IDEAL ROBO FORCE HUN-DRED - ロボフォース ハンドレッド
hundred

征服者 ハン ドレッド(HUN-DRED)

最近ヘッドフォンを新調して、少し値段が高めの密閉型のやつを買ってみました。
しかもヘッドフォン単体でオーディオプレイヤーとして操作可能かつ、ブルートゥース接続!おまけになぜかヘッドフォンの外殻であるハウジング部分にはでっかい液晶ディスプレイ付き!というかなりイカれた(良い意味で)やつ。これがまた使ってみたらわりと良いんですよねー
ちなみにアマゾンのセールで買ったんですが、後日ヤフオクを見たらセール価格以下で投げ売りされてましたわ。人気無いのか・・・w

んで、本日は再びロボフォース!なのですよ。


征服者 ロボット ハン-ドレッド(HUN-DRED The Conqueror Robot)


ロボフォースの宿敵であり悪のロボット帝国のリーダーであるハン-ドレッドはレーザーガン、手の粉砕機、そして殺害本能を有している。
ハン-ドレッドは野蛮で冷酷なロボット戦士を雇っている。
彼が持ち合わせる唯一の感覚は恐怖だけだ。
破壊とはあらゆるものの運命であるというのが彼の流儀だ。
彼は頭の武器庫から飛び出す強力なレーザー兵器をフードの下に隠しており、そしてさらに2本の手持ち武器の扱いにも熟練しているのだ。

(パッケージ裏紹介文より意訳)



つーわけで今回はロボフォースレビュー。
悪側である"カルト・オブ・ドレッド"のリーダー"ハン ドレッド"をご紹介しましょう。

ハンドレッドはエネミー、クルール、ヴァルガー達カルト・オブ・ドレッドのメンバーを率いて、大戦時に死んだ悪の親玉"ナズガー"の復活を企む邪悪なロボットなわけでして。
設定だけ読んでるといかにも冷酷で強い悪のリーダーっぽい印象ですが、実際はそんなことはなく
ロボフォースTVスペシャルアニメ最終シーンでのマックス・スティールとの一騎打ちでは、ハンドレッドの武器であるドリルスパイクがマックスに一切効かないどころか、ドリルが逆に砕けてしまいマックスのパンチを喰らって壁に叩きつけられそのまま爆死するというポンコツっぷり。
このシーンがハンドレッドの最初で最後の戦闘シーンになるわけですが、マックスにかすり傷1つ付けれてないんですよねー・・・リーダーとしては絶望的に弱すぎないか;










hundred

ちなみに付属のミニコミックでもハンドレッドの活躍が見れます。
ミニコミックではハンドレッドが単身で、ロボフォース基地でブレイザーのメモリ増強を行っていたマックスを襲撃。しかし返り討ちにあい、↑のような情けない状態に・・・










hundred

挙句の果てにブレイザーのメモリ増強のために使っていたメモリーエンハンサーを逆転したレーザーを喰らい、記憶喪失になるというポンコツっぷり・・・
「WHA-」じゃねえよ。もはやネタキャラじゃねえか・・・

にしてもこれはハンドレッドが弱すぎるのかマックスが強すぎるのか・・・?










hundred
hundred

そんな噛ませ犬以下の扱いをされてるハンドレッドですが、見た目はわりとカッコいいんですよねー
角ばった体型でいかにもロボットらしい姿のマックスとは対象的に、ハンドレッドは全体的なシルエットが丸みを帯びてます。

デザインはかなり違いますが、過去記事のトイフィニティ版のハンドレッドと今回のレビューを見比べてみても面白いかもしれないですよん。










hundred
hundred

顔はこんな感じ。
鉄仮面のような頭にスリット状の目。甲冑のようというか装甲服っぽいというか。










hundred
hundred

ハンドレッドの頭部カバーはこのように開閉可能になっており、開けると連動してレーザーウェポンが中から迫り出してきます。
と言ってもほんの数ミリほどレーザー砲が迫り出してくるだけですし、このギミックのギアの動きが少し渋いので頭部カバーをスムーズに開けづらいんですよねー。ぶっちゃけレーザー砲が迫り出すギミックはいらなかったと思う・・・
レーザー砲の左右にあるディティールはもしかしてハンドレッドの本来の目なんだろうか?










hundred

体まわりのデザインはクルール等とそこまで変わりませんが、寸胴型な体型をしてるクルール達とは違い、ハンドレッドは腹部がやや出っ張った体型をしています。
胸部のシールは画像のような具合。毎回思うけどこのサイケな模様はなんなんだろうか・・・ロボっぽさを出すためのものなんだろうけど、何か意味があるのか無いのか・・・w










hundred
hundred

可動は相変わらず肩のみ。
一応腰も回転可動するんですが、見ての通り下半身はカップ状なのでどこ向かせてもあんまり変わらなかったり。










hundred
hundred

背中のポンプによる腕可動ギミックは健在。マックスなんかは胸が干渉して体の前で腕を曲げれませんでしたが、ハンドレッドは特にそんなことはなくスムーズにギミックが動作します。
ギミックについての詳細はマックス・スティールの記事で既に書いてるので省略。気になる方はそちらを御覧ください。










hundred
hundred
hundred
hundred

それでは付属武器の紹介。
ハンドレッドにはこの手持ち武器2種が付属。劇中でマックスの装甲の硬さに負けて砕け散ったスパイク状のドリルと、もう片方はレーザーかな?
クロー状の腕をしてるのに、武器は手の上か左右にしか付けれません。まあこの辺はマックスも同じでしたしねえ










hundred

武器は背中にこのようにマウントさせておくことが可能。
無駄が出なくて良いっすね~










hundred
hundred
hundred

動かないっちゃ動かないですが、それでも武器を持たせてガチャガチャやってると楽しいんですよねーこれがロボフォースの良い所!










hundred

最後はマックスと比較。
やはりマックスの方がガタイがいいなあ・・・そりゃハンドレッドじゃ勝てないぜ










hundred

つーわけでハンドレッドのレビューでした。

遊びの幅はあんまり他のキャラと代わり映えしないのはロボフォース恒例ですが、ハンドレッドはその独特な見た目と頭のカバーの開閉ギミックのおかげで他と差別化できてますね~
トイとして推せる部分は他と大差無いですが、この噛ませ犬的な悪のリーダーキャラは欲しくなりません?ロボフォースのアニメ見たら絶対欲しくなりますよ・・・!w
比較的遊びやすいのでロボフォースの入門キャラには良いかもしれないですよん。もしこのデザインを見てグッときたらぜひとも買って欲しいキャラでもありますね。


おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | IDEAL ROBO FORCE/ロボフォース | コメント:0 | トラックバック:0
201710142110
<<STARCOM SHADOW SPY -スターコム シャドウスパイ- | スタンド製作所 | [玩具大研究]マニアックトイ紀行 #11 LIONEL POWER MASTERS - ライオネル パワーマスターズ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ