FC2ブログ
"劇中仕様"のスタジオシリーズ版クランクケースをカスタムして作りました
cr
cr

スタジオシリーズのクランクケースが発売されました!非常に劇中にそっくりですね!!というのはで(2回めのネタ)、タイトル通りカスタムでクランクケースを製作しました。

今回は軽い製作記と写真をちらほら載せてる軽い記事でレビューとは別です。


cr
cr
cr

というわけでタイトル通りTRANSFORMERS:DARK OF THE MOONよりクランクケースをカスタムで製作しました。

というのもこの間スタジオシリーズで出たクランクケースがクロウバーの単なるリカラーであまりにも劇中再現度が低すぎると頭にきたので、ならいっそ作ってしまおうとということでクランクケースを製作したわけなのです。


使った素材はこちら


トランスフォーマー SS-22 ディセプティコンクランクケース
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2019-01-26)
売り上げランキング: 1,523



トランスフォーマー TLK-03 ディセプティコン バーサーカー
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2017-04-29)
売り上げランキング: 51,418



素の状態で写真を撮ってなかったのでわかりやすいように+アフィも兼ねてアマのリンクで。

今回は上記2体をミキシングして一部改修することでクランクケースを立体化しました。

クランクケースを作るにあたり、まず必要なのは現状で最もクランクケースに見た目が近いバーサーカーですよね。これを基本素材として使っていきます。
「クロウバー型のクランクケース買わなくても、バーサーカーだけ買って塗り替えれば済むのでは?」と皆さん思ってると思いますがそれは大きな間違いなんですよ・・・

映画本編見るとわかるんですが、クランクケースって頭は別ですが体のCGデザインはクロウバーと同じなんです。ですのでクランクケースの劇中デザインに胴体が最も近いのはバーサーカーではなくSSクランクケース(クロウバー型)の方なんですよね。
「じゃあSSクランクケースを塗り替えれば・・・」というのもまた間違いで、スタジオシリーズのクロウバー型は足の形状が映画のデザインと大きく異なるんですよ。足のデザインはバーサーカー型の方が正しいんです。
これに加えてクランクケースを再現するのであれば背中のクロー型の突起も必要。となるとバーサーカー型の腕も使用する必要がある。

こうして2体のTFからパーツを抜き出して

バーサーカー→頭・腕・足
クランクケース→ボディ

をミキシングして流用することで理想形のクランクケースが作れるというわけなのです。
どちらも基本の設計は同型なので組み換えだけなら容易にできます。一部加工が必要ですけどね。










cr

ツイッターにも載せましたが、製作する前に仮でミキシングするとこんな状態。
左手だけ検証のために元のクランクケース(クロウバー型)の腕にしてますが、全体的に体のバランスが良くなってうまい具合に馴染んでるのがわかりますよね。

あとこの時点で既にカスタムしてしまってますが、バーサーカーのドレッドヘアがのっぺりしてて不満だったので、カスタムするならいっそこちらも変えてしまおうということで改造してあります。
改造方法は単純で、ドレッドヘアを切り取って後頭部だけ残したバーサーカーの頭に、素材で使用したクランクケースのドレッドヘア風のパーツを移植してやるだけです。
そのままくっつけても動かすと抜けてしまうので、うまい具合に抜けないように植毛してあります。










cr

そして今回は組み換えだけでなく色合いも調整します。バーサーカーそのままだと色が明るすぎる(劇中カラーには近いんですがトイとしては見映えが悪く不満)ので手・足・頭を全体的に黒っぽくして劇中っぽさを出していこうかと。

エアブラシもあるのでフル塗装とかしちゃってもいいんですが、アクションフィギュアに塗装しても動かすと剥げちゃうのでなにかいいもの無いかなーと思ってたら、以前から考えてたけど手を出してないものが1つありました。
SDN!!塗料ではなく染料で、プラスチック系素材を染める事のできる代物です。
気になってたんですが有機溶剤より毒性高く危険度が高いので手を出してませんでしたが、この際なのでいっそやってみようかと。
SDNで染めれば関節の剥げもないですしなにより全身均一に染まる。そしてなによりTFに使われているABS系素材は塗料との相性が非常に悪いので、染料で染めたほうが色が付きやすいんですよね。

以前ガルバコンボイを作った時も意識してたんですが「市販のTFくらいのレベル以内での塗装」をモットーとしてるので、今回も同じテイストでやるなら塗装より染めたほうが良いなと考えて、色々考慮した結果SDN染めでやることに。



今回は備忘録兼はじめてのSDN染めなので、軽いレポートも書いておきます。

そんでSDN染めの際に用意するものはこちら↓

染料 樹脂用染料SDN 黒
染料 樹脂用染料SDN 黒
posted with amazlet at 19.02.01
オカダヤ
売り上げランキング: 2,404




HARIO (ハリオ) ビーカー 500ml H32 B-500-H32
HARIO(ハリオ)
売り上げランキング: 4,350




イズミ 電気コンロ IEC-105 オレンジ
泉精器製作所
売り上げランキング: 3,134


高儀 天ぷら鍋用温度計 取付金具付 №100
高儀
売り上げランキング: 6,124


SDN染めは基本的にSDN溶液を熱で温めてその中に染めたい物を入れるというやり方なので、SDN本体とコンロと鍋一式は必須です。

コンロのある台所なんかでやっても平気だと思いますが、一応扱うものが毒性あるものなのでなるべく屋外で作業した方が良いと思います(臭いもでますしね)。あと電熱コンロではなくカセットガスコンロでも良いかも。

それと、SDNは前述の通り毒性があるので防毒マスクと保護ゴーグルはSDN染めをする際は必ず用意して下さい

その他あると便利なものはステンレスプレート、使い捨て割り箸、ガラス製品洗浄用の傷のつかないスポンジなど。これらは百均で買えますので事前に用意しておくと良いかと。










cr

染めた後に残ったSDN溶液は使い回しが効くので保管する場合はペットボトルと漏斗も用意しておくと良いです。
もし使い終わったSDN染料を捨てる場合は200倍の水に薄めて捨てなければならないそうなので、現実的に考えて廃棄するよりとりあえず保管しておくほうが無難そうですよね。










cr

SDN染めのやり方は以下のような流れ

染める対象となるものを中性洗剤でしっかり洗浄して水洗いする

ビーカーに染料1に対して水20を入れて溶液を作る

水を入れた鍋にビーカーを入れてコンロで湯煎する

染料の温度が適温(TFの場合だと±70度くらい?)になった頃合いに染めたい物を入れる

2~3分で色が付くので自分の好みのタイミングで取り出す(長く入れすぎるとかなり濃く染まるので注意)

取り出した物を流水で流して、その後中性洗剤でしっかり洗う

水気がなくなるまでしっかり乾かして完成


以上のような流れです。技術が不要なのでエアブラシ塗装よりは比較的ラクなのではないかと。

今回はビーカーを使った湯煎式で染めていますが、鍋に染料溶液を作ってそのままそこへブチ込むというやり方でも一応可能です。
ただし鍋に色が付く上に染める対象が熱で変形する可能性があるのであんまり適さないやり方かも。




やってみた感想なんですが・・・

とりあえず電熱コンロはダメだ・・・全然温度が上がらないんですもん。というか湯煎するためのお湯が沸騰しない・・・
カセットガスコンロでやるべきだったかもしれないですね。まあ電熱コンロはヒートプレスとかの時に使える便利な代物ではあるので無駄ではなかったと思いたい・・・w

結局お湯の温度が上がらず染料溶液が1時間くらいかけても40度までしか上がらなかったので、40度の時にそのまま改造素体をブチ込みました。
その結果3分くらいでガッツリ色がついていい具合に。ただし、最初のカスタム写真を見てもらうとわかるんですけど肩周りとか股関節まわりとかのパーツはそんなに染まってないんですよね。肘から先の腕や膝から下は真っ黒になってるのに。
おそらく染まってる部分と素材が違うのと染料の温度の関係なんだろうと思いますが、逆にこれを利用すれば分解できないけどあまり色のついてほしくない部分だけ染まりにくくしたり、うっすら染めたりすることが可能になるかもしれないですね。










cr
cr
cr
cr

では話を再び完成したカスタム品に戻して・・・全体を細かく見ていきましょう。

頭なんですが、こちらもSDNで染めてあります。SDN染めした後は目と鼻ピアスと耳のピアスを塗っただけなんですが、非常にいい具合になってますよね。
元がグレー色なので気づきにくかったんですが、そもそもバーサーカーの頭部は全体的にシルバー系の色で塗られており、SDNで染めた結果意外にも塗装部分のみが浮いてきてほぼ無塗装にも関わらずいい感じの色合いになったというわけなのです。
偶発的ですがこんなことになるとは。

あと例のドレッドヘア部分は染めずにゴールド色と黒鉄色でウェザリングをかけて劇中っぽい色合いにしてます。クランクケースの一番印象的な部分なのであえてここは気合を入れて塗ってます。










cr
cr
cr
cr

手足はいい具合に黒く染まってくれたんですが、拡大するとわかりますが非常にムラが出ちゃってるんですよね。

SDN塗装でのムラの問題は結構あちこちで言われてて、ムラ無く染めるのって非常に難しいそうです。
原因は染色前の中性洗剤での洗いが不十分だったとか温度とか色々あるんでしょうけどどうなんでしょうね?
腕の外装パネルなんかも「元が黒色だけど染色するとどうなるんだろうなー」と思って一緒に染色たんですが、まあ見事にムラだらけになりました。色味はほぼ変わらず若干マット調になり、塗装部分は色が暗くなってますね。これは再びクランクケースを買って付け直してもいいかもなあ。

前述したとおり肘から上と膝から上は少し黒っぽくはなってますが腕・膝下に比べるとあまり染まってません。TFって関節部は別の素材使ってるのかな?










cr
cr
cr

染色時に塗装部分がどうなるかというのも今回のカスタムでの疑問点で、実際に染めた結果やはり塗装部分も色が染まってしまってますね。
特に明るい色はかなり染まりやすいようで、膝の赤い色なんかもう原型ないくらい真っ黒です。
しかし前述の通り頭の塗装部分とかは逆に浮いてきてるんですよね、明るい色なのに。あの部分っておそらくスプレー塗りだから使っている塗料が他と違うんだろうか?

不思議なことにマーキング印刷部分は無傷なんですよね。全然染まってません。










cr
cr
cr
cr
cr
cr
cr
cr

まあ色々気になる所はでてきたものの、全体的に非常に満足できる仕上がりになりました。
これぞクランクケースだよ・・・最初からスタジオシリーズでこういうのを出してくれればよかったんだ!!










cr
cr

クロウバー、旧クランクケース(ドレッドウインド)と比較。非常にいい具合じゃないですか。










cr

というわけでクランクケースのカスタム記事でした。


明日は普通にレビューをアップしますのでお楽しみに

おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | カスタム&リペア | コメント:0 | トラックバック:0
201902012043
<<moose TREASURE X DRAGONS GOLD GOLDEN DRAGON TREASURE SET - トレジャーX ゴールデンドラゴン トレジャーセット | スタンド製作所 | DIAMOND SELECT TOYS PACIFIC RIM UPRISING HAKUJA - ダイヤモンドセレクト パシフィック・リム:アプライジング ハクジャ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].