FC2ブログ
hasbro MARVEL LEGENDS GUARDIANS OF THE GALAXY SERIES Build A Figure TITUS - マーベルレジェンド タイタス
titus 

タイタス(TITUS)

さて、今までうちではマーベル系フィギュアといえば3.75インチラインを中心にご紹介してきていましたが、昨今のハズブロ製3.75インチの展開縮小に嫌気が差したのでついにマーベルシリーズを6インチで集め直すことにしました。
ということで早速いくつかマーベルレジェンドを買ったわけですが、まあ出来の良いのなんの・・・なにこれ!?こんなに出来良いならわざわざ6インチフィギュアより高い金額で3.75インチ集めてたのがバカみたいじゃん!?w
そんなこんなで今後はマーベル系6インチフィギュアも沢山ご紹介していく予定ですのでお楽しみに。

そんな本日ですが、フォロワーさんよりトレードでタイタスを頂いたのでマーベルレジェンド系本格レビュー開始の初っ端としてご紹介していきますよ!


web拍手返信

>名無しさん
>ラインハルトのレビューをリクエストをした者です。レビューありがとうございました!かっこいい写真や分かりやすい解説、楽しく見させていただきました。これからも応援してます。

こちらこそリクエスト頂きありがとうございました。ラインハルトはクセはあるものの良い物ですよねホント。ぜひ現行爆丸でもバクモーフを展開して欲しいところですw


ということで今回のレビューはハズブロの6インチフィギュアシリーズ"MARVEL LEGENDS(マーベルレジェンド)"よりガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズのビルドフィギュアから"TITUS(タイタス)"をご紹介です。


うちでは6インチフィギュアは数えるほどしか紹介してないですし、ここで改めて歴史あるマーベルレジェンドシリーズについておさらいしておきますか。

マーベルレジェンドは2002年にトイビズがスタートさせた6インチ規格のマーベルキャラクターフィギュアシリーズであり、2002年から2007年のシリーズ16まで展開。当時としてはかなり動く部類であったフルアクションフィギュア構造、高精度な造形、各wave付属のボーナスパーツを集めると大型フィギュアが完成するBuild A Figureといった要素がウケて大人気となったマーベルフィギュア界を代表する超有名シリーズです。

展開終了後は新たなマーベルレジェンドシリーズの続報について音沙汰なく、その間ハズブロから実写シリーズ6インチフィギュアの展開も多少あった中、2012年にようやくハズブロ主導で新たなマーベルレジェンドシリーズ"The Return of MARVEL LEGENDS(ザ・リターン・オブ・マーベルレジェンド)"がスタート。6インチ規格やBuild A Figureといった規格はそのままにクオリティを上げて完全新規シリーズとして再開しました。

それから2014年にはシリーズ名を変更し"MERVEL LEGENDS INFINITE SERIES(マーベルレジェンド インフィニットシリーズ)"に名前を変えて再び展開スタート。どちらかといえばコミックデザインキャラが大半だったマーベルレジェンドシリーズに新たに実写作品シリーズのキャラクターも投入し、実写とコミック両方のデザインが混在するという新たな枠組みになりました。


今回紹介するタイタスは実写映画のガーディアンズ・オブ・ギャラクシーシリーズ枠のビルドフィギュアとして販売という形にはなりましたがもちろん劇中には未登場。





titus 
titus 
titus 

タイタス(TITUS)

簡単キャラ解説:タイタス(属性:ヴィラン)

銀河の治安維持民兵組織"ノヴァ・コーズ"のブラックオプス隊(秘密部隊)である"スーパーノヴァズ"の元メンバーだった白虎のエイリアン。
後にチタウリの攻撃にあい数年間チタウリに仕える身となる。攻撃を受けた際に右目と右腕を失いサイボーグとして欠損部分を機械で補っている。

ヘルメット自体からパワーを供給するスーパーノヴァ専用装備"ノヴァヘルメット"を狙って地球へとやってきて、後にノヴァとなるサム・アレキサンダーと対峙することとなる。

(マーベル公式wiki他より抜粋して要約&意訳)

普通のマーベルレジェンドのレビューなんて他所でいっぱいやってるので、なにかうち独自でできないかなーと考えた結果、簡単なキャラ解説を導入しました。
今のマーベル系なんてストーリーもキャラも平行世界設定も入り組んでてわけわかんないですしね。箱裏のbioみたいなのも最近は無いですし。
wikiなどから要約&抜粋しつつわかりやすく簡潔にキャラの素性をまとめているので、「こいつ欲しいけどそもそもどんなキャラだよ」って方の助けになればなあと。

んでタイタスなんですが説明の通り元ノヴァ軍側であり、サムの父親でありノヴァでもあったジェシー・アレクサンダーとも仲間だったもののヴィラン落ちしたというキャラ。
そもそも所属していたスーパーノヴァズも構成員はみんな泥棒や殺人といった元犯罪者だったのでヒーローからヴィランに寝返ったわけではなく元からヴィラン寄りの存在だったようで。


フィギュアとしては特徴ある虎頭や腕をうまく再現しつつ立体化できています。
全体的にはフラットな感じでそこまでディティール多くないのがシンプルで良いですね。








titus 

ボーナスパーツ枠であるビルドフィギュアなので通常のマーベルレジェンド系と比べるとこのデカさ。大柄なキャラなのでこれくらいのボリュームがちょうどいいくらいですね。
大きさはだいたい20センチ(7インチ強)くらい。








titus titustitus

顔はこんな感じ。虎の頭そのまんまですが毛並みやシワまでしっかり造形されているのがポイント。塗りは縞模様だけでなく頭全体的にシャドウをかけて斑になるよう薄く塗られており、成型色丸出しにならず非常にいい感じ。
サイボーグ化した右目はレンズの内部も塗ってありますし、口元も牙と歯茎をキッチリ塗り分けてあります。すげーな最近のマーベルレジェンド・・・7年前くらいからほぼ買ってなかったから技術の進歩に驚きだよ!








titus titustitus

体はこんな感じ。獣腕になっている左手やサイボーグの右腕もしっかり再現されていますが、前述したように全体的にディティールが少なくさっぱりした印象。胴体まわりとかほぼ金で塗ってある以外は成型色ですしね。
しかしながら襟や太もものラインといったスーツ状の部分はきっちり作られているので、決して素体に色塗っただけではないんですよねー。








titus titustitustitustitustitus

気になる可動なんですが、現行素体なので基本的にはかなりよく動きます。足首は横にも可動しますし、大腿と脛のロール軸も健在。
肩は形状が少し特殊なので通常のマーベルレジェンド素体のように横方向に水平近くまで肩を上げることはできませんがそれでも十分動く印象。
大型キャラ素体なので肘はダブルジョイントではなく一軸関節。

今まで3.75インチ系ばかり触ってた人間からしてみればこれでもめちゃくちゃ動くって感じですよ。デカい分重さはあるものの安定して自立できますしね。








titus titustitustitus

正直悪い部分は全く無いと言っていいくらいなんですが、唯一気になるのはビルドフィギュア故に分割されていた大腿ロール軸ジョイントが抜けやすい事ですかねえ。普通に遊ぶ分には問題ないですが、重さがある分肘・膝関節がやや固めなので力を入れて曲げようとした時に圧がかかってスポッと抜けてしまうことがしばしば。

っていうのもそもそもビルド用の大腿ロール軸ジョイントにしっかりした返しがついてないので抜けちゃうんですよね。組みやすいようにしてあるのかもしれませんがそれが仇になってしまっていますね。








titus titus

うちにはノヴァがいないので代わりにムーンナイトさんで。ムーンナイトもそのうちご紹介しますね。
しかし「ノヴァなんて好みじゃねえしいらねえよなー」とか思ってたけど、敵であるタイタスがあると欲しくなってくるな・・・;








titus 

ってことでタイタスのご紹介でした。
ビルドフィギュアだけあって非常に気合の入った出来になっていますね。塗りや造形も細かいですしコミックデザイン以上にリアルになっている印象です。
いつもの大型キャラ素体と同じくらいの可動ではありますがマントや羽のような干渉しやすい飾りパーツが無いので非常に遊びやすいです。武器はもたせられないけどそもそも腕が武器になってるので余剰パーツも出ませんしね。
全体的にシンプルであり、故に遊びやすいといった感じでしょうか。

今後もマーベルレジェンド系は引き続いてご紹介していこうと思ってますのでお楽しみに。

おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | MARVEL LEGENDS 6インチ | コメント:2 | トラックバック:0
201904132105
<<hasbro MARVEL LEGENDS CAPTAIN AMERICA SERIES SCOURGE - マーベルレジェンド スカージ | スタンド製作所 | spin master BAKUGAN BAKUMORPH LINEHALT - 爆丸 爆モーフ ラインハルト>>
この記事のコメント
 
こんばんはー。
201904132340
お久しぶりです。
確かに3.75は最近元気ないし、高いし…。
好きなサイズなんですけど購入してないです。6インチはトイビズ時代のほうが買っていたかな。最近はつまむ程度に。

6インチはならではの魅力ありますよね。
可動は胸と腹、腕と腿のロールなどもあるので3.75よりはよく動きますし。

私、個人的にトイビズ時代のアイアンフィストが好きで…。モンスタージャパンのガレージセールで見つけるたびに買っていたら4人に。最近のはやや細身で迫力に欠ける感じがしてしちゃうのが残念。スタイリッシュでカッコいいんですけどね。
そろそろエンドゲーム関連のシリーズも出てくるから楽しみです。

あ…月末はスーフェスだ…。
2019-04-13 Sat | URL | ちろすけ #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201904202053
>ちろすけさん

3.75インチラインは公式で完全に展開する気がなくなってきてしまったのでG.I.ジョー共々実質休眠期間に入ってしまっているのが悲しいですねー・・・

可動と造形、塗装といった面は3.75インチシリーズより6インチの方が勝りますよね。昔は6インチのサイズ感が苦手だったんですが、近年では比較的大きめのアメトイも増えてきて、慣れてしまえば違和感無い感じになってきました。
値段的にもなぜか今や3.75インチより6インチの方が安く買えるので無理してでも3.75インチを集める必要性が無くなってしまいましたね。

トイビズ時代のMLシリーズってわりと筋肉が強調されたデザインが多かったですが、ハズブロ系MLになってからはその辺りはやや控えめになった気もしますね~

2019-04-20 Sat | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].