FC2ブログ
T-FUN MyBuild MECHA FRAME Engineer T2 - マイビルド エンジニアT2
mybuild

お知り合いの方からのキックスターター企画で"スタイリッシュ ワンワン"という犬のアクションフィギュアの企画が出ているそうです。かなり凝った仕上がりで面白そうな企画なのでぜひ一度ご覧になってみて下さい~

さて、本日は再びブロックトイネタで。なんか最近ずっとブロックトイばっかり取り上げてる気がする・・・w


本日のレビューは"MyBuild(マイビルド)"!

マイビルドは台湾のメーカー"T-FUN"製のブロックトイで、いわゆる"レゴ互換玩具"。
レゴ互換玩具はレゴのブロック型を流用した製品で単純に言えばパチもんレゴブロックにあたるわけなのですが、レゴブロックは既に著作権が切れているので現状ではレゴのコピー系ブロックって問題ない扱いになってるんですよねー(全く権利がないわけではないですしレゴ社製品を偽った海賊版等の場合は別)
レゴブロック製品自体のブロックの種類が膨大なので、それに対して一つ一つ著作権を紐づけして取り締まれないというのもあるのかもですが。

2000年代初期くらいまではレゴ社はレゴ互換玩具などの模倣品に対して訴訟や対策を多くやっていましたが現状では完全に野放し状態なので、今ではレゴ互換玩具製品同士で凌ぎ合ってレゴ社がやらないようなカテゴリのブロック玩具コンテンツを多く作り出し、新たなブロックトイカテゴリを作り出してしまっているという。

レゴ社にとっては「ぐぬぬ・・・」な案件ですが、パチもんの台頭が最終的にレゴ社のブロック玩具独占市場から新たなコンテンツを生み出したというのは非常に興味深い流れですよね。パチもん(ニセモノ・コピー品)が決して良いものであるとは言いませんが、レゴ社の独壇場状態だったブロック玩具をうまい具合に開放したという点は面白いです。
実際現在までのトイやフィギュアカテゴリも発明だけでなく他社同士の模倣合戦を繰り返すことで独自性を得て大きくなっていったコンテンツでもあるので、コンテンツの拡大を考えるのであれば"真似る"という行為が必ずしも悪であるとも限らないとも言えるのかもしれませんね。









mybuildmybuild

それでは話を戻して。。。
今回紹介するマイビルドもレゴ社がそこまで開拓しなかったコンテンツに注目した製品でして、ロボット(パワードスーツ)を主体にしたブロック玩具シリーズだったりします。

マイビルド自体にストーリーなどは無いみたいですが、日本語公式サイトがあるので詳細はそちらで。公式ページでは製品ラインナップやストップモーションアニメを見ることができます→MyBuild 日本語ページ

ちなみに台湾製品なので一般的な日本の量販店では売られておらず、日本ではアマゾンのMybuild直営ストアから購入が可能です。




今回買ったのは見ての通り建機モチーフのエンジニアT2ですが、お値段2370円。めちゃくちゃ安いってわけでもないですが、ちょっとしたプラモより少し安いくらいの値段なのでわりと手を出しやすいかなーと思います。








mybuild

そんなマイビルドですが一番の売りは"可動"。レゴにはない独自のフレームシステムを採用しており、基礎となるブロックを組み合わせることでロボットの素体フレームを作ることができます。最終的にこの素体フレームに外装ブロックを取り付けていくことでロボットを作るという仕組み。

以前紹介したメガブロックのブロックボッツシリーズも似たような感じでしたし構造としてはありきたりではあるんですが、マイビルドは素体の可動に力を入れており、各所がボールジョイントとC型ジョイントの組み合わせによりスムーズ可動かつ広い可動域を実現しているのが注目ポイント。








mybuild

中身はこんな感じ。レゴ互換製品だしもっと雑な感じにしてあるかなーと思ってましたが、しっかりパーツ分けもされてキレイに中身が梱包されてました。これはかなり好印象。








mybuildmybuild

説明書はこんな感じ。この辺は一般的なブロック玩具同様でそこまで独自性は無いですね。








mybuildmybuildmybuild

エンジニアT2(ENGINEER T2)

組み立て工程はすっ飛ばして・・・完成!!
建機っぽいロボのエンジニアT2です。
ブロックトイのアクションモデルというと、ブロック特有の凸部分が多数むき出して見た目いかにも「ブロックで作りました」感が溢れてる・・・みたいなイメージをもってましたが、マイビルドは外装部分の大半がフラットな面で構成されるおかげでブロック玩具らしさを完成形態からうまく消してくれてますね。
各所のブロック同士の段差もうまい具合にディティールとして処理できてて見ていてかなり面白いです。








mybuildmybuildmybuild

前述の通り素体の可動が凝っているため、肩の前方引き出し可動や肘のダブルジョイント、股関節・膝・足首の可動といった具合に非常に可動箇所が多い仕組みにはなっているのですが・・・・
残念なことに外装パーツを付けちゃうと干渉して可動域が減少するというね・・・もったいないよ!

それでもボールジョイントのおかげで一般的なアクションフィギュア並に動くので不満はそこまで無いんですけどね。
ちなみに外装取り付けによる可動域現象の問題はキャラによって変わるらしく、もっと人型に近いタイプのロボでは可動域そのままだったりするみたいです。








mybuildmybuildmybuildmybuildmybuildmybuildmybuild

実際に動かすとご覧の通り。肘は90度、膝は45度程度までしか可動しませんが、肩・股関節・足首のボールジョイントと指の可動によって全体的に見ればよく動く印象。
本当は手首にもボールジョイントが入っているんですが外装のおかげで固定されてしまっており、回転可動しかできないという。どうしても気になる方は外装の組み方を変えてやれば修正できるかと。

しかし単純によく動くパワードスーツのフィギュアとして見ると非常に良い出来です。ブロック同士はかなりしっかりくっついているので動かしててポロりすることは皆無。ストレスフリーで良いですね~








mybuildmybuild

腰に取り付けてあるパーツを外して手に取り付ければ武器パーツへ早変わり。建機だし銃ではないんだろうけどなんだろう。溶接ガン?








mybuildmybuildmybuildmybuild

手がかなりデカいので武器が対象的に小さく地味に見えますが、これがあるおかげで印象はがらっと変わりますね。








mybuild

ちなみにその他の付属品として、余りパーツで工事用バリケードとパイロン2個を作ることが可能。
こういう建機らしい付属品良いですね!








mybuildmybuildmybuild

並べるならもう少し数がほしいところではありますが、これだけでも十分遊びの幅が広げられますね。








mybuildmybuild

前述の通りロボットというかパワードスーツに属すので、コックピットを開けてパイロットを乗せることが可能。
しかしながらパイロットはマイビルドに付属しないので自前で用意する必要があります。








mybuildmybuild

コックピット部分はレゴのミニフィグがピッタリ乗れるギリギリのスペースが作ってあるので、レゴのミニフィグもしくはそれと同スケールのものなら乗せることが可能。うちではなつかしのレゴ食玩UFOシリーズのロボのミニフィグを引っ張り出してきて乗せてみました。可愛いよねUFOロボ。








mybuildmybuild

ちなみにパイロットを乗せてもキャノピーを閉じると中が全く見えないという仕様。残念ですがパイロットを乗せずともコックピットが空席なのが見えないという点については良いかもしれない・・・

中に乗せるミニフィグは大きめのヘルメットをかぶっていると干渉してコックピットのパーツが閉じれません。もっとコンパクトなタイプなら平気っぽいですが、結局何かしらヘルメットをかぶっているとコックピット頭頂部のパーツが閉まらないようです。まあ開けっ放しでも問題無さそうではありますけどね。








mybuildmybuildmybuild

おそらく皆さん気になるであろうレゴ以外の互換についてですが、メガブロックのミニフィグだと大きすぎてコックピットには乗れません・・・
ダイアクロンなら立ち状態で乗ることが可能。座らせる場合はコックピット内にブロック1個分の高低差を作ってやれば座った状態にもできます。ただしコックピット空間が広くて安定しないので、コックピット頭頂部パーツで体を押さえてやると良いかも。








mybuild

ちなみに6インチのアイアンマンと比較するとこれくらいのサイズ。マイビルドの方はだいたい4インチスケールのようですな。








mybuild

というわけでマイビルドよりエンジニアT2のご紹介でした。

レゴ互換製品ということで正直言ってもっと低クオリティなものかと思ってましたが、正直かなり品質が良い製品でビックリですよ。

ブロック玩具としてはパーツ同士の整合性や取り外しのしやすさは安定していて問題ないですし、各パーツの強度も十分な感じ。手触りもいいのでレゴに負けず劣らずといった具合です。
可動ポイントであるボールジョイントもキツすぎず緩すぎずで非常に扱いやすいです。片足立ちや片手立ちもできるほど保持力あるのは好評価ポイントですね~

少し気になるのは記事中でも書いた素体の可動域を潰してしまっている部分がちらほらあること、そして2マスのパーツを1スタッド(ブロックの突起1つ)だけで固定してる部分がいくつかあること。後者については場所によっては可動した際に引っかかってパーツが抜ける要因になりがちなので、別のブロックに置き換える等の方法をとったほうが遊びやすさは向上するかもしれないですね。
しかし全体的に見ればかなり満足できるトイでした。余談ですが余剰パーツがわりと多く出るので自分で細かい組み換えも容易にできるのが嬉しい所。

個人的には初のマイビルドでしたが、価格、本体の完成度共に非常に良い出来で満足できる仕上がりでした。レゴ互換製品だからと侮ることなかれなトイですね。
興味ある人はアマゾンにてお安く買えるのでぜひどうぞ

おわり





関連記事
スポンサーサイト



別窓 | アメトイその他 | コメント:2 | トラックバック:0
201907061506
<<moose TREASURE X ALIENS - トレジャーX エイリアンズ | スタンド製作所 | MEGA BLOKS BLOK BOTS CYBORGS vs. MUTROIDS STRIFE - メガブロック ブロックボッツ サイボーグvsミュートロイド ストレイフ>>
この記事のコメント
 
201909011722
確かこのフレームもまんまレゴからのパクりのうえに基礎パーツじゃないからアウトだったりするんですよねえ。持ってますけど(
2019-09-01 Sun | URL | 名無し #-[ 内容変更]

 
コメントありがとうございます
201909141931
>名無しさん

まんまなんですよねー・・・これだけやられても海賊版まるごと買い取って爆破解体したくらいのレゴ社がスルーしてるのも不思議な話なので、やはりこの当たりのパーツも著作権が切れてパブリックドメイン化してるのかもしれませんねえ
2019-09-14 Sat | URL | カメオ #-[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].