FC2ブログ
[玩具大研究]マニアックトイ紀行 #13 KNOCKOFF Z-BOTS - KO品 パチもん Z-BOTS
ko-z-bots

パシフィック・リム アップライジング見てきましたよー。ぶっちゃけ前作より遥かに面白い!
前作が全く肌に合わなかったという人ほど今作がハマると思いますよ。あと見る前にフィギュアを買っておいたほうがいい、絶対欲しくなる・・・w

そんなわけでロボットつながり?で今回は久しぶりのマニアックトイ紀行行ってみましょ!




ko-z-bots

というわけで今回のレビューはZ-BOTS・・・・ってよく見たらZ-BOTSじゃねえ!!誰だお前ら!!



つーわけで今回は"Z-BOTSのKO品"をご紹介しましょう。


一部のカルトなファンに大人気なマイナートイであるZ-BOTSとはいえ、そこは腐っても大手galoobの製品。やはりその人気にあやかろうとするKO品は存在してしまってたりするんですよねー。

そんなわけで↑の画像が噂のZ-BOTSのKO品(パチもん)。リリース元のメーカーは不明。シリーズ不明。どういう形態でどこで販売していたかも不明。しかしなんともまあ「KO品です!」と自ら主張するかの如くイカれた配色ですね・・・w
流用元であるZ-BOTSにあったメーカー刻印はもちろん削り取られてるので無いですが、なぜか生産国の刻印だけはそのまま残っており、全部"CHINA"と書かれてます
今回入手したKO品Z-BOTSはこの6種類のみですが、どうも他にも色々バリエーションが存在しているようです。










ko-z-bots

多分このKO品の流用元であろうZ-BOTSと比較してみましょう。
左が本家Z-BOTSのヴェンジ、右がKO品。
うーん・・・流用だとわからないように改修してあるとはいえ、顔とかはわりとそのまんまじゃんな。体は見たことあるパーツなので、おそらく他のZ-BOTSからツギハギして流用しているのでしょう。










ko-z-bots

続いてこちら。

左が本家のステルトイド、右がKO品。
手足とか微妙に手が加えられてますが、そのまんまですねーなんとも悪質な・・・w

というかこのKOのやつ、なんでこんな錠剤みたいな頭してるんだ・・・










ko-z-bots

ちなみにKOとはいえ内部構造も本家Z-BOTSと同じで、手足に独自のジョイントを組み込んで可動化させてあります。可動域や可動方法もそのまんま本家と同じとは・・・

しかも恐ろしいことに、本家と違って粘性の高いPVC製&塗料ではないので本家Z-BOTSのようにベタつきや塗装ハゲ、癒着といったPVC特有の問題を起こしにくいという無駄に高性能な部分もあったりします。
ぐぬぬ・・・KO品のくせにやりおるなあ










ko-z-bots

と、ここでワタシ、あることに気づきました。こいつらは見るからにZ-BOTSのパチもんだってのがわかるんですが・・・










ko-z-bots

この二人。どうもZ-BOTSのKO品には見えないんですよねー

というのも、前述のKO品は頭や手足などが本家のキャラと同型なのでKO品だとすぐわかったのですが、この2体だけはどのパーツも本家Z-BOTSのキャラクターと一切該当しないんですよ。

ということはZ-BOTSではない他の何かを流用したってこと?
いやいや・・・でも可動とか仕組みはZ-BOTSまんまだしなあ・・・





と、色々調べてると答えに行き着きましたよ・・・!












ko-z-bots


その答えがこれだ!!

TROLLの"MINIBOT ACTION TEAM"!!!


実は先程の2体。Z-BOTSではなくこのミニボットアクションチームのKO品だったんですねー。

・・・・と、いうことは?










ko-z-bots
ko-z-bots
ko-z-bots

そう、先程紹介した他のKO品もZ-BOTSのKO品ではなく、このミニボットアクションチームのコピー品だったのです。

うんん???明らかにZ-BOTSのパチもんなのに実はミニボットアクションチームのコピー???
ということはどういうことかおわかりでしょうか?


つまり・・・

ミニボットアクションチームこそがZ-BOTSのKO品であり、前述の5体はそんなZ-BOTSのKO品をさらにコピーしたKO品なのです。


まさかのKO品のKO品っていうね!ここまで来ると意味がわからねえわ!w










ko-z-bots
ko-z-bots


というわけで、今回の隠されし本題であるミニボットアクションチームを見ていきましょう。


ミニボットアクションチームはTROLL(トロル)というメーカーからリリースされていたアクションミニフィギュアセットで、↑の画像のようなランチボックスタイプのパッケージに入って売られていたトイです。ちなみに1箱で複数体のロボットがセットになってはいますが、個々の名称やシリーズ設定、bio等は無し。

パッケージの見た目の印象からわかるかと思いますが、これは正式なトイメーカーからリリースされた玩具というよりはスーパーの食玩コーナーに並んでる変なオモチャと同じでチープトイに属する存在だと思われます。

そして前述の通り、ミニボットアクションチームのコピー品からも見て取れるように明らかにZ-BOTSを流用した形跡があちこちにあるので、実質ミニボットアクションチームこそが本当のZ-BOTSのKO品というわけなのです。




しかしたかだかKO品だと侮るなかれ、このミニボットアクションチーム。デザインセンスが人間の感知できる域を遥かに越えているのです。












ko-z-bots


例えばコレ。どうです!この人間には到底理解できないハチャメチャなデザイン!本家Z-BOTSにはこんなメチャクチャなデザインのやついなかったわ!一体何モチーフなんだよこれは!w
デザインしたやつは絶対宇宙人だぜこれ・・・

ちなみに一見Z-BOTSを流用してなさそうなこのフィギュアですが、実は左のはZ-BOTSシリーズ1のブラスターを上下逆にして使っており、右側のキャラはZ-BOTSのキャラの何かを仰向けにした胴体をベースに、本来首であった部分にアームを、股関節に機銃を取り付けるという、ひと目見ただけじゃKO品だとバレないように巧妙に流用してあるんですよねー

悪賢いというか発想の転換というか・・・w










ko-z-bots

そしてこんなのやこんなのまで。
う・・・うーん、見てると頭が痛くなってくるくらいのイカれデザインだぜ。だが好き。

この辺に関しては本家Z-BOTSに流用元として該当するキャラがいないので、おそらく何かをベースにして原型がわからないほどカスタムしたのでは?と思ったり。

と、いうわけでそんな狂ったミニボットアクションチームのメンツをざざっと見ていきましょうか。










ko-z-bots
ko-z-bots
ko-z-bots
ko-z-bots
ko-z-bots
ko-z-bots
ko-z-bots


以上がミニボットアクションチームのメンバーです。
今回loose品で入手したものを全部載せたんですが、パッケージの写真と比べると数体抜けてるみたいですね。残りのメンツに関しては今後入手できれば写真を追加したいと思います。

しかしどうですか!あまりにも刺激的すぎるデザインに見てると頭が痛くなってくるでしょ!!?
写真で見るならまだマシだと思いますよ。現物はこの脳ミソおかしくなるような見た目に加えてすげえゴム臭いんですもん・・・w










ko-z-bots

と、ここで再び疑問が。

この数体のメンツ。前述しましたがやはり何度考えても本家Z-BOTSの中に流用元として該当してそうなやつがいないんですよねー

Z-BOTSの上下ひっくり返して巧妙に流用してたり一部改修してたりするくらいですし、前述の通り何かをベースに改修してるんだとは思いますが、そのベースとなるキャラについても本家Z-BOTSの中に当てがつかないんですよ。


そこでワタシ、とあるを思いつきました。それがこちら↓







ミニボットアクションチーム、

実は未発売のZ-BOTSを流用してる説









いやいや、本家のラインナップに流用元として該当するキャラがいないからってそんな突飛な説はさすがにねーわ!とお思いでしょう??

しかし実はちゃんと仮説になるような証拠があるのですよ・・・











ko-z-bots
(↑画像:ebay商品ページより)


その証拠が掲載されてるのがこれ、ebayに出てたものからの拾い物ですが"galoobの1996年のトイフェアカタログ"。

このカタログの中に↑写真のようなZ-BOTSのページがあるわけですが。
実はZ-BOTS、1994年で展開が終了してるはず(ミニZ's除く)なのです。それなのに96年のカタログにはなんとZ-BOTSが・・・!?

カタログ写真が鮮明な画像ではないので半分推測ですが、おそらくこの画像、1996年に出る予定だったものの未発売に終わったZ-BOTSシリーズなのではないかと予想しています。
その証拠に上記画像の下部にあるミニZ'sは新規造形にも関わらず未発売で終わってるんですよねー。ですのでおそらく上の通常ラインのZ-BOTSも同じく新規造形で未発売で終わったZ-BOTSであると仮説を立てれるわけです。










ko-z-bots

画像が鮮明ではないので見辛いですが、拡大してみるとどれも過去のキャラクターと同じ造形には見えませんね・・・

そんで、この写真のZ-BOTSよーく見るとなんか見覚えがあるのがちらほら・・・?










ko-z-bots

画像が荒いので細かくわかりませんが、よく見ると"腹部にドリル"があるように見えるキャラや"四足歩行"っぽいキャラが!?

ほらほら!ミニボットアクションチームのアイツらに見えてきません????たまたまそれっぽく見えるだけなのかもしれませんが、わりと近いんじゃないかと。


要点をまとめると・・・

ミニボットアクションチームがZ-BOTSを流用して作ったKO品であることは造形から見て取れますし、過去のリリース済みZ-BOTSの中に流用元っぽい物が見当たらないキャラについても何かしらの型を流用したのは間違いないと言えます。
これだけミニボットアクションチームはZ-BOTSを多数流用しているにも関わらず、たった複数のキャラだけ別商品から流用するというのは考えられないですし、何らかの経緯でZ-BOTSの金型or原型を入手してKO品を作ったのであればおそらく同じ場所で試作品や未発売で終わったZ-BOTSも発見できるはず。
よって、↑の写真の情報も含めて、ミニボットアクションチームの一部キャラは未発売に終わったZ-BOTSを流用・改修して作っている。

という説を私は唱えてるわけなのです。
しかしこのカタログ自体持ってるわけではないので、これについてはカタログを入手してからしっかり検証すべき案件かもしれませんね。

これはあくまでZ-BOTSフリークな私が唱える1つの""であって"事実"では無いので、その辺をご注意下さい。











ko-z-bots

というわけで以上、KO品Z-BOTS特集なのでしたー


魅力的に見えてもあくまでKO品(パチもん)なので、ぶっちゃけZ-BOTSファンからすれば「こんなの買うくらいなら本家Z-BOTS買ったほうが良い」ということだけはしっかり伝えておきますw
序盤で書いたKO品もミニボットアクションチームもKO品らしく品質はゴミですしね。

そんなわけで、こんなイカれた世界もあるのだということをお伝えしました。



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | マニアックトイ紀行 | コメント:0 | トラックバック:0
201804142105
<<marchon.inc The BADDEST B.A.D. 4WD motorized battle assault destroyer - B.A.D. 4WD バトルアサルトデストロイヤー | スタンド製作所 | TRANSFORMERS BOTCON 1996 ONYX PRIMAL - Botcon96限定 オニキスプライマル>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ