FC2ブログ
marchon BATTLE BOTS - バトルボッツ
battlebots

Toywizとこじれてた問題がようやく解決しました。結局公式サイトの問い合わせフォームから直接問い合わせたら対応してくれましたよ。え?まさかあのToywiz側からの返信を求めるメールって送信専用アドレスから送ってたんじゃないよな・・・?w

まあそんなことはさておき、本日はみんな大好きマイナートイのレビューだよ!!


battlebots

ってことで今回はこんなものをご紹介。"BATTLE BOTS(バトルボッツ)"!!

メーカーはもちろん・・・?








battlebots

おなじみのMARCHON(マーチョン)!!

またかよ!でも個人的にすごいグッと来るんですよねmarchon製品・・・w

以前marchon製のB.A.D.の記事でも書きましたが改めてmarchonについて紹介。
marchonは80年台に存在したアメリカの玩具会社なのですが、版権製品の他に自社オリジナル製品も複数リリースしていました。しかしオリジナルキャラクターシリーズを作っても他社に劣るのが目に見えていると判断したのか、marchonは他社製品と同スケールで互換性のある敵役トイを自社オリジナル製品で出していたという隙間産業的会社なのです。

今回のバトルボッツもB.A.D.と同じく隙間産業トイであり、他社シリーズと絡ませて遊ぶ事を考えて作られた製品。








battlebotsbattlebots

「ゴーボッツやトランスフォーマー、G.I.ジョー、スターウォーズ、ボルトロンと互換性があります」

この他社製品に便乗していくスタイル。まさにmarchon!

バトルボッツを敵役として遊んでくれよな!って意味なんでしょうけど、ここまで自ら進んで下手に出ていく玩具会社も他にないな・・・w








battlebotsbattlebotsbattlebots

では製品を見ていきましょうか。バトルボッツは見ての通りブリスターパッケージ入りのトイ。
パッと見では同じ年代の他所のメーカー製品にも劣らない感じの見た目ですよね。パッケージイラストまでしっかりあるわけですし。

今回はこれ1つしか入手していませんが、バトルボッツにはバリエーションとして大型ロボのカラーリングが違うものや顔の造形が違うものが複数存在しており、確認できる限りではバリエーションは計4種くらいあるみたいです。
ちなみにバトルボッツは基本的にバッテリーや電池を使わない無電源タイプなのですが、そのうち1種はリモコン付きの電池駆動タイプになってたり。

↑画像3枚目を見るとわかるんですがこれはアメリカ国外販売版なのでメーカーシールが貼ってあります。イタリアのセラーから買ったものなのでイタリアで展開していたのは確実っぽいですね。
marchon製品がアメリカ国外でもガンガン売っていたとは意外・・・








battlebotsbattlebotsbattlebots

パケ裏は相変わらずのゆるい解説イラスト。
そして強調されるNO BATTERIES。当時からバッテリー無し駆動のトイは多々ありましたが、そこまで強調することなんだろうか・・・?








battlebots

貴重な未開封コンディションですがパッケージがボロボロですしどうせ遊ぶのでガッツリ開けました。
中身は見ての通り大型ロボと小型ロボが1体ずつ。そして付属武器が2種。








battlebotsbattlebotsbattlebotsbattlebots

トランスポーター(TRANSPORTER)

ではそれぞれ見ていきましょう。まずは大型ロボであるトランスポーターの方から。
製品としてはこれが本体みたいなもんなんでしょうね。

足がタイヤ状になったロボット型のトイであり、可動ポイントは皆無。
基本的にはビークルではあるんですがロボらしいシルエットのおかげでこれ単体でもキャラがしっかり成立しているのが良いところ。








battlebotsbattlebots

バイザー目とか体のデザインとか80年台製品にしては結構ディティール細かいのがmarchonのすごいところですね。隙間産業トイであり安価な製品のはずなのに塗りや造形で手を抜かないのはこだわりなんでしょうかね。









battlebotsbattlebots

本体背部はこのようにシールが貼られてコンソールパネル状になってます。これがいわばトランスポーターの運転席にあたるわけです。
シールの貼り付けやデザインも結構しっかりしてますね~








battlebots
battlebotsbattlebots

battlebotsbattlebots

背部のパネルを引き出してスペースを作り、その間に付属のロボットを乗せることで運転席に搭乗させる事が可能になるというわけで。
かなり独特の乗せ方ですよね~でも背もたれと足を乗せる部分で挟み込んであるので安定して乗せれてます。








battlebotsbattlebots

後から気づいたんですが1つ上の段にも足を乗せることが可能であり、この状態だと身を乗り出した姿勢で運転席に乗せることができます。
というかこれが正常位置なんだろうか?









battlebotsbattlebotsbattlebotsbattlebots

公式の宣伝文句に沿って他社製3.75~4インチフィギュアを乗せてみました。
どれも近年の製品ですがキレイに乗れるのは面白いですね。よっぽどの大型キャラだったり分厚いボディじゃない限りはどのキャラでも乗れるのではないかと。








battlebots

前述のフィギュアの中でも一番小さいMIBのフィギュアを1段上の足場に乗せて身を乗り出すとこのような感じになります。他の4インチフィギュアでやると身を乗り出しすぎるのでこの辺が限界かもですね。
しかしこうして3インチ~4インチまでオールマイティに乗せれる仕様になっているのはこだわりポイントですよね。伊達に他社互換を書いてるわけじゃないって事ですな。








この投稿をInstagramで見る

marchon BATTLE BOTS gimmick

カメオさん(@tao_cameo)がシェアした投稿 -


そしてこのトランスポーターの主ギミックがこちら。フリクション機構によりタイヤ回転の慣性を使って走行が可能というわけです。
これは前後両方向に使えるのでバック走行も可能。
動画ではかなりゆっくりめですがしっかりフリクションを使ってやればもっと素早く走れます。








battlebotsbattlebotsbattlebots

そしてもう一つのギミックが武器の差し替え。トランスポーターの両サイドにあるレーザー砲が取り外し可能で、レーザー砲を取り外した穴と本体の左右にある2つのジョイント穴の片側3箇所(累計6箇所)に武器を差し込んで装備させる事ができます。








battlebotsbattlebotsbattlebots

このように武装パターンを色々変えることができるわけなんですが、付属する武器は4つだけに対し武器取り付け穴は6つあるのでどう頑張っても武器穴2個ほど使わない状態になってしまっているんですよね。
またジョイント位置も武器によって後部だったりサイドだったりと一定じゃないので取り付け位置と武器によっては銃口が変な向きになることもあったり。組み換え自体は面白いんですがあんまり考えられて作ったギミックではなさそうだなーという印象です。

ちなみに武器の取り付けは武器の根本にある四角形のジョイントを差し込むだけなんですが、このジョイント穴がわりとキツめなので武器のメッキが剥げそうで怖いんですよねー・・・








battlebotsbattlebots

ロボット(ROBOT)

では今度はロボットの方を。個人的にはこっちのほうがメインだったりするんですよねー、詳しくは後述しますが。








battlebots

見た目はこんな感じ。いかにもチープな見た目ではありますがなんとも味のあるデザインですよねー。
なんとなくカセットロンっぽい?








battlebotsbattlebots

可動ポイントは肩だけ、しかもジョイントがつながっているので両手が同時に動く仕様になってます。それ以上もそれ以下もなくただそれだけ・・・








battlebots

一応付属の武器のうちの1つのみをもたせることが可能ですが、手のジョイント穴と銃のグリップが微妙に合ってないので安定して持てないんですよねー








battlebots

ちなみにロボットのサイズはこれくらい。8.5センチなのでおよそ3.3インチですね。








battlebotsbattlebotsbattlebots

ロボット自体はほぼ運転席に乗せる用のおまけみたいなもんなんでしょうけど、絵面はなかなかいい感じですねこのコンビ。世界観に合うかはともかく単体でキャラクターとしてしっかり成立できているので見てて飽きないです。








battlebots

さて、個人的にロボットがメインだと言った理由なんですが、実はこいつなんですね・・・








battlebotsbattlebots

ほら!今まで紙のロボが乗ってたB.A.D.のコックピットにこのロボットを乗せたかったんですよ、実際に乗せてみたらピッタリ!足位置がズレないように内部に仕切りがあるんですがそれすらもピッタリとハマるようになっています。やはりこのB.A.D.もロボットも読みどおりmarchon互換になっていたか・・・!w









battlebotsbattlebots

やっぱし立体感のある運転手が乗るとB.A.D.のカッコよさが際立ちますね。サイコー!
これが長い間やりたくてロボットを探してたんですが、こうして手に入ってよかったですよホント。








battlebots
battlebots

ってことでバトルボッツのご紹介でした。

相変わらずのmarchonらしい隙間産業トイというカテゴリではあるんですが、そのチープトイっぽい見た目に反してフリクション機構というしっかりしたギミックやロボットのデザイン・造形、メッキ処理された武器や付属ロボなど他社製品に負けず劣らずなのがmarchon製品の素晴らしいところですね。
シールだって貼り済みですし、塗装精度もしっかりしてるし。歴史に埋もれてしまうにはもったいないほどしっかりとした作りになってます。そして付属のロボットが同じmarchon製品同士で互換性のあるオールマイティーなフィギュアにもなっているのがまた面白いところですね。

敵役として世界観にマッチするかどうかはさておき、これ単体としても十分にトイとして成立していますし、十分魅力のあるものだと個人的には思ってます。
B.A.D.といいこれといい、普通にオリジナルシリーズとして強く推して行っても問題なかったと思うけどなあ・・・


ってことで本日はバトルボッツのご紹介でした。

おわり
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | アメトイその他 | コメント:1 | トラックバック:0
201907201553
<<moose TREASURE X series 3 KINGS GOLD TREASURE HUNTERS - トレジャーX シリーズ3 キングスゴールド トレジャーハンター | スタンド製作所 | moose TREASURE X ALIENS - トレジャーX エイリアンズ>>
この記事のコメント
 
管理人のみ閲覧できます
201907271241
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019-07-27 Sat | | #[ 内容変更]

COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| スタンド製作所 |
copyright © 2006 スタンド製作所 all rights reserved. template by [ALT -DESIGN@clip].