TRENDMASTERS LOST IN SPACE BATTLE RAVAGED ROBOT -トレンドマスター ロスト・イン・スペース バトルラヴェッジ ロボット(フレンディ)-
brrobot

フレンディ(FRIENDY)


最近プラモや食玩を塗るのにシタデルカラーに手を出そうかなーと思ってるんですが、使い方がなんだかややこしくてイマイチ理解しにくかったり・・・
要はデジ絵みたいにレイヤーごとに陰影を重ねて塗っていくような流れって感じなんでしょうかねえ。
でも圧倒的に現行の模型用塗料より扱いやすそうなので、とりあえず1本ほど買って試してみようかなーと

んで、そんな今日は過去のロスト・イン・スペースシリーズレビューの続きの品をご紹介~
ということで今回は映画"LOST IN SPACE(ロスト・イン・スペース)"よりバトルラヴェッジロボットをご紹介。

ちょっと前に同じロスト・イン・スペースシリーズのロケットランチャーロボットを既にご紹介してますが、今回のはその続きみたいなもんです。
作品やキャラの詳細については以前のロケットランチャーロボットの記事で書いてるのでそちらを参考にしてください~


そんじゃ実物を見ていきましょう。










brrobot
brrobot
brrobot

これがバトルラヴェッジロボットこと"フレンディ"。

要はロボット(フレンディ)が大破した様子を再現してバトルダメージ仕様になっているのがこのバトルラヴェッジロボットなんですが、そもそもフレンディは劇中で2回くらいぶっ壊されてるので最初に壊された方を再現してるのか後で壊された方なのかどちらを再現してるのかよくわからず・・・w

トイとしては前回紹介したロケットランチャーロボットのリデコになっており、造形も構造もほぼ同じです。外観を見た感じだと上半身のみ新規造形ですね。










brrobot

ロケットランチャーロボットの方のフレンディ(右)とくらべてみますか。
ピッカピカだったフレンディに対してバトルラヴェッジはラスティな感じというか、もう思いっきりボロボロ感が漂ってて別物のような見た目になってますな。










brrobot
brrobot
brrobot
brrobot

全身の各所はこのような感じ。
上半身の大破した体のディティールは細かく再現されてはいますが、少し立体感が薄いのであんまりリアルではないですね~
腕や下半身は基本リカラーなので造形は特に変化なし。
全体のカラーは元の青い色から大きく変わって、色が剥げたようなボロっちい姿を成型色と塗装でうまく再現してますね。










brrobot
brrobot
brrobot
brrobot

リデコなので基本構造はロケットランチャーロボットそのまま。なのでロケットランチャーロボットの脚部展開によって背丈が変わるギミックや腕のクローの開閉ギミックはそのまま残ってます。

可動については主に腕と下半身のサブアームの可動くらいしかないですが、これもロケットランチャーロボットと変わらず。










brrobot

「なーんだ!バトルラヴェッジロボットってこれだけかよ。つまらんなー」とそろそろ思っているでしょう??

違うんですよ。ここからがバトルラヴェッジロボットの本領発揮です。


実はこのバトルラヴェッジロボットの上半身部分、取り外せるようになってまして・・・
上部の溝を使って上半身パーツを外すと・・・?










brrobot








brrobot


パカっと!このように上半身パーツが外れて別の姿が中から出てくるというわけ。

ぷ・・プリテンダー!!










brrobot
brrobot

実はバトルラヴェッジの上半身パーツはプラモデルのようなモナカ状になっており、あくまで内部のパーツを隠すための外装パーツでしかなかったのです。
ちなみに腕部分は上半身とは別パーツになっており、外装を外した後はフレンディの背中部分に取り付けることができます。










brrobot
brrobot

フレンディ完成です。

んでこのフレンディの姿、一体何かというと、劇中にて未来世界で出てきたフレンディの姿でして・・・
未来世界で大人になったウィル・ロビンソンの手によって組み上げられたのがこのフレンディで、ロケットランチャーロボットの方のフレンディとはまた別物だったりするわけです。(ロケットランチャーロボットの方は劇中で廃棄された宇宙船ごと吹き飛んでしまうので)

下半身のデザインは元のフレンディそのまんまですが、特徴的なのは頭。リメイク元作品である旧ロスト・イン・スペース(宇宙家族ロビンソン)のフライデーを模したような円盤上の頭になってます。
うん。この姿になってこそフライデー(フレンディ)ですね。










brrobot
brrobot

頭部分はクリアパーツで成型されており、内部にはメカディティールが。
一応左右に回転可動させることも可能ですが、特に意味はなし。










brrobot
brrobot
brrobot

まあ可動については全然変わらないので遊びの幅は変わりませんが、見た目がノーマル状態のフレンディから大きく変わってるのでそこが面白いところかなーと。
あと背中の腕は基部ごと可動させられるので、わりと自由に動かすことが可能。これもなかなか面白い点ですね。










trendmasters LOST IN SPACE BATTLE RAVAGED ROBOT sound gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




あとロケットランチャーロボットと同じくサウンドギミックがあります。ロケットランチャーロボットと同じく下半身の真ん中にあるボタンを押すとサウンドギミックが動作。
サウンドギミックの仕組みはロケットランチャーロボットと同じなので、ボタンを押してる間のみ音が鳴ります。
鳴る音声はロケットランチャーロボットとは違ってますが、こっちもボイスと電子音なのでなんだかあまり代わり映えしない印象・・・



brrobot

3.75インチフィギュアと比べるとこんな感じの身長差。
劇中でも人間とはこれくらいの身長差だったと思います。










brrobot

このフレンディなら宇宙生物も全然撃退できそう・・・?










brrobot

ロケットランチャーロボットの方と比較。
外装が無い状態で見るとかなり別物感ありますね~。
ピッカピカのフレンディがいいか、フライデー似で薄汚れた感じのフレンディがいいか、個人の好みが別れる所ですな。
しかし同じフレンディでも前者はただの自律型ロボで、後者は人工知能入れられたサポートロボなのでこの2つはある意味別キャラみたいなもんですが・・・










brrobot

と、そんなこんなでバトルラヴェッジロボットことフレンディのレビューでした。

一見するとわりとチープな印象ですが、このプリテンダーみたいな外装付け外しギミックがなかなか楽しかったりするんですよねー
その他に関してはロケットランチャーロボットと大差無いので、まあ普通かなーという感じ。
しかしこの「本当に経年劣化でボロくなってるんじゃね?」と思わせるようなボロボロ風塗装がなかなか面白いなあと。画像には載せてないですが下半身の裏まで汚し塗装がしてあるので、一瞬マジで汚い中古品を掴まされたんじゃないかと本気で疑いました・・・w
劇中でも最後の方になってようやく登場したフレンディの姿なので、個人的には立体化してくれるだけでありがたいくらいです。

残念なのは外装の取り外しがちょっとキツイことかなあ。
パーツ同士をはめ込むジョイントをちょっと調節してやらないとキツすぎる感じですね。


ロケットランチャーロボットのリデコとはいえ、形は似てるもののほとんど別物なのでもしロケットランチャーロボットを既に持っている方でも買っておいて損はないかと。
だってほら、実質別キャラですし!同じキャラなら重複して買うの抵抗あるけど、別キャラならいいでしょ!?



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | MOVIE系その他 | コメント:0 | トラックバック:0
201709092110
<<IDEAL ROBO FORCE MAXX STEELE -ロボフォース マックス・スティール- | スタンド製作所 | MARVEL UNLIMITED PLUS Age Of Ultron GOLD ULTRON -マーベルアンリミテッドプラス ゴールドウルトロン->>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ