FC2ブログ
moose TREASURE X DRAGONS GOLD GOLDEN DRAGON TREASURE SET - トレジャーX ゴールデンドラゴン トレジャーセット
goldendragon

去年ベッドを自室に設置したので、もっと快適な環境を作りたくてベッドに取り付けれるスマホアームを導入しました。
デカいクランプでベッドとスマホを固定して電気スタンドのように空中にスマホを固定できる代物でして、何ができるかっていうとベッドに寝ながらスマホをハンズフリーで見れるんですよね。これが超快適!すげえ楽!とてつもなく堕落した生活してる感じです!w

そんな話はさておき本日はトレジャーXのレビューですよん

というわけで本日のレビューは再びトレジャーX!!

つい最近series2となる"TREASURE X DRAGONS GOLD"シリーズがリリースされたので、今回はそんな新シリーズより特別セットの"GOLDEN DRAGON TREASURE SET(ゴールデンドラゴントレジャーセット)"をご紹介しようと思います。

series1の方のレビューはこちら→moose TREASURE X







goldendragon

中身については後述するとして、先に外箱から見ていきましょう。
パッケージはこんな感じの超デカイ箱。しかもちゃんと宝箱型になってますよ。










goldendragon

本物の宝箱のように蓋をパカっと開けると中身はこんな感じ。細かく見てみましょうか










goldendragon

まずこのセットの肝であるトレジャーXの本体。セットの名がついてる通りトレジャーセットでは3種類のトレジャーXブロックが封入されています。
今回は各ブロックの事を"クエスト"と呼称してるようで、左からドラゴン クエスト、ミニビースト クエスト、トレジャーハンター クエストの3種。
発掘することでこのセット限定のゴールデンドラゴン、トレジャーハンター、ミニビーストの3種が手に入るというわけなのです。

もちろん各クエストにそれぞれトレジャーも付属しているんですが、それに加えてトレジャーセットではゴールデントレジャーが確定で1個入っているという仕様になっています。










goldendragon

そしてこちらはシリーズ2から新しくなったXツール。トレジャーXの発掘に使用する道具です。
トレジャーセットではXツールもゴールドカラーになって豪華な見た目に。
造形は一部変わってますが・・・基本的なツールは同じだしシリーズ1の時とそんなに大きく変わってないんですけどね。










goldendragon

それではセットに封入されてる宝の地図を開いてみましょうか。
シリーズ2になって宝の地図も仕様が大きく変化し、入っているトレジャーを推測するギミックも新しいものになっています。










goldendragon

ちなみにトレジャーセットで当たるゴールデントレジャーはこの3種のいずれか。どのセットを買ってもこの3種類のうちどれかが必ず入っています。










goldendragon

宝の地図はこんな感じの炎に包まれたデザインになっており、前回紹介したシリーズ1のギミック同様にここからセットに入っているトレジャーを推測していくんですが、今回は以前のように古代のメダルが付属しません。何を使うかというと・・・










goldendragon
goldendragon

トレジャーハンターのクエストを開けた際に上に乗っている"DRAGON'S EYE(ドラゴンの目)"を使用します。
ドラゴンの目を透して地図を見ることで入っているトレジャーがわかるというわけ。










goldendragon
goldendragon

おぉ!ハンマーの上にバツ印が!ということはこのセットにはゴールデントレジャーの"HAMMER OF GLORY(栄光のハンマー)"が入っているというわけですね。

・・・っていうかドラゴンの目を透して見なくても普通にバツ印見えるんだけどな・・・w










goldendragon
goldendragon

裏側はいつものラインナップ表と説明書。
トレジャーセットで当たる3種類のゴールドトレジャーとコモントレジャー、そして3種類のうちいずれかが入っているゴールドドラゴン他のラインナップが載っています。

今回はゴルデントレジャーのハンマーが入ってるようなので、対応しているグループの"BLING BIKING(ブリングバイキング)"のセットが入ってるようですね。
コモントレジャーについては中身がランダムなのか固定なのかは不明。どちらにしても各グループ2種ずつの6種類です。










goldendragon

さて、それではいつもどおり発掘していきますかあ。
まずはトレジャーハンタークエストから。










goldendragon

発掘についてはもう前回と何も変わらないので省略で。
発掘ギミックの詳細を知りたい方はseries1の方のレビューを読んで下さい。










goldendragon

ということで早々に発掘完了。
洗浄しましょー










goldendragon
goldendragon

エリック・ブリンブレード(Erik Blingblade)

グループ:BLING BIKING(ブリングバイキング)

ということで洗浄して組み立てして完成。トレジャーハンターのエリック・ブリンブレードの復活です。
ちなみにブリンブレード含めトレジャーセットに含まれているトレジャーハンターはトレジャーXシリーズ2の通常ラインにも含まれているキャラなので、このセットでしか手に入らないというわけではありません。










goldendragon
goldendragon

顔はいつもの骸骨顔。白いドレッドヘアが勇猛果敢でたくましい印象でカッコいいです。
頭の側面には入れ墨なのか謎の象形文字のような模様が・・・










goldendragon
goldendragon

シリーズ2になったとはいえハンターの方は根本的に変わっていないので仕様は相変わらず。あんまり可動はできません。
いつもの非アクションなアクションフィギュアですね。










goldendragon

ところで、ハンターと一緒にこんなものも出てきました。いわゆるトレジャーが入ってるケースなんですが、シリーズ1は宝箱だったんですがシリーズ2からはペール缶状のもの"TREASURE HUNTER CHEST(トレジャーハンターチェスト)"に替わっています。
宝箱型の方が後に展示用台座として使えたりするのでよかったんだけどなあ・・・










goldendragon

チェストの上部にはドラゴンを模したモールドが入ってます。
シリーズ1の宝箱よりは造形が凝ってるかもしれないですなあ。










goldendragon

チェストの蓋を開けると・・・な、なんだこれは。コールタール漬け!?バタリアンかよ!

シリーズ1では謎の発泡性の砂にトレジャーが埋められていましたが、シリーズ2ではウーズ、いわゆるスライムにトレジャーが埋められているという仕様に変化しました。ブレイクアウトビーストとかに便乗したのかな?
後述の別の宝箱では意味がある仕様なんですが、チェストでこれをやられてもなあ・・・w

しかし去年の考察記事で「2018年はスライムイヤーだったので来年もこの流行あるかも」とか書いてたらまさしくそのとおりになってますな。










View this post on Instagram

moose TREASURE X DRAGONS GOLD treasure hunter chest open gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -



実際に開けてみるとこんな感じ。
ううう・・・なんというか、面白いけどなんか違うというか。

トレジャーXってシリーズ1のレビュー時にも書きましたが、開封からトレジャー開封で取り出すまでの一連の流れが世界観に沿っていてブレないので非常に良かったんですよ。
それが突然チェストとかウーズとかに変わるとなんだか世界観がブレまくって仕様が大きく格下げになった気分です。
まあそもそもシリーズ2の方でドラゴンというファンタジー路線に行ってしまってるので何を今更って感じでもありますけどね。色々言ってますがこのギミック嫌いじゃないです。











goldendragon

トレジャーはスライムに侵食されて色がつかないようにするためかビニールに包まれた状態で出てきます。
これがまたクセモノで、スライムが内部に入らないように完璧に密封されてるかと思ったら全くそうでもなくビニール内部にスライムが入り込んでいます。意味あるのかこれ・・・?w










goldendragon
goldendragon
goldendragon

出てきたのは"英雄の角笛(Hero's horn)"でした。コモントレジャーですな。
角笛というわりに底面は穴もなにもなく、角笛ではなくただのツノと化しています・・・











goldendragon

完全に余談ですがシリーズ1の宝箱はこんな感じで飾り台として利用してます。
シリーズ2のペール缶だとこんな感じにし辛い(できなくもないでしょうけど)ので悩みどころですね。










goldendragon

恒例のトレジャーハンターに持たせて終わり。

では続いてドラゴンを開けてみますかー










goldendragon

ドラゴンの方も発掘していきましょう。
ドラゴンのクエストにもドラゴンの目が付属してますが正直2個もいりません。元が単品売りなので仕様上仕方なく付属してるんでしょうけどね。
ドラゴンのクエストはトレジャーハンターのクエストの1.5倍くらいのサイズがあって非常に大きいです。普通のトレジャーXなら発掘前の準備で水を30秒晒すだけで十分ですが、こいつは4~50秒くらい水に晒したほうが発掘しやすいと思います。










goldendragon
goldendragon

発掘は省略してささっとフィギュアだけ回収して洗浄。










goldendragon
goldendragon

アスガーディアンドラゴン

(Asguardian Dragon)


グループ:BLING BIKING(ブリングバイキング)

そして完成。アスガーディアンドラゴン!
シリーズ2より導入された完全新規造形のドラゴンですよ。いやーかっけえ!!
ちなみにシリーズ2の通常ラインのドラゴンシリーズにもアスガーディアンドラゴンは入ってるんですが、このゴールドカラーが手に入るのはトレジャーセットだけ。限定カラーってやつです。










goldendragon

一見チープな感じなんですが、わりとしっかりした作りになっており重量感もバッチリ。単体で集めるならハンターよりもドラゴンの方が凝ってて良いかもしれないですね。










goldendragon

顔はハンター同様の骸骨な感じ。でも悪くない印象ですね。










goldendragon

アスガーディアンドラゴンは首からドルマークの首輪をぶら下げてます。ラッパーかよ・・・
しかしゴールドカラーであるのが重なってより一層金目のものにがめついドラゴンっぽく見えて良いかも。見た目は違いますがホビットのスマウグみたいキャラっぽいですな。










goldendragon
goldendragon
goldendragon
goldendragon
goldendragon

パーツ分割は頭・翼・ボディ・足・尻尾なので、各ジョイント部分を可動させることが可能。ハンターよりは動きますが、こちらもあくまでパーツ取り付け用のジョイントを使って可動させてるだけなのでアクションフィギュアといえるほど可動はしません。
ただハンターよりもポージング幅が広いのはありがたいところ。










goldendragon
goldendragon

シリーズ1のキャラや同セットのブリンブレードさんと比較。ハンターよりも二回りくらい大きいですが、それでも全長12センチくらいなのでわりとコンパクトです。小さいながらもボリューム感あるのは良いですよね。










goldendragon
goldendragon

一緒に並べて遊ぶくらいしか絡める要素無いですが、悪くはないかなあと。










goldendragon

そんなことより気になるのはトレジャーの方。ドラゴンにはチェストではなく"Dragon's Heart(ドラゴンの心臓)"が付属しており、この中にトレジャーが入っています。
まんま心臓っぽい形のケースなんですが、形状が特殊過ぎてチェスト以上に再利用しづらそうなのが辛いところですね。










View this post on Instagram

moose TREASURE X DRAGONS GOLD dragon's heart open gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -



ってことで開封だー!
チェスト同様に心臓の中身もウーズです。ナマモノだから中身がウーズなのは納得なんですが・・・うん?何この中身?










goldendragon

トレジャーがカプセル状のケースに入ってます。なんだこりゃ・・・世界観台無しだぜ;










goldendragon

あとついでに言うと個体差なのかドラゴンの心臓に入ってたウーズはめちゃくちゃ粘性高くて不気味でした。
ブレイクアウトビーストでも同じ現象がありましたが、スライムって細かい分量調整できないのかな?










goldendragon
goldendragon

ケースをきれいにしたので開封~すると中身が更にビニールに包まれています。
しかもこれだけ頑丈に梱包されていてもケースの内部にスライムが入り込んでいます。一応ケースに保護用のフィルムがシュリンク包装してあるんですけどね。










goldendragon
goldendragon
goldendragon

出ました!ゴールデントレジャーの"Hammer of Glory(栄光のハンマー)"です。金トレジャー確定セットなので通常パックで引くほど感動は無いんですが、それでも私にとっては初のゴールデントレジャーなので嬉しいですねー

ゴールデントレジャーはダイキャストの塊に金メッキが施されているので見ての通り非常に豪華な仕上がりです。重たい上に一応金属なのでコモントレジャーほどのチープ感もなく、実に"トレジャー"らしいキレイな仕上がり。装飾もしっかり造形されてますし、これは満足度高いですなあ。










goldendragon

ドラゴンはトレジャーを持てないので、代わりにブリンブレードさんに。
ゴールデントレジャーがこんなに豪華な代物だったとは・・・「どうせ金メッキだし別に出ても出なくてもいいや」とか思ってたんですが、こんなに良い出来だと欲しくなってしまう・・・










goldendragon
goldendragon

それでは最後にミニビーストクエストを開けてみましょう。
ミニビーストのクエストはトレジャーハンターのクエストのおよそ半分くらいの大きさ。かなりコンパクトです。










goldendragon

ミニビーストクエストにはミニXツールが付属しており、これで発掘しろとのこと。
別にこれを使わなくてもセット付属のXツール使えば十分事足りるんですけどね。










goldendragon

さあガンガン発掘していきましょうか!










goldendragon

と掘っていたら何か変なものが・・・?










goldendragon

コモントレジャーの"Mysterious egg(謎の卵)"が出てきました。まさかの直埋め。ちょっと予想外でしたね。
コモントレジャーの中ではこの卵が一番意味わかんなくて個人的に気になってたので出てきてくれて何より。










goldendragon

発掘・洗浄終わりました。組みますー










goldendragon
goldendragon

クロウ・バー(Crow Bar)

グループ:BLING VIKING(ブリングバイキング)

ミニビーストのクロウ・バー復元です。
ミニビーストはハンターより一回り小さいサイズのフィギュアで、名前の通り獣型のキャラクター。トレジャーセットには3種類のミニビーストが存在し、ドラゴン他のフィギュア同様に各セットごとに固定で1種が付属しています。

このミニビースト、情報が無かったのでトレジャーセット限定のキャラだと思ってましたがよくよく調べてみると今後ミニビースト単体での販売が予定されているらしく、あくまでトレジャーセット封入分は先行入手のような形のようです。
ハンターに加えてドラゴンを別で売るのに、ビーストまでさらに別で売っていくのか・・・moose儲ける気満々じゃねえか!










goldendragon

ハンターと比較するとこれくらいのサイズ差。一回り小さいくらいなのでそんなに大きくは変わらないですね。
しかしガイコツだけだったシリーズにドラゴンやビーストといった実質敵対種族ともとれるキャラが増えたのは面白い試みではあると思います。このままガイコツだけでシリーズ勧めてもマンネリ化するでしょうしね。










goldendragon
goldendragon
goldendragon

クロウ・バーは見ての通り鳥型(名前からしてカラス?)のビーストなので見た目はまんま鳥。
そんなに面白みはない感じですねー。そしてこいつも頭の側面に謎の象形文字が。何なんでしょうねこれ?










goldendragon

背中にはドクロ柄。小型のミニビーストだからって造形が手抜きだったりすることはなく、しっかりした作りなのは嬉しい点ですね。










goldendragon
goldendragon

構造はハンターと同じなので可動ポイントもほぼ同じ。ドラゴンと比べると普通かなーという印象。










goldendragon

セットから出てきた各キャラとトレジャーを並べてみました。
このフルセットでお値段およそ30ドル!ドラゴン単体で15ドルくらい、ハンターが約10ドルと考えるとまあバラで買ってもほぼ同じかもうちょい安いくらいかな。
トレジャーセットは金トレジャー確定ですしミニビーストの先行入手とゴールドカラーも込みなのでコスパは良いですが、全3種からランダムなのが痛い所ですよね・・・

だって2箱買ったらダブっちゃったんだもん!
もう1箱どうしようかな・・・処分方法を考えてます;










goldendragon

というわけでトレジャーXシリーズ2のゴールデンドラゴントレジャーセットのご紹介でした。

まずシリーズ2についてなんですが、ドラゴンやビーストが加わってより一層「アドベンチャー」感は増した印象です。
しかしながら、記事中でも何度か書いたようにウーズや微妙に透けて見えてる宝の地図のおかげでシリーズ1の時のような世界観のキレイな積み重なりが崩れてしまってる感があるんですよね。
ロールプレイが印象的で没入感あったシリーズ1に比べるとおもちゃ感丸出しになっているというか・・・いや、おもちゃなので別に間違ってはいないんですが。この辺が若干ガッカリでした。
しかしドラゴンの心臓からウーズはナマモノ感あって悪くないと思います。ビニール梱包してるのにスライムが侵入してくるのはどうかと思いますが。地図に関してはもう一捻りほしかったなーとも思えますね。

新たに追加されたハンターや完全新規造形のドラゴンやビーストはとても良い出来で、今回も集めたくなるほど魅力的で良かったです。ビーストの方は鳥以外にもサソリやらモンスターっぽいのやらが今後リリースされる単品パックにいるようなので、そちらにも期待したいですね。

トレジャーセットについては前述したとおりコスパは良いセットなんですが、どれもシリーズ2にラインナップされているキャラなので(ゴールドカラードラゴンはセット限定ですが)新キャラ目当てなら単品パックをそれぞれ買ったほうがいいかもしれませんね。
もしくはどうしてもゴールデントレジャーが欲しい方は買っても良いかも。


まあなんというか・・・普通にシリーズ2をバラで買えばよかったなと若干後悔してますが、ゴールデントレジャー手に入ったし良しとしよう。シリーズ1では5個も買ったのに全くゴールデントレジャー当たらなかったしな・・・;



おわり
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | TREASURE X | コメント:0 | トラックバック:0
201902022105
<<B2FIVE ACID RAIN ABADDON TROOPER -アシッドレイン アバドントルーパー | スタンド製作所 | "劇中仕様"のスタジオシリーズ版クランクケースをカスタムして作りました>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |

RSSリンクの表示

RSS登録しとけば良い事あるかも?

copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].
まとめ