FC2ブログ
BAKUGAN MECHTANIUM SURGE MECHTOGAN combat set VENEXUS - 爆丸 メクタニウムサージ メクトガン AT限定 コンバットセット ヴェネクサス
venexus

爆丸がリブートされるって聞いたんですが・・・・マジ??
調べたらホントにスピンマスター社が発表してたようで。いや・・・しかしリブートつってもそんな10年20年前のコンテンツでもないのにこんな短いスパンでリブートする必要があるんだろうか。というかリブートしたところで爆丸がどう変わるのか全く想像がつかない・・・
でも詳しく調べてみると2015年あたりからずっとリブートするって言い続けてるみたいで、去年の段階でも「来年か再来年くらい」というアバウトな所だったそうで、本当にリブートされるのか怪しい所みたいですね。

今日はそんな爆丸つながりのネタで、変わり種のこいつをご紹介です。



つーわけで今回のレビューは"爆丸"。

爆丸については日本でも展開していたのでもう皆さんご存知かと思いますが、改めて説明。
爆丸とは、スピンマスター社とセガトイズが共同で開発・販売していたバトルホビー。元々は2009年から海外で展開していたものの、世界各国でのあまりの人気っぷりに日本でも逆輸入という形で販売されたわけなんですが、日本だとあんまり流行らなかったみたいですね。
とはいえ、大型量販店には爆丸アイテムがたくさん並んでましたし、児童誌やホビーイベントでの展開も多かったのでさっぱり早なかったわけではなさそうですが、どうなんでしょうね?

玩具としての爆丸は、球体型のトイが内部マグネットによるギミックで瞬時にキャラクターへと変形するというものであり、それに加えて付属カードによるカードバトル要素を加えることでバトルホビーとして遊ぶことを主として展開されてきました。
しかしながらそこはバトルホビー、飽きないように新たな要素を追加させていくという王道の流れに乗って、爆丸を単純に投げて変形させるだけでなく様々なパターンの爆丸がリリースされてきました。
球体以外の形状から変形する爆丸、武器に変形する爆丸、大型ビークルと合体する爆丸・・・

そんな中、今回紹介するのは爆丸の中でもかなり異質なトイ。"MECHTANIUM SURGE(メクタニウムサージ)"シリーズの"MECHTOGAN(メクトガン)"です。












メクトガンとは、従来の爆丸とは違いあくまでベースはアクションフィギュアで、本体であるメクトガンに通常の爆丸同様の変形ギミックをもたせたという特異なシリーズ。
要は爆丸の要素をもったアクションフィギュアってわけなんですね。

同じようなテイストの爆丸として過去に"BAKUMORPH(爆モーフ/デカ爆丸)"というシリーズがあったんですが、こちらは巨大な爆丸がマグネットギミックで展開、その後パーツを手動で変形させることで爆丸が可動モデルへと変化するという変形玩具でした。
今回紹介するメクトガンはそんな爆モーフの流れを汲んだシリーズって感じですね~


コマーシャルを見てもらえばどんなものかわかるかと思いますが・・・もう明らかに爆丸要素がねえの。別のトイですと言われると納得してしまいそうなくらいの変わりようですわ;
しかしこう見えてメクトガンはちゃんと爆丸の本筋シリーズのラインに入ってます。アニメのシリーズ4にあたるメクタニウムサージで登場してますしね・・・ただしこのメクタニウムサージが爆丸の最終シリーズになってしまったので、ある意味メクトガンこそが爆丸の完成形とも呼べるし爆丸が潰れた元凶とも言える・・・w

ちなみに日本ではアニメ爆丸シーズン4(メクタニウムサージ)は未放映なので、メクトガンは日本展開されていません。

メクトガンシリーズは前述の通り今までの爆丸とは全くもって違う製品ではありますが、あくまで爆丸本編ラインの製品なのでもちろん爆丸の対戦遊びにはルール上使用可能だったりします。どうやって使うんだよこれ・・・w










venexus
venexus

さて、でもって今回紹介するのはメクタニウムサージシリーズの通常の爆丸とメクトガンがセットになったバリューパック"MECHTOGAN COMBAT SET"。ターゲット限定製品のようですな。
当時配信されていた爆丸アプリとの連動やメクトガンを使用するルールが追加されたメクタニウムサージへの入門を意識したセットなのかもしれないですね~

あ、先に言っておきますが通常の爆丸とメクトガンは完全に別物なので組み合わせる事は一切不可能。合体も何もできません。
こうなるとバリューパックにした意味がさっぱりわからん・・・w

パッケージには表記がないのでわかりにくいですが、今回のレビューはそんなメクトガンの中でも"ヴェネクサス(VENEXUS)"の赤カラーバージョンと"ラゼノイド(RAZENOID)"の黒カラーバージョンのセット。
なんでパッケージに名前表記無いんだろうね・・・わかりにくいわ。










venexus

本体を取り出して見てみましょう。うーんこれはお得なセット!なのか?
爆丸バトルする人ならいいかもしれませんが、別にお互い連動ギミックがあるわけでもなんでもないのでやはり特にメリットを感じないセットですわ・・・










venexus
venexus
venexus

ヴェネクサス(VENEXUS)


さあそれではヴェネクサスを見ていきましょうか。
なんか爬虫類っぽくもありサソリやカニっぽくも見える変なデザインですね、しかしそこがまた良い・・・

序盤でチラッと書きましたが、今回レビューするバリューパック版は赤+黒テイストのカラーバリエーションですが、通常版は黒+青カラーだそうです。どっちにしてもわりと似合ってる色合いでアメトイらしいバカさ加減が無いくらい引き締まった配色になってるので、逆に違和感あるようなw
全キャラにカラーバリエーションがあるのかわかりませんが、ざっと調べてみた所メクトガンシリーズは宣材写真と色が違うバリエーションをもつキャラがかなり多いようです。1つのキャラに2~3色あるんだろうか・・・?

余談ですが、気になったのでメクトガンの爆丸アニメ内での設定を調べてみましたがメクトガンは爆丸の能力が実体化した姿、または爆丸の超過したエネルギーの具現化した表れだそうで。各爆丸それぞれに対応したメクトガンが存在し、それぞれのメクトガンは自律した意識があるので、完全に制御するには使用者であるブローラーと爆丸が同調しなければならない・・・んだそうな。

ああ、この設定あれですな。幽波紋(スタンド)

そもそもアニメの爆丸自体が個別に意思をもってましたが、エネルギーの具現化したメクトガンまでさらに別の意思をもってるとかもうわけわかんねえよ・・・
ちなみに今回レビューするヴェネクサスは爆丸クラケノイドのパワーから生まれたメクトガンです。









venexus
venexus

話をトイに戻しまして・・・
頭はこんな感じで体に埋まっています。後のギミックで連動するのでここは省略。










venexus
venexus
venexus

さて、そんでもって肝である可動なんですが、これがまたすごい。
アクションフィギュアとしてはめちゃくちゃ可動するというわけではないんですが、最低限必要な可動ポイントを満たしつつスイング可動やボールジョイントなどを組み合わせてほぼフル可動を実現してます。

一応言っておきますが、爆丸ですよこれ。1個前のシリーズでは普通に変形するだけのおもちゃ出してたシリーズですよ?一気に飛躍しすぎでしょ・・・w

あ、そうそう。手や腕の側面に意味深なジョイント穴っぽいものがありますが、これは"BAKUNANO(爆ナノ)"と呼ばれる爆丸用の武器を取り付けるためのジョイントだそうです。
現時点では爆ナノは未所持なので試せないのが残念なところ。一部のバリューパックでは爆ナノとメクトガンのセットもあるそうなので気になる方は調べてみてください。










venexus
venexus
venexus
venexus

注目すべきはその可動構造
肩は付け根にヒンジと軸可動を設けることで前後・上下可動を実現し、肩パーツにはボールジョイントを使うことで脇を開く可動を仕込み、肘にはヒンジ可動そして手首は軸可動による左右スイングジョイント。

なんだこの複雑さは!こういうのはパパっとデカいボールジョイントで済ませたり共通構造の球体ジョイントで仕上げたりしてた過去のアクションフィギュアに対する挑戦ですよこれは・・・
思えば爆丸って手動可動部分はほぼ全て昔からヒンジだったし、過去にそれで活かしたノウハウを全部これに注ぎ込んでるってわけか・・・すげえ

ちなみに股関節は肩の付け根と同じくヒンジ+軸可動、足は足首に左右スイング可動があるのみです。
下半身の可動ポイントは少なめですが、その分上半身が見た目以上に動くという衝撃・・・侮ってましたわメクトガン。











venexus

3.75インチ(実寸4インチ)フィギュアと比較するとこんな感じ。
メクトガンにも色々バリエーションがあるので単純にヴェネクサスが小さいだけなのかもしれませんが、だいたい高さは4インチ程度ですね。
これくらいのほうが扱いやすくていいかもですね。










venexus

でもって付属品ですが、ヴェネクサス用と付属のラゼノイド用のカード含め全4枚のカードが付属しています。うち2枚はアビリティカードで、もう1枚は爆丸を起動させるための鉄板が入ったゲートカード。そして気になるのは最後に残った変な形してるカードですよね。










venexus
venexus

このカード、メクタニウムサージシリーズのメクトガンに付属する"MECHTOGAN ACTIVATOR(メクトガンアクティベイター)"と呼ばれるカード。
変な形してますがこれもゲートカード同様に内部に鉄板が入っており、要はこれを使ってメクトガンの磁力展開ギミックを動作させるというわけ。
正直言って通常の爆丸と仕組みは同じなので普通にゲートカードを使っても同じことできるんですけどね。わざわざ新規カード作ったのは単純にゲームルールにあわせるためなんだろうか?










venexus

前述してますが、メクトガンには通常の爆丸同様にマグネットギミックが内蔵されており、メクトガンアクティベイターを背中の指定箇所へかざす事でギミックが発動します。
それでは実際に見てみましょうか・・・









BAKUGAN mechtanium surge mechtogan VENEXUS gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -



瞬間武装展開!すげー!
単純かつ過去の爆丸で見慣れた光景ではあるんですが、アクションフィギュアがこのように自動でパーツ展開するのってなんだかすごいかっこいいですよね。










venexus

これって武装を展開した姿なんだそうで。ヴェネクサスは胸の武装だけでなく頭も連動して展開します。蛇っぽい姿ですね。










venexus

横から見るとこんな状態。折り畳まれたパーツがニョキッと出てくるので展開後は結構ボリューミーな感じに。










venexus

ちなみに頭の角のような部分だけは手動で展開する必要があります。










venexus

パーツが展開したおかげで内部の属性マークとGパワーを見ることができるようになりました。属性は水(アクア)でGパワーは180G。うん?180ってわりと弱いのでは・・・?
ヴェネクサスの通常版が黒+青カラーだったので属性がアクアなのはその名残なんでしょうけど、せっかく赤カラーになったんですし火属性に変えても良かったのでは?という気もしてきますね。










venexus
venexus
venexus

展開した胸の砲塔っぽいものや首まわりには特に追加で可動させるようなところもなく、これ以上ギミックもなし。
見た目が変わるだけですが、これは過去の爆丸シリーズも同じなので今更どうこう言うことでも無いですな。










venexus
venexus

展開部分を手動で戻すことで最初の展開前の姿へ戻す事が可能ですが、このように首だけ収納したり胸だけ収納したりという具合に好きな形態にしておくことも可能なのが面白いところですね~。従来の爆丸では中途半端に変形させることってほぼできなかったですしね。










venexus
venexus
venexus

こっちは正直おまけみたいなものなのでわりとどうでもいいんですが、一応ラゼノイドも撮影しておきましょう。
この変形姿は悪魔的で結構好きですね。

日本展開での爆丸も昔は結構集めてたんですが、飽きちゃってもう全て処分してしまいました。これを見てるとまた機会があれば集め直したくなってきますね・・・










venexus

いやーにしても(9割メクトガンのおかげですが)なかなかお腹いっぱいになるセットでしたね。爆丸集めてる人もそうでない人にも良いんじゃないでしょうか?










venexus

つーわけでヴェネクサスのレビューでした。

初メクトガンでしたが、いやー・・・思ってた以上に遊べて驚きでした。
こういう本筋の製品から外れたアクションフィギュアって、製作側がアクションフィギュアのノウハウを持ってない限り微妙な出来になる事が多々あるんですが、メクトガンは長年の爆丸と爆モーフで鍛えた技術をフルに活かしてかなり遊びやすいレベルまで持ってきてるという印象でした。
爆丸の最終完成型がこれになるというのは「なんでだよ!」というツッコミもありながら、その出来栄えに対する感動も湧き上がってくる不思議な気分です・・・w

レビューでも書きましたが、単純なアクションフィギュアのわりにヒンジを多様してかなり複雑にフル可動を実現させているのは回りくどくもあり、凝ったつくりでもあるという変なポイントですね。しかしながら緩みやすいボールジョイント一択や素材によって癒着や破損しやすくなる球体ジョイント一択にしないという選択は良かったと思います。
触ってるうちに変わることもあるかと思いますが、とりあえず開封して遊んだ時点では全体的に保持力や動かしやすさがちょうどいい具合になっていたので、非常に手に馴染みやすく扱いやすいトイでもあると思います。もし遊びやすさを計算してこのジョイント構造にしたんだったら爆丸製作スタッフは(良い意味で)ヤバいぞ・・・

最後に総評を言いますと・・・これはかなり良い。めちゃくちゃオススメですわ。
トイの出来はもちろんですが、爆丸最終シリーズというマニアックさがあり、こいつが爆丸が終了した要因でもあるんじゃないかという怪しさも含んでるあたりが個人的にベスト!
ちょっと陰のある人間が魅力的なように、負の要素を含んだトイもまた魅力的なのです。

今回はヴェネクサスのみのレビューでしたが、このシリーズの他のキャラも気になってるので今後も買っていこうと思います~



おわり
スポンサーサイト
別窓 | 爆丸/BAKUGAN | コメント:0 | トラックバック:0
201807072138
<<FUNKO STRANGER THINGS collectible action figure 3pack WILL DUSTIN DEMOGORGON - ファンコ ストレンジャーシングス アクションフィギュア 3パック ウィル&ダスティン&デモゴルゴン | スタンド製作所 | AmToy MADBALLS HEAD POPPING ACTION FIGURE OCULUS ORBUS - マッドボール ヘッドポッピングアクションフィギュア オキュラスオーバス>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ