FC2ブログ
Mayhem Mekanics UNRUSTABLE BASTARDS Tombstone Chapter BURLEY/IRIDE kickstarter edition - メイヒムメカニクス アンラスタブルバスターズ バーレイ/アイライド キックスターター限定版
unrustablebastards

いやはや、記事更新しようとしたらパソコンが再起動繰り返しててえらい目にあいました・・・
なんとか本日分の更新ができたのでよかったですが、もう10年近く使ってるパソコンなのでそろそろ替えどきかもしれないっすな。。

さて、本日は前回に引き続きバイクネタ?ですがこんな変わり者をご紹介。

つーことで今回のレビューはMayhem Mekanics製のロボットトイ"UNRUSTABLE BASTARDS(アンラスタブルバスターズ)"をご紹介です。

アンラスタブルバスターズは元々キックスターター発のロボットアクションフィギュア企画でして、キックスターターでの企画が成功して以後はMayhem Mekanicsのショップで販売されてます。

んでもってどういうフィギュアかというと・・・・まあ実際に見てもらったほうが早いですかね。










unrustablebastards
unrustablebastards

アンラスタブルバスターズはアウトロースタイルなバイクとロボットが組み合わさって大きなロボットへと変化するというコンセプトの元作られたアクションフィギュアシリーズでして。
可動そして変形合体を肝にしたトランスフォーマーのようなロボットトイなわけですよ。

ちなみにキャラ設定等についてはパッケージでは全然記載が無いんですが、一応ストーリーとかキャラクターbioみたいなのもあるようです。
バイクがメインだったりスポンサー等のワードが公式サイトで出てくるので、多分ストーリーのベースはレースの話になるのかな?










unrustablebastards

ちなみに今回レビューするアンラスタブルバスターズのフィギュアはキックスターター限定版になります。
限定版と通常版の違いはカラーだけであり、それ以外は特に変わらないっぽいですね。
ちなみに通常版のアンラスタブルバスターズが黄色、キックスターター限定版はオレンジがかったカラーになっています。










unrustablebastards

というわけで早速見ていきましょう。

中身はこんな感じ。バイクとそれに乗るライダー(ミニロボット)の2体で構成されています。
どちらもこの形態での公式名称は無く、単純に"バイク"と"ライダー"として扱われています。










unrustablebastards
unrustablebastards

"THE HERO" アイライド(IRIDE)


とりあえず先にライダーの方を見ていきましょうか。
コイツの名前はアイライド。パッケージとかにはさっぱり書いてないので名前無しなのかなーと思ったら公式サイトでのみキャラ名が公開されてましたわ。

アイライドはアンラスタブルバスターズのストーリーのメインであるチーム"バスターズ"に新規加入してきた反抗的なティーンエイジャーで、数年前に別チームのプロスペクトを抜けてきたのだそうな。
一応こいつが主人公格のようですね。

さて、話をトイに戻して・・・見ての通りオーソドックスな人型スタイルのロボットであり、全身フル可動のアクションフィギュア、そして付属のバイクに乗せるための"ライダー"でもあるというわけでして。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

ささっと全体を見てみるとこんな具合。
全身のディティールはかなり細かく作り込まれています。結構TFっぽさありますなあ。
全体的に細かい造形になりつつも表面のフラットさのおかげでかなりシンプルなデザインにも見えます。










unrustablebastards
unrustablebastards

今回も相変わらず被写体が小さいので、秘密兵器拡大鏡を使って顔を撮影してみるとこんな具合。
アイライドの顔はバイザー目+マスク顔になってます。アニマトロンのレーザークローみたいな顔ですね~










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

そんでもって何が凄いってこの可動っぷりよ!

肘・膝はダブルジョイントだし、全身にはボールジョイント、腰は横にも前にも可動、手足の各所には一軸ジョイントもあるのでスイング可動も可能。まあとにかくなんというか・・・めちゃくちゃ動くんだ・・・w

この可動ポイントの多さは実は後述のギミックのためなんですが、それは後に説明しましょう。










unrustablebastards
unrustablebastards

しかしそんなアイライドも武器がなければポージングが決まらない!だがご安心下さい、付属のバイクにくっついているハンドガンを取り外してアイライドの武器として持たせることが可能なのです。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

銃は銃口が銀で塗られてるだけですが、これがまた良い感じのアクセントになってて映えるのよ。
アイライド本体に銃をマウントすることはできませんが、手に持たせてポージングさせるだけで十分遊べます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

しかし1丁じゃ物足りないという方にも安心、ハンドガンは2丁付属しているので2丁拳銃状態にすることも可能です。










unrustablebastards

さて、そんなライダーなんですが、実は付属アイテムとしてこんなものが付属してまして・・・
実はこれ差し替え用のヘッドなんですよねー。アイライドの頭を取り外してコイツに差し替えれば別のキャラとして遊べるというわけなのです。










unrustablebastards

差し替え方法は背中のネジを外してヘッドを外すという処理が必要になります。
この手の差し替えってアメトイ的に無理やり引っこ抜くパターンが王道でしたが、このフィギュアでは素材が固すぎてそんなことできそうにないので素直にネジを外したほうが良いですね・・・;










unrustablebastards
unrustablebastards

"ROAD CAPTAIN" バーレイ(BURLEY)

頭を差し替えるとバーレイという別キャラに早変わり。

バイカーギャングのリーダーであり、アイライドのスポンサーであるバーレイ。バスターズのリーダーになったもののグループの崩壊を引き起こしてしまい、以後はチームを引っ張っていくべくリーダーとしての資質を磨き続けているそうで。

頭が小さいので非常に写真だと見づらいですが、先程のアイライドと違ってツインアイのおっさんフェイスになっています。口にはタバコっぽいものをくわえてますね~










unrustablebastards
unrustablebastards

顔が小さい上に頭の形状そのものはほぼ変わっていないので顔を取り替えた所でほとんど違いがわからないですが、まあ別キャラが作れるというのはギミックとして良いのではないでしょうかね?










unrustablebastards

ちなみにこんなものも付属してまして。どう使うかというと・・・










unrustablebastards
unrustablebastards

このようにライダーの足の装甲パーツを付け替えできるというものなんです。前述のヘッド交換ギミックに加えてこれをすることでキャラによってライダーの差別化ができるってわけですね。
「こんな地味なギミック必要?」と思われるかもしれませんが、これまた後述のギミックで活きてくるんですよ・・・!










unrustablebastards

最後に、TFと比較するとサイズはこんな感じ。
最近のレジェンドクラスサイズってとこでしょうかね?ただ可動に関してはライダーの方が圧倒的に勝ってます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

さあそれでは本命のバイクの方も見ていきましょうか。
見た目ちょっとアメリカンバイク的な感じでもあり、SFバイクっぽくもあるなかなか風変わりなスタイルをしてます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

各所を見ていきましょう。
全体的にメカディティールが多めなものの、ステップ部分やタイヤ、排気筒といったバイクの構成要素部分はしっかり再現されているため、TF等でよくある見立てSFバイクのような感じではなく純粋にオリジナルデザインのバイクとしてかなり洗練された見た目になっています。










unrustablebastards
unrustablebastards

ハンドルまわりなんて凄いですよ、サイドミラーどころか計器部分までしっかり再現されてますもん。
こういう細かいところまでこだわって作られてるのいいですね。ちなみにタイヤとの連動はしませんがハンドルは左右に可動させたり上下に位置調整できたりします。










unrustablebastards

座席部分はこんな感じ、ちょっとごちゃごちゃしてますが、付属のライダーを乗せて安定させるためにこのような構造になっているわけでして。










unrustablebastards

付属のライダーを乗せる際は背中のジョイントで固定させることができます。このおかげでかなり安定してバイクに乗せることが可能。
この手のフィギュアってバイクに乗れても安定することがほぼなかったのでこういう配慮は嬉しいですね~










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards


実際に乗せるとこんな感じ。ちゃんとハンドルも握れるし、ステップに足がおけるし、少しポーズ調整するだけで綺麗かつ安定してバイクに乗ることが可能。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

もちろんこの状態でも付属のハンドガンを持てるので、このように片手で持たせてギャング風味なポージングをさせるってのも良いですね。
かなり理想的・・・










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

ちなみに車体側面にはこのようにC型ジョイントがあるので、付属する大型武器パーツを取り付けることで武装状態のバイクにさせることも可能。

しかしながら素材の影響かC型ジョイントがあまりにもキツイので、武器のつけ外しが非常にしんどい!ジョイントが割れることはないでしょうけど、こっちの手が壊れそうなくらいの硬さなので付け外しを繰り返すのはあまりオススメできないかも・・・w










unrustablebastards
unrustablebastards

最後にサイズ比較。
リーダークラスのTRサウンドウェーブや、最近買ったPOTPのハングルー、ブラックウイングと比べるとこんな感じ。
バイクなので背丈は低いですが、全長はかなり長いです。おそらくTRサウンドウェーブのオルトモードと同じくらいの全長になるのでは?










unrustablebastards

そんだけデカいバイクなので、FAGなどの1/12系サイズのフィギュアでも乗せてみるとわりと違和感ない感じになります。










unrustablebastards

「おっと!まだ終わりじゃないぜ!本題はここからよぉ!」










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

バイクがロボットへトランスフォーーム!!!

すげー!でもあれ?なんか足りないような・・・










unrustablebastards

そこで重要になるのがライダー!
こいつがなんと・・・










unrustablebastards
unrustablebastards

ロボット形態の胸部パーツへと変形!するわけなんです。










unrustablebastards
unrustablebastards

変形したライダーを大型ロボットの胸部へ取り付けることでこの変形の最終工程が完成するというギミックになっているのです。このギミックなかなかステキ・・・!










unrustablebastards
unrustablebastards

というわけで完成、バトルアーマーであるバイクとライダーが合体することで大型ロボットへと変化するというわけですよ。いやーカッコいい!!この一言に尽きますわ!










unrustablebastards
unrustablebastards

ちなみにデフォの顔はこんな感じ。目や口の造形のないフラットな頭にドクロ顔のフェイスペイントがしてあるというなんとも悪そうな顔してます。
一応これ、前述のライダーキャラ"バーレイ"のバトルマスク顔なんだそうで。
アイライドのバトルマスク顔も付属しますが、それは後述しますね。










unrustablebastards

変形した胸部はこんな具合。
お気づきでしょうか?ライダー形態の時に差し替えたパネル部分、あれが大型ロボット形態だと胸のパネルになるんですよ!
つまりあの差し替えで大型ロボ時の胸パネルのデザインを決めれるというわけです。一応変形後のこの状態でもパネルの差し替えは可能なのでライダー時にあえてパネルを差し替える必要はなかったんですけどね・・w










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

手足も見ていきましょう。
バイク時にちらほら見えていたパーツが見事に腕と足を構成しているのがなかなか綺麗にまとまってて良いですね。
というか全体的に変形要素が外見からではわからないくらい細身のスタイルなのがまた面白いところ。










unrustablebastards

そんで気になるのが足なんですけどね、見てわかるようにタイヤパーツの中心を挟んで内側のパネルと外側のパネルの1枚ずつで体の重量を支えてるんですよねー・・・
このパネル状のパーツ、バイク時のフェンダーが変形したものなので厚みが薄く、正直見た目だけだと「これ折れるんじゃね・・?大丈夫か?」と心配になるような見た目。
実際軽く本体を振ると変形したフェンダー部分がしなりますしね・・・

しかしここで本体のクッソ硬い素材が活きてくるわけですよ。一見折れそうなくらい貧弱なパーツですがこれがまた意外と丈夫。
おそらく無理やり曲げるか叩き壊さない限り割れることはないかと。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

そんなフェンダーのネガティブポイントはともかく、注目していただきたいのはこの手!

画像を見ればおわかりかと思いますが、まあすげえ動くんだわ・・・
3本の指がすべて、指の付け根と第1関節が可動するわけでして。これに加えて手首もかなり自在に動きます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

そしてこの全身可動!どうよ!さすがにここまで動くと恐怖を感じるわ・・・w

全身ボールジョイントだったライダー単体に比べると足回りが少し制限がかかるので可動しやすさは下がりますが、基本的にはほぼライダー同様の幅広い可動域と可動ポイントの多さを実現できています。










unrustablebastards

再びサウンドウェーブとサイズ比較するとこんな感じ。うむ、すげーデカい。ほぼリーダークラスと変わらない大きさですわ。










unrustablebastards

さて、そんじゃ武器を見ていきましょうかね。前述の通りバイクにも付けれる武器ですが、本来はロボモードで使用していきます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

で、各武器の持ち方なんですが、手のひらにあるジョイント穴に武器のグリップ部分のジョイントを差し込んで固定し、そのまま指で押さえて持たせるという仕組みになっています。
この仕様って他のトイだと安定しないパターンがかなり多いんですが、アンラスタブルバスターズでは意外と安定性が高く、しっかりグリップを握らせていればポージングしてて武器がポロリするようなことはほぼ無いですね。










unrustablebastards

ちなみに各武器のグリップは折りたたみ可能です。
折りたたんだ状態はバイク時に使えってことなんでしょうね~










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

では武器を見ていきましょう。
まずはハンドガン。本体のディティールはあっさりしてますが安定性と扱いやすさは抜群ですね~
2丁付属するので両手持ちも可能。手のひらの固定用ジョイントが上下にあることを活かせば逆手持ちなんてオシャレな事もできるのでハンドガンだけでもかなり色々ポージングできます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

続いてショットガン。こちらも2丁付属。
本体の可動域が広いおかげで両手持ちも楽々です。ハンドガンよりデカいので少し重みがありますが、関節が重量に負けることなく安定して片手持ちができるのでこれまたポージングが捗ります。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

そして最後はチェーンソー!!完全に悪役の武器だぜ・・・

基本は両手持ちなので上下のグリップを使って持たせますが、どちらか片方だけでもしっかり握れていればそれで安定するので、もう片方の手はそえるだけでも十分かと。
ハンドガン、ショットガンと違いこっちは1丁しか付属しません。

しかしサイズの影響もあるけど、チェーンソーというより植え木の剪定をするヘッジトリマーみたいね見た目。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

武器を持たせてのポージング遊びがまた映えるのなんの。
武器の重量に振り回されること無くスムーズにポージングできるので非常に動かしやすいです。










unrustablebastards
unrustablebastards

さて、そんで最後は武器以外の付属品の紹介。
ライダーと同じく大型ロボット形態でもフェイスを変えて遊ぶことが出来るんですよ。
ちなみにフェイスの差し替えは、頭の裏のネジを外して付け替えします。ライダー同様に手間がかかりますが、まあこのやり方が一番安定してますしねえ・・・
早速付け替えしてみましょう。









unrustablebastards
unrustablebastards

まずはこれ、ライダーのおっさん顔、そして合体ロボ時のドクロ顔でお馴染みのバーレイ素顔フェイスパーツです。
見事なスカーフェイスですなあ。にしても顔の塗り分けが綺麗で非常に完成度高いですね~










unrustablebastards
unrustablebastards

これはこれで別キャラっぽさが増して良いですね。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

続いてアイライドの素顔フェイスパーツ。TFっぽいバイザー目になってます。
よく見ると目元だけでなく口元もバーレイとはかなり差別化された造形になってますね。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

そしてこっちはアイライドのバトルマスク顔。
目や口がはっきりしてないこういう顔、個人的に大好きです・・・!

ということで付属品としてデフォルト以外に計3種のフェイスパーツが付くというわけなのです。
2つのキャラクターをバトルマスクと素顔の両方で切り替えれるのは結構プレイバリュー高くて面白いですね。かなり斬新な試みです。










unrustablebastards

「なんだと?たった2つのキャラクターじゃ満足しねえってわけかよ!それなら良いものがあるぜ・・・」










unrustablebastards

じゃじゃーん!"THE GANG 限定ヘッドアソートメント"!(別売)

これを使えばさらに追加で5種類のキャラクターを再現できるってわけです!
もう一度言いますが本体とは別売りです。お値段約40ドル。ちょっとたけぇ!!w
しかしこれを使えば自分好みのキャラが作れてしまうので、ちょっと本体だけだと飽きそうだなーという方にオススメです。

さあそれでは各キャラをざっくり見ていきますか・・・










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

"Road Lieutenant"

ヘイザー(HAZER)



彼は帝国アカデミーを退学になったと噂されているが、それがもし本当ならバスタードなんかに入らず免除を受けて軍人か警官になるであろう。
軍事的構造を愛し、常日頃からヒエラルキーを理解している彼は人々がどこに収まるかを見たいのだ。
彼が部下に命令を出せている限り、上司から命令を受けることに不満は持たないだろう。

MayhemMekanics公式サイトより意訳


まずはヘイザー。オーソドックスなロボらしいデザインのバトルマスク、そして素顔はサングラスのようなツインアイになってます。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

"Sergeant at arms"

ホリスター(HOLLISTER)



バーレイと共にチームのランクを上げてきた彼は、チームの中で最も正直なメンバーである。彼の言葉は真実であり、正直であり、誇りに忠実である。
だが彼がもし何かをやろうと言い出した場合、実行する前によく考えたほうが良いだろう。

MayhemMekanics公式サイトより意訳


ホリスター、Y字型バトルマスクがイケてますなあ。素顔フェイスは目の下が黒くなってますが、これはおそらくアイブラックなんでしょうね~しかしロボに必要なんだろうか・・・?w










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

"Secretary of Offense"

ホッパー(HOPPER)



メカニックと武器の専門家。技術のミスがあればすぐさま修正でき、武器のアップグレードがほしければすぐにとりかかってくれるが、会話をしたいなら誰か別のやつと話したほうが良いだろう・・・

MayhemMekanics公式サイトより意訳


単眼バトルマスクが目立つホッパー。素顔フェイスは他と似たり寄ったりですね。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

"Treasurer"

チョラ(CHOLLA)



バスタードの中核となるシステムからは遠いところにいるチョラ。何事もテンポが早い彼にとってトゥームストーンのような僻地は彼を挫折させるだけだ。しかし運がいいことにヤマクジスとエンフォーサーを無駄遣いすることで彼は自分自身を楽しませることが出来る。

MayhemMekanics公式サイトより意訳


バトルマスクの顔がコワイ!色も相まって車両事故実験に使うダミー人形に見える・・・w
素顔フェイスは他とは大きく違うゴーグル型なのが面白いところですね。










unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards
unrustablebastards

"Soldier"

アクセル(AXEL)



彼はグループの中で昇進したことがない。彼はスペクターローグに参加することを裏切った為グループに迫害されていると思っているが、実際はグループに在籍することに何か引け目を感じているだけなのだ。
こちら側へ戦いをもってくるが、全てが迅速すぎるのである。

MayhemMekanics公式サイトより意訳


個人的にはアクセルのこのバトルマスク顔がすげえ好みです。というかこれに替えるためだけの理由でヘッドパーツセットを買ったと言っても過言ではない・・・w

ということで合体ロボ時のヘッドは以上5キャラクター分。










unrustablebastards
unrustablebastards

もちろんライダー用のヘッドも付属しますが、さすがにもう付け替えがめんどくさいのでパーツ単体写真で許してくれ・・・;

写真上段左からヘイザー、ホリスター、ホッパー。
写真下段左からホッパー、チョラ、アクセルです。

ヘイザーからホッパーにかけてのライダー用ヘッドはもう見ての通り何が違うのかさっぱりわからん!
あまりに顔が似すぎてて同じパーツが間違って3個入ってるのかと思いましたが、よくよく見ると口元の表情が微妙に違うというね。
というかパーツ番号刻印があるからヘイザー・ホリスター・ホッパーの顔が100%別パーツなのはわかるんだけど、ヘイザーとホッパーの顔だけは全く同じにしか見えねえ・・・一体何が違うというのだ・・・w

まさか双子・・・?










unrustablebastards

というわけでアンラスタブルバスターズのレビューなのでした。

この手のオリジナル変形ロボットフィギュアは近年ではあまり珍しくもないですが、このアンラスタブルバスターズが他とは大きく違っているのはやはり"アウトロースタイルなロボット"である所でしょうか?
合体変形するバイクそしてバイカー達のキャラ付けとライダーのフィギュアが良い具合にマッチしてると思います。

トイとして見れば、フルアクションフィギュア+ビークルという基本の組み合わせに加えてバイクとライダーの変形、合体、そしてフェイスパーツ交換による別キャラ再現とかなり色々な要素が組み込まれているのでプレイバリューがめちゃくちゃ高いのが良い所ですね。
それでいて合体前後で可動ポイントの豊富さは変わりませんし、関節もしっかりしているので本体重量に負けることもなく、本体素材は異常なまでに硬い(多分POMか何かなんでしょうね)のでかなり頑丈な作りになっています。

ちなみに合体および変形の流れは一見複雑そうですが1度変形させれば覚える程度の難易度なので意外と単純だったりします。合体時のライダーとバイクの接続は主に数箇所のジョイントを使ってはめ込んでいるので、動かしていて分離してしまったりという事は無し。正直この変形と合体も文句ないくらいの完成度です。ビックリですよ・・・

塗装部分は主に顔やタイヤホイール、排気筒部分程度しか無いのでかなり限られた塗装しかされていませんが、本体の成型色の分け具合で十分なほど色分けされてますし、肝心の顔の塗装部分はかなりキッチリ塗られているので申し分ない出来。


まあそんなわけで、これまた非の打ち所がないアクションフィギュアでした。すげーよアンラスタブルバスターズ・・・
TFとはまた毛色の違う変形ロボですが、この風変わりな世界観とフィギュアの完成度の高さをぜひ皆さんの手で確かめてもらいたいですね~



おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | アメトイその他 | コメント:0 | トラックバック:0
201803242234
<<B2FIVE ACID RAIN MARINE SIEGER STEALTH STRONGHOLD ST2e - アシッドレイン ステルスストロングホールド ST2e | スタンド製作所 | TRANSFORMERS ENERGON RAPID RUN - トランスフォーマー エネルゴン ラピッドラン>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].