FC2ブログ
DIAMOND SELECT TOYS PACIFIC RIM UPRISING HAKUJA - ダイヤモンドセレクト パシフィック・リム:アプライジング ハクジャ
hakuja

ハクジャ(HAKUJA)

スタジオシリーズの新作であるバリケードとクランクケース買ったんですが、バリケードの方は見た目は再現度最高なんですがろくにビークルモードにならないようなまとまりの悪さでしたね・・・ブラックアウトもそうでしたが、スタジオシリーズは再現度と変形の両立でかなり無理してる印象なのでなんだかなあという感じ。個人的には総合的に見ればイマイチかなって感じでした。腰のジョイントロックとか全く効いてないですしね。
クランクケースについては言うまでもないですが、より劇中カラーに近づけたクロウバーですな。頭とか塗りがほぼそのまんまだし・・・別に劇中カラーのクロウバーが出したいなら出しても良いんですが、よりにもよってクランクケースの名前使う必要ある?って感じですよね。
とりあえずこれで劇中デザインのクランクケースを完全に再現したフィギュアは現状では1つも出てないことになりました。DOTMのDXもサイバーバースもドレッドウインド(コンセプトアート)の再現ですしね。コレも全部ファッキン指の影響なのだろうか・・?w

まあそんな話はさておいて今日はハクジャのレビューです。

ってことで本日のレビューは再びダイヤモンドセレクトよりパシフィック・リム:アプライジングシリーズ。
前回紹介したカイジュウ・ドローンが出たwave3と同時期くらいに別枠でリリースされた"ハクジャ"をご紹介しましょう










hakuja
hakuja

ハクジャはアプライジング終盤の日本での最終決戦時にライジン、シュライクソーンと共に出現したカテゴリー4のカイジュウ。
劇中ではそもそも混戦だったしハクジャ自体の戦闘シーンもそこまで多いものではなかったので印象は割と薄いですよねー・・・

さて、今回のハクジャなんですが一応ダイヤモンドセレクトのパシフィック・リムシリーズではあるものの、カイジュウであるがためにメインラインとは別枠で発売されました。これにはもう一つ理由があるんですがそれはまた後述・・・

フィギュアとしては↑写真のような感じでとても再現度高め。
マットな質感だったネカのカイジュウとは違い若干テカってますが、それ以外の見た目の印象はわりと良い感じ。










hakuja
hakuja

横&背中側から見るとこんな感じ。特徴的な6本足や甲殻類のような背部もしっかり再現されてます。










hakuja
hakuja
hakuja

それでは全身の各所を見ていきましょー。まずは顔から。
中国の幻獣系のような特徴的な顔がしっかり再現されてますな。造形はもちろん塗りの方も結構細かいのでイェーガー側よりもきっちり塗り分けられてる印象。写真には写ってないですが口内もしっかり塗装してあります。
下顎は上下に可動させることが可能ですが、舌は無可動なので基本的には口を開けた状態にしかすることができず終始口を開けっ放しの状態。口をきっちり閉じれたほうが良かった気もしますが、そもそもハクジャは口を閉じないタイプのカイジュウだったりするんだろうか・・・?










hakuja
hakuja
hakuja
hakuja
hakuja

その他全身の細かい部分はこんな感じ。カイジュウの皮膚部分の細かいシワや外骨格部分のゴツゴツとした形状、鋭い爪までしっかり造形されておりかなり高クオリティな出来。
イェーガー同様に相変わらず塗りについてはいまいちな部分が多く、まんま筆塗りっぽさが目立ちますね・・・別にそこまで悪くはないんですけどね。
あと全体的に色合いが明るめ+素材のテカリが目立つので少しチープな感じにも見えます。
尻尾もしっかり造形されてますが、1パーツ成形でベンダブル可動などは無い無可動仕様なので付け根の回転以外動かせられません。

細かく見れば気になる所はありますが全体的に見ればとても良い出来ですし、これで米アマゾン価格45ドルなのを考えるとかなり割安だと思うんですが「ネカのカイジュウと比べるとリアルさが足りねえ!!」と思われる方も多いでしょう。
それには根本的な理由がありまして・・・










hakuja

その答えはパッケージに!

「HAKUJA VINYL ACTION FIGURE

そう、このハクジャはイェーガー側のようなPVC樹脂系の素材ではなくビニールフィギュア・・・いわゆるソフビ製なんです。

ソフビといっても材質はバンダイのウルトラ怪獣系のような軟質ソフビではなく、レトロソフビやインディーズソフビのような硬質ソフビになります。










hakuja
hakuja

ソフビ製ですので、可動ポイントも基本的には間着可動になってしまってるんですねー。
上画像の後ろ足と尻尾部分の接続を見るとよくわかるかと思います。

間着(かんちゃく)というのは↑画像のようにジョイント等を設けずにソフビのパーツ同士の接続に用いられる接続部の名称。この間着を利用して可動ポイントにするという技法は昔から多々あり、ウルトラソフビなどでは昔から間着可動をデフォとしたモデルになってたりしますね。

ハクジャも基本的には間着可動でパーツを可動させていくスタイルなんですが、前述の顎部分と両前足の付け根部分、そして頸の計4箇所のみが非間着可動となっています。
顎は前述の通り軸可動、前足の付け根は球体ジョイント可動、首はボールジョイント可動となっています。


「なんだよ!ソフビ製ってことはほとんど可動しねーじゃん!期待はずれだったわ!!」

と思うのはまだ早いですよ・・・実はこのハクジャは恐ろしいポテンシャルを秘めてまして、間着可動でありながら凄まじく可動できるんですよ・・・!










hakuja
hakuja
hakuja
hakuja
hakuja
hakuja
hakuja

どうよこの可動っぷり!バンダイのソフビ魂のハクジャもビックリですぜ!

前足の付け根がジョイント可動するおかげで他の部分があまり動いて無くてもポージングが大きく変化してるように印象づけしやすく、そして間着可動部分はそもそもの分割パーツ数が多いために可動ポイントが多く、見た目以上に大きく動かすことが可能です。
あの間着可動だけでお座り姿勢←→低姿勢へポーズを変化させることが可能ってすごくないですか?










hakuja

なんでこんなに動かせるかというと、足の構造を見てもらえればよくわかります。

後ろ足4本は全てこのように足先端部・外殻部分・付け根部分の3パーツに分かれて成形されており、それぞれの間着部分が可動できるような仕組みになっているわけで。
股関節に当たる足の付根部分は通常の間着可動で前後に回転できるだけなのですが、付け根パーツと外殻パーツの間の間着は斜めに接合してあるために、回転させると足の方向だけでなく角度も変えることが可能なわけなんですね。このおかげで全体的な可動域および可動性能を上げることができてるというわけ。
それに加えて足を3パーツにすることで3箇所の間着可動を相乗させて全体の可動性能を上げているという仕組みなのです。

これも従来のソフビやインディーズソフビなどで多用される仕組みの1つで、間着可動だけで通常より大きく可動させる特殊な技法の1つになっています。










hakuja
hakuja

言葉で説明してもわかりにくいと思いますので写真でお見せしましょう。

あの間着可動でどれくらい可動するかと言うと、例えばこのように後ろ足2本を後部側に回せば状態を起こしたお座り状態にさせることができ、逆に後ろ足を前側に回せば前傾姿勢のような姿勢を低くした状態にすることが可能というわけ。










hakuja
hakuja

さらに、足先の方向を変えてやれば通常のカイジュウのような足を前方向に向けたポーズ、回転させてやれば甲殻類やムカデっぽく足を外側に向けたポーズに変えることも可能。
しかもどちらもうまく可動させてやれば接地も良好になるんですよね。

このように、ただの間着可動であってもパーツ数の増加と間着の付け方による相乗効果で可動効率を飛躍的にアップさせてるわけなんですね。










hakuja

ジョイントを使わずともソフビ製でここまで可動できるという事を示す例としてはアメトイではとても珍しいものかもしれないですね。
日本製ソフビだと浪漫堂なんかはオールソフビ製のままフル可動を実現していたりと挑戦的でしたが、アメトイ界隈だとそもそもソフビを使ったものが珍しい(デザイナーズトイ界隈では多用されてますが)ので、ソフビ製アメトイアクションフィギュアとしてはかなり画期的かもしれません。

ちなみに前足部分の間着可動は肘と手首の回転軸の2箇所のみ。基本的に肘を曲げた状態から変化できませんが、肩のジョイント可動にあわせて回転させることで腕を開いたり閉じたり、手首の間着可動とあわせれば地に前足を付けるポーズや掴むポーズもできたりと、こちらも間着可動でありながらもかなり自由に動かせる印象。

あくまで「全体的に見ればよく動く」という部類なので、「足はこういう角度で、肘はこう曲げて・・・」といった通常のアクションフィギュアのような細かい可動やポージングを求める人には不向きかもしれません。
しかしもし仮にこれがネカ製アクションフィギュアだったとしても、ジョイントがあっても可動域はあまり広くないでしょうし、総合的な可動域はほとんど変わらないと思います。










hakuja

ネカのスカナーと比較。背丈も全体的なボリュームもほぼネカのカイジュウ系と変わらない感じですね。ネカ系イェーガーと並べても問題ないスケールだと思います。










hakuja

背面から見るとハクジャのほうがボリュームあるようにも見えますね・・・w










hakuja
hakuja

でもってソフビ製の良い所がその軽さ。スカナーとほぼ同じサイズなのに。重さを計測するとスカナー610gに対しハクジャは472g
ソフビ製故に中空成形になっていてスカスカなので非常に軽いんですよ。おかげで取り回しも非常に良いです。約140gの差はでかいですよ。










hakuja

同じダイヤモンドセレクトのパシリムシリーズwave3のバロー・オメガ&ノーベンバー・エイジャックスと比べるとこんな具合。
イェーガーとの対比もなかなか悪くないかと。
ジプシーやオブシディアンだともうちょい背丈がデカイのでカイジュウ側の方が小さく感じるかもしれないですね。










hakuja
hakuja
hakuja
hakuja

軽いのでイェーガーと対決シーンを作る際も非常に楽でありがたいです。ネカのカイジュウは好きだけど重たいのよ・・・ちょっとした鈍器ですよアレはw










hakuja

ということでハクジャのご紹介でした。

ソフビ製でありながらもソフビの制約にとらわれることなく高い可動性能と造形の良さを両立できてるのはなかなか素晴らしいですね。

ほぼ置物のモデルとして扱っても十分なくらいので完成度ですし、実際に触って動かしてみると軽い上に間着可動で簡単に可動できるので動かしやすく、なおかつ見た目以上にいろいろとポージングが可能なのが面白い点。
どうあがいても形状が変えられない尻尾だけがネックですが、それ以外は全然悪くない出来です。
他に気になるところとしては、間着可動部分の保持力がやや弱い箇所があったりするくらいでしょうかね。ソフビなので温めて成形し直すとかちょっとキツめに押し込んだりとかすればいくらでも改善できるのでそこまで大きな問題ではないですけどねー

購入前にレビュー動画を見ていたら「全然動かなさそうだな・・・」という印象でしたが、実際に触ってみると予想以上に遊べて大きく印象が変わりましたね
「ソフビだから」という理由で買わないのは非常に惜しいフィギュアなので、気になる方はぜひ一度触ってみてほしいですね~



おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | パシフィック・リム | コメント:0 | トラックバック:0
201901262110
<<"劇中仕様"のスタジオシリーズ版クランクケースをカスタムして作りました | スタンド製作所 | [玩具大研究]マニアックトイ紀行 #15 tehnolog ASTROID - テフノログ アストロイド>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].