FC2ブログ
AmToy MADBALLS HEAD POPPING ACTION FIGURE OCULUS ORBUS - マッドボール ヘッドポッピングアクションフィギュア オキュラスオーバス
oculusorbus

オキュラス・オーバス(OCULUS ORBUS)

ゾイドワイルドのトイを一通り買ってみましたよー。なにこれ?むちゃくちゃ完成度高いじゃない・・・
どれも細かい部分まで配慮が効いてて組み立てやすいし、ギミック動作も軽快だし、値段も安い・・・はっきり言ってユーザビリティの高さがハンパねえ!近年のおもちゃの中では扱いやすさがダントツかもしれませんわ。
早速塗装してカスタムしてみたりとかしましたが、カスタム向けにも配慮してあるのか本体に3ミリジョイントありますし、一度組んでも後からある程度まで分解できるしでカスタムしやすいのなんの。なるほどなあ、そりゃ各地の売り場から在庫が消えるわけよ・・・w

そんなゾイドの話とは全然関係ないですが、今日はこんな珍品をご紹介。

うちでは初めてレビューするカテゴリになりますなあ。つーわけで今回のレビューはAmToyのマッドボールヘッドポッピングアクションフィギュアのご紹介です。


マッドボールといえば!もはや知らない人はいないであろう超有名アメトイですが一応解説。
"MADBALLS(マッドボール)"は、1980年代にAmToyからリリースされたゴムボール(バウンスボール)トイ。製品自体は単純によく跳ねるボール型のトイなんですが、特徴的なのはそのデザイン。ゾンビや骸骨、目玉などのグロテスクなものをモチーフにしたキャラクターがボール自体に造形されているという画期的なものでした。
この奇抜な見た目のトイがアメリカのキッズに大ウケし、マッドボールはトイ展開の拡大はもちろんのこと、アニメ、コミック、ゲームへと様なメディアへ展開していく一大コンテンツへと成長しました。

あまりの人気っぷりに当時は他所のメーカーからパチもんマッドボールが登場したり、日本でのマッドボール正式国内展開が始まったりと色々あったようですね。
古いトイではありますがわりと何年かおきにリブートされ、近年では旧マッドボールの復刻やリメイク商品の展開などが行われ、再びプチブームになっているそうな。












さて、そんなマッドボールですが、人気故に最初期の単純なボールから発展して様々な商品が生まれてきました。
例えばサッカーボール型やフットボール型といった大型のスーパーマッドボール、本体をギュッと握るとワームや目玉などのグロい疑似物体が入った袋がムニョッと出てくるシックシリーズなどなど・・・
どれも基本的にボール型のトイであるという根本を忘れないトイではあったんですが、そんな中でも最も異質だったのがマッドボールのアクションフィギュアシリーズです。

1986年に発売された"HEAD-POPPING MADBALLS"ことマッドボール ヘッドポッピングアクションフィギュアシリーズは、マッドボールに体を付けてアクションフィギュア化するというかなり大胆な事をやってのけました。時期的におそらく他社アクションフィギュアブームの便乗でしょうかね・・・?w
コミックやアニメでのマッドボールは手足が生えていましたが、基本は1等身姿で体はありませんでした。そんなアニメやコミックデザインをガン無視し、ヘッドポッピングアクションフィギュア版では普通にボディを付けてしまったのです。斬新だ・・・だがこれがまた違和感無く意外と良い具合に仕上がってるんですよね。本当にAmToyのこのデザインセンスは素晴らしい・・・

ヘッドポッピングの名の通り、ヘッドポッピングアクションフィギュアにはボタン1つで頭部のボール部分が分離して飛び出すというギミックが内蔵されています。コマーシャルを見ればどんなギミックなのか一発でわかりますな。










oculusorbus
oculusorbus

それではブツを見ていきましょう。

今回紹介するのはヘッドポッピングシリーズのオキュラスオーバス。目玉型のキャラで、マッドボールの最初期からいるレギュラーキャラクターです。
アニメ等では(口が無いので)無口なキャラクターでしたが、近年のリメイクシリーズでは口が付いたおかげでお喋りなキャラクターへと変化しているようで。










oculusorbus
oculusorbus

顔、というか頭はこんな感じ
ゴム製の頭ですが造形も塗装もしっかりしてあって悪くない感じかと。
っていうか所々にブツブツした造形がしてあるので目玉じゃなくて乳首に見えてくるんだよなあ・・・w










oculusorbus

体はこんな具合。
ヘッドポッピングシリーズで与えられたオキュラスのボディのデザインは、皮膚がない筋繊維剥き出しの人型ボディ。人体模型っぽいですね。うーん、なんだか似合ってるようなそうでもないような?
全体的に見るとものすっごいデフォルメ感あるのにキャラは目玉と筋肉というガッツリとグロいデザインなのでなんだか異質感が凄くて面白いw










oculusorbus
oculusorbus
oculusorbus
oculusorbus

気になる可動はこんな具合。基本的に全て一軸ジョイントで可動するため、可動域はかなり限られています。
可動ポイントは肩・肘・股関節・膝。動くには動くんですが、バランスが悪いのでポージングさせて自立させるのはそこまで向いてないかもしれないですね。
肘・膝の可動域なんかかなり狭いですし、正直動かなくてもそんなに変わらない気もする・・・w

ちなみに首はギミックの兼ね合いで左右方向になら可動させる事が可能。しかし動かすと十中八九ギミックが暴発するので注意。










oculusorbus

3.75インチ系フィギュア(実寸4インチ)と比較するとこれくらいのサイズ。オキュラスの高さはおよそ3.75インチ程度でしょうかね?ただ横幅がデカくてボリュームがあるので実際に手にとってみるとあんまり小ささは感じません。










oculusorbus

キューポッシュ、ねんどろいどなんかと比べると同じくらいですね~というか一緒に並べるとオキュラスもデフォルメキャラっぽく見える・・・w










oculusorbus

フラッシュフォースの便器と並べると意外とピッタリだったり。マッドボールにはこういう小物が似合うかもですな。










oculusorbus

さあそんじゃギミックいきますか。既にコマーシャル動画で見てるのでわかるかと思いますが、背中のスイッチを押すと・・・・?










MAD BALLS HEAD POPPING ACTION FIGURE OCULUS ORBUS gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -



ポフッ!という心地いい音と共にオキュラスの頭が吹っ飛びます。
このギミック意外とスプリングが強力なので威力あるんですよねー。おまけに頭部のボール部分はゴムボールとはいえ内部にはスプリングユニットが骨格代わりに入っており結構な硬さがあります。近距離で発射して目とかに当たると絶対危険だわ・・・

実際マッドボールの最初期は硬質ゴムボールでしたが、マッドボールで負傷する事故のクレームがあったために硬さが調整されて後年からは軟質系の発泡素材が使用されるようになったそうですが、ヘッドポッピングの方はゴムボールのままなので86年の段階ではまだ素材の変更はされてなかったようですね。










oculusorbus

そんなわけでヘッドポッピングギミックを動作して頭を飛ばすと、頭は体と分離してマッドボール単体になるわけです。
アクションフィギュアでありながら、こうして取り外せば従来のマッドボールのようにマッドボール単体としても遊べるのは面白いですね。










oculusorbus
oculusorbus

ちなみに結合部分の構造はこんな具合。前述の通りスプリングユニットが入ってるのは頭の方で、体はあくまでスプリングをロックしておくだけの機構です。
そしてボディの首周りの部分、よく見ると刻印表記と一緒にキャラ名も入ってるんですね。
これは互換ギミックによりヘッドポッピングシリーズ同士で頭や体を差し替えて交換できるので、差し替え後にどのキャラのボディかわからなくなってしまうことを防ぐために名前が刻んであるんだと思われます。細かい配慮ですね~










oculusorbus
oculusorbus

元がモンスター的なキャラクターなので、頭を分離させた状態でもなかなか面白いですな。
いろいろ遊びの幅が広がります。










oculusorbus

ということでヘッドポッピングマッドボールよりオキュラス・オーバスのご紹介でした。

あくまでアクションフィギュアというマッドボールシリーズの中ではかなり異質な存在ではありますが、ヘッドポッピングギミックを駆使することでアクションフィギュアとしても、そして頭を飛ばして従来のマッドボールのように遊ぶこともできるというのはなかなか凝った作りではないかなーと。
アクションフィギュアとしてのアクションしなさ具合はまあ80年代の品なのでやや仕方ない部分はありますが、それでもなお現代でも全然遊べますし本体もギミックもさっぱり劣化してないところを見ると、トイとしての完成度はかなり高いんじゃないでしょうかね?

ヘッドポッピングマッドボールはその異質さからか現在では新品での入手がかなり困難な代物ですが、中古ならまあまあの値段で転がってたりするので、もし見かけたらぜひとも買ってみて下さい~
日本でも展開してたので案外国内の方が見つけやすかったりするかもしれないですな。


おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | アメトイその他 | コメント:0 | トラックバック:0
201806302105
<<BAKUGAN MECHTANIUM SURGE MECHTOGAN combat set VENEXUS - 爆丸 メクタニウムサージ メクトガン AT限定 コンバットセット ヴェネクサス | スタンド製作所 | TRANSFORMERS ARMADA PREDACON (PREDITRON) - トランスフォーマー アルマダ プレダコン (プレジトロン)>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].