FC2ブログ
BEAST WARS TRANSMETALS Fox Kids exclusive CHEETOR(CATACLYSM) - ビーストウォーズ トランスメタルス FOXKIDS限定 チーター(カタクリズム)
cataclysm

カタクリズム(CATACLYSM)

PS4のスパイダーマンのゲームが発売したので買ってみましたが、なんだよこれ!クソ面白いな!
おそらく現行の原作コミックの設定をかなり引き継ぎつつオリジナルなストーリーにしてあるようですが、キングピン含めお馴染みのメンツやシニスター6なども出てくるし、B級ヴィランもちらほらいたり・・・
そしてなにより操作が比較的簡単な上にオープンワールドのニューヨークをウェブスイングで移動できるというのがまた面白いところなんですよ。これはハマる・・・w
ちなみにゲームバース枠でML3.75インチのPS4ゲーム版スパイディと黒幕のあの人がセットで出るらしいですが、こっちも楽しみな所。

さて、それはともかくマイナートイのレビューが続いたので本日は再びTFレビューを。
というわけで本日のレビューはこちら。
ビーストウォーズ トランスメタルスよりFOX KIDS限定版の"チーター"です。

悪役贔屓のうちのブログでレビューするからにはまあもちろん理由がありまして・・・

実はこのFOX KIDS限定版のチーター、コミック設定では"カタクリズム(CATACLYSM)"という名のプレダコンの別キャラとして扱われているんですよねー
カタクリズムはショカラクト配下のヘラルドの1人で、アンタゴニーやその他のヘラルドとは敵対しているという知能が高く無慈悲なプレダコン戦士なのだとか。
案の定ですが後付設定なので、1999年のFOX KIDS版チーター発売時にはこの設定は無く、翌年2000年のBOTCONポスターとコミックにてカタクリズムが登場したことで別キャラとして定義されたのだとか。
そういえば同じくFOX KIDS版のラットトラップもメタルスパックラットとして別キャラに定義されてましたね。


トイとしては前述の通り1999年発売のFOX KIDS限定版のチーター。
出荷時の名前は"MECH-TECH CHEETOR"だったそうですが、製品には特に名称は反映されず。
実はこの名前の前に付いてる"MECH-TECH"の文字、本来はハズブロ側がFOX KIDS版に「トランスメタルスのパワーアップキャラとして扱うために付けようとしていた名称」だったそうで、チーターだけでなく他のFOXKIDS限定キャラにも名前の前にパワーアップ名は付く予定でした。
例えば、ワスピネーターだと「パワーフライト ワスピネーター(POWER FLIGHT WASPINATOR)」、ダイノボットだと「ライブワイヤー ダイノボット(LIVE WIRE DINOBOT)」、タランチュラスだと「スチールフォース タランチュラス(STEEL FORCE TARANTULAS)」という具合に事前にパワーアップ名称が付けられていたそうです。

結局これらの名称は発売された製品に一切使われることが無く、コミックやアニメ内でもパワーアップとしてFOX KIDS版のカラーになるということもなく完全に設定としては無かったことなってしまいましたが、タランチュラスだけは3Hコミック"Primeval Dawn"にてゾンビタランスとしてこのFOXKIDS版のカラーが使われました。


と、調べてたらそんな裏話が色々出てきました。意外と奥が深いトイなんですねトランスメタルス。
以下、今回のレビューではうちではチーターではなくカタクリズムとして扱わせていただきます










cataclysm
cataclysm

さあそれではトイの方を見ていきましょうか。

ビーストモードはチーターなわけなんですが、メタルスになるとチーター味が薄れてしまってもはや「ビーストモードはネコ科の動物」みたいに曖昧に言われてたりするという・・・w
にしてもこのスタイル、足がそのままロボモードの足になるとはいえキレイに猫科動物らしいスタイルに仕上がっててステキですよね。
通常版のチータスとは違う赤みがかった色合いもとてもいい感じです。










cataclysm

ちょっと前傾姿勢なのがポイント。立たせるだけで身構えてるように見えますな。










cataclysm
cataclysm

顔はこんな感じ。口は開いたままで可動しませんが、雰囲気は出てるから十分かなあ。










cataclysm

首には"CHEETOR"の文字が入ってます。実はこの型には首のCHEETORの文字しかマーキングが入ってなく、マクシマルズのマークも入ってないのでプレダコンのカタクリズムとして見た目が非常に定義しやすかったりするんですよね~










cataclysm
cataclysm
cataclysm

基本的に可動できる部分は前後の足のみで胴体は無可動。
意外と可動範囲が広いものの、後ろ足の股関節部分は前方向にはあまり可動できない為、ポージングさせるには少し扱いづらかったり。ボールジョイントなので全然動かないわけじゃないんですけどね。










cataclysm
cataclysm

そして腹部のロケットブースターを展開させるとフライトモードへ!
本当は尻尾を上下差し替えてスタビライザーにするのが正しいらしいですが、写真ではやってませんでしたね・・・










cataclysm
cataclysm

単純ながらもこのモードはわりと好きです。ビースト形態のまま武装等が展開するのってなんか良いですよね。










cataclysm

ビーストモードは以上。では続いてロボモードへ。










じゃあいつもの・・・

カタクリズム!テラライズ!!!










cataclysm
cataclysm

ロボモード。ほぼビーストモードを立たせただけみたいなもんですが、これくらいの手軽さがまたちょうどいいですね。
ビーストモードでは見えなかったシルバーと黒のチーター柄がロボモードだと出てくるのがオシャレ。










cataclysm
cataclysm

顔はこんな感じ。
歯を食いしばってるのでぶっちゃけそんなにチーターっぽくもないんですよね。カタクリズムとして扱って正解な気もする。










cataclysm
cataclysm

手足に干渉するものがないので可動域が広くとても遊びやすいです。
唯一のネックはロボモードの脛部分にビーストモードの足の第2関節が来てしまうので、押さえると曲がっちゃうことですかね。










cataclysm
cataclysm
cataclysm

ビーストモード時の尻尾を取り外して持たせることで武器になります。鎌なのか斧なのかなんなのかと思ってましたが、刃付きのウィップ(鞭)らしいですね。










cataclysm
cataclysm
cataclysm

武器は尻尾の先端部分しか持たせられず、それ以外の部分だと持ち手よりも少しサイズが小さいため抜け落ちてしまうんですよねー。なんともシビアな設計だ・・・










cataclysm

というわけでカタクリズムのご紹介でした。

メタルス系といえばメッキが擦れて剥がれやすかったりとわりと扱いづらい印象はありますが、この型はメッキ強度が高く比較的擦れ難い部分に主にメッキが使われているので結構遊びやすい感じ。
本体の可動や変形も良好で、かなりお手軽に遊べます。当時の型としてはかなり完成度が高いんじゃないかなーと。というか現代でも全然通用するくらいの出来ですよね。素晴らしい・・・
流用元のチーターとは全く違うような色合いになって差別化も図られてますし、なによりこの赤っぽい色とシルバーと黒のチーター柄が悪そうで良い・・・

チーター・・・というかカタクリズムですが、FOX KIDS版の裏事情含めなかなかおもしろいトイなのでオススメですよ~


おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | メタルス/Trans metals | コメント:2 | トラックバック:0
201809082110
<<spin master FLUSH FORCE series 2 Potty Wagon & Bizzare buthtub - フラッシュフォース ポッティワゴン & ビザレバスタブ | スタンド製作所 | GIOCHI PREZIOSI ATOMICRON - アトミクロン>>
この記事のコメント
 
201809110340
海外wikiを見ると2000年のBotConポスターにアンタゴニーと一緒に描かれていた名無しのメタルスチータスの同型キャラが初出で同年の3Hコミックにてカタクリズムとして登場
その16年後にTCCの『Beast Wars: Uprising』にて99年に発売されたこのFoxKidsメタルスチータスがUprising世界のカタクリズムとして設定されたとあるっぽいので
FoxKidsメタルスチータスとカタクリズムは厳密には無関係だと思います。実際当時のコミックのカタクリズムとこれは結構色違ってますし
とは言えマイナーな同キャラリカラー品に未玩具化キャラであるという設定を付けた事で幾分魅力的になりましたね

一方で青メタルスラットルは数年前のBotConで既に青い生ラットルことパックラットが玩具化していたのですんなりメタルスパックラットになっていたのは対照的です


個人的にメッキは傷よりも触って遊んでて付く皮脂にも気を付けなければならないと思っています
例えば当時買った変形!ヘンケイ!モノのメッキは傷よりも明らかに皮脂で落ちたであろうメッキ剥げだらけで…
メッキ玩具触る時は手袋か何かした方がいいだろうか
2018-09-11 Tue | URL | さすりゅ~ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201809131918
>さすりゅ~さん

以前紹介したガーボイルと同じで、あくまで元となったトイとネタ元は別であるため"="ではなく"≠"の存在でありカタクリズム=メタルスチーターではないですが、TFwikiにおけるrepurposing枠に入っている例として今回の記事では特集しました。
botcon2000カタクリズム=uprisingカタクリズムではないものの、キャラクター固有の"存在"としては初出がbotcon2000であるため記事中ではそのように書いています。


G1ダイナザウラーの足の爪くらいの比較的強固なクロームメッキなら多少曇りがついても修正できますが、メタルス期のメッキはそこまで頑丈でないため扱いに困りますね。
トランスメタルスのスカージなんかボロボロとメッキが剥げて困りました・・・
2018-09-13 Thu | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ