FC2ブログ
STARCOM SHADOW SPY -スターコム シャドウスパイ-
shadowspy

シャドウスパイ(SHADOW SPY)

今更ながらキルゾーン2をプレイしてみたんですが、あれ普通にSF系のFPSかと思ったら、かなりゴリッゴリのFPS戦争ゲーなんですね・・・面白いけど敵が容赦なく遮蔽物に隠れるので倒しにくいのなんの・・・
ボーダーランズで敵自ら特攻してくるのに慣れてる側としてはなんとも難易度が高く感じますわ。

そんなSF話つながりで、今回は久しぶりにスターコムシリーズのレビューでござい。これ紹介するのすっかり忘れてたよ。





shadowspy
shadowspy


さて、それではシャドウスパイのレビューを始めましょうか!

と思ったら、なにやらこんなところにスターコムのカーゴコンテナが・・・?










shadowspy

外側には正義のスターコムのシールが貼ってありますな。

うん?おかしな。悪側であるシャドウフォースのシャドウスパイをレビューするつもりだったんだけど・・・










shadowspy

おや?なにやら小さいスイッチがカーゴコンテナの上にありますね。ちょっと押してみましょう。










STARCOM SHADOW SPY gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -




おぉぉお!!??

変形した!!?


そう!これこそがシャドウスパイ!スターコム側に潜入するためにスターコムのカーゴコンテナへ偽装し、そこから変形してファイターになるという超すげえトイなのです。
このギミック、以前レビューしたシャドウパラサイト等と同じく電池を使わないモータライズギミックなんですが、めちゃくちゃ凝ってますよね~










shadowspy
shadowspy


スターコムに偽装し、破壊的な空爆をもたらすことでスターコムの空域を勝ち取ったシャドウスパイは、シャドウフォースの空宇宙艦スターマダへと帰投するのであった。

(マルチランゲージ版シャドウスパイ パッケージより意訳)



ということでこいつがシャドウスパイ!
前述のとおりスターコム側のカーゴコンテナになる偽装形態からモータライズギミックでファイターへと変形する、シャドウフォースのスパイ戦闘機なわけでして。
ギミックの影響もありますが、全体的に翼が短めで丸っこい形状をしてますね。

言い忘れてましたが。カーゴ形態だと他のスターコムシリーズのカーゴコンテナと同じサイズになるので、スターコム側およびシャドウフォース側問わずコンテナと同じように大型機に格納したり牽引したりすることが可能です。










shadowspy
shadowspy
shadowspy

前後左右から見るとご覧の通り。
デフォルメか?と思うくらいのインパクトある見た目・・・w










shadowspy

シャドウパラサイトと比較してみましょう。
どちらもサイズはほぼ同じですが、シャドウスパイの方がかなりずんぐりむっくりな形ですね。
どちらも同じ悪のチームの乗り物とは思えん・・・w










shadowspy

もっとわかりやすくレジェンドクラスのトランスフォーマーで比較してみましょう。比較対象はオイルパン。
あくまでスターコムシリーズのミニフィギュアにあわせたサイズになってるのでかなりコンパクトです。カーゴに変形するとさらにコンパクトになるんですよ。










shadowspy
shadowspy

そんじゃ本体を色々見ていきますか。まずは武装から。
コックピットサイドと主翼の付け根部分にはレーザー砲が装備されています。
前側のレーザー砲は通常は少し収納されていますが、手動で引っ張り出せば画像のように伸ばした状態にすることが可能。
主翼近くのレーザー砲は上下に可動が可能です。










shadowspy

あーそうそう。武装じゃないですがスターコムのミニビークルで毎度恒例の燃料給油口はこちら。
この小ネタ結構凝ってますおね。大型戦闘機であるシャドウバットにも付けてほしかったなあ給油口。










shadowspy
shadowspy

そしてシャドウスパイの主力武装がこの後部の銃座。
サイズの都合なのか、この銃座もかなりコンパクトな見た目。というかこんな小さいレーザー砲で撃てるのか・・・?










shadowspy
shadowspy

銃座にはマグナロックギミック用のプレート。つまり鉄板が敷いてあるので、足裏がマグネットになっているスターコムのミニフィギュアを立たせて銃座に着かせる事が可能。
ハンドル部分はうまく持たせられますし、レーザー砲の基部は元々折りたたまれていたおかげで可動の融通が利くので結構綺麗にフィギュアを乗せられます。










shadowspy
shadowspy

そしてメインといえばやはりコックピット搭乗。ですね。
コックピットの横にある小さいボタンを押すとキャノピーが開きます。










shadowspy
shadowspy

コックピット内部はそこまで作り込まれてないので、作り込みが凝っていたシャドウパラサイト等に比べるとややチープかなーという印象。
ちょっと窮屈そうですね~










shadowspy

さて、コックピットも銃座もミニフィギュアがいないと成立しないわけなんですが、そもそもこのシャドウスパイ、本来どのミニフィギュアが付属するのかよくわからないんですよねー

同シリーズのシャドウパラサイトはマグ大尉が付属するので確定なんですが、シャドウスパイについてはあまりにも情報が乏しく、完品の状態でどのキャラクターが付属していたのか不明なのです。
今回のレビューでは、このシャドウスパイを中古で購入したときに一緒に付属していたおっさんキャラのストーン隊長をパイロットにしたりして写真撮ってますが、この人は設定の役職がシャドウインベーダーのガンナーなので本当にシャドウスパイに元から付属していたミニフィギュアなのかどうかは怪しい所。
もしかしたらシャドウスパイはフィギュア別売りだったのでは?とも考えたりしてますが・・・
ちなみにEUその他の国での展開版であるマルチランゲージ版のパッケージでは、EU限定キャラのハイドローンが付属フィギュアとして封入されているのをebayで確認しました。
推測ですがもしかしてハイドローンに限らず、USA版やEU版で付属フィギュアは何パターンかあるのかもしれないですね。

以上あんまり必要のない考察でした。










shadowspy

つーことでシャドウスパイをご紹介しました。

何がすごいってやっぱりあのカーゴからのモータライズ変形ギミックですよね。面白さを越えて美しさすら感じます。
逆を言えばあの変形ギミック以外はあんまりパッとしないので一発屋的な側面は強いかもしれませんが、変態戦闘機としてはかなりステキなのではないかと。
しかしこの変形ギミックは絶対に生で見る価値がありますよ。マジで・・・

唯一のネックはシャドウパラサイト同様にモータライズギミックが繊細なので壊れやすいことでしょうか。
中古だと多くの場合内部モーターの巻きが弱くなってるのでバラして巻き直すことで回復させることが可能ですが、ある程度技術か知識を持った人じゃないとちょっとむずかしいかもしれないです。

こんな素晴らしいシャドウスパイなんですが、やはり海外でも人気は高いようで、中古市場でもめったにみかけることが無い超レアなトイだったりします。
もし見つけたらぜひぜひ買って、このすんごい変形ギミックを生で!堪能しちゃって下さい。


おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | STARCOM | コメント:0 | トラックバック:0
201710212105
<<B2FIVE ACID RAIN 88th SAND DELUX SET STRONGHOLD ST1s & SPEEDER MK1s - アシッドレイン ストロングホールドST1s&スピーダーMK1s | スタンド製作所 | IDEAL ROBO FORCE HUN-DRED - ロボフォース ハンドレッド>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].