両立できているというのが素晴らしいですね。
主ギミックが変形なので、ミサイルギミックとかはあくまでおまけ程度ですが、それでもZ-botsと絡めて色々遊べる構造になっているのでギミック面もかなり優秀です。
基地トイまたはプレイセットとして見ても、基地内部に砲台、再生装置、作戦室と様々な部屋があるというのも基地らしさを引き立ててて非常に良いと思います。

前回のボルテックスHQがあまりにもZ-botsを並べにくいような構造だったので結構心配だったんですが、ファングファイターではより基地らしいトイになってて安心しました。というかギミック抜きで考えると明らかにファングファイターの方が完成度高いような・・・


そんなわけで正義のZボッツを圧倒するこのファングファイター。超オススメなのでぜひぜひ買ってみて下さい~


おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | Z-BOTS | コメント:0 | トラックバック:0
201708262108
<<MARVEL UNLIMITED PLUS Age Of Ultron GOLD ULTRON -マーベルアンリミテッドプラス ゴールドウルトロン- | スタンド製作所 | REMCO ROBOT Renegades WARGOR -レムコ ロボットレネゲイズ ワーガー->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ