FC2ブログ
TRANSFORMERS ENERGON RAPID RUN - トランスフォーマー エネルゴン ラピッドラン
rapidrun

ラピッドラン(RAPID RUN)

最近プラモ塗装用についにエアブラシを導入しまして。いやー十数年越しですよ、ずっと欲しいとは思っていたものの値段の関係もあって導入してなかったんですが、「最近のエアブラシセットって安いから缶スプレーで塗るよりエアブラシ&コンプレッサー買ったほうが安価じゃん」と今更気づいて導入した次第なわけで。
しかしなかなか慣れないもんですね。メンテやら塗り方やらわりとややこしくて四苦八苦してますわ・・・

まあそれはさておき、今日はこれですよん。


というわけで今回のレビューはトランスフォーマー エネルゴン(スーパーリンク)のラピッドランでござい。
トイでしか登場してないリカラーのキャラなのでもう覚えてる人は少ないであろうマイナー枠なキャラですな・・・w

ラピッドランは見ての通りアルマダ(マイクロン伝説)のサイドウェイズのリカラーなわけなんですが、同じリカラー製品のトレッドボルトそしてウルトラマグナスと共に、TFエネルゴン展開最初期ギリギリに急遽生産されて急遽販売されたというなんとも風変わりな裏事情をもつキャラクターだったりします。
プレビュー的な意味合いで急遽販売されたんですかねぇ?でもこれからエネルゴン展開していこうという時に初っ端からアルマダ製品のリカラーを出してくるのはよくわからん・・・;

かなり急ぎで生産されていたのはパッケージからも見て取れまして、ラピッドラン、トレッドボルトはパッケージの裏の宣材写真がリカラー元のサイドウェイズ、スカベンジャーのままなんですよねー・・・どんだけ急いでたんだよ!
ちなみに噂によると、ラピッドランとトレッドボルトは10000個程度しか生産されてないんだそうな。10000個と聞くと多いように感じますが、全世界に売り出してる一般販売トランスフォーマーの中では10000個しか生産されてないというのはかなり少ない部類なんだそうで。
しかしながら10000個しか作られてないわりにまあまあ売れ残ってたらしく、トレッドボルトに至っては後に過剰在庫がイギリスで売られる始末だったそうな・・・・


というわけで、以上のようななんとも意味不明な経緯によって誕生したのがこのラピッドランというわけなのです。










rapidrun
rapidrun

それでは話をトイに戻しまして・・・・

ラピッドランは前述の通りアルマダのサイドウェイズのリカラーです。リカラー元のサイドウェイズについてはすっげえ昔にレビューしましたが、今見ると色々情報不足過ぎるので今回仕切り直しとして改めてレビューしていきますべ。

急遽作られたキャラなのでラピッドランのキャラ設定は特に無いのですが、同型とはいえ名前も違いますし一応サイドウェイズとは全くの別人のようですな。
ただしサイドウェイズと同じくユニクロン配下であり、オートボットとディセプティコンのどちらにも所属するダブルスパイである設定は変わらないようで。

さて、ラピッドランのビークルモードは見ての通りバイク。バイクにしてはかなりゴツいのでなんか別のものに見えてきますな・・・;










rapidrun
rapidrun

紫っぽいカラーに黄色のアクセントだったサイドウェイズに対し、ラピッドランでは黄色に黒のストライプという更に狂ったカラーリングになりました。カラーリング的に多分ハチをイメージしてるんじゃないでしょうかね?頭にあたる部分はハチの頭っぽく黒+赤できっちり塗り分けられてますし。

リアリティもクソもないめちゃくちゃなカラーですが個人的にはこういう色のほうがTFらしくて好きですw
元々おかしな配色するシリーズですしね。









rapidrun

ビークルモード単体ではあれ以上特に書くこともないので、先に付属ミニコンを紹介していきましょう!

付属のミニコンはナイトクルースナイトスクリーム。サイドウェイズ付属のルーク&クロスワイズのリカラーになるわけですね。
それぞれを見ていきましょう。










rapidrun
rapidrun

ナイトクルース(NIGHTCRUZ)

まずはナイトクルース。群衆に溶け込みやすいおっとりとした性格のミニコンだそうで。
オートボット側にスパイする際に要となるミニコンがこのナイトクルース。なのでこいつに関しては一応所属もオートボット(ラピッドラン本体はディセプティコン所属)。

クロスワイズのリカラーなのですが、ほぼ成型色のライトグレー一色で脛部分しか塗られてなかったクロスワイズに対し、ナイトクルースでは暗いグレー系の成型色+顔のみ塗装という仕様に変わっています。大きく色合いが変わってるのでしっかりキャラの差別化できてますね。

しかしいつ見ても力士みたいな体型してやがる・・・腹部のディティールがマワシに見えるから余計それっぽく見えるんですよねーw










rapidrun
rapidrun

さてここで秘密兵器登場!今回からこういう小さいものを写す際は拡大鏡を使うことにしました。カメラのマクロ機能じゃ限界ありますしね・・・

顔は黄色で塗られてますが、今まで小さくて目立たなかった顔ですしこうやって塗装されるのはわりと正解かと。にしてもこんな小さい所よく塗り分けられるな・・・目と口部分が綺麗にはみ出さずに塗られてますよ!










rapidrun
rapidrun

可動はこんな感じ。手は前後に可動、足は膝部分が可動できますが、分厚い腹部があるので足を前に出すことは不可。ただし膝部分は軸とボールジョイントのダブルジョイントになっているので、正しい関節の動きを無視すれば↑のように膝から前に曲げて座らせたりすることも出来ます。










rapidrun
rapidrun

ナイトスクリーム(NIGHTSCREAM)

続いてナイトスクリーム。謙虚で無能なミニコンで、賢人によるミニコン協議会の会計士として働いていたものの、ナイトクルースがコンバイナーのデータを盗んでいる事を知るまで、上司に正しい仕事の報告をしてもらう代わりにナイトクルースのスパイ活動を知らず知らずに手伝っていたというなんとも無能極まりないヤツ。スパイ行為が発覚して以後は共犯でもあるナイトクルースそしてラピッドランと共に行動しているそうな。

純粋に最初からスパイだったナイトクルースに対してナイトスクリームは半ば巻き添え的にスパイになったのがなんとも面白い設定ですね~

トイとしてはルークのリカラーになります。色味はルークとわりと似てますが、体の両サイドの塗装のカラーが変わり、腹部には黄色でアクセントになる塗装も追加されたので見た目はかなり変わった印象。
ナイトクルースとは対象的にこっちはディセプティコン所属のミニコンですが、まあこれはスパイとしてというより最初からディセプティコン所属なのかもしれないですね。ミニコン協議会はオトボとディセップ混成の組織ですし。










rapidrun
rapidrun

お顔。ライトグレーだった成型色から暗い色合いに変わってますが、ナイトクルースと違いこっちは顔が塗られてません。うーん、こいつこそ塗るべきだったのでは?と思うんですが・・・










rapidrun
rapidrun

可動はナイトクルースと同じようなもんですね~
軸ジョイントになっているナイトクルースの肩と違いナイトスクリームの肩はボールジョイントですが、結局前後にしか可動できないのであんまりボールジョイントの意味がなかったり。
足はナイトクルースとは違って干渉するものがないのでグリグリ動かせますが、股関節にあたる部分は通常状態だと後ろにしか可動できず足をあげられません。太腿パーツを前後逆にすることで足をあげれるようになります。
変形の都合で足をガニ股過ぎるくらい開けるのがポイント。










rapidrun
rapidrun

ラピッドランのビークルモードではこのように2体仲良く乗せることが可能。このモードなかなか可愛くて良いですねw










rapidrun

それでは再びラピッドランの話に戻りましょうかね。
ロボモードにしてみましょう。










トランスフォーーーム!!!!

ギゴガゴゴゴゴ・・・・











rapidrun
rapidrun

ロボモード。何度見てもすげえインパクトある見た目ですわ。ハチみたいなカラーリングになったおかげで更に個性が増してるw










rapidrun
rapidrun

ラピッドランの顔はこんな感じ。

後述のヘッドオンギミックの影響によりインパクトありまくりな円筒状の頭をしてます。これ初見だと「ダッせええええ!!こんな顔ありかよ!ヘッドオン時の顔のほうがマシだぜ!」と思ってたのに、今になってみるとこっちの顔のほうが個性的でカッコよく見えてくる・・・なんか毒されてるんですかねワタシ??

まあこんなギミックのしわ寄せがモロにきた顔ですが、バイザー目、唇といった細かい部分までしっかり造形されてますし、塗り分けもきっちりしてあるのは高評価ですね。
ただし首は可動しませんのであしからず。










rapidrun
rapidrun

可動についてはまあ・・・お察しですよねー
アルマダ系のTFは他シリーズに比べ圧倒的に可動しないことで有名ですが、ラピッドランも同じで可動ポイントは肩・股関節・足首程度。
これせめてフル可動ならなあ・・・










rapidrun
rapidrun

そんじゃラピッドランのギミックを紹介しますか、まず腕のミサイル。バイク時に排気筒だった部分がミサイルパーツになってまして、腕のミニコンジョイントに付属のミニコンを取り付けることで、ジョイントをスライドさせてミサイルを発射させることが可能。
ちなみにスプリング式ではなくミサイル押出式です。










rapidrun
rapidrun

ナイトクルースとナイトスクリームを取り付けるとこんな感じ。一応ウェポンモードなわけなんですが、2体共そもそもが武器に変形するわけではないので完全に見立て変形。なんとも違和感が湧き出てますわ・・・w










rapidrun
rapidrun

しかしなんとなく見た目の印象が薄いラピッドランにはこれくらい武装として盛ったほうが丁度いいですね。










rapidrun

さて、それではもう一つのギミック。ナイトクルースとナイトスクリームを変形させて・・・










rapidrun
rapidrun
rapidrun
rapidrun

変形したナイトクルースとナイトスクリームがラピッドランの頭にヘッドオン!こうすることでオートボットとディセプティコンとしての偽装姿へ変化するというわけなのです。
今でこそタイタンマスターによるヘッドマスターのリメイクがありますが、このギミックが登場した当時はG1ヘッドマスター展開以来初の新たなヘッドオンギミックだったのでG1以後のTFとしてはなんとも珍しいギミックだったんですよねー









rapidrun
rapidrun
rapidrun

そしてそのヘッドオンに連動して、ラピッドランの胸のパネルがオートボットとディセプティコンへと変化します。これもなかなか不思議なギミックで面白いですよね。
しかしながらどうも仕様ミスでパネルの印刷が逆になってしまっているらしく、ナイトクルースをヘッドオンさせると本来オートボットであるにも関わらずディセプティコンシンボルが、ナイトスクリームをヘッドオンするとオートボットシンボルが出てくるという台無し状態に;

ですが!ラピッドランのスパイ活動は基本的に「ミニコンをスパイ活動に行かせ、帰ってきたミニコンをヘッドオンして結果報告をダウンロードして受け取る」形式だという設定があるので、"ミニコンをスパイに行かせてる間にラピッドラン自身はスパイに行かせたミニコンと同じ所属に扮して周囲にとけ込んで報告待ちをしている"と考察すればこの仕様でも一応納得できます。

ちなみに胸パネルのギミックの仕組みは単純で、胸パネルは無印・オートボットシンボル・ディセプティコンシンボルの3層に別れており、変形した各ミニコンがラピッドランと合体する際に3つのパネルのどの部分をミニコンの腕パーツで押し込むかによって表れるエンブレムが変わるというわけなのです。
この絶妙なギミックはナイトクルースとナイトスクリームの微妙な体の幅の差によって実現されているため、他のミニコンではこのギミックは作動できません。しかしなんともうまく考えられたギミックですな~










rapidrun
rapidrun
rapidrun
rapidrun
rapidrun
rapidrun

このヘッドオンがまたおもしれえんだ・・・
頭が変わるだけではありますが、大きく見た目が変化してる気がして個人的にかなり面白いです。











rapidrun

おっと!忘れるところでした。それでは最後の最後にこのラピッドランの肝である真のギミックをお見せしましょう。

ナイトクルースとナイトスクリームが・・・










rapidrun
rapidrun

ナイトクリーパー(NIGHTCREEPER)

合体!ナイトクリーパーの誕生です!

ナイトクリーパーは非知覚兵器として作られたミニコン コンバイナーの数少ない試みの1つである。パワーサージがコンポーネントへ供給されない事によって合体中に高い機能を引き出すことが可能である。
盗んできたデータのおかげでナイトクルースとナイトスクリームの神経プロセッサは合体を乗り切ることができたものの、ナイトクリーパーへ合体するとドローン並の知性になってしまうという弊害が出てしまう。
そのため、合体時はラピッドランからの指示及び監督が常に必要であり、主に強引な手段が必要になった場合このモードを使用する。
・・・のだとか。


お気づきかもしれませんが、ここにきて前述の「ナイトクルースとナイトスクリームが共謀して盗んだ"コンバイナーの情報"」が合体に役に立ってるんですよね~何この伏線回収?すげえ面白いじゃん・・!

ナイトクリーパーはラピッドランのパッケージでは設定どころか名前すら記載されてなかったのですが、後年のTCCのキャラ紹介と共に設定と名前が付加されたようです。ナイトクルースとナイトスクリームも同じく。










rapidrun
rapidrun
power surge
power surge
power surge

サイドウェイズ付属のミラー(ルーク+クロスワイズ)とはまた大きく見た目が変化しているので別キャラらしくて良いですね~
にしてもやはり、何度触ってもめちゃくちゃ遊べる!
ラピッドランの可動が全部こいつに吸われてるんじゃないかというくらいグリグリ可動させられます。
足首が無可動かつ足裏が体に対して少し面積狭めなのでほんの少し立たせづらい時はありますが、それでもかなり自由に動かして遊べるので無問題。ナイトクルースとナイトスクリームがかなりしっかり合体しているので途中でポロリと分離してしまうこともないですし、かなりストレスフリーな仕上がりですね。










power surge
power surge

ちなみに顔はこんな感じ。ナイトクルースと同じくかなり綺麗に塗り分けされてますな~










rapidrun

ラピッドランと一緒に並べるとこんな具合。この完成度の差、もうどっちがおまけかわかんねえなあ・・・w










rapidrun

そんでもってもちろんラピッドランのビークルモードにまたがることも可能。この状態だとハンドルも握れます。










rapidrun

ということでラピッドラン&ナイトクリーパーのレビューなのでした。

サイドウェイズを随分前に触ってから数年ぶりに同型を触ってみましたが、やはりラピッドランの方の動かなさっぷりが目立ちますな。その分ヘッドオンギミック、ビークルモードでのミニコンライドギミック、ミニコン合体ギミックとミニコン頼みのギミックの豊富さでカバーできているので実際のプレイバリューはなかなか高かったり。でもほとんどラピッドランが乗り物みたいな扱いになってしまう感覚もありますね;

アルマダ系トイって動かない&ギミックも基本ミニコンくっつける程度が多いので個人的にあんまり好きじゃなかったんですが、前述のようにかなり遊べるのでこの型だけはかなり気に入ってます。
他よりもミニコンに依存したミニコン主体なトイだからこそ逆に面白いのかもしれないですね~




おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | スーパーリンク | コメント:1 | トラックバック:0
201803172141
<<Mayhem Mekanics UNRUSTABLE BASTARDS Tombstone Chapter BURLEY/IRIDE kickstarter edition - メイヒムメカニクス アンラスタブルバスターズ バーレイ/アイライド キックスターター限定版 | スタンド製作所 | JOY TOY 暗源 SOURCE THE DESTROYER MECHA - ザ・デストロイヤー メカ>>
この記事のコメント
 
コメントありがとうございます
201803242256
>さすりゅ~さん

ありましたね~ガンダムマーカーのエアブラシシステム。塗料の調合とかしなくていいので単純明快で使いやすそうですよね。
ガンダムマーカーでしか再現できないような変わった色もあるので、そういうのを使うのにちょうど良さそうなんですよねー

あくまでアメリカor海外出荷における全体生産数なので、アメリカ全土の各ショップに回す数としての10000個だと従来のTF展開の中ではかなり少ない方のようです。
日本は海外に比べると国あたりのファン人口少ないので2000個でも足りてしまうんじゃないでしょうかねー

確かにこいつら(またはサイドウェイズ)こそTRラインで出しても良かったと思いますよね。TRのコンセプトに沿ってますしリメイクすれば結構面白いものになりそうですよね~
なぜあえてタイダルウェーブを出したのか(多分型の流用が利くから程度の理由だとは思いますが・・・)疑問ですね。
2018-03-24 Sat | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].