FC2ブログ
B2FIVE ACID RAIN MARINE SIEGER STEALTH STRONGHOLD ST2e - アシッドレイン ステルスストロングホールド ST2e
stealthstronghold

ステルスストロングホールド ST2e

(STEALTH STRONGHOLD ST2e)


今更ながらスパイダーマンホームカミング見ました。えぇ、全然見てなかったんですよねー・・・綺麗さっぱり忘れてたよ;
過去2シリーズも映画やってるだけあってストーリー導入の細かい部分(ベンおじさんのくだり等)は端折られてましたが、原作のいろんな要素が過去2シリーズとかぶらないように面白く変えてあってなかなか見応えがありました。
なんかクセが強いMJや脳筋マッチョじゃないフラッシュ、ショッカー(名前だけ)とか過去実写版やアニメとか見てるともはや別人に見えますがこれはこれでアリですね。原作では鳥人間ジジイなヴァルチャーもホームカミングではかなり良い悪役に仕上がってましたし、スパイダーマンファンとしては非常に楽しく見れました。というか劇場で見ればよかったわマジ・・・

そんな本日は、もうすぐ公式輸入版が販売開始になるB2FIVE版アシッドレインシリーズより、日本での発売が唯一無いコイツをご紹介します。

つーわけで今回のレビューはまたもやB2FIVE版アシッドレインなわけで。

今回はステルスストロングホールドST2eをご紹介しますよー。

ステルスストロングホールドはB2FIVEショップおよび世界各地のイベントでの限定販売品でして、B2FIVE版アシッドレインが正式に展開するのに先駆けて販売されたプレビュー版(wave0)のような立ち位置の製品だったりします。

ちなみに他と同じくステルスストロングホールドも本家ORITOY版アシッドレインにはいないB2FIVEオリジナルのキャラ。
過去に紹介したクアッドアイやシーガーストロングホールドと同じくこいつもアグルツ所属の兵器なのですが、配属チームはステルスチームとなっています。ステルスチームは現状ではこのステルスストロングホールドとステルススピーダーの2製品しかいないので、ある意味レアなキャラですよねー
今後も限定品を展開するならステルスチームで出していくんだろうか・・・?










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

ほんじゃ早速本体を見ていきますかー
ストロングホールド型は既に散々ご紹介しているので、今回は共通ギミックや造形等はざっくり省略しつつ紹介していきます。

他のストロングホールドに比べるとステルスストロングホールドは、ステルスの名にふさわしく全体的に黒っぽい暗い色合いになってます。
それ以外はまあそこまで変わってないですね~










stealthstronghold
stealthstronghold

頭部キャノピーはシーガーストロングホールドのようなガードが付いてるので開閉不可。
そして胸にはステルスチームのエンブレムが。

他と同じく印刷ですが相変わらず綺麗に仕上がってますなー










stealthstronghold
stealthstronghold

クアッドアイ、シーガーストロングホールドとタンクモードで比較。
タンクモードと言いつつステルスとシーガーにはタンクモードでの武装が皆無なので完全にただの車両モードですねえ・・・w
しかしこうして見ると、後に変形した時は結構姿違うのにタンクモードだけは綺麗に統一してるのが面白いですね。

そして3台連結牽引。単純ながら毎回これが楽しかったりするんです。










stealthstronghold

コックピット開閉ももちろんアリ。
ちなみにこの付属パイロット。頭部がスピーダーパイロット等の四角いヘッドタイプなのでコックピットに乗せて蓋を閉める時に微妙に頭部に当たるんですよねー










stealthstronghold
stealthstronghold

ストロングホールドの前にこいつを紹介していましましょう。ステルスストロングホールド付属のパイロットなわけですが。前述の通りスピーダーパイロット系の見た目になっています。










stealthstronghold
stealthstronghold

何気にこのヘッドのデザインは割と好きです。ステルスストロングホールドの頭のガードと同じ柄になっているのが面白いポイント。










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

可動は相変わらず良い感じ~・・・・・と、言いたいところですが、実はwave1以後とはちょっとテイストが違っておりまして・・・

このパイロット、B2FIVE版アシッドレインシリーズのwave1以降に付属していたパイロットフィギュアと比べると圧倒的に質が悪いんですよ。

wave1以降に付属のパイロットについてはうちの他のアシッドレイン系レビューを見てもらうとわかると思いますが、関節の緩みやポロリ、白化といったものが全然無く、安定しており非常に扱いやすいと書いてました。
しかしながらこのステルスストロングホールド付属のパイロットだけは、パーツは抜けるし関節はゆるいしでかなり残念な仕様なのです。

前述しましたが、あくまでこのステルスシリーズは"B2FIVEアシッドレイン展開に先駆けて販売されたプレビュー"なので、おそらく関節などの細かい品質が未調整の段階なのではないかと個人的に考えてます。
よって、このステルスストロングホールドを買う際は付属パイロットの出来についてはあまり期待しないほうが良いかもですね・・・

にしてもこのガッタガタの状態からよくwave1の安定した可動に仕上げられたなあ・・・B2FIVEやっぱしすげえわ;










stealthstronghold
stealthstronghold

再び話を戻しまして・・・

付属武器はアサルトライフル。安定して構えられるけど前述の通り品質が悪く可動がほとんど役に立たないので、ポージングさせるのも一苦労です。










stealthstronghold

それではステルスストロングホールドに話を戻して、変形させていきますかー











stealthstronghold
stealthstronghold

ってことでメックモードがこちら。
手があるのでちょっと腕が長く見えますね~










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

基本構造は他と変わりませんが、ハンドパーツがあることで他との差別化がしっかりされてる印象です。










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

皆気になっているであろうステルスストロングホールドの肝、ハンドパーツはこんな具合。
親指、人差し指、残り2本の指が付け根から可動し、親指以外は第1関節から可動します。これがまた結構ポージングに役立つんですよ、かなり動くし。










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

手のひら部分には武器用のジョイントがあるので、サンドローレルのレビューでご紹介したプロモーションアイテムのヘビーオートマチックマシンガンが持てるんですよ~
ローレルにはちょっとデカすぎる装備だったのですが、ストロングホールドに持たせると良い具合ですね。










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

そして手に引き続きもう一つのギミック。腕のパーツを銃に見立てて遊べるというわけなんですが、これ本来はパーツを後ろにスライドさせておいて、銃として使う場合に引き出すという仕組み。
しかしながら腕のパーツを後ろに引いておくとわりと邪魔ですし見映えも悪いので、結局常に引き出しておくような状態で安定しちゃうですよねー・・・・










stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold
stealthstronghold

なんのかんの言いつつ動かすとかなり面白いんですよ。
ハンドパーツがある分ちょっとしたポージングも様々なテイストに用意に変えられますしね~










stealthstronghold

クアッドアイ、シーガーとメックモードで比較。うーんカワイイ!なんとも言えない等身してますよね。ストロングホールドは個人的にはかなりゆるキャラ感強いと思ってます。










stealthstronghold
stealthstronghold

最後は恒例の組み換えってことで。


というわけでステルスストロングホールドのご紹介でした。
記事内で書いたように、プレビューなのでパイロットフィギュア等品質がわりと悪く、既にwave1以降のアシッドレイン系フィギュアを触ったことのある人にとってはちょっと残念な出来かもしれないですねー
ストロングホールド本体の方は品質が悪いような所はほとんど感じられませんでしたが、パッケージ開けた時点でパーツがうまくハマってなかったり、他のストロングホールドとの成型素材の差異、塗装のあり無し等いくつか気になる部分もあったので、こっちもやはりwave1に向けてまだ調整が必要な段階だったのかもしれませんね。

しかしながら別にさっぱり遊べないわけでもストレスフルなわけでもないですし、扱いづらいパイロットはコックピットにブチ込んでおけば普通に他のストロングホールドと同じ様に遊ぶことができます。
限定品らしい高級感や高品質を求める人には合わないかと思いますが、個人的にはこれはこれでなかなか面白いんじゃないかなーとも思いました。プレビュー故の出来の悪さも、「これが後の高品質に変わるんだなー」と考えると市販品への制作段階の一部を見ているようでなんだか別の面白さが見えてくるんですよねー


おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | アシッドレイン | コメント:2 | トラックバック:0
201803312112
<<TRANSFORMERS BOTCON 1996 ONYX PRIMAL - Botcon96限定 オニキスプライマル | スタンド製作所 | Mayhem Mekanics UNRUSTABLE BASTARDS Tombstone Chapter BURLEY/IRIDE kickstarter edition - メイヒムメカニクス アンラスタブルバスターズ バーレイ/アイライド キックスターター限定版>>
この記事のコメント
 
こんばんは。
201804032142
お、買われましたね。

おっしゃる通りで、フィギュアはイマイチだけどストロングホールドは指が動いてカッコいいですよね。

私はパイロットをボンデイックで修正したり削ったりしたら改善しましたので結構気にいってきましたよ。
以前は「アシッドレインはガスマスクだよね」なんて思ってましたが四角いサイコロタイプもありかな、と。
2018-04-03 Tue | URL | ちろすけ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201804072154
>ちろすけさん

買っちゃいました~国内じゃ出る予定無いみたいですしね。おそらく再生産も無いでしょうし、買うなら今かなーと。
同じハンドタイプのジャングルストロングホールドを持ってないので今回初めてハンドタイプを触りましたが、やはり指が動くと遊びの幅が変わってきますね。結構感動しました。

ORITOY版だと四角いヘッドのキャラってかなり限られますしね~
うちのも関節修正しないと駄目っぽいなあ・・・
2018-04-07 Sat | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].